サイト内検索


2009年09月29日

甲子園の感動を再び!

新潟トキめき国体が開幕し初戦を2-0で勝利した文理高校。
昨日の対智辯和歌山戦を見に行こうと友達と画策していたところ、
かなり混みそうなので朝から行こうということになり、第一試合から見てきました(^^;
文理の試合が午後4時からなのに朝8時半に球場にいるとは、
まるで熱狂的高校野球ファンのような状況です(*^_^*)

 *今回も写真が多いためクリック拡大方式にしました。
  大きい画面で見たい方はクリックするとちょっとだけ拡大します(^^)
平日の朝8時半というのに内野スタンドはかなり埋まっています。
これは第一試合が中京大中京VS花巻東の好カード。
打者でプロ入り表明した堂林君とメジャーも注目の菊池君の対決があるかもしれない
そんな期待感を持つ人々が押しかけていて、われわれ一行もそこに含まれているわけです。
中京大中京は先発堂林君、打順は4番です。ちなみにイケメンですね(^^)
菊池君は先発していませんが、6回あたりからブルペンで肩慣らし。
徐々にスピードアップして本格的に型を作ってる様子。登板ありを予感させます。

9回裏、花巻東2点リードの場面で菊池君登場です。バッターはいきなり堂林君。
スタジアムが歓声に包まれる中、1球目から152キロ!(◎-◎;)
感覚としてはボールが手を離れる前に打撃動作に入らないと当てることすらムリ!
そんな感じであります(__;)この日のMAXは153キロでした。
今年の高校野球最後に実現した黄金対決を見ることができて
早くから来た甲斐があたというものです(*^^)v
結果は堂林君を含む3者三振の圧巻ピッチング。ケガを感じさせない本気モードでした。
次回、この二人の対決を見るのはプロのフィールド上でしょうか?

第3試合中頃からスタジアムが混み始めます。
仕事を早く切り上げてきた風の人や制服の高校生が目立つようになってきて、
いよいよ文理高校登場に先ほどの黄金対決以上の歓声に沸きます!
おなじみ高橋準之介君とキャプテン中村大地君。華麗なボールさばきを見せます。

試合開始当初は明るかったスタジアムも、照明が入りナイトゲームに。
雰囲気もよくなってきましたが、先制され再三ランナーを背負う苦しい展開に・・・(¨;)
それでも要所を押さえ、ピンチをしのぐエースの伊藤直輝君です。
何とか踏ん張って、あの甲子園で見せた粘りの打線の爆発に期待したいところ。

しかし相手ピッチャーの岡田君も、甲子園では3回戦で敗退したものの12奪三振の
球威・コントロールとも抜群のピッチャー。なかなか打てません(@_@;)
切り込み隊長の切手孝太君も体勢を崩され、打率No.1の高橋義人君も打ちあぐねています。
9回2死から若林尚希君が4球で出塁したものの、中村大地君が三振でゲームセット(T_T)
最強文理の長い夏が終わりました。

おつかれさまでした〜
このチームでの試合はこれが最後ですが、1,2年生は来年も甲子園目指して、3年生は
それぞれの進路に向かってがんばって下さい!

いや〜、丸一日高校野球三昧でしたが、メチャクチャ面白かったです。
なんといっても動きがきびきびしていてひたむきで、し合いがサクサク進ので
まったく退屈することがありません。
ホームだったせいもあり、応援の盛り上がりはアーティストのライブ並み、
いや、それ以上でしたね(*^_^*)

エントリーを昨日アップしようと思ったんですが、帰ってきて夕ご飯を食べ、
少し酒を飲んでPCへ向かったら、すぐに意識が飛んじゃって風呂も入らず
寝てしまいました(゜◇゜)ガーン

2009年09月26日

9月26日ご結婚のお二人

本日ご結婚のお二人は、新郎稔さん、新婦美幸さんです。

たいへんおめでとうございます\(^O^)/

めったにない自宅着付けからの撮影となったのでいつもより写真を多くアップします。
今日の写真はすべてクリックで拡大します。大きな画面でご覧下さい(^^)

ツインズおよび五十嵐邸では、ご依頼があればこのような自宅着付けの出張撮影も
行っております。お気軽にお問い合わせ下さい(^^)

着付けが仕上がり、静かに「その時」が来るのを待つ美幸さん。
胸中はどんな思いがよぎっているのでしょう?

ご先祖様に結婚のご報告。
お客様の出入りが多くなってきましたが、この場所だけは静かに時が過ぎてゆきます。

そして「その時」はやって来ました。
ご両親に今までお世話になったごあいさつ。
語り尽くせない感謝の気持ちは涙となってあふれてきます。感動の場面でした。

挙式は人前式で行われ、シャボン玉シャワーの中退場されました。
はじめて撮影しましたが、これ、絵になりますね〜(*^_^*)

稔さんは(株)信越自動車商会にお勤め、その明るくパワフルでまわりを引き込む性格は
取引先の方にも絶大な信頼を得ていて会社になくてはならない存在と、ご来賓挨拶の
社長様がおっしゃってました。
私も前撮り時からすっかり馴染んでしまいました(^_^;
秋晴れの中、鏡開きも日本庭園で行います。

美幸さんは(株)三喜にお勤め、マイペースな性格だとおっしゃってましたが、
なかなかしっかりされていて、かつ、稔さんの言動を楽しんでおられるように見えました。
ご両親、おばあちゃん、二人の弟さんと、とても仲のよい家族です(^^)

お二人の人柄がよく出ていた明るく楽しい披露宴で、ご本人たちも言っていた通り、
あっという間に時間が過ぎていきました。内容が充実していた証拠です(*^^)v
このお二人なら間違いなく仲良く楽しい家庭を築かれることでしょう。
いつまでもお幸せに〜(*^_^*)

2009年09月25日

絶品!黒炒飯

昨日のエントリー小林史佳さんの野外ライブで、動画を追加しました。
合奏曲をスタッフKAYO-PがMyコンデジで撮っていたのです(*^^)v
20人の迫力ある演奏もお楽しみ下さい。

今日のお昼は見た目にインパクトがあり、香りとコクが絶品の『黒炒飯』です。
0925_1.jpg
材料(2人前)
あたたかいご飯300g 豚バラ肉(またはチャーシュー、ベーコンでも可)50g ニンジン1/6本
ねぎ1/6本 オイスターソース大さじ1/2 醤油大さじ1 すりゴマ(黒)大さじ4 酒大さじ1
塩・コショー少々 サラダ油大さじ1
作り方
豚バラ、ニンジンは5ミリ角、ネギは細かく切る。
0925_2.jpg
フライパンに油を敷き、豚バラを塩コショーしながら低温で焦げ目がつくまでじっくり焼く。
焦げ目がついてカリカリになってきたらネギを入れ、ネギもうっすら焦げ目がついたら
ニンジンを入れて火を通す。
強火にしてご飯を入れて混ぜ、ほぐれてきたらオイスターソースを入れる。
オイスターソースがなじんだらすりゴマを入れてよく混ぜる。
ご飯がぱらけてきたら端に寄せ、フライパンの空いてる部分に醤油を入れ
煮立ってからよく炒め合わせる。
仕上げに鍋肌に酒をまわしがけして炒めてから皿に盛る。
0925_3.jpg
なかなかのインパクトでしょ?(^_^;
醤油のコク、ごまの香りが鮮烈な炒飯。醤油はたまり醤油だとなおコクが出ます。
素材もシンプルで簡単にそろうものばかりです。
はっきり言ってハマリますよ(*^_^*)

2009年09月24日

福島潟自然文化祭イベント 小林史佳野外ライブ

昨日行われた福島潟自然文化祭イベントでの、三味線PLAYER小林史佳さんの野外ライブを
撮影してきました。
ネットでもリアルでも仲良くさせていただいているアゴスさんも一緒に撮影に挑みました(^^)
0924_1.jpg
水の公園福島潟は新潟市北区(旧豊栄市)にあって、青木淳氏設計の螺旋状の建物
『ビュー福島潟』がひときわ目を引きます。
今年、ここの5代目名誉館長に作家の椎名誠氏が就任しています。
23日は福島潟自然文化祭ということでさまざまなイベントや食べ物屋台が出店し、
多くの人でお祭り並みに賑わっていましたが、
今年で23回目、しかも家から10キロ足らずの場所にあるのに、
こんな盛大なイベントが行われていたことを昨日まで知りませんでした(◎-◎;)
0924_2.jpg
ビュー福島潟の道路を挟んで向かい側に、アシ葺き屋根の保養施設『潟来亭』があり、
そこの軒先での野外ライブは『狂乱 津軽三味線20人大合奏』で幕を開けました。
この人数での合奏はおそらく日本初だろうとのことです。
一糸乱れぬ音の調和はさすがに迫力がありますよ!
0924_3.jpg
照明は軒先につるされた6個の裸電球のみ。
撮影条件はよくないですが、雰囲気はありますね〜
立ち見が出るほどの盛況ぶりですが、後ろの方は暗闇です(^^;
0924_4.jpg
演奏場所の石段の前まで行っての至近距離広角。
自前の腕章つけていたんですが、、つけているとこの位置で撮っていても
お客様からクレームが来ることはほとんどありません(^_^;
0924_5.jpg
85ミリで1/8秒。
手ブレか被写体ブレするのは覚悟で撮りました。
顔がはっきりと止まっているカットもありましたが、手の位置、動き感のよさで
あえてこの写真を選びました(*^^)v

今回は小林さんのソロを動画で撮りました。
しかも三脚も使ったので画面の揺れもないと思います(*^^)v
曲は小林さんがもっとも好きだという『じょんから中節』です。
You Tube
当スタッフKAYO-Pが、20人大合奏の動画を録っていました!
コンデジ撮影ですが、お楽しみ下さい。
『津軽じょんから節叩きバージョン』です(*^^)v
You Tube

2009年09月23日

セミドライトマト

0923_1.jpg
この時期になってわが家のプチトマトが収穫最盛期を迎えております(^^;
3日くらいかけて採れたものをすべてセミドライにしました。
0923_2.jpg
天日干しが望めない気候のため、オーブンで乾かします。
種があるとドライになりにくいため、面倒ですが種を除去。
まずはトマトを縦ではなく横半分にカットです。
この方が、トマトの房を切断できるため種が取りやすくなるんです(*^^)v
0923_3.jpg
種を取り除いたらキッチンペーパに伏せて並べ、水分を取ります。
オーブンに入れるときにさらに水気を拭き取ればベターです(^^)
天板にクッキングシートを敷きトマトを並べて100℃で2時間半乾燥させました。
0923_4.jpg
出来上がり〜(*^_^*)
手間も時間もかかりますが、生の時より甘味が増します。
0923_5.jpg
何に使うかまだ決め手はいませんが、とりあえずはオリーブオイルに漬けて
ワインのつまみ、これだけは確定しています(^^;

2009年09月21日

ホワイトシチュー

過ごしやすい陽気になってきましたが、朝晩は『寒っ!(__;)』と感じる今日この頃。
皆さま、体調崩したりはしていないでしょうか?
今朝も『寒っ!』と思ったため、じゃっかん先取り感はあるものの
チキンのホワイトシチューを作ることにしました。
0921_1.jpg
材料(約4皿分)
鶏胸肉350g タマネギ中1個 ジャガイモ極小10個 ニンジン1本 チンゲンサイ1株
インゲン5〜6本 水300cc コンソメ5g 塩小さじ1 別で塩・コショー、サラダ油適宜

ホワイトソース
バター30g タマネギスライス中1/2 小麦粉35g 牛乳400cc
0921_2.jpg
作り方
チンゲンサイとインゲンは先にゆでておく。
ジャガイモは皮を向きそのままで、ニンジンは縦1/4にカットし5cmくらいに切る。
タマネギは1/8くらいの大ぶりのカットで。
圧力鍋に水、切った野菜を入れたら、ぶつ切りにした鶏肉をフライパンで
塩コショーしながらソテーしたものを加え、高圧で5分煮る。
煮てる間にホワイトソース作り。
フライパンを中火にかけてバターを溶かし、タマネギを焦がさないように炒める。
0921_3.jpg
タマネギが完全にしんなりしたら、分量の粉を4〜5回に分けて入れながら
ダマにならないようによく混ぜる。
0921_4.jpg
牛乳を最初は50ccくらいずつ入れてよく混ぜ、完全に溶けたらまた加え、を繰り返す。
右の写真くらいのなめらかさになったら残りを全部入れても大丈夫(*^^)v
具材を煮た鍋が放圧したらフタを開け、水分を半分くらい取り除いてコンソメ、塩で味付け
ホワイトソースをたしてよく混ぜれば出来上がり。
0921_5.jpg
チンゲンサイとインゲンは盛ったあと飾り付けます。
取り除いたスープは鶏と野菜の旨味が出ているので何か足してスープにでもしましょう(^^)
グラタンやドリアを作る場合は、ホワイトソース同じレシピで牛乳300ccで
ホワイトソースに塩・コンソメで味付けします。
0921_6.jpg
おまけ。
電子ジャーが不調なため鍋(ステンレス)でごはんを炊きました。
ほどよくお焦げができたので写真撮っただけです(*^_^*)
はたして電子ジャーは使えるようになるんでしょうか?(__;)

2009年09月19日

小林さんのライブinりゅうとぴあ

たびたび当ブログで紹介している、津軽三味線PLAYERの小林史佳さんが、
津軽民謡の須藤雲栄師とのコラボライブを行うということで、新潟市のりゅうとぴあに
撮影に行ってきました。今後も撮影があるので小林さんのカテゴリーを作りましたので
以前の記事はそちらをご覧下さい(^^)
0919_1.jpg
『震災復興祈念コンサート』というサブタイトルがついている今回のライブ。
というのは小林さんは新潟で、雲栄師は神戸で被災されており、その衝撃を乗り越え
勇気を与えてくれたのが民謡の心だったのだそうです。
0919_2.jpg
津軽三味線が世間に認知されたのは昭和39年頃のこと。
それまでは幾多の名手といえども貧苦を味わい、それでも自らを奮い立たせ、
心のよりどころとなっていた津軽民謡。
その文化の『意伝子』が震災からの復興の力になればと、お二人は立ち上がりました。
0919_3.jpg
マイクはすべて録音のためで、ライブ自体は生音源です。
雲栄師の歌を聴くのは2度目ですが、スゴイですよ、特に高音域がしびれました(^^)
太鼓は小林さんの母であり師匠の高橋竹育師です。
0919_4.jpg
魚眼もちょっとだけ使ってみました(^^;
そう言えば今日は小林さん、誕生日だったそうです。
今さらながらおめでとうございま〜す\(^O^)/
0919_5.jpg
毎回このアングルをアップしていますが、ライブでは撮影アングルが限られているので
拡大率で変化を出してみました。400ミリF5.6 1/250 ISO800です。

ここで一つお知らせが・・・
シルバーウィーク最終日の23日6:30より、福島潟のビュー福島向かいの潟来亭で
小林さんの野外ライブがあります。入場は無料。
この日はビュー福島潟も年に一度の無料デーで、さまざまなイベントが行われています。
福島潟自然文化祭イベント内容
私も撮影に行ってますので、まだご予定のない方は是非どうぞ!

2曲動画で撮りました。とりあえず1曲『津軽音頭』をアップしました。
手持ち撮影なので揺れますがご容赦下さい(^^;
三味線との呼吸が合いにくく非常に難しい曲とされています。
雲栄師の美声と小林さんの巧みな撥さばきをどうぞ(^^)
もう1曲は明日アップの予定ですが、You Tubeの容量ギリギリなため
アップできるかどうか不明です。明日お知らせします。

*ほんの少し2GBを超えてしまったため、もう一曲はアップできませんでした。
 スミマセン。次回もトライしますのでご期待下さい。
You Tube

2009年09月18日

ココアと福 平凡な一日

今日は久々にお昼外食をしたのでネタ切れです(^_^;
ウチの、外面はよく、癒し系と言われるも実態は内弁慶わんこたちの写真で、
わりとよく撮れたんだけど未公開のものを載せることにしました。
0918_1.jpg
うちの庭です(*^_^*)
魚眼のため広く見えますが、ウルトラ狭く中型犬くらいだと数歩で終わってしまいます。
カメラアングルに太陽入ってますが、夕方の弱い光でワイドレンズなので
これくらいは大丈夫。
こんなにおとなしいのは私がおやつを持っていることを知ってるからなんです(^^)
0918_2.jpg
カラーボールは2つあって両方一度に投げるのに、必ず1個を取り合い。
隣の芝生が青く見えるのは人間だけではないようですね(^^;
0918_3.jpg
福の右側にキッチンがあるんですが、キッチンに人が行くと何かもらえるんじゃないかと
必ずここへ来て虎視眈々と人の動きをチェックしています。
もらえないとわかってるココアは、遠巻きに余裕の静観です(^^)
0918_4.jpg
ココアは顔は他のトイプーと比べても、なかなかプリチーだと思うんですよね〜(*^_^*)
臆病というか犬見知りで他のわんこが苦手なココア。
もう1匹子犬から飼って日夜一緒にいればその苦手も克服されるのでは?との想定の下、
福がやってきたわけですが、その目論見は見事に外れました(◎-◎;)

今日の写真はすべて5D-MarkⅡ撮りです。
前々回のエントリー(20D)と比べると画質、描写力、比べものにならないですね(@_@;)
みなさんもカメラを選ぶときは最新のものがいいと思いますよ。

最後にまたまた動画をアップしました(*^_^*)
氷が大好きなんですが、食べ方に賢さの違いが・・・
福はフローリングで食べようとするからどんどん氷が逃げていって
最後には画面から消えていきます(^^;
youtube

2009年09月17日

チキンのトマトクリームパスタと野菜のスープ

前エントリーでコメント累計が5000を超えました。日頃お付き合いいただいてる皆さまに
感謝申し上げます。ありがとうございました\(^O^)/
これからも当ブログをよろしくお願いいたしますm(__)m

そのキリ番、5000番目を踏んだのは『新潟スイーツ・ナカシマ』さんでした(*^^)v
何もプレゼント等はないので、ここでちょっとナカシマさんのCMを(*^_^*)
 新潟スイーツ・ナカシマHP
 新潟スイーツ・ナカシマblog
『新潟スイーツ・ナカシマ』さんは新潟県糸魚川市の和・洋菓子屋さん。
当ブログとのお付き合いはわりと最近なのですが、毎日コメントを下さる方で
どうやら新婚さんのようであります(*^_^*)
マクロレンズを持っていないのに、マクロ撮影のような写真をブログにアップしている
強者でもあります(*^^)v
ナカシマさん、今後もよろしくお願いしま〜す\(^O^)/

さて、今日は以前に仕込んだトマトソースと鶏肉を使ったパスタと、鶏のゆで汁&野菜
マジックソルトを使ったスープです。
0917_1.jpg
材料 パスタ(2人前)
フェットチーネ135g(2玉) トマトソース400cc 鶏胸肉100g タマネギみじん切り1/4個 
塩小さじ1/2 鶏のゆで汁お玉2杯 オリーブオイル大さじ2 ニンニク1カケ 
生クリーム80cc

材料 野菜スープ(2人前)
野菜は何でもあるものを使いましょう(^^)
切り方もお好みで、私の場合、小さなサイコロ状にします。
インゲンや絹さやなどはゆでて後でトッピングがいいでしょう。
スープは鶏のゆで汁400ccを使い、味付けはマジックソルト小さじ2で足りなければ
塩で加減します。

下ごしらえとスープの作り方
鶏肉を500ccの水でゆで、手で細かくそいでおく。皮は細く切ってスープに入れる。
ゆで汁はお玉2を別に取り、残りで野菜をゆでてマジックソルトで味付けする。
インゲンはゆでて斜め切りにしておく。
0917_2.jpg
フライパンにオリーブオイルとつぶしたニンニクを入れ、中火にかけて香りを出す。
ニンニクを取り出して、細かくみじん切りにしたタマネギを飴色になるまで炒める。
トマトソースを入れ、鶏のゆで汁でのばし塩で味付けする。
パスタが茹で上がる直前に鶏肉と生クリームを混ぜ、ゆで上がったパスタとからめる。
0917_3.jpg
盛りつけてコショー、パルメザンチーズ、タバスコなどはお好みで。
ちょっと盛りつけがイマイチで鶏肉入ってる感じがわかんないですね(__;)
鶏のかわりにカニでも同じ味付けでいけます(*^^)v
0917_4.jpg
鶏のゆで汁が出たためそれを使いましたが、ない場合は鶏ガラスープの素か
コンソメを少し使うといいでしょう。
ハーブの香り豊かな食欲をそそるスープです(^^)

2009年09月16日

担々麺(激辛)

かなりの担々麺好きでありますが、美味しい担々麺を食べられる店が近所にないため
んじゃ、作っちゃおうと言うわけです(^^)
0916_1.jpg
材料(2人前)
中華麺2玉 チンゲンサイ6〜8枚 もやし1/3袋
*肉味噌
 豚挽肉100g 長ネギ1本 生姜1カケ ニンニク1カケ 豆板醤大さじ1 甜麺醤大さじ1
 ごま油大さじ1
*スープ
 水900cc ①(ウェイパーなどの中華ダシ大さじ1 醤油小さじ2 酢大さじ1+1/2 
 砂糖小さじ1/2) 芝麻醤またはゴマペースト大さじ3
0916_2.jpg
作り方
チンゲンサイともやしは茹でておく。ネギ、生姜、ニンニクはみじん切りに。
熱したフライパンにごま油をひき、挽肉を炒める。
火が通ったら2/3の量のネギ、生姜、ニンニクを入れて炒め、香りが出たら豆板醤を入れる。
肉味噌として使う量(大さじ4くらい)を別のフライパンに入れ、甜麺醤を入れて炒めれば
肉味噌の出来上がり。
0916_3.jpg
最初のフライパンに分量の水を入れて火にかけ(写真左)、沸騰してきたらアクを取り、
スープのベース①を入れてよく溶かし火を止める。味見して薄ければ塩、濃ければ
水をたして調整する。ここで別の鍋で麺を茹ではじめる。
芝麻醤を丼などに入れ、スープをお玉2杯くらい入れて溶かし残りのネギを入れる。
よく溶かしたらスープと合わせラーメン丼へ。ふたたび火にはかけない。
麺が茹で上がったらよく湯切りしてスープの中へ入れる。
0916_4.jpg
もやし、肉味噌、チンゲンサイを盛って出来上がり(*^^)v
結構辛いけど激辛好きの方はさらにラー油を好きなだけ入れて食べましょう。
じゃっかん涼しくなってきましたが、汗が出ること請け合いです(^^;
ゴマたっぷりのスープは、カロリーが気になるところですが非常に美味しく、
めずらしく飲み干してしまいました(*^_^*)

P.S.みなさんからいただいたコメントが前エントリーまでで4970を超えました(^^)
今日のエントリーで5000超えると思うのですが、前回切りのいい3000番目は
不覚にも自分で踏んでしまったため、今回はどなたかに踏んで欲しいものです(^^;

2009年09月15日

広島焼き

以前のエントリーで、前職お好み焼き屋をやっていたということはカミングアウトしたので
知ってる方は知ってると思いますが、大阪風のお好み焼きでした(^^)
 *レシピを見たい方はこちらへ
   大阪お好み焼き①
   大阪お好み焼き②
焼きそばが入る広島風は、試食的に作ったことがあるだけなのでさほど自信もありませんが、
お好み焼きが食べたくなったのと、大阪風より簡単なので作ることにしました(^^;
0915_1.jpg
材料(2枚分)
小麦粉50g 水100cc キャベツ1/4個 もやし1/2袋 葉ネギ5本 蒸し麺2人前 タマゴ2個 
豚バラスライス4枚 紅ショウガ、天かす、青のり、鰹節各適宜 焼きそばソース大さじ1
お好み焼きソースお好みの量 サラダ油少々 塩コショー少々
0915_2.jpg
作り方
キャベツは粗めの千切りに、葉ネギ(なかったので万能ネギ)は輪切りにしておく。
小麦粉をダマにならないように水で溶かす。
このとき大和芋や長芋があれば、ニンニク1カケ分くらいの大きさをすり下ろして入れる
生地がいっそう美味しくなります。
私は大和芋があったので入れましたが、なくてもOKです(^^)
ホットプレートを230℃くらいに熱して油を引き、お玉1杯分の生地を丸く薄く広げる。
その上にどっさりとキャベツ、もやし、天かす、紅ショウガをのせ、蓋をするように
バラスライスをかぶせる。横に焼きそば1玉を出して少し水をかけ、全体に蓋をして
10分ほど蒸し焼きにする。
0915_3.jpg
肉はロース薄切りを使ってますが、バラの在庫がなく、これが余っていたからです(^^;
最初の生地の半分くらいの量をつなぎとして上にかける。
焼きそばはソースをからめて焼き上げる。
お好み焼きを返し、5分ほど焼いたら焼きそばを丸く広げその上にお好み焼きをのせる。
生地になんか模様がついてますが、ニャンコの模様があるホットプレートなので
気にしないで下さい(*^_^*)
0915_4.jpg
空いたスペースにタマゴを割り、丸く広げる。
タマゴが固まらないうちに、お好み焼きを焼きそばごとのせてひっくり返す。
0915_5.jpg
あとはも〜好きなだけお好みソースとマヨネーズをかけて。
今、『お好み焼き用マヨネーズ』なんて口の細いの売ってるんですね(◎-◎;)
それ、使いました。
0915_6.jpg
鰹節、青のり、ネギをどっさりかけて完成です\(^O^)/
0915_7.jpg
断面ショー(*^_^*)
ネギはお好みなので、なくても問題ないし、そうなると包丁使うのがキャベツだけ。
お祭りの屋台なんかで圧倒的に広島焼きなのは、作るのが簡単で出来上がりも
大きいからなんでしょうね。今回作ってみてそう思いました(*^^)v

2009年09月14日

ハーブの香りローストポーク

0914_1.jpg
わが家のローズマリーも花が咲いています。
咲き方がじゃっかんサギソウに似てるようにも思えます。
紫色のところがハーブな感じがしますね(^^)
0914_2.jpg
そのローズマリーを使ってハーブの香り豊かなローストポークを作ります。
材料
豚モモブロック500g ローズマリー2,3本 ニンニク1カケ 塩、コショー適宜
マジックソルトは使っても使わなくてもOKです。
0914_3.jpg
作り方
ローズマリー1本はみじん切りにして、ニンニクはすり下ろす。
モモブロックの数カ所に指が入るくらいの穴を開け塩、ローズマリー、ニンニクを
ひとつまみずつ順に押し込んでいく。この肉は4箇所開けました。
肉が崩れないようタコ糸で成型し、きざんでいないロースマリを挟み
全体に塩(マジックソルト)・コショーし、ラップでぴったりくるんで冷蔵庫で一晩寝かせ
味をしみこませる。
0914_4.jpg
一晩たったら肉を取り出しオーブンの鉄皿に肉をのせ肉が乾かないように
オリーブオイルを刷毛などで少し塗る。(刷毛がなければキッチンペーパーなどで)
ついでにジャガイモなんかものせて、200℃で、この大きさなら45分焼き上げる。
1キロくらいのかたまりでも倍の時間にはならず、1時間くらいで焼き上がります。
焼き上がりは串を刺してみて肉汁が透明ならばOK!
写真はなぜオーブンの鉄皿じゃないんだって?
もらい物のオーブンレンジで鉄皿がなかったんですよ(◎-◎;)
0914_5.jpg
皿にたまった油と肉汁はそのままフライパンに入れ、白ワインを煮飛ばしてから
ザルで濾し、バター、塩コショーで味を調えてソースに。
すっごく香りがいいですよ(*^_^*)
本来、ロースブロックで作ればもっとおいしいんですが、モモでも十分でした。
お昼ごはんの予算的にはロースブロックだとちょっと手が出ないんですが、
モモはよくセールなどにもなるし、これで450円ほどしかかかっていません(*^^)v
厚めに切った肉はごはんのおかずとしては2切れもあればOKなので、
余った分は夜、酒のツマミにでもしようと思います(^_^;

2009年09月12日

9月12日ご結婚のお二人

本日ご結婚のお二人は、落ち着いた雰囲気が人に安心感を与える新郎圭一さんと、
そこにいるだけでまわりが明るくなるオーラを放つ新婦舞さんです。

たいへんおめでとうございます\(^O^)/
0912_1.jpg
圭一さんは新潟冷暖(株)にて公共施設などの空調工事をされていて、舞さんは東テク(株)
空調設備などの配線の設計図を作っておられるそうです。
何かお二人は関連のある仕事?と思ったら出会いのきっかけは新潟市民病院の建設工事
だったんだそうです(^^)
0912_2.jpg
お二人は日本庭園でのイベントをあれこれ考えてらっしゃったので、
朝からの雨が心配でしたが挙式に合わせたかのように雨は上がり、
日本庭園での人前式となりました(*^^)v
0912_3.jpg
折り鶴&フラワーシャワー。
早いシャッターで折り鶴を止めてみました(^^)
0912_4.jpg
お二人が初めて出会った時に、舞さんの方が一目惚れ。猛アタックをかけたそうです(*^_^*)
圭一さんは次第に舞さんの明るい性格に惹かれていったのでしょう。
3年間の交際を経て圭一さんがプロポーズ、本日の佳き日となったわけです。
女性のみなさんもがんばるときはがんばりましょうね(*^_^*)
0912_5.jpg
途中、雨が降ったりもしましたが、デザートタイムはまた雨雲が気を利かせてくれました。
日本庭園でのケーキカットは初めてです(*^^)v
クロカンブッシュのケーキにナイフがささると、一斉にフラッシュ・・・ではなくて、
オート撮影なのか列席者の方のカメラはシャッター音だけです
私だけ日中シンクロで光らせていました(^^;
0912_6.jpg
ずっと仲良く笑顔のたえない家庭を築きたいとおっしゃっていたお二人。
前日の前撮りから今日の披露宴、笑顔がたえることはありませんでした(*^^)v
すばらしい家庭を作っていかれることでしょう。
いつまでもお幸せに〜(^o^)/~~~

2009年09月11日

オムライス

簡単そうで、タマゴをどうするかいつも悩みどころのオムライスです(^_^;
0911_1.jpg
材料(2人前)
ご飯2人前(1合) タマゴS6個(一人前3個) 鶏胸肉120g トマト中1個 タマネギ中1/2 
ピーマン1個 トマトケチャップ大さじ3 塩・コショー少々
0911_2.jpg
作り方
ぶつ切りにした鶏肉とタマネギのみじん切りを塩コショーで炒め、
火が通ったらトマト、ピーマンを入れてさらに炒める。
ご飯を入れてトマトケチャップを合わせる。
0911_3.jpg
タマゴを溶きほぐし中火に熱したフライパンにあけて、ご飯を包めば出来上がり(*^^)v
・・・なのですが、やはりふわトロのタマゴも捨てがたい(◎-◎;)
なのでもう一つは・・・
0911_4.jpg
プレーンオムレツを作ってのせるタイプ(^^)
中がトロトロなんですよね〜(*^_^*)
0911_5.jpg
みなさんはどちらが好きですか?(^^;

2009年09月10日

ココア2歳になる

今日はココアの誕生日だったので、午前中は仕事をOFFにしていつものビッグスワン周辺
散歩に連れて行ってやることにしました(^^)
と言ってもココアはそんな『人間の事情』など、知るよしもありませんが・・・(^^;
0910_1.jpg
いまだに借用中のフィッシュアイレンズ。
5D Mark-Ⅱによる動画も撮ってみようと思い、レンズはこれ一本です。
さっきまでの雨模様がウソのように晴れてくれて撮影日和となってくれました(*^^)v
0910_3.jpg
ビッグスワンとすぐ隣にできたエコスタジアム(野球場)は、すでに開幕した
『トキめき新潟国体 トキめき新潟大会』の会場になっているため、
このような各県ののぼりが並んでいます。
0910_2.jpg
花が咲いていました。これ、ローズマリーなんですよ(◎-◎;)
私の身長(180cm)くらいありました。こんなに大きくなるんですね〜
0910_4.jpg
公園の端まで行くと、さらにその向こうに『公園予定地』なんて看板があって、
だんだんと広がって整備されているようです。
かなり広い公園ですよ(^^)
0910_5.jpg
秋らしく空が高いって感じがします。
福は何を見てるんですかね〜(*^_^*)

で、試しに撮ってみた動画をアップしました。
昨日、e-ねっと阿賀野塾の勉強会でアゴスさんからアップの仕方の説明があり、
忘れないうちにやっておこうと・・・
一本目は30秒、2本目は1分ほどなのでお暇な方は最後まで見て下さいまし(*^_^*)
you tube

you tube

2009年09月09日

和風ハンバーグ

40半ばを過ぎたというのに、いまだにカレー、ハンバーグは大好きです(*^_^*)
ただ両者の違いは、カレーは辛くスパイシーなものが好みになってるのに対して、
ハンバーグは好みの味がほとんど変わっていない(ソースの種類は増えましたが)
ってことでしょうか(^^;
0909_1.jpg
作り方
パン粉は牛乳に浸しておく。
タマネギは色づくまで炒めますが、生で使う場合は量が半分くらいでOKです。
材料を全部ボールに入れ、昨日のマジックソルトもちょっと入れて良くこねる。
0909_2.jpg
形を整えて空気を良く抜いたら、中火で焼くだけ(^_^;
両面とも蓋をして焼くと火の通りが早いです。
肉の中心まで小さな切り込みを入れ、出てくる肉汁が透明ならば焼き上がりです。
0909_3.jpg
鬼おろしでおろした大根おろしをたっぷりとのせて、ポン酢醤油でいただきます(*^^)v
ソースを替えるだけでいろんな味が楽しめるし、
何より簡単で失敗のないところがいいですね、ハンバーグって(*^_^*)

2009年09月08日

最近のお気に入り〜マジックソルト〜

0908_1.jpg
【S&Bマジックソルト】
数ヶ月前に発見し、クレイジーソルトと並んでかなり重宝している調味料です。
クレソルよりもハーブが強く、これをかけるだけでサラダ・肉・卵料理などが
ひと味変わってくるスグレモノ(^^)
お湯に溶かすだけでも結構立派なスープになっちゃいます。
今日はこれを使ってサーモンのバターソテーにしました(*^^)v
0908_2.jpg
材料(2人前)
生サーモン2切れ マジックソルト大さじ2 パン粉大さじ4 無塩バター10g
オリーブオイル大さじ1 付け合わせの野菜はお好みで(*^_^*)

作り方
パン粉はミキサーで粉状にし、マジックソルトと合わせてハーブパン粉を作る。
サーモンにまんべんなく粉をつける。
0908_3.jpg
フライパンを弱火にかけ、オリーブオイルが温まったらバターを溶かし、
サーモンの皮の方から焼きはじめる。
あらかじめゆでて火が通っているジャガイモとパプリカを入れ蓋をする。
バターは焦げやすいので弱火のままです。10分くらい蒸し焼きにする。
蓋を開けてサーモンを返しスライスしたカボチャを入れる。
カボチャは油を吸いやすいので最初から入れません。
サーモンの皮をパリッとさせるため、返したら蓋はしません。
0908_4.jpg
皿にオシャレに盛りつけて完成(*^_^*)
フォークナイフつけてますが、箸で大丈夫です。
バターが有塩の場合はマジックソルトを減らしたり、オリーブオイル多目で
バターを控えめにするといいでしょう(^^)
0908_5.jpg
結構いろいろなハーブ&スパイスって感じでしょ(^_^;

2009年09月06日

9月5日ご結婚のお二人

秋のブライダルシーズンが始まりました。
と言っても、本格的に忙しくなるのは10月からなのですが、
ちらほらと9月の予定も埋まってきております(^^)

9月5日にご結婚のお二人は、新郎剛さん、新婦絵美さんです。
たいへんおめでとうございます\(^O^)/
0906_1.jpg
お二人は午後4時半挙式のナイトウェディングということもあって、前撮りをされました。
現在五十嵐邸の日本庭園は百日紅が鮮やかに咲いており、
歩くお二人の後ろに入れてみました(*^^)v
0906_2.jpg
五十嵐邸の玄関の風景を撮ろうと思って行ったら、
ちょうどお客様をお迎えしている場面に遭遇。
当日のスケジュールなどの都合もあり、お出迎えをする方は珍しいのですかさず撮影です。
0906_3.jpg
神前式、祝詞の場面。
昨日までフィッシュアイを使った写真をアップしていましたが、これは超広角16ミリです。
0906_4.jpg
剛さんは新潟藤田組にご勤務。設計の仕事をされています。
読書・野球・釣りが趣味だそうです。
絵美さんは新潟中央病院で作業療法士をされています。
職場の方や患者さんからの信頼も厚く、患者さんから祝電が届いていました(^^)
0906_5.jpg
余興で歌を披露してくれた、剛さんの甥の航太君と姪の菜桜ちゃん。
同じく剛さんの姪でピアノ伴奏の杏珠ちゃん。
歌は、な、なんとGReeeeNの『キセキ』!(◎-◎;)
拍手喝采だったことはゆーまでもありません(*^^)v
0906_6.jpg
披露宴が終わってから撮った夜景の五十嵐邸。
盛り上がった披露宴の充実感からか、自然と笑顔になり、こちらがポーズをつける前に
自然と腕を組んでいたお二人。
末永く幸せな家庭を築いて下さい(*^_^*)

2009年09月04日

ウチのわんこたちを魚眼で撮ってみた

昨日、アガノガーデンさんの猫を撮っているときに、やはりウチのわんこたちも
撮っておかなければと思い、撮影することに・・・
犬は猫と違っておとなしくさせる方法(餌で釣る)があるので多少は楽でした(^^)
0904_5.jpg
ココア。
うっかりすると自分の手や足が入ってしまうので注意が必要です(◎-◎;)
撮影にはサブのサブカメラになっている20Dを使いましたので10ミリは実質16ミリです。
同じ10ミリ(16ミリ)の超広角と違うのは、やはり最短距離がスゴイ!!
1.4センチまで寄れます(℃
ちょっと魚眼の感じが物足りなかったので、これと次の写真のみ、PSで加工しています。
0904_6.jpg
福。
『お前の目が魚眼じゃん!』というのはこの際ナシの方向で(^^;
室内なのでISO800、絞りは開放のF3.5ですが、目にピントを合わせたため
鼻がぼけているのが気に入りません。
そもそも20Dでは画質が今の上級機とは雲泥なんですが、
それでももっと明るいところで絞り込んで撮らないとダメですね(__;)
0904_3.jpg
思いっきり寄らないと魚眼の味は発揮されないですが、
まぁ、かわいく写ってたので(*^_^*)
0904_4.jpg
被写体ブレしてますが、まぁ、愛嬌のある写真なので・・・(^_^;
0904_7.jpg
やはり明るい場所はキレイに撮れますね〜
福だけ服を着てるのは(←ダジャレじゃないッスよ^^;)抜け毛がスゴイからなんです(-_-;)
短毛種は毛が抜けると言われてますが、季節の変わり目などはけっこう多く
コロコロが手放せません(^_^;
ココアはこんなにモコモコなのにほとんど毛が抜けないんですね。
そんなわけで、フィッシュアイレンズ、ますます欲しくなりますね〜、みなさん(^^)

2009年09月03日

アガノガーデンさんにおじゃまして来た

学校は違うけど同学年であり飲み友達でもあるアガノガーデン管理人さんが、
またしても食用ほおずきを持ってきてくれました。あざ〜す\(^O^)/
今回は氏の後輩でもあるZ400GPさんにもおすそ分けしたらしく、Z400GPさんから
『ほおずきの写真、撮りに行く』との情報が入り、時間を合わせて行ってきました(^^)
0903_1.jpg
アガノガーデン管理人さんは、鉢植えの草花の苗を中心に、切り花、野菜の苗などを
格安で路面販売していて、近頃オンラインショップを立ち上げ、
なかなか好調なスタートを切っているというお方です(*^^)v
0903_2.jpg
これがほおずき。
観賞用のものと違いがわかりませんが、高さは2メートルくらいあります(◎-◎;)
今回は友人からお試しで借りたTokina FISHEYE 10-17 F3.5-4.5DXを使いました。
フルサイズ用ではないので14ミリ以下は蹴られてしまいますが、
いいですね〜、フィッシュアイ(*^_^*) 欲しくなってきました。
0903_3.jpg
撮影に挑むZ400GPさん。
この場所はブラック&ホワイトのヤブ蚊の大群との格闘でもありました(__;)
0903_4.jpg
イエローミニトマト。
近年人気の品種だそうです。
0903_5.jpg
Z400GPさんはバリアングルモニターで下から狙ってますね〜
南蛮は土壌がいいのか品種なのか、私のうちにあるものの3倍くらいの大きさで、
おみやげにこれをどっさりいただいてきました。ふたたびあざ〜す\(^O^)/
こちらのガーデンでは他にもさまざまな野菜や草花、木が植えられており、
一部はご自宅での食用、多くは来春用の苗をとったりするそうです。
0903_6.jpg
撮影後、茶などをいただいてると凛々しくもめんこい子たちが・・・
なかなかじっとしていてくれず、猫って撮影難しいですね(^_^;
この後は急遽『飲み行こぜ』となり、アガノガーデン管理人さん御用達の居酒屋へ・・・
何時頃帰ってきたのか・・・全然覚えてません(゜◇゜)ガーン

2009年09月01日

ミョウガとキュウリの古漬け

今日はわりと地味な料理、というか、簡単な漬け物です(^^;)
キュウリの古漬けはただ大量の塩で漬けるものなんですが、ご飯のサイドディッシュ、
お茶漬け、酒のつまみなどにもってこいです(^^)
0901_1.jpg
ミョウガは、最初、ホームセンターから根を買ってきました。
いったん植えると何もしなくても毎年生えてきて7月末〜8月末くらいに収穫できます。
つまり、そうめんなどの時期に合わせて出てくるわけで、ありがたさひとしおです。
手入れもまったくいらないのでいったん植えてしまえば、毎年得した気分になれますよ(*^^)v
0901_2.jpg
漬物用のキュウリはだいたい6月半ばを過ぎた頃に流通しはじめるのですが、一箱(2kg)で
200〜400円くらいです。
これは400円。そのままでも食べられるくらい形もよかったのですが、
二箱全部漬けちゃいます(^^;)
0901_3.jpg
漬け物樽に、洗ったキュウリをなるべく重ならないように、キュウリ→塩→キュウリ→塩と
重ねていく。4kgのキュウリに対して塩は1kg。重しをのせてフタをします。
最初はフタが閉まらないほどなのですが、一晩たつとキュウリの水分が出て
フタが閉まるくらい沈みます。
2〜3日後、水の表面に泡が出てきたら水をすべて捨て、再度塩1kgをまぶして重しをする。
5〜7日後、もう一度同じことを繰り返す。
0901_4.jpg
合計3kgの塩を使って漬けること2カ月半の今日、このような飴色の状態になりました(^^)
このままでは当然殺人的しょっぱさなので塩抜きをしますが、
薄く切って水にさらして絞る、を5〜6回繰り返すとほどよい塩辛さになります。
回数はお好みで味見をしながら確認して下さい(^^)
0901_5.jpg
そして最初に登場したミョウガの出番なのですが、輪切りにしてまぶします。
さらに生姜の千切りなんかも入れるとよりうまさがアップします。
キュリ漬けは、食べる分だけその都度取り出して、来春まで楽しめるんですね!(^^)!

最近のエントリー

  1. 甲子園の感動を再び!
  2. 9月26日ご結婚のお二人
  3. 絶品!黒炒飯
  4. 福島潟自然文化祭イベント 小林史佳野外ライブ
  5. セミドライトマト
  6. ホワイトシチュー
  7. 小林さんのライブinりゅうとぴあ
  8. ココアと福 平凡な一日
  9. チキンのトマトクリームパスタと野菜のスープ
  10. 担々麺(激辛)
  • Powered by
    movabletype_banner.gif
  • Template by drblog.gif
  • Server by moover_banner.gif