サイト内検索


2009年08月31日

トマトゼリー

0831_1.jpg
植えるのが遅かったので今頃なんですが・・・
わが家のプチ家庭菜園では毎日ざくざくトマトが採れています(^^;
今日はトマトゼリーにしました。
0831_2.jpg
材料(3個分)
プチトマト 9個 粉ゼラチン5g 水300cc はちみつ 大さじ4 レモン汁 小さじ2
ミントの葉 数枚

作り方
トマトは湯むきしておく。
80℃のお湯に粉ゼラチンをしっかり溶かし、蜂蜜、レモン汁を入れて混ぜる。
容器にトマトを3個ずつ入れ、ゼリー液を流し込む。
冷蔵庫で2〜3時間冷やし固まれば出来上がり。ミントを添える。
0831_3.jpg
今のところミントは3種類が育ってきていて、買うと高かったりするので重宝してます(^^)
ミントは花を咲かせるまで育てれば、こぼれ種で毎年出てきて手間もかからず虫も付かない
育てやすいハーブで、プランターで家の中でも栽培できます(*^^)v
0831_4.jpg
さっぱりしていて夏向きですね。
今回はストレートにトマトを使いましたが、形が崩れない程度に甘いシロップで煮たものを
使うと、よりデザートっぽくなるかもしれません(*^_^*)
それにしても簡単ですね、ゼリーって。
今度はトマト以外にもフルーツなどで作ってみようと思いました(^^)

2009年08月29日

ゆで豚

昨日、久々に圧力鍋を引っ張り出したので今日も使うことにしました。
といっても冷凍庫にストックしてあった豚バラ肉のかたまりを水でゆでただけ、
という超シンプル料理です(^_^;
なので完成写真しかありません。
0829_1.jpg
作り方は、豚バラブロックに塩・コショーをして焼き目をつけ圧力鍋に。
肉が浸るくらい水を入れたらフタをして強火にかける。
圧がかかったら中火で15分。自然減圧させて取り出し切り分ける。
肉を焼いたフライパンでそのまま野菜を焼いて一緒に盛りつける。

こちらはバジルソースです。
空気に触れるとすぐに色が変わるので食べる直前にソースをかけましょう(^^)
0829_2.jpg
こちらはバルサミコソース。
バルサミコ大さじ3に蜂蜜小さじ1を入れ火にかけ、半分くらいに煮詰まったら
バター5gを溶かして出来上がり。
肉にも魚にも抜群に合うソースです(*^^)v

圧力鍋を使うと、肉はトロットロ状態。
バラ肉でもごちそうに早変わりなのでオススメです(*^_^*)

2009年08月28日

サンマの生姜煮

昼ご飯を何にしようかと近所のスーパーに行ったら、サンマが1匹68円で出ていたので、
延本石油の嫁さんが、8/26日にエントリーしていた料理を真似させてもらおうと
3匹お買い上げいたしました(*^_^*)
0828_1.jpg
材料(2~3人前)
サンマ3匹 生姜1カケ 酒70cc みりん100cc だし汁100cc 醤油70cc 砂糖大さじ2
延本石油の嫁さん仕様はサンマ5匹だったので、少なくした分調味料を減らしました。
もはや常識だとは思いますが、このような魚の調理の場合新聞紙の上でやると
まな板も汚れずそのまま捨てられるのでいいですよね〜(^^)
0828_2.jpg
作り方
圧力鍋に酒とみりんを入れ、アルコールを飛ばす。
そこへだし汁、醤油、砂糖を加え、尾頭を落としわたを取ってぶつ切りに切ったサンマ
(私は5等分にしました)と千切りの生姜をぶち込んでフタをし、圧がかかるまで強火、
圧がかかったら中火にして13分煮込む。
13分経ったら火を消してそのまま圧が落ちるまで放置(約10分)して出来上がり(^^)
0828_3.jpg
以前ブリ大根を作ったときにわかってはいたんですが、やはりこの短時間で
骨まで柔らかくいただけるのはナイスですね〜(*^^)v
2人でサンマ3匹は多いと思ったのですが、わざと余らせて右の写真のように
オイル漬けにしてみたかったんです。
鮭缶みたいな感じになるかな〜と思って(*^_^*)
5等分にしたのも4等分だとこの入れ物に入らなそうだったのでただそれだけの理由です(^^;
2,3日冷蔵庫に入れて冷たいままツマミにしてみます。
0828_4.jpg
延本石油の嫁さんのエントリーを見たときに、これは絶対ウマイ!と確信していました。
実に、実にご飯に合います(*^^)v
しかも作るのがとっても簡単!
延本石油の嫁さん、美味しいレシピ、あざ〜す(*^_^*)

2009年08月27日

阿賀野市 山口祭り

25日で阿賀野市のメインとなる水原祭りが終わったのですが、25,26日と
私の住んでいる町内で祭りが行われていました。
マイナーなので阿賀野市民でも知ってる方は少ないと思いますし、私自身この地区へ来たのが
一昨年の夏だったので見たことがありませんでした(^_^;
0827_1.jpg
水原祭りではあまり見ない、大きな山車が先導します。
今回は近所の同級生の娘さんがお稚児様をやるので、写真を撮りに来い&見に来い、
とゆーワケで行ってみたんですが、
これがなかなかの伝統的な神事が行われるいい祭りだったんですよ(◎-◎;)
0827_2.jpg
山車の後に灯篭が続きます。
町内にある住吉神社という小さな神社の祭りなのですが、
非常に格式があり尊重されている神社なのだそうです。
ほろ酔いさんのお店の隣にあるんですよ(*^_^*)
祭りの概要は住吉神社のご神体が年に一度、1キロほど離れた、やはり山口地区にある
日吉神社にバカンスに行きます(25日宮出し、この時も神楽や仁和加などとともに行きます)
26日夕方戻ってくる儀式、宮入りをもり立てるお祭りです。
0827_3.jpg
灯篭は中心に太い支柱が入っていて、その支柱を3人くらいで固定し残りの担ぎ手が
灯篭を左右に揺らした後、勢いよく回転させます。
これを何度か繰り返しながら神社に向かっていくんですね。

ここで昨日の答えですが、昨日のエントリー6枚目の灯篭の写真、撮影データは
ISO2000 1/8 F5.6 16-35mm ストロボON後幕シンクロ です。
1/8秒シャッターが開いてる間にズームリングを16mmから35mmまで素早く回し、
シャッターが閉じる寸前にストロボが発光しています。
なので光や感光しやすい白い部分が放射状の残像となり、最後のストロボ発光によって
灯篭の絵柄や人物が止まってる部分が出てくる、というわけです(^_^;
今ではフォトショップの放射状ぼかしで簡単にあのような画像が作れます。
今日の写真はスローシンクロだけでズーミングはしていません。
シャッター速度はさらに遅く0.3秒です。
0827_4.jpg
灯篭の後はお稚児様の舞です。
地元の小学生や中学生がつとめます。
0827_5.jpg
真剣ですね(^^)
この他にも天狗様や神楽なども出ています。
夕方7時頃から始まっていて、ゆっくり町内を練り歩いてきて現在9時半です(◎-◎;)
0827_6.jpg
次は福の神が出てきて『天下太平・益々繁盛』と書かれている垂れ幕と
『五穀豊穣・家運隆昌』と書いてある鯛を釣り上げます。
0827_7.jpg
見事釣り上がり、拍手に包まれます(*^^)v
0827_8.jpg
福の神、お稚児様たちが福飴をまき、人々が一斉に拾います。
私は写真を撮っていたため拾うことができませんでした(__;)
0827_9.jpg
見物の観衆が見守る中、ご神体が神社に奉納され全員でお参りし、最後に三本締めで
祭りが終了しました。
この後、宴会にちょっとだけ参加させていただき帰ってきましたが、
また来年も見に来ようと思いました。
何たってわんこたちの散歩コースなので、徒歩5分の場所なのです(*^_^*)

2009年08月26日

阿賀野市 水原祭り

昼は高校野球甲子園で盛り上がっていたここ数日、当阿賀野市水原地区では昨日まで、
夜は水原祭りで盛り上がっていました(*^_^*)
0826_01.jpg
8/22〜23日
私の会社がある商店街の通りがホコ天になり、たくさんの露天が出て賑わいます。
0826_2.jpg
子供に一番人気は輪投げのようでした(*^_^*)
0826_3.jpg
8/24日
同じ通りで露天はなくなり、代官行列、民謡流しが行われます。
肝心のお代官様が後ろでぼけています(__;)
会社の外にぱっと出て撮っただけなのでお許しを・・・
0826_4.jpg
会社から50メートルくらい行ったところに、復元された代官所があり、
そこに代官様が入館する際、ちょっとした小芝居をやります(^^;
0826_5.jpg
同じく8/24日
代官行列の後は『灯篭ライブ』があります。
灯篭同士がぶつかり合ったりして結構はげしく見物客も多いイベントで、TV局も来て
後日放送されるのです。
0826_6.jpg
こんな感じで。
ちなみにこの写真、トリミング以外なんの加工もしていません。
どうやって撮影したか・・・わかる人はわかりますよね〜(^^)
0826_7.jpg
勝負ありです!
しかし、ここまで激しくつぶれるの、初めて見ました(゜◇゜)ガーン
このときの動画がすでにYou Tubeにアップされてました。
0826_8.jpg
8/25日
代官所から200メートルくらい先にある、白鳥の飛来地瓢湖にて、花火大会が行われ
毎年水原祭りを締めくくります。
去年はココアだけでしたが、今年は福もいるため三脚もナシ。
手持ちでしかも犬を入れてというグダグダな花火撮影です(*^_^*)
ここの道路沿いの家の人たちは、ゴザを敷きテーブルを出して、親戚友人を呼んでの
大宴会をします。家の実家も親戚は来ませんがプチ宴会やっていて
ちょっと寄せてもらいました(*^_^*)

昨日までの喧噪とは打って変わって静かないつもの夜を迎えています。
やはり8月末に祭りがあり、それが終わると『秋だよな〜』という感じがいたします_(‥)

2009年08月25日

文理高校ナイン凱旋

昨日の第91回全国高校野球甲子園大会決勝の興奮が、まだまださめない新潟です。
地元紙、新潟日報はWBC優勝よりも大きな扱い。
人との会話の話題も昨日の決勝戦の話が中心です。
私も余韻に浸るべく、朝からニュースやネットで情報を収集し、
すでにUPされていた動画などもたくさん見ました(^^)
0825_1.jpg
文理高校ナインは午前中の飛行機で新潟へ到着。その後県庁や市役所へ挨拶した後、
3時半頃に学校で凱旋式を行うとの情報を得たため、さらなる感動の余韻に浸りたい私は
文理高校へ行ってきました(*^_^*)
今、当阿賀野市で水原祭りをやっていて、連日スゴイ人の出なのですが、
それを遙かに凌駕する人たちが集まってます(◎-◎;)
0825_6.jpg
玄関内の柱には拡大版の号外が
その玄関の外で凱旋式が行われるようで、当然ですがTVクルーも大勢来ています。
0825_2.jpg
凱旋式が始まりました。拍手と歓声の渦です。
いろんな方が挨拶されますが、疲れてる選手に気を使ってか、的確な挨拶ながら簡潔です。
みなさん、『準優勝おめでとう』よりも『ありがとう』といった気持ちが強いような挨拶。
県民の総意をわかってるようです(*^^)v
0825_3.jpg
大井監督の報告と挨拶。
会場が一番沸きました。
0825_4.jpg
カメラバッグに乗り200ミリ、ノーファインダーで狙ったカットです。
ムービーモードが役立ちました(^^)
0825_7.jpg
再びバスへと向かうところを最前列で待ちます。
最強の9番打者の称号をもらったキャプテン中村君。
全試合投げ抜いたピッチャー伊藤君と小学校からバッテリーを組む若林君。
0825_8.jpg
ブログの皆さまにもおなじみ、今大会攻守で一番活躍した高橋隼之介くんと
その後ろは当阿賀野市のヒーロー高橋義人君。
最後はなぜかおばさま方から声援が飛んでいたスコアラーの安達さん。
陰で選手たちを支えてくれていたのでしょう(^^)

選手たちはこの後、地元TV局の生出演をいくつかこなし家路につくそうです。
『早く帰って母ちゃんのご飯が食いて〜』『自分のベッドで寝たい』が本音でしょうが、
ヒーローの宿命ですね(^_^;

声援の中、バスに乗り込む彼らを見ているととても生き生きとしていて誇らしげで、
ちょっと照れてる感じもありつつ、今の状況を楽しんでるようでもありました(*^_^*)
文理高校のみなさん、改めておめでとうございます。
そして感動をありがとう\(^O^)/

2009年08月24日

史上最強の準優勝 日本文理高校

試合終了後の両軍のベンチは、どちらが勝者なのかわからないほど好対照の表情でした。
日本文理高校、負けたとはいえスゴイです(*^^)v

かつてあれほどの粘りが、決勝戦の最終回、
しかもツーアウトから見られたことはあったでしょうか?
6点差・・・普通はあきらめる点差のところ、優勝投手にしたくて中京ベンチが送り込んだ
堂林君を再びマウンドから引きずり下ろした圧巻の攻撃。

最後の打者となった若林君以外は晴れやかな表情で笑顔さえ見られました。
その光景が、ここまでやれたんだという彼らの満足感、
決勝戦まで自分たちの野球をやりきったという達成感を物語っていました。

見ていた私も、悔しさ以上に『すげーよ、君たち〜、よくここまでやってくれた〜』
と、賞賛の気持ちの方が強かったです。
0824_1.jpg
今日はお昼近くから何も手につかず、試合開始前にサクッとチャーシュー麺で済ませました。
チャーシューも切っただけのものです(^^;
文理の初戦にラーメンを食べながら観戦したところ、見事な逆転勝ちだったので
私的ゲン担ぎのつもりでした(*^_^*)

今回の準優勝は新潟県内の他の高校にも大きな刺激となり、
新潟野球のレベルアップにつながる快挙だと思います。

文理高校も攻守にわたって今大会一番の活躍だった高橋隼之介君を中心に、
より強いチームとなって再び来年の甲子園を目指してくれることでしょう。

その前に現メンバーで国体があります。
新潟に新しくできた野球場エコスタジアムに足を運んでみようかと思っちゃいますね(^^)

今日のゲームは本当に感動しました。
文理高校ナインのみなさん、関係者のみなさん、応援に行かれた方々、お疲れ様でした。
そしてありがとうございました\(^O^)/
私は今日の夜、『熱闘甲子園』でもう一度感動の余韻に浸ります(*^^)v

2009年08月23日

2回目の料理教室+文理決勝+ブログ1周年

いや〜、やってくれましたよ、日本文理高校\(^O^)/
ここまで来るとは誰が予想したでしょう?
今まで出ると負けという新潟県勢。大げさな言い方をすれば、自分が生きてるうちに
甲子園の決勝を新潟勢が戦うなどと考えたことのある人は、はたしているのか?デス(^^;
初の決勝戦進出という、新潟県高校野球史に輝かしい金字塔を打ち立てた日本文理高校
関係者のみなさん、ホントにおめでとうございます。
明日もがんばって、新潟県には無縁と思われたあの深紅の優勝旗を
いただいてきちゃって下さい(*^_^*)

そして今日はブログ開設からちょうど1年。
昨年の8月23日が1エントリー目で、今日から2年目に入ったわけです。
一つ前のエントリーまでで、エントリー数229、いただいたコメント4336、TB60
コメントバックが半分としてものべ2000人以上の方からコメントをいただきました。
皆さまのおかげでここまで楽しくブログ生活を送らせていただいております。
本当にありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いしますm(__)m

そしてそんなブログのお誕生日&文理高校の歴史的試合が行われた今日、
私は何をしていたかというと、午前中2回目の料理教室に行ってきました(*^_^*)
前回8月1日に行ったところと同じ『花花工房』です。
今回のテーマはバジルペースト。
8223_1.jpg
行ってみると山のようなバジルが水切りされてます(◎-◎;)
すべて主催の小野先生(写真左の方)宅で採れたフレッシュバジルです。
自分でも8月14日のエントリーで作ったのですが、どう違うのか、材料は?
の確認も込めて行くことにしてあったんです。
開始は10時から、文理の試合は11時からなので微妙な感じですが、バジルペーストは
それほど時間のかかる料理ではないので大丈夫・・・なハズ(^_^;
8223_2.jpg
使う材料は私が使ったものとまったく一緒です。
レシピは公開して良いのか許可をいただいてこなかったので非公開とさせていただきます。
まるちゃんが作ったレシピとほぼ一緒でした(^^)
8223_3.jpg
最初に松の実とニンニクだけをフードプロセッサーにかけ、入りきらないほどのバジルを
無理矢理押し込む感じで加え、
8223_4.jpg
パルメザンチーズと塩ひとつまみ、オリーブオイルを入れてもう一度かけます。
オリーブオイルは2回に分けて入れてました。
8223_5.jpg
煮沸した容器にペーストを入れ、上にオリーブオイルでフタをするのは変色しないためです。
使ったときもまたオリーブオイルをかけてやると色が変わらないそうです。
この状態で冷蔵庫で1年以上保存可能なので、
やっぱり来年はバジルをどっさり植えようと思いました(*^^)v
8223_6.jpg
手作り激ウマのレアチーズケーキとアイスコーヒーをいただき、時間は10時50分です(^^)
ワンセグの電波はバッチリ入ります(*^^)v
さっき取ってきたばかりという枝豆をおみやげにいただき帰路につきました。
ワンセグでちらちら観戦しながらゆっくり運転してきましたが、
やはり道路はまったく混んでません。みんな見てるのかな?
新津のあたりで文理が先制、やったね!
家に着いた直後に2点目が(^^)
しかし、最後まで気を抜けない手に汗握る展開でした。
も〜、決勝進出なんて夢みたいですよ。
今年一番のサプライズに新潟県全体が興奮状態です・・・きっと(*^_^*)
中京大中京も強い勝ち方で上がってきましたが、彼らならきっとやってくれると信じて
明日も大コーフンで応援したいと思います(*^^)v

2009年08月22日

ジャガイモ・ナス・鶏肉の重ね焼き

明日の日本文理高校の対戦相手が決まりましたね。
県立岐阜商業も帝京を破ってですから強敵です。
岐阜のみなさん、お手やわらかに〜(^^)

と言うことで、昨日よりは比較的ヨユーのお昼タイムを迎え、
対戦相手がどちらかになるのかを見守りつつも、またまたあるもので作ってしまおうと・・・
先日、半額で買った期限切迫品のモッツァレラチーズが、
賞味期限を一週間ほど過ぎてしまい、そろそろ食べた方がいいと思って使いました。
あくまでも私的感想ですが、モッツァレラは開封前で冷蔵してあれば賞味期限経過後
10日は大丈夫です(*^^)v オススメはしませんが(*^_^*)
0822_1.jpg
材料(2人前)
ジャガイモ・ナス各1個 鶏胸肉100g トマトソース大さじ4 モッツァレラチーズ1個
玉ネギ厚切りの輪切り2枚 塩・コショー少々 オリーブオイル大さじ1

作り方
フライパン(18センチ)にオリーブオイルを敷き、薄めにスライスしたジャガイモ、ナス、鶏肉を
並べながら順に重ねていく。重ねるごとに塩コショーする。
その上にトマトソースをかけ、モッツァレラチーズをのせてフタをして中火にかける。
野菜から水分が出て沸騰した音になったら弱火にして15分。
フライパン一枚で作れ、フライパンからそのまま食べてもOKです(^^)
0822_2.jpg
一応盛りつけ例って感じで作りました(^_^;
玉ネギを別でソテーしてその上にセルクルで型抜きしたものをのせます。
野菜から出たスープも忘れずに。
付け合わせは中華風サラダ。
キュウリ1本とニンジン1/2を千切りにし、もやし1/2袋をさっとゆでてさまし、
冷やし中華のタレにカラシを溶いたものと合わせただけです。
たまたま冷やしのタレ(まるちゃん)一袋余ってたので・・・(*^_^*)
0822_3.jpg
ミルフィーユ状態になってます(^^)
もちろん他のお好きな野菜でもOKで、できればズッキーニなんてあると最高ですね。

2009年08月21日

夏野菜のカレーチャーハン

昨日の余った夏野菜の炒め物は、ご飯300g(2人前)とカレー粉大さじ2で
カレーチャーハンになりました(^^)
0821_1.jpg
おやつみたいなものですが、さらに余ったゴーヤと、ずーっと余っていたサツマイモを
チップスにしました。
0821_2.jpg
野菜のチップスは全般的にそうだと思うのですが、薄く切ったものを低温の油で揚げます。
温度計がないので正確にはわかりませんが、150度以下です。
油に入れるとパチパチと泡が出ますが、この泡が出なくなったら取り出して油切りします。
0821_3.jpg
カリカリのチップスが出来上がりました(*^^)v

・・・と、今日のエントリーはなんだかやっつけ気味?と思われた方もいると思いますが、
許して下さいませm(__)m
なんと言っても今日は高校野球新潟県代表日本文理高校が、新潟県野球史上初のベスト4を
かけた試合が昼飯後に控えていて、第一試合も手に汗握るような展開を
ちらちらと見ながらのお昼の準備なのです(^^;
そして・・・やりました〜〜〜〜〜\(^O^)/
スゴイですよ、快挙です!たぶん新潟県視聴率は50%超えてるでしょう。
いや〜、文理高校関係者のみなさん、おめでとうございます\(^O^)/\(^O^)/
しかしみんな良く打ちますわ。わが阿賀野市出身の5番高橋君はまたまたホームラン(◎-◎;)
あの2点は相手の追撃意欲をくじくのに十分の効果があったと思います。
今まで新潟県勢はなかなか点も取れず、甲子園勝利数全国最低の弱小県として
その不名誉さに甘んじていました。それが一気にベスト4!
しかも今大会一の得点力での強い勝ち方。
今までの新潟県勢と何か違います。夢見ちゃいます(^^)

ってことで、準決勝は明後日。
新潟民もう何日か夢見ていいですか?(*^_^*)

2009年08月20日

オープンオムレツ

夏野菜でカテゴリー作った方がいいくらい、またまた夏野菜ネタです(^_^;
それでもまだまだなくなりません。もらう方が多いからです。
うれしい悩みですみませ〜ん(*^_^*)
0820_1.jpg
材料(2人前)
ご覧の夏野菜をテキトーな大きさにブッタ切ります。
ジャガイモ1 個 カボチャ1/8 個 ニンジン1/2 個 玉ネギ1/4 個 ピーマン緑・赤各1 個
ナス1 個 ゴーヤ1/4 個 お中元の残りチャーシュー50g タマゴ3個 塩・コショー少々
(炒めてみたら思ったよりも野菜が多すぎて結局この量の1/2を使いました^^;)
0820_2.jpg
作り方
火の通りに時間のかかりそうな野菜から炒める。
ジャガイモとカボチャを炒め、フタをして弱火で5分蒸し煮に。
次にニンジン、玉ネギ、ゴーヤ、ナス、ピーマンの順に強火で炒め、塩コショーする。
泡立てないように溶いたタマゴを流し入れ、弱火にしてフタをする。
タマゴが固まれば出来上がり(*^^)v
0820_3.jpg
フルーツ入りのタルトかプリンのようですが、野菜入りオムレツです(^^;
ソースは自家製トマトソース。トマトはおくさまさんち産アイコです(*^^)v
付け合わせもおくさまさんからいただいたキュウリとシソを、寿司酢・オリーブオイル・
クレィジーソルトで簡単にマリネにしました。
明日は半分使わなかった炒め済みの野菜で何か考えてみます(^_^;

2009年08月19日

食用ほおずきをいただいたので冷製パスタを作ってみる

去年まで飲み屋をやっていて、園芸販売に華麗なる変身を遂げた友人がいるのですが、
時々花の鉢などをいただいていたんですね(^^)
その彼が、『ほおずきいっぺなったんけどやー、食ってみねが〜?』
訳:『食用ほおずきがたくさん収穫できたので持って行くから食べてみませんか?』
と、持ってきてくれました(*^_^*)
0819_1.jpg
食べれるほおずきと観賞用の区別はつきませんが、これは食用だそうで
見た感じは黄色いミニトマト、もしくは完熟前のミニトマトといった感じです。
しかし、食べてみてビックリ!
とても甘いトマト、もしくはちょっと酸っぱいサクランボ、みたいな感じで
とてもフルーティーです。
これは野菜のカテゴリーか果物のカテゴリーか迷うところですね(^^;)
0819_2.jpg
断面はこんな感じでしっかりと実が詰まっていて、トマトより歯ごたえがあります。
で、きっと冷製パスタにしたらおいしいんじゃないかと思い、
ほおずき12個を3分ほどゆでて柔らかくして冷製パスタソースを作ることにしました。
トマトほどきれいに薄皮がむけないので、皮を剥くことは断念。
(2人前)ボールに入れたほおずきに、オリーブオイル大さじ4、酢(リンゴ酢使用)大さじ1
レモン汁小さじ1/2、塩・コショー・オレガノ各ひとつまみを入れ、
ほおずきをつぶしながら全体を混ぜる。
なじんだら最後に刻んだフレッシュバジル5~6枚分を入れ、冷凍庫で冷やす。
カッペリーニ140gを2分ゆで、氷で締めてキッチンペーパーで水気をよく取ったら
ソースとあえて盛りつける。
0819_3.jpg
専門に生産してる農家が新潟ではないらしいので食べる機会があまりないのは当然ですが
ほおずきがこんなに美味しいものとは知りませんでした(◎-◎;)
激ウマ!と言うか、今まで食べた冷製パスタの中でいちばんマイウ〜!
なんなのコレわ〜、って感じです。
春に植えるものらしいので今は苗は売ってないらしいのですが、来春用速攻予約しました。
ひとつの苗で2メートルくらいに育ち、50個くらい収穫できるそうです。

そんなほおずき他、花や植物に興味がある方は
わが友人のサイトを覗いてやって下さいませm(_ _)m

アガノガーデンオンラインショップ
アガノガーデンブログ

2009年08月18日

夏野菜炒め

買ったものもありますが、いただいた夏野菜が消費しきれず、
今日も夏野菜ネタでスミマセンm(__)m
しかし、この野菜炒めはかなり昔、古町の喫茶店でいただいた感動メニューであります。
喫茶店の名は忘れましたが、むちゃくちゃうまかった記憶だけを頼りに再現してみました。
0818_1.jpg
普通、野菜炒めと言えば、豚肉、もやし、キャベツは欠かせないと思いますが、
そのどれも使いません(*^_^*)
写真の野菜に限らずお好きなものをどうぞ。
コツはブロックベーコンを使いすべての具材を大ぶりに切ることです。
ジャガイモとカボチャはゆでてから使い、その際オクラとアスパラも1分ほど湯通しします。
ニンニクはスライスに、生姜は千切りにします。
0818_2.jpg
オリーブオイル大さじ2とスライスしたニンニクを入れて弱火にかけると
5分ほどでニンニクチップスが出来上がります。
ニンニクを取り出して強火にし、ベーコン、ニンジン、玉ネギの順に炒めて火が通ったら
残りの野菜を入れて塩コショーのみで味付けして出来上がり。
ベーコンから塩分が出るので味付けは味を見ながら控えめに。
食べてみてしょっぱさが足りなければ醤油をかけてもうまいんです(*^^)v
0818_3.jpg
皿に盛ったらニンニクチップスをかけて、万能ネギは余っていたのでのせただけです(^^;
ネーミング的には『夏野菜ゴロゴロ炒め』なんかでもいいかもしれませんね。
十六穀米で食べたので30種類以上の野菜・穀物を摂取した計算になりました(◎-◎;)
なかなかヘルシー感に浸れる昼飯でしたよ(*^_^*)

2009年08月17日

豚ヒレ肉と野菜のソテー

ヒレ肉は新潟県産の豚ヒレが、数日前の特売の時に買ってありました。
野菜は主にいただき物が余ってくるので在庫一掃です(^^)
0817_2.jpg
ヒレ肉は2人前で250g。固まりのまま焼きます。
火の通りが悪そうなジャガイモ、ニンジンを先に入れヒレ肉の両面に焦げ目がついたら
フタをして10分ほど中火で蒸し焼きにします。
ナス、アスパラ、パプリカなどは肉に火が通ってからでもOKです。
0817_1.jpg
ソースは、オリーブオイル大さじ2に玉ねぎのみじん切り1/2とニンニクのみじん切り半カケ
を低温で香りが出るまで炒めたら、前回作ったトマトソースの余りを大さじ4入れて
塩コショーで味を調え、最後にきざんだバジル3〜4枚を入れて作りました。
0817_3.jpg
ヒレ肉は竹串を中心まで刺して、出てくる肉汁が透明ならば焼き上がりです。
肉は軟らかいですから厚めにカットしましょう。
かっこよく盛りつけたら出来上がり(*^_^*)
0817_4.jpg
こういったプレートは真上から取ったのもかっこいいのでアップ(^^)
焼き野菜の方はバルサミコをかけていただきました(*^^)v

2009年08月15日

休日 一人+2匹でお留守番

今日、明日と仕事休みにしました。
そしたらウチの妻は『馬見に行ってくる』と新潟競馬場へ出かけ、母は親戚廻り。
留守番を命ぜられました(-_-;)
とりあえず今日は、新潟県代表日本文理高校の甲子園初戦もあるので、
それを見つつまったりしようかなと・・・
そしてしばらくわんこ達の写真も撮っていなかったので撮ってやろうか、そんな感じです。
0815_1.jpg
これは妻が出かける前、おやつを待つ、の図です(^^)
ココアの大きさは変わりませんが、福は結構大きくなってきました。
それでも同月齢のパグの半分ほどの大きさです(*^_^*)
食べ物を前にした時と散歩の時はこんな感じで並んだりしますが・・・
0815_2.jpg
腹が満たされるとこの通り。
しばらく放っておきます(^^;)
0815_3.jpg
けっこう激しくやり合いますが、
血を見たことはないので、まぁ大丈夫でしょう(*^_^*)
で、しばらくすると当然・・・
0815_6.jpg
犬は1日のうち16時間くらい寝るんだそうです(◎-◎;)
0815_4.jpg
ココア(^^)
エアコンの下の涼しいポジションがお気に入り。
0815_5.jpg
福(^^;)
そんな日の当たる明るい場所に行かなくても・・・(汗)
0815_7.jpg
で、私はというとエアコンをガッツリ効かせてキンキンに冷えたビールを開け、
アツアツのネギラーメンを作って野球観戦という、オヤジ状態満喫です(*^^)v

応援の甲斐あって日本文理高校、いい勝ち方しました。
関係者のみなさんオメデトー\(^O^)/
ピッチャーがいいので次も期待しちゃいます。
ホームランを打った髙橋君ですが、たぶん阿賀野市水原中学校出身?
卒業アルバムで撮った記憶があり、彼らの修学旅行の時にバスの席が彼と隣で
リトルで野球やっていてプロになりたいって言ってたの思い出しました。
いや〜、サッカーのワールドカップ並みに応援しちゃいましたよ(*^_^*)

2009年08月14日

ジェノベーゼ

わが家のプチ家庭菜園に3株だけバジルがあって、時々サラダなどに使っているのですが、
そんなことでは使い切れないくらい葉がついてきます。
そこで、一気に解決しちゃえってことでジェノベーゼを作りました(^^)
0814_1.jpg
ジェノベーゼソースを作るにはちょっと物足りないバジルの量ですが、一応2人前の分量は、
スイートバジル20g 松の実5g ニンニクみじん切り半カケ パルメザンチーズ5g
EXバージンオリーブオイル60cc 塩小さじ1/2 コショー少々 パスタ160g
0814_2.jpg
作り方
パスタを茹ではじめたらパルメザンチーズ以外の材料をミキサーに入れペースト状にする。
分量が少ないと回りにくいので、時々容器の縁についたものをゴムべらで落としてやり、
根気よく混ざるようにしましょう(*^_^*)
ペースト状になったらパルメザンチーズを入れ数秒混ぜ合わせる。
ゆであがったパスタを湯切りしてボールに移し、
バジルペーストと混ぜ合わせれば出来上がり(*^^)v
0814_3.jpg
鮮烈なバジルの香りが何とも言えませんし、うまいことはうまいんですが、
バジルペーストが少なすぎますね(__;)
二人前でバジルの量は今日使った倍くらいあっても良さそうです。
来年はバジルを10株くらい植えたいと思いました(^^;

ちなみにバジルペーストは保存が利くので、大量にバジルを育てている方は2枚目の写真の
真ん中の状態にさらにオリーブオイルでフタをして冷蔵すると色が変わりません。
冷蔵で1ヶ月、冷凍で1年近く保存できます。

2009年08月13日

ゴーヤチャンプル

おくさまさんより『ゴーヤをもぎに来ねかね〜』と、ありがたい連絡をいただいたため、
昼のメニューを早々とゴーヤチャンプルに決定し収穫におじゃましてきました(*^_^*)
ちなみに、チャンプルなのかチャンプルーなのか定かではありません(^^;
0813_1.jpg
小さい画面で見てる方、最初からスミマセンm(__)m
同じゴーヤのもぎたてと切りたて。合成ですが、背景が黒だと非常に楽です。
0813_2.jpg
最近、スーパーでも見かけるようになった沖縄の島豆腐。
木綿よりも固く水抜きしなくても使える、チャンプルに最適の豆腐です。
材料(2人前)
ゴーヤ1/2本 島豆腐1/2丁 豚バラスライス120g タマゴ1個 塩・コショー少々
醤油・みりん・酒各大さじ1 サラダ油大さじ2 鰹節適宜
0813_3.jpg
作り方
ゴーヤはしっかりとわたを取り薄く切って食塩水に10分ほどさらすと、苦みが抜けて
歯ごたえのいい美味しい野菜になります。
最初に溶いたタマゴをフライパンで半熟のスクランブルエッグ状にしておく。
ゴーヤはよく水を切り、油を熱したフライパンで豚肉と一緒に塩コショーで炒める。
0813_4.jpg
肉に火が通ったら島豆腐を手でちぎって入れ、醤油・みりん・酒を同時に入れて
(最初から合わせていてもOK)2分ほど蓋をする。
豆腐に火が通れば出来上がりなので、最初に作っておいたタマゴを入れてよく混ぜたら
皿に盛って鰹節をかける。
0813_5.jpg
ゴーヤが当たり前のように出回りだしたのってここ何年かですよね〜
やはりこの時期はよくいただくので、家庭菜園の人気品種になってるのでしょうか。
夏場に4〜5回はゴーヤチャンプル食べますね(*^_^*)
0813_6.jpg
おくさまさんにはゴーヤの他にキュウリやトマト、ジャガイモ、シソなども大量に
いただきました。いつもありがとうございます(^^)

2009年08月12日

スモークチキンサンド

ティンカーベルさんのお弁当ランチお助け隊のモニター募集があった頃、
何げに紹介されていたジューシースモークチキンが気になり、送っていただきました(^^;)
0812_1.jpg
某有名な場所で行列のできているスモークチキンそのものとあって、
スモークの香りがたまりません(*^_^*)
こんなのが5本入って1,500円は決して高くないんじゃないでしょうか?
0812_2.jpg
一緒にパンを送っていただいたのでメニューはこれに決定!スモークチキンサンドです。
レタス、トマト、キュウリを重ね、ずれないようにそれぞれの間にちょっとずつ
マヨネーズをつなぎ的にぬります。
スモークチキンは骨に沿って包丁を入れ、薄く切ったものを重ねます。
最後にハードボイルドに茹でたゆで卵をのせて完成です(*^^)v
残ったスモークチキンは、かぶりつきでいただきました。
そのままでもメチャうまです(^^)
きっとクリスマス時期には予約殺到なのではないでしょうか。
0812_3.jpg
ティンカーベルさんのパンははじめていただきましたが、
包丁を入れてもつぶれないくらいしっかりしているのにジューシーで柔らかいんです(◎-◎;)
そのまま食べるのはもちろん、サンドウィッチなどの加工には最適と思いました(*^^)v

2009年08月11日

料理教室で習ってきたトマトソースを作ってみる

先日、せっかく料理教室へ行ったのだから忘れないうちに自分でも作ってみることにしました。
(チョー簡単なので忘れることもないとは思いますが・・・^^;)
0811_1.jpg
ザクザク切ったトマト5個をジューサーで粉砕。
種も取らず、皮も剥きません(^^;)
0811_2.jpg
クリーミーな感じのムース状態になりますが、火にかけていきます。
沸騰してきたら火を弱め、煮詰めていきましょう(^^)
0811_3.jpg
最後にオレガノと塩を各ひとつまみ入れてソースはできあがりです。
別のフライパンでニンニク、鷹の爪、タマネギみじん切りを低温で順に炒め、
タマネギが透き通ってきたらトマトソースを大さじ4入れて・・・
0811_4.jpg
塩少々で味を調えてパスタをからめれば、アラビアータの出来上がりです(*^_^*)
アラビアータはちょっと前にも作ったんですが、フレッシュな自家製トマトソースの方が
やっぱりおいしいですね(^^)
きわめてクセのないベーシックなソースなので、応用もききそうです。
冷凍保存も可能とのことなので、ウチのトマトがたくさん採れたら
また作ってみようと思ってます(*^^)v

2009年08月10日

カニあんかけチャーハン

0810_1.jpg
先日、佐渡産だというフレッシュなカニをいただきまして、一杯は言葉も発せず
ただひたすらにホジホジし、黙々と食べました。
残ったもう一杯を今日カニチャーハンにしました(^^)
私、ギャラリーフェイクの藤田同様カニチャーハンには目がありません(◎-◎;)
0810_2.jpg
途中の絵も撮ったのですが、たいしたことないので載せないことにしました(^^;
玉ネギとタマゴで塩味のフツーのチャーハンを作って剥いたカニに身を1/2混ぜる。
餡はカニの殻でダシを取って塩で味付け。残りの1/2の剥き身を入れ、
水溶き片栗粉でとろみをつけたあと、泡立てた卵白を流し入れて出来上がり(*^^)v
カニの頭は味噌汁にしていただきましたが、入れたどんぶりが小さすぎたようです(汗)
0810_3.jpg
カニさえ剥いてしまえばあとはいたって手間のないチャーハンです。
色味的にはチャーハンのトップにグリーンピースの5,6粒でもあるといいですよね〜
残念ながら買い置きもなく、今日はあまり時間もなかったため、サクッと作って
サクッと食べました。
調理の時もカニを剥いてる時はやっぱり無言になるんですよ(*^_^*)

2009年08月08日

8月8日ご結婚のお二人

末広がりで大安の今日、めでたくご結婚されたお二人は、新郎大輔さん、新婦雪子さんです。
たいへんおめでとうございます\(^O^)/
0808_1.jpg
お二人とも五泉市内の小・中学校の同窓生で、20歳の時の中学校の同窓会の席で
久々に再会したのがきっかけでお付き合いがスタートしたそうです。
そして本日ゴールインですから、ある程度の年齢になったら同窓会は出るべきですね(*^_^*)
0808_2.jpg
五十嵐邸の日本庭園を望む廊下。
85ミリで撮っていると、お二人がどんな会話をしているのかはわかりません(^^;
0808_3.jpg
鏡開きがタイミングよく、酒しぶきも入れて取ることが出来たのでUPです。
ちょっと浴びましたが、カメラは大丈夫でした(*^^)v
新郎さんのお母様がナイス表情です(*^_^*)
0808_4.jpg
五十嵐邸の別の廊下。
エントランスから各部屋へと通ずる廊下で、五十嵐邸に来たら必ず通る場所です。
上に飾ってある絵は源氏物語絵巻のようです。
0808_5.jpg
新郎大輔さんは、リトルリーグから野球を始め新潟工業時代はキャプテンで
キャッチャーで4番。県大会の決勝まで進み、甲子園まであと一歩のところだったという、
かなり根性のあるアスリート。
何事もひたむきに努力する姿、礼儀正しさを、撮影を通して感じました(^^)
0808_6.jpg
そんな大輔さんが『この人だ!』と思った雪子さんは、
我々スタッフにもふりまいてくれるかわいらしい笑顔がステキな方で、
お二人で幸せな家庭を築かれるることと確信しました(*^^)v

どうぞ末永くお幸せに(^^)

2009年08月06日

ティンカーベルさんのお弁当ランチお助け隊その④

ティンカーベルさんのモニターをやるに当たって、いちばん未知だったのが
この『八丁どて味噌煮』。
なにせ私の地域では八丁味噌はなじみが薄く
合わせ味噌の味噌汁くらいしか食べたことがないのです(^^;)
0806_4.jpg
味見をしてみたら思ったよりも甘くなく、おかずとしてそのままご飯でもいける、
パンに付けても良さそうという感じです。
奇をてらわずストレートにトンカツソース、味噌カツでいただくことにしました(*^_^*)
0806_1.jpg
普通のロースカツなのでレシピは省略、いきなりの完成写真(^^;)
豚モツが入ってるせいか、ソースだけでもご飯が進みます。
0806_2.jpg
ソースはたっぷりめにつけて。
常温のソースで十分おいしいですが、余裕があれば湯煎にかけてもいいでしょう。
0806_3.jpg
ついでにこれも作りました(*^_^*)
味噌田楽。
これはもう、テッパンであります(*^^)v

総評
レトルトの域を超えた完成された味のシリーズ。
私はお弁当としては使いませんでしたが、ランチ制作の手間はカクジツに軽くなります。
使い切りサイズというところもありがたい。
加工食品の中でも、レトルト商品は原材料、原産地が不詳な場合が多く、
安全性に疑問を感じるという方も多いのではないでしょうか?私はそうです。
その点、ティンカーベルさんの商品は地元産の原材料を中心とした安心・安全素材で
作ってあり、その制作にかける熱意はHP、ブログでうかがい知ることができます。
その素材の良さが味の良さにも現れているのでしょうね。
第1弾4種類ということなので、第2弾も期待します。

ティンカーベルさんHP
ティンカーベルさんブログ

2009年08月05日

ティンカーベルさんのお弁当ランチお助け隊その③

ちょっと前に放送された『黄金伝説』で、全国認知度12.3%、新潟市内認知度100%の
新潟ご当地ソールフード的B級グルメで『イタリアン』という物があるのですが、
今日はそれを作りたいと思います(^^)
0805_1.jpg
使うソースはピリ辛ポークカリーとボロネーゼミート。
イタリアンを知らない県外の方などはどんな物を想像しますか?
レポーターのアンタッチャブルの二人はイタリ餡で、ピザ生地の上にあんこがのってる物、
スウィーツ系だね、と言う予測でした。
おいおい、そんなもの人気グルメになるかよ〜と、ツッコミを入れたくなります(*^_^*)
0805_7.jpg
材料(2人前)
焼きそば麺2玉 キャベツ荒い千切り・もやし各ひとつかみ お弁当ランチお助け隊2袋
焼きそばソース大さじ2 パルメザンチーズ大さじ1 塩・コショー少々
0805_2.jpg
作り方
お弁当ランチお助け隊は湯煎であたためておく。
フライパンにサラダ油大さじ2を熱し、キャベツ、そば、もやしの順に炒める。
ソースを絡ませてなじんだら、ここがポイント。
パルメザンチーズ大さじ1を入れて混ぜ合わせ、器に盛る。
0805_3.jpg
上からお弁当ランチお助け隊のピリ辛ポークをかけてカレーイタリアンの出来上がり。
ボロネーゼミートをかけた方はノーマルのイタリアンです(*^^)v
ちなみにそばは太めの方がよく、本物はこれの4倍くらいの太さがあります。
初めて見た方は『うどん?』と思われるかもしれません(^^;
0805_5.jpg
県外の方にはなぜにこれが『イタリアン』?と思われるかもしれませんが、
新潟県人にとっては子供の頃からこれが正真正銘イタリアンなのです(^^;
しかも、ソースが7種類あって、この他にホワイトイタリアンや麻婆イタリアン、
季節限定ソースなども登場します。
0805_4.jpg
しかし、ティンカーベルさんのお弁当ランチお助け隊を使うと本場の味を凌駕していて、
一口食べたKAYO-Pは『み◯づきよりうめ〜(◎-◎;)』 今日のひと言に決定です!
特にカレーはサイコーに合います(*^^)v
家庭で簡単に作れると言うのは、県外在住の新潟県人には大きな朗報ではないでしょうか。
アンタッチャブル山ちゃんにして『焼きそば界の国際結婚』と言わしめた、
新潟が誇る『イタリアン』、試してみませんか?\(^O^)/

2009年08月04日

炸醤麺(冷やし)

最高気温30度越えの今日、冷た系の何かを食べたいと思い、冷麺、そうめん、冷やし中華、
冷やしうどん、ざるそば・・・などと考えていたら、昨日の肉味噌を見た瞬間『これだ!』
と思いつきました(*^^)v
冷やし炸醤麺。
0804_1.jpg
生麺を茹でて氷水で締めて、1/2本分のキュウリを太めに千切り、
肉味噌を上からかけて出来上がり。
何を作ろうか考えてる時間の方が長かった今日の昼飯です(*^_^*)
0804_2.jpg
一日おいてるせいか冷たいせいか、またはその両方か、昨日よりもマイルドな感じです。
しかし激辛、激ウマであることにかわりはありません(*^^)v
肉味噌をもっと仕込んでおけばよかったと激しく後悔ですが、
まぁ、食べたくなったらまた作ります(^^;
0804_3.jpg
肉味噌は一人前しかなかったので、当スタッフKAYO-Pはタンメンで我慢してもらいます。
取り置きスープが無く、ウェイパー+鶏ガラ+塩の味付けですが、
野菜たっぷりなので美味しく仕上がりました。
結局タンメンも食べたくなった私は、1/2炸醤麺をトレードに出しました(*^_^*)

2009年08月03日

麻婆ナス

もらい物のナスが、いい加減食べてしまわないと、またいつどこからか
いただく可能性が高いのでやっつけてしまうことにしました(^^)
0803_1.jpg
材料は2人前で
挽肉120グラム ナス3本 小ネギ3本(長ネギならみじん切り1/2本) 青唐辛子2本
ニンニク・生姜各半カケすりおろし 豆板醤大さじ2 甜麺醤小さじ2 中華スープ80cc
水溶き片栗粉30cc サラダ油・ごま油各大さじ1 塩少々
(豆鼓醤も写真に写ってますが、使いません。間違いました^^;;;)

作り方(以前の麻婆豆腐とほぼ同じ手順なので参考にして下さい)
1.ナスは半分に切り(お好みで細かくてもいいです)塩を少量振ってキッチンペーパーにのせ
10分ぐらい置いてアクと余計な水分を抜いてから素揚げにする。
2.サラダ油とごま油をフライパンにひき、挽肉を炒めて豆板醤・甜麺醤・ニンニク・生姜
を入れ、油が赤くなったら、中華スープを入れる。
スープが沸いたら揚げたナス・小ネギ・青唐辛子を入れてよく混ぜる。
3.最後に水溶き片栗粉でとろみをつけて出来上がり。
0803_2.jpg
青唐辛子はあったので入れたんですが、別になくてもいいのです(^^)
入れたおかげで、もー激辛!一口で目の下にじわっと汗が出てきます。
お子さんにはムリですので、オトナだけでお楽しみ下さい(*^_^*)
0803_3.jpg
ご飯が進みすぎますね、これは。
この量の肉味噌だけでご飯一膳いける感じです。
結局肉味噌は余ってしまったのでまた違う料理に使いたいと思います(*^^)v

2009年08月01日

料理教室へ行ってみる(^^;

今までさんざん料理のエントリーをUPしてきましたが、実際のところきちんと習ったり
料理教室なんかに通ったりしたこともありませんでした。
つまり、すべて我流だったわけです(*^_^*)
そんなおり、ある料理教室にお誘いいただき、たまたま撮影の予定もなかったので
行ってきました(^^)
0801_1.jpg
新潟市西蒲区(旧潟東)にある『花花工房』はCarrel6月号でも紹介されていた
ハーブガーデンで、目前にはラベンダーを中心としたハーブ畑、
工房内には様々な種類のハーブが保存瓶に入って並んでいます。
こちらで本日、ハーブを使ったプレーンオムレツと簡単トマトソース、ラタトゥイユの
料理教室が開かれるのです。
0801_2.jpg
教室開始前にハーブティーをいただきました。
コモンマローとのことですが、不思議なことに入れた時は薄く花の色がでている程度なのに
レモンをたらすと鮮やかなピンク色に変わります。
理科の成績が悪かった私には、どのような化学反応が起こったのかははかりしれませんが、
見た目も鮮やかで香りも鮮烈、しばしセレブな気分に浸ります(^^)
0801_3.jpg
今日使う食材。
こちらで採れたハーブや野菜、地元産の野菜が中心です。
ひとつひとつの野菜の特性や、買う際のポイントなどが紹介され、
知らなかったことが多く、なるほど〜、とうなづきまくりです(^^;)
0801_4.jpg
左、花花工房主催の小野先生。新潟ハーブ界(?)の重鎮です(たぶん^^;)
右、講師の田中先生。北陸ガス料理教室をはじめ、各地で料理教室を開催されています。
こんな感じでキッチンを囲み、解説されながら手際よく料理を進めていく田中先生。
さすがであります(*^^)v
0801_5.jpg
ラタトゥイユを煮込んでるかたわら、トマトソースを作ります。
皮も種も合わせてフードプロセッサーで粉砕、煮詰めて最後に塩とオレガノを
ひとつまみ入れて出来上がり、と言うシンプルなソースでしたが、
シンプルなだけに何のベースにでもできるし、作る気にもなります(^^)
0801_6.jpg
ラタトゥイユは以前作ってUPしましたが、改善点を多く発見しました。
野菜を入れる順番もそうですが、一番びっくりしたのはナスのアクの抜き方。
切って水にさらすものとばかり思ってましたが、そうするとナスは水を吸ってしまうらしく、
軽く塩をふってキッチンペーパーでくるむと、よけいな水分とともに
アクも抜けてくれるんだそうです。使う前にはペーパーごと絞ってました(^^)
トマトも同様で、皮を剥く以外は種など取り除かず、塩をふってキッチンペーパーの上に
置いておくだけで、水分を除くことができる、とのことでした。へぇ〜X10(^^;)
0801_7.jpg
プレーンオムレツに入れるハーブ。
イタリアンパセリ、チャイブ、チャービルの三種類を刻んで入れます。
オムレツも目から鱗のことが・・・
ふわっと仕上げるためには、卵は泡立てない、カラザはとらない・・・(◎-◎;)
今まで逆のことやってました( ̄□ ̄;)!!
作ってみると、確かに、仕上がりは悪いですが、ふわっと焼けました。
しかも、ハーブを入れるだけで激ウマのオムレツになるんです!
ちなみにオムレツの上は、昨日作って冷蔵してあったラタトゥイユで、
出来たてのものと比べますが、冷たい方がうまいです。
煮物同様冷める過程で味が浸みるので、いったん冷ますのがおいしく食べるコツです(*^^)v
0801_8.jpg
田中先生が持ってきた、トマトソースに塩ではなく砂糖を入れて作ったトマトジャム。
どうなんだろうと思ってパンに付けて食べてみましたが、絶対に自分でも作ろうと
思うほどうまいんです、これが(@_@)
食後にトリプルレモンハーブティーをいただいて、2種類のミントとローズマリーの鉢を
分けていただき帰ってきました。
月イチで開催しているらしく、次回も撮影が入ってなかったら参加したいと思いました(*^_^*)

最近のエントリー

  1. トマトゼリー
  2. ゆで豚
  3. サンマの生姜煮
  4. 阿賀野市 山口祭り
  5. 阿賀野市 水原祭り
  6. 文理高校ナイン凱旋
  7. 史上最強の準優勝 日本文理高校
  8. 2回目の料理教室+文理決勝+ブログ1周年
  9. ジャガイモ・ナス・鶏肉の重ね焼き
  10. 夏野菜のカレーチャーハン
  • Powered by
    movabletype_banner.gif
  • Template by drblog.gif
  • Server by moover_banner.gif