サイト内検索


2009年04月29日

マルサンのカメラストラップ(プロモデル)

秋田のブログお友達、athukoさんのブログで3/29日のエントリー
紹介されていたストラップを見て速攻欲しくなり、注文していました(^^)

作って下さったのはathukoさんのブログお友達で、
今や私もその仲間入りをさせてもらった(勝手に)、
マルサンカバン店さんです(*^^)v
いろいろとややこしい注文に応じて下さりありがとうございましたm(__)m
athukoさん、プチおそろいですよ〜(*^_^*)
0429_1.jpg
注文に際し私が出した要求は、デザインはathukoさんと同じで、
(あの黒と赤が気に入ったので)長さを15センチ長くし、
首に掛かる部分を倍の太さ(4センチ)にして欲しいというものでした。
0429_2.jpg
(TWINSロゴ入り♪)
何せレンズ、ストロボを含めるとかなりの重量になり、
かなり長時間さげてなきゃならないので
首への負担軽減のための太さです。
0429_3.jpg
ストラップの長さはここと、次の写真
0429_4.jpg
ここは左右、計三カ所で微調整がききます。
カメラの取り付け部分は激しくこすれる場所ですが、
丈夫な革なので心配はありません(*^^)v
ノーマルのストラップと違いねじれてこないところがGOOD!です。

実は最初の私の注文ミスで、さらにもう15センチ長さが欲しかった事と、
首に掛かる部分がレザーの裏地でざらざらしており、
服への擦れや、地肌の場合ちょっと気になるかな?と提案したところ、
どちらも『改良可能』とのお返事をいただき
数日間秋田に出戻っていたのです(*^_^*)
0429_5.jpg
裏地に肌触りのいいスウェードがついて戻ってきました(^^)/
で、今後は黒のストラップは裏地付きになるそうです。
0429_6.jpg
なぜこんなに長いストラップがいいのかと言うと、
俯瞰撮影やローアングルで撮るときに、思いっきり手を伸ばしても
ストラップが外れない長さが必要なのです。
プロストラップは一番伸ばすと、
カメラが股の下ぐらいまで来るんですよ(^_^;
そこまで必要なのかな〜?チェ・ホンマンとか?

このストラップは勝手に『プロモデル』と命名させていただきました。
そして、気になるお値段ですが、これが安い!!
以下、マルサンのK奈子さんからのメールです。( )は私。

 ・金額はネットショップまんま¥8400です。
(安いでしょ(^^)/)

 ・改良やその他ご要望は出来る限りお応えしますが、
  大幅なデザイン改良や微調整以上の長さ増しの場合は
  プラス¥1000くらい追加料金がかかります。
  その際はご注文前にお問い合わせ・ご相談ください。
(基本セミオーダーで追加料金も安い!)

 ・注文を頂いてから作り始める商品がほとんどなのでご注文後の改良はNGで。
(難しい要望の方はしっかりとメールのやりとりを)

オリジナルストラップで何がいいかというとズバリ『目立つ!』
もちろん質感やいいものを持った満足感もありますが、
注目度、目立ち度はかなりのものです(^^)

欲しい方は是非どうぞ。

マルサンカバンWeb店
マルサンカバン店ブログ

2009年04月28日

カルボナーラ(2回目)

以前バターを使わないレシピで掲載したことがあるのですが、
コンデジ撮影のダメダメ画像で(わざわざ探さないでね^_^;)
リベンジの意味合いも込めて別レシピで作りました(*^^)v
0428_1.jpg
材料は2人前で
パスタ160g タマゴ(全卵)2個 パルメザンチーズ60g
薄切りベーコン60g ブラックペッパー適量
バターもオリーブオイルも生クリームも使いません(^^)
このレシピは友人から聞きました。
0428_2.jpg
タマゴをボールに割って、腕が痛くなるほど泡立てる(^^;)
泡立てることでクリーミーなソースになります。
0428_3.jpg
パルメザンチーズを入れてさらによく混ぜる。
これでソースの下準備はOK!

パスタを1%程度の塩分のお湯で茹でてる間に
フライパンでベーコンがカリカリになるまで炒める。
(油は使わなくてもベーコンから出ます)
パスタの茹で汁を50ccくらい入れる。
弱火にし、茹であがったパスタを入れてソースを手早くからめて完成。
0428_4.jpg
余計な油を使わないのでヘルシーなカルボナーラです。
私は今後このレシピでいきます(*^^)v
が、コッテリが好きな方は生クリーム使用でどうぞ(^^)

昨日のポトフが少し残っていたので具を細かくして
スープにしました(*^_^*)

2009年04月27日

ポトフ

雨続きで気温も低いせいか、暖かいものが食べたくなります。
春キャベツ(高い!)と新じゃががあったのでポトフにしました(^^)
0427_1.jpg
ご覧の材料。
キャベツと玉ネギは芯を残してカット。ニンジンは大きめに。
ベーコンは厚切りを太く使います(*^^)v
0427_2.jpg
コンソメは最近のお気に入りが、このマスコットフーズのオーネ。
化学調味料無添加で味にえぐみがなく野菜の旨味を損ないません。
使い切りのスティックタイプの粉状で溶けやすく便利です(^^)
0427_3.jpg
圧力鍋にキャベツとパプリカ以外の材料とローリエ2〜3枚、
粒のままのブラックペッパーを30粒くらいを入れ、
水400ccくらいを入れて強火にかけます。
圧がかかったら中火にして5分煮ます。
5分後、鍋に水をかけて圧を抜きキャベツ、パプリカ、コンソメ2/3
塩小さじ1を入れてもう5分圧をかけます。
0427_4.jpg
できあがったら味を見て足りなければ塩かコンソメで再度味を調えますが、
いろんな野菜の旨味が出ているのでじゃっかん薄味でも
おいしくいただけます(*^^)v

ご飯のおかずというよりは、ワインでも飲みたいな〜
という料理でした(*^_^*)

2009年04月25日

ココアと福の一日〜二人の距離〜

我が家のプリティー娘ココアですが、他の犬がてんでダメで
自分の半分もない福にさえビビっていてなかなか近づけなかったのですが、
最近は『こいつはもうこの家にいるんだ(-.-#)』とあきらめがついたのか
二人の距離が縮まってきました(*^_^*)
0425_1.jpg
微妙な距離でしょ(^_^;
福はこの月齢のパグにしてはかなり小さいようです。
0425_2.jpg
福も来てから一回り大きくなり、完全ではありませんが
『お座り』と『待て』ができるようになってきました(*^^)v
0425_3.jpg
それぞれ遊んだりしてるのですが、福はじゃれたいのか
よくココアにちょっかい出しに行きます。
犬の習性で首をねらっていくんですね。
『ココア、撃退しろ〜』って思うんですが現実は・・・
0425_4.jpg
・・・こんな感じで福に追っかけ回されてることが多いんです(__;)
もうちょっとがんばれよ〜、ココア〜
0425_5.jpg
昼間は日の当たる窓際をキープ。
好きなときに寝て好きなときにココアを追っかけ回す福なのです(-.-;)y-゜゜

2009年04月24日

シンプルだけどウマイ!豚肉とネギのチャーハン

材料もシンプルで作り方も簡単なチャーハンですが、
以前飲食店をやっていたときに、ランチで人気だったメニューです。
味付けは塩コショーのみなのですが、うまいんです(*^_^*)
0424_1.jpg
材料2人前。
豚バラブロックを厚切りにして細切りにしたもの 100g
長ネギ(粗みじん切り) 1本分 タマゴ 2個 白ゴマ 大さじ2
ご飯 300g 塩 小さじ3/4〜1(好みのしょっぱさ) コショー少々

作り方
バラブロックに余分に付いているラードをフライパンで溶かし
豚肉を、塩コショーして軽く焦げ目がつくまでよく炒める。

ネギ、溶き卵、ご飯の順に連続で入れ、
タマゴが固まらないうちによく混ぜる。
0424_2.jpg
分量の塩、コショーで味付けし、後はひたすらアオる(*^^)v
(火力がもっと強ければ〜^^;;;)
この写真、当スタッフKayo-Pにお願いして撮ってもらったのですが、
場所が暗く(明るく見えますが) ISO2000でもシャッターが1/60秒しか
確保できなかったためブレまくってます、スミマセンm(__)m
0424_3.jpg
仕上げに白ごまを振り、あれば日本酒かブランデー大さじ1を
鍋肌に沿って入れてやるとツヤが出ます。
パラパラになってきたら出来上がり(*^^)v
0424_4.jpg
チャーハンを作るときはご飯が熱い方がいいですね。
冷やご飯のままだとフライパンに入れたときに温度が下がって
パラパラになりにくいんですよ。
特に家庭用の火力ではね(^_-)-☆

2009年04月22日

TWINS居酒屋OPEN!(第二回)

昨夜、第二回の撮影講習会とは名ばかりのオヤジ飲み会が開催され、
腹を減らしたヤローどもが7人結集しました(^_^;
0422_1.jpg
買ってきた食材をテーブルに並べてみる。
今年はキャベツ、高いっすね〜(◎-◎;)
0422_2.jpg
今回はメインがお好み焼きということで、生地を作り、
お好み焼きに入れる具を切ったりしてスタンバイ(^^)
0422_3.jpg
とりあえず、焼き上がるまでのつまみにサラダを用意して
みなさまのお越しを待ちます(*^_^*)
0422_4.jpg
焼き方開始。
手前は豚キムチ、向こうはツナチーズトマト。
酒に合いそうなトッピングにしてみました(*^^)v
0422_5.jpg
わざとチーズをこぼしてパリパリにしてつまみます。
これがまたいけるんですよ(^^)/
0422_6.jpg
お好み焼きの後はやはりソース焼きそばで。
ホットプレート一杯を使って作ります。
0422_7.jpg
参加した面々。さんざん飲んで午前1時半の状態(__;)
左からSassyさんkoneya3さん(下)、くるまる【84】さん(上)、
アゴスさん(下)、masaongさん(上)、おやじさん(下)、(上)

第一回同様話は尽きず2時過ぎのお開きとなりました(^_^;
みなさん、お疲れ様でした。
なんか恒例になりつつある気もしますが、
またメニューを考えておきますので第三回もご来店(笑)下さい(^^)

P.Sお好み焼きのレシピを知りたい方は→こちら。

2009年04月19日

4月19日ご結婚のお二人

本日ご結婚のお二人、新郎篤司さん、新婦和代さんは
『旦飯野神社』での挙式です。
たいへんおめでとうございます(^_^)/
0419_01.jpg
昨年新築された鳥井の前で。
この鳥居、新築当初は木の無垢のままで、
それも雰囲気のある感じだったのですが、
現在はまさに『鳥居』と言った赤に塗られています。
神主さんがご自身で塗ったものです(@_@;)
0419_02.jpg
ご列席の皆様で95段の石段を登ります。
まっすぐ伸びた杉に囲まれて、一段登るごとにお二人は
どんな思いなのでしょうか?
0419_03.jpg
本殿で厳かにとてもていねいな神前式が執り行われます。
車のお祓いや帯明け、七五三なども一組ずつ対応してくれる
親切な神社で、私も車のお祓いしていただきました(^_^)v
0419_04.jpg
五十嵐邸に戻っての家族集合写真。
庭の木々が先週よりも葉を付け色づいてきています。
画面右のしだれ桜は今日もまだ花を保っていました。
奥の白い木蓮が今が盛りという感じでした(^^)
0419_05.jpg
秋以来撮影ポイントからはずれていたこの場所も
新緑が美しくなってきて今週から解禁です。

春の陽気が感じられる中、晴天にも恵まれて
たくさんのいい写真を撮れたように思います。

篤司さん和代さん、どうぞお幸せに(^^)/

2009年04月18日

肉焼売

豪華にシーフードとか、刻んだ椎茸を入れて
深みのある味にするとかではなく、
ただひたすらニク〜〜〜!な焼売が食べたくなって
シンプルに作りました(^^)
0418_1.jpg
20個分で材料は
豚挽肉300g 玉ネギみじん切り1/2個 片栗粉小さじ1
オイスターソース大さじ1 塩・コショー少々 焼売の皮20枚
0418_2.jpg
オイスターソースを入れるとまろやかな味になり、
薄味好みの方は醤油などを付けなくても食べられます(*^^)v

我が家はかなりのオイスターソース好きでいろいろ試したのですが、
この『富士』のオイスターソースが一番好みです。
野菜炒めなども味付けこれだけでイケます(^^)/
0418_3.jpg
きれいに包むのは熟練がいるのだと思いますが、
蒸し上げると意外と気にならないんですよ、テキトーでも^^;
0418_4.jpg
作って食べることの良さは、焼売ってたいてい5個で、
なんかもう1個か2個食べたいって時に、おかわりができることです(*^^)v
すっごい『肉食った〜』って気になりました。

2009年04月17日

スモークサーモンの押し寿司

0417_1.jpg
鳥屋野潟の遊歩道を歩いて端まで行くと珈琲倶楽部があり、
このお店は自家製スモークで、知る人ぞ知るお店なのです。

子猫の歓迎を受け、ベーコンとスモークサーモンをGET!・・・
と思ったらベーコンは売り切れでサーモンのみ買ってきました^^;
0417_2.jpg
中骨をはずし骨に付いた身を取ってセルクルを使って
押し寿司を作ります(^^)/
0417_3.jpg
もう一種類、アジの切り身買をネギと一緒にたたいて、
これでビジュアル的にもOKです(*^_^*)
0417_4.jpg
アジの方の酢飯には刻んだ大葉とゴマをまぶします。
サーモンは、ちょっとスモーキーな富山の鱒寿司みたいで
なにも付けずにおいしく食べられました(^^)

2009年04月16日

鳥屋野潟の桜

普段風景写真を(うまいとは思っていないので^^;)撮影しない私ですが、
桜だけは撮りたくなっちゃいますね。

14日に時間の余裕ができ、雨予報が何とか持ちこたえてくれたので、
鳥屋野潟周辺に出かけることにしました。
0419_7.jpg
J1アルビレックスのホームビッグスワンは鳥屋野潟公園の中にあり
普段から散歩やジョギングの人々に人気のスポットで、
ココアの散歩で何度か来ており、昨年の桜の時期にも
花見に来て我が家的お気に入りスポットです(^^)
0419_2.jpg
ビッグスワン周辺は近年整備された場所なので、桜はまだ若いです。
向こうに建っているのは現在建設中の県立野球場。
青空だったらもっと見れる写真だったんでしょうが、
こればかりは仕方ないですね(^_^;
0419_3.jpg
桜のメインは鳥屋野潟湖畔の桜のトンネル。
ビッグスワン脇から交差する長い遊歩道になっていて
相当な樹齢の桜が左右にずらりと並んでいて気持ちのいい道です。
0419_4.jpg
湖畔から一本内側の道は散り始めた花びらで覆われていて
さながら桜の絨毯のようでした。
0419_5.jpg
枝が地面近くまで伸びている木もあり、小さな子供やペットなんかも
桜をバックに撮影できます(*^^)v

屋台が出ていたりイベントをやっている桜祭りも楽しいですが、
のんびりと桜の中を歩いてみるのもオススメであります(*^_^*)

2009年04月14日

4月13日ご結婚のお二人

鹿児島県出身の新郎正樹さんは、自衛官をやっておられ
新潟に配属になり新婦真弓さんと出会いました。
偶然ではなく必然の出会いだったお二人、
本当におめでとうございます\(^O^)/
0414_1.jpg
しだれ桜は今週末にはもう撮影ができないように思います。
桜の下では笑顔がいいですね(*^_^*)
0414_2.jpg
チャペル式の挙式、誓約で感動の涙を見せる新婦。
いろいろな思いがこみ上げてきたのでしょう。
その涙をそっとぬぐってあげる新郎の優しさも光った場面です。
0414_3.jpg
挙式の後半にあるキャンドルライティング。
このカットだけクロスフィルターを使います。
クロスフィルターは好みが分かれるところだと思いますが、
私は結構好きなので・・・(*^_^*)
0414_4.jpg
挙式後、和装に着替えられてからの披露宴で、
その前に五十嵐邸の玄関先で家族写真を撮りました。
0414_5.jpg
披露宴のトリでの新郎挨拶で正樹さんが、
ご自分の人生があまりうまくいってないように感じていて
仕事もなんの縁もない新潟に配属になり、不安に感じていた中、
真弓さんと出会い真弓さんのご家族にも家族同様に扱ってもらったと
本当に感謝している思いを伝えていたことが、
とても印象的でした。

朝少し雨が降り、心配された天気も回復し晴天に恵まれた中での
披露宴となり、お二人やご列席のみなさまにとっても
たいへんよき日となったことと思います。

どうぞ末永くお幸せに。

2009年04月12日

4月12日ご結婚のお二人

春らしい気候の中、本日めでたくご結婚されたのは、
新郎拓巳さん、新婦千愛さんのお二人です。

たいへんおめでとうございます\(^O^)/

お二人とも地元が水原で、挨拶に行くと千愛さんが私を知っていて、
『中学校の時写真撮ってもらいました』と・・・
最初から和みモードで撮影に入ることができました(*^^)v
0412_1.jpg
五十嵐邸の日本庭園も一週間前とはがらりと違い、桜が満開です。
これは本殿の前に咲いているしだれ桜で、ソメイヨシノよりも
濃いピンクでこの季節ならではの一枚です。
0412_2.jpg
お二人は、すでに入籍と挙式を済ませており、
本日がみなさまにお披露目の披露宴となりました。
サムシングブルーで乾杯です(^^)
0412_3.jpg
そして、お子さんにも恵まれていて、
お色直しの入場は優浬クンも一緒の入場です。
後ろの大きな木、白い花が五十嵐邸で一番大きなソメイヨシノです。
0412_4.jpg
今日のような好天の日には、デザートビュッフェを
日本庭園で楽しむことができます。
桜を見ながらのデザートタイムはご列席のみなさまにとっても
お楽しみいただけたのではないでしょうか(*^_^*)
0412_5.jpg
とても明るいお二人ですが、印象的だったのは撮影のたびに
拓巳さんが『ありがとうございます』とおっしゃってて、
他者に対する優しさと思いやりがあふれている方なんだなぁ、
と感じました。
きっと幸せなご家庭を築くことと確信した次第です(^-^)

2009年04月10日

電子ジャーで自家製パン

2月3日のエントリーで『パンも焼ける電子ジャー』を買った
と書いたのですが、今回初めて挑戦してみました(*^^)v
0410_1.jpg
左の写真の分量の材料を軽く混ぜ水、牛乳各75ccを入れながら
ボールで生地をまとめていく。(小麦粉は強力粉です)
右写真のようになったら台の上で、つぶす→こねる→たたく
などしながらなめらかにしていく(約10分)
0410_2.jpg
なめらかになった生地を電子ジャーに入れて(写真左)『パン』にあわせて
スイッチON!発酵開始。
40分かかるのでその間は仕事に戻ります(^_^;
40分後アラームが鳴るのでふたを開けて(写真右)グーでそっとガス抜き。
再びふたを閉めます。また仕事へ(^_^;
0410_3.jpg
さらに40分後アラームが鳴り、パンをひっくり返してふたをして
あと10分で出来上がりです。
0410_4.jpg
ちゃんとパンになってるぅ〜(*^_^*)
もちろんパン屋さんのようにはいきませんが
もちもちしていて、出来たてはかなりGood!!です(^^)/
0410_5.jpg
トマトクリームソースのパスタを作り、
一緒にいただきました。

結局2時間弱かかりますが、実際作業をしているのは生地をこねるまでの
15分ほど。かなりお手軽な感じです。
次回はクルミとかレーズン入り作ってみたくなりました(^_^)

2009年04月09日

二日目のカレー

最近の春らしい気候のおかげで、当阿賀野市もあちこちで
桜が一気に開花してきました(*^^)v

さて今日は、市販のルーを使って二日目のカレーを
一日で作ってしまおうという企画(?)です(^^;
0409_1.jpg
メーカーの違うルーを二種類使います。どちらも辛口。
豚バラ肉は焼き壁を作って圧力鍋に。
野菜の皮とか端っこを一緒に煮ます。
圧がかかって高圧で10分。
*(時間があればは肉はさまして一晩おいておくと柔らかいのにしまって
 歯ごたえがよくなります)
0409_2.jpg
玉ネギ1個とニンジン1本、にんにく1カケをすり下ろし状態にします。
肉を取り出した煮汁を濾してすり下ろし素材を入れ、
湯むきトマト1/2またはトマト缶1/4くらいも入れます。
じゃがいも4個は丸のまま入れます。
ブラックペッパーを粒のまま大さじ1くらい入れます。
煮汁はラードが浮いているのでメタボが気になる方は取り除きましょう。
私は取り除きました(*^_^*)
高圧で5分煮て、圧が下がったらルーを好みの堅さまで溶かし、
切った肉を入れて軽く火にかけて完成です(^^)
0409_3.jpg
具は見た目にはじゃがいもと豚肉だけですが、
野菜の旨味が溶け込んでいてついついご飯の量が増えちゃいます(^^;

2009年04月08日

越後姫のジェラート

そうえん農場さんから越後姫を買ったときに
『これ小粒なのでよかったらジャムにでも・・・』と
おまけしてもらったカワイイ姫たちをジェラートにしてみました(^^)
0408_1.jpg
材料
冷凍庫で4〜5時間凍らせた越後姫250グラム
生クリーム 20cc
牛乳    30cc(生クリームがなければ牛乳50cc)
砂糖    15グラム
砂糖の量はお好みですが、越後姫は糖度が高いので15グラムで
オトナの甘さになります(^-^)
レモン汁を数滴入れるとよりシャープな味になります。
0408_2.jpg
材料をミキサーとかブレンダーに入れて混ぜるだけ。
2〜3分でなめらかになったら完成です。超簡単(*^^)v
0408_3.jpg
はっきり言って激ウマでした\(^O^)/
越後姫の濃厚な果肉が、思った以上の鮮やかなピンクになり
見た目も春らしくさわやかな味わいです(∩.∩)

2009年04月07日

春のドライブ②

『そうえん農場』をあとにした我々一行は
新潟県北部に位置する、釣り好きの方の定宿として名高い
『いづみや旅館』へと向かった。
0407_1.jpg
ドキュメンタリーのナレーション調で始まった今日のエントリーですが、
いづみや女将さんとは一度お会いしたことがあり、
その後もブログや私信で交流を深めていて、
県北へ行くなら是非またお会いしたいと思っていました(^^)
0407_2.jpg
到着するなりシッポ高速回転のココア(*^_^*)
かわいがってくれそうな人を見分ける能力に長けています。
0407_3.jpg
我々が気になるのはメリーちゃん。激しい歓迎を受けます。
写真で見ていた通りやんちゃでキュートなお顔立ち。
時々カメラに体当たりされながらもパチリッ(^_-)-☆
1/250秒では彼女の俊敏な動きを止められませんでした(@_@;)
0407_4.jpg
マコトさんが登場し(スミマセン写真取り忘れてました(涙))
『ま、これでもつまんでて下さい』といって出てきたのがこちら(¨;)
フツーつまんでて下さいと言ったら、せんべいやクッキーなのですが、
なな、なんと巨大な鯛の兜揚げ・・・(◎-◎;)
TWINS『これみんなで食べるんですよね〜?』
マコトさん『いえいえ、お二人でどーぞ』
TWINS『・・・』
と一瞬固まりましたが、せっかくお出し下さったもの。
しかも家庭では絶対に調理不可能な兜揚げにがっつきました(^^;
う、う、うまいっ!
骨だけ残し食べれるところは完食いたしました(*^^)v
0407_5.jpg
実は、行くと予告したところ『昼食は我が家でいかがですか?』と
ありがたいお言葉をいただいていて、しかも以前のエントリーにも度々登場し
いづみやボーイズの宇宙ランキング第一位に燦然と君臨する『幻の蕎麦』
と言うではないですか\(^O^)/
これは、いづみやの人間国宝、スーパマルチおじいちゃん、
慎三じいちゃんの手による非売品手打ち蕎麦なのであります(*^^)v
『蕎麦はできてから5分だぞ』との慎三じいちゃんのお言葉に
プレッシャーを感じつつも2分ほどで撮影。
いただきま〜す♪♪♪
ん、ん、んまいぃ〜(*^_^*)
氷水で締められた蕎麦は腰が強くのどごしも香りもサイコー!

私も好きでよく蕎麦を食べ歩いてますが、
冗談抜きで今までで最高においしい蕎麦です(◎-◎;)
『宇宙一』と言うキャッチフレーズは決して大げさではありませんでした。
0407_6.jpg
食後にいづみやボーイズの1号君が登場。
豊作さんのなご道さん夫妻や荒川商工会の辻川さんも来られて
賑やかなことに(^^)
1号君は私がみなさんと話をしてる間、私の妻とココアの相手をしてくれました。
ありがとうね、1号君(^^)/
今回残念ながら2号君には会えなかったのですが、
またココアを連れて行きますので許して下さいね_(_^_)_

最後には『サクラマスのではないんだけど・・・』と
マス子のおみやげまでいただき至れり尽くせりのおもてなしを受け
サイコーの天気の中、充実したドライブとなりました。
いづみやのみなさん、ホントにありがとう&ごちそうさまでした(^-^)

2009年04月06日

春のドライブ①

やっと春らしい日が訪れた今日、最高のドライブ日和に恵まれて
目指した先は新発田の『そうえん農場』さんです。

かねてよりブログでおつきあいがあり、新潟が誇るいちごの品種
『越後姫』をはじめ、コシヒカリや枝豆などを生産販売している農園さんです。
0406_1.jpg
前日のそうえんさんのブログで「越後姫がTVで紹介されて注文が殺到」とあり、
『オレの姫は〜?(*_*)』とじゃっかんの不安も抱えつつ到着。
のぼりの下に『完売』の文字が・・・( ̄□ ̄;)!!
しかし、行くといっていた私の分は『ちょっと粒が小さいけど』と言いながら
形のよいものを取っておいて下さってました、アリガトゴザイマ〜ス(^^)
0406_2.jpg
発芽中の種籾。秋にはコシヒカリに成長ですね(^^)
南蛮は虫除けでしょうか?いい具合に乾燥しています。
0406_3.jpg
いちごハウスの中。
整然とたくさんの株がならび、時折ミツバチの羽音が聞こえます。
白いちご姫をもいで、私、妻、ココアにいただきました。
白いのに甘〜い不思議な感覚です(@_@;)
0406_4.jpg
白越後姫の品種だそうですが、最近の日当たりの良さで
色づいてきたもので、ピンクになってます。
ピンク姫もアリかと思いました(^^;)
0406_5.jpg
そうえんさんの御家族が田んぼから帰ってきました。
農家らしい光景です(*^_^*)
0406_6.jpg
そうえんさんご夫妻。
思いっきり忙しい中、おじゃましてスミマセンでしたm(_ _)m
丁寧にご対応いただき感謝デス。
0406_7.jpg
そうえんさんから買ってきた品々。
越後姫は大きいのだとこれの3倍はあるとか・・・
後ろはそうえんさん自家製の、イチジク、ル・レクチェ、越後姫のジャム。
おまけに漬け物をいただきました(^_^)v
本当に今日はありがとうございました。

2009年04月05日

パリパリチキンソテー

最近、『オレンジページ』や『レタスクラブ』が
愛読書になりつつあるTWINSです(^_^;
今日も結婚式の撮影はあったのですが、
アルバム依頼ではなかったのでブライダルリポートはお休みです(__;)
0405_1.jpg
事務所のキッチンです。
オールカラーでお見せする自信がないので食材以外は
モノクロとダストにしておきました(^^;
ガスコンロが2個のちっちゃいキッチンです。
0405_2.jpg
チキンは強火で焦げ目がついたら中火にして
じっくり焼くと皮がパリパリになります。
塩・コショーを強めにして、塩味だけで食べました。
0405_3.jpg
タマゴとじゃがいもは一緒に茹でて、じゃがいもは
オーブントースターでじゃがバターに。
絹さやもこのときさっと湯通しして色止めしておき、
鶏が焼き上がる直前にフライパンでソテーします。
皿にかっこよく(?)盛りましょう。

じゃがバターのバターがあっという間に溶けてしまって
なんなのかよくわからない絵になってますがご容赦ください(*^_^*)

2009年04月03日

串カツ

なんか昼は自炊が定着してきました(^_^;
この半年で大きく変わった点です。
作るスピードもUPしてきています。

ブライダル撮影や制作がないと何屋かわからなくなりつつあります(汗)
気を取り直して・・・今日のメニューは串カツ。
0403_1.jpg
豚肉と玉ネギのネギ間、アスパラベーコン、そして
あんかけ焼きそばで入れ忘れたウズラがここで登場です(^^)
豚肉はバラ肉を使う場合、たたいたりフォークで穴を開けておくといいでしょう。
肉の色は自然光の方が写真写りいいみたいです。
0403_2.jpg
塩・コショーして衣を付けて揚げるだけ。
簡単でよいです(*^_^*)
0403_3.jpg
トンカツソースにすりゴマとからしでいただきま〜す(*^^)v
揚げたてなのでサクサクですよ〜。
ウズラってホントにおいしいです。
焼きそばに入れ忘れたリベンジ果たせたようで満足でした(^^)/

2009年04月02日

クニさんの人参ジュースを撮影してみる

ほぼ毎日コメントをいただいているクニさんのところで
人参ジュースのモニターを募集していたので応募したところ、
人参ジュース3個とかっこいい携帯用保冷袋を送っていただきました。
クニさん、ありがとうございました_(_^_)_
0402_3.jpg
私的にも、コンセプトを考えた商品撮影を将来的に
仕事に取り入れてみるのもよいかな?といった思惑もあり、
クニさんのHPブログを見つつ
イメージを組み立ててみました。
0402_1.jpg
これは撮りっぱなしの画像。
トリミングを考えてわりと広めに撮ってあります。
人参ジュースは朝食限定というわけではないのですが、
朝食に並んでいるとより健康的な感じがする、
私のイメージです(^^)
次がレタッチしたものにコピーを付けました。

(クリックすると拡大します)
曇りでしたが、朝の感じを出すために窓の外は飛ばさないといけないと思い
手前にレフ板を当てただけで撮影しました。
EOS5DMarkⅡ 16-35mmの23mm ISO400 F2.8 1/50秒

ジュースが実際よりも色が濃かったのでじゃっかん薄くし、
(でも思っていたよりも濃厚な色でした)
ジュースを目立たせるためジュース以外の彩度を下げて
明度を上げてます。
コピーはクニさんのHPを見て考えました。

飲んでみての感想ですが、
人参そのもののはずなのに人参の生臭さもなく、
加糖していないのが信じられないような甘さで、
スゲーよ、人参!(^^)!って感じです。

人参そのものも販売してらっしゃるようなので、
そっちも欲しくなりました。

私同様欲しくなっちゃった方は
クニさんのHPへ→こちら

2009年04月01日

ボロネーゼソース(手抜きバージョン^_^;)

まともに作ったら4〜5時間かかるというボロネーゼソースを
1時間で、“作って食べる” に挑戦です(^^)
0401_1.jpg
最近ブレンダーを買ってみまして、これと圧力鍋を使って
時間を短縮しようというスンポーです。
写真も今日はいつもと趣向を変えて、自然光+レフで撮っています。
0401_2.jpg
材料は写真の他にベーコン50グラム、ローリエ2,3枚
オリーブオイル大さじ2、塩適量、コショー少々です。
0401_3.jpg
玉ねぎ、ニンジン、セロリ(葉っぱごと)をブレンダーにかける。
多少粒が残っていてもかまいません。
細かくすることで野菜のエキスを出やすくします。(ここまで10分)
0401_4.jpg
オリーブオイルでベーコンを炒め、
香りが出てきたら野菜を炒めます。

野菜の香りが一つになったら挽肉を炒めてワインを入れ、
ワインの香りがしなくなるまで煮込む。(ここまでさらに15分)

圧力鍋に移して圧がかかってから7分、高圧で。(プラス10分)

またフライパンに戻して塩・コショーで味付けし、
水分をある程度飛ばして出来上がり(約10分)
0401_5.jpg
ソースを作ってる間にパスタを茹でて、仕上がり時間を合わせれば
何とか1時間以内でいけました(*^^)v

あ、この分量で作るとかなりたくさんソースができますので
余ったら小分けして冷凍するといいかも、デス(*^_^*)

最近のエントリー

  1. マルサンのカメラストラップ(プロモデル)
  2. カルボナーラ(2回目)
  3. ポトフ
  4. ココアと福の一日〜二人の距離〜
  5. シンプルだけどウマイ!豚肉とネギのチャーハン
  6. TWINS居酒屋OPEN!(第二回)
  7. 4月19日ご結婚のお二人
  8. 肉焼売
  9. スモークサーモンの押し寿司
  10. 鳥屋野潟の桜
  • Powered by
    movabletype_banner.gif
  • Template by drblog.gif
  • Server by moover_banner.gif