サイト内検索


2009年10月31日

10月31日ご結婚のお二人

本日ご結婚のお二人は中学の時同級生同士のカップル、新郎朋也さん、新婦弘美さんです。
たいへんおめでとうございま〜す\(^O^)/
(画像はすべてクリックで拡大します)

朋也さんは現在五十嵐建装にお勤めで塗装の仕事を、弘美さんは(株)ニイガタ船場にて
設計・施工の仕事をされているそうです。

お二人は同じ中学校で3年間同じクラスだったものの、
そこからずっとお付き合いしていたわけではなく
弘美さんが1年間のイタリア留学からの帰国後に開催されたプチ同級会で再会しました(^^)
その時の久しぶりの印象は、
朋也さん『ほんわかしていてお酒をいっぱい飲むな〜(*^_^*)』
弘美さん『マッチョでクッキングパパに似てるな〜♡』
だったそうです(^^)

弘美さんからのアタックで1年後にお付き合いが始まり、4年10ヶ月の交際期間を経て
本日めでたくご結婚の運びとなりました(*^^)v

各テーブルを回っての卓上ミニ鏡開き。
新郎友人のこのテーブルがいちばん盛り上がっていました(^^)

花嫁お色直しへの退場は、付き添いの方にエスコートされていきます。
二人の妹さんと、美人三姉妹の図(*^_^*)

望遠で背景をぼかすと、色がにじんでとても紅葉しているように写ります。
でも、五十嵐邸の日本庭園の紅葉はまだまだ深くなるんです。

花嫁が椅子に座った写真て、やっぱりレトロな昭和の感じがするんですよね〜
なので画像の加工や色補正もこんな感じにしてみたくなるわけです(^^;

新婦友人の余興は『愛のカクテル(?)』を製作(◎-◎;)
乾杯はまずビール、弘美さんの好きな赤ワイン、紅白でおめでたいので白ワインも、
飲み過ぎても大丈夫でウコンの力、高校の部活でお世話になったエネルゲン(粉末)、
今日も元気にリポD・・・・・・(__;)
まったく想像付かないレシピですが、大丈夫でしょうか(゜◇゜)?
新郎新婦が飲みます・・・結果は・・・『えっ?何これ、うまいんだけど・・・』by朋也さん
というような想定外のオチになりましたが、それもまたアリってことで(^^)

気持ちのいい秋晴れの中、笑いと感動に包まれて披露宴が進行していきました。
お二人のドレスの写真は、上の2枚も披露宴終了後に撮影しています。
ハートのカットは私のリクエスト。
番傘は新郎さんが撮って欲しいといわれて撮影だったのですが、
『どうせなら歌舞伎ポーズやってみて下さいよ』と提案し、
このような楽しい写真となりました(*^^)v

朋也さん、弘美さん、末永く明るいご家庭を築いて下さい。
お幸せに〜(*^_^*)

2009年10月30日

トマトのスープパスタ

本日、ブログお友達のティンカーベルさんより、撮影用のラスクが届いたのですが、
一緒にけっこうな量のパンをいただき『早くお食べ♡』と言う指令だったので
お昼のメニューを急遽パスタにすることにしました(^^)
ティンカーベルさん、ありがとうございま〜す♪
091030_1.jpg
材料(2人前)
 ペンネ70g トマトソース250g 水200cc ベーコン40g タマネギ1/4 ジャガイモ小1個
 ニンジン1/8 パプリカ1/2 サラダ豆(スーパーで120円くらいで売ってるもの)1袋
 ニンニク1/2カケ コショウ少々 マジックソルト小さじ2 オリーブオイル大さじ1
091030_2.jpg
作り方
 ベーコン、野菜は賽の目状に切る。
 ニンニクをみじん切りにし、オリーブオイルを入れたフライパンに入れ弱火にかける。
 ニンニクが香りだしたらベーコンとタマネギを入れタマネギが透き通るまで炒める・・・①
 鍋に水を入れニンジンとジャガイモをゆでる・・・②
 別の鍋でパスタをゆではじめる。ゆで時間は表示の2分前で。
091030_3.jpg
 ②の火が通ったら、①とパプリカ以外の材料を入れ、マジックソルトで味を調えつつ
 パスタがゆで上がるまで煮込んでいく。
 パスタがゆで上がったらパスタとパプリカを入れ1分半〜2分煮て出来上がり。
091030_4.jpg
パルメザンチーズ、ブラックペッパー、パセリを振り、お好みでタバスコ(^^)
後ろに写ってるのがティンカーベルさんのセモリナパンです。
そのまま食べればモチモチと柔らかく、軽くトーストすればサックサクで
さすが安曇野の人気ショップといったお味でした(*^_^*)
091030_5.jpg
実はこれ、ペンネを入れなければスープとしても十分通用します。
野菜もお好みのものをお好みの大きさでいいでしょう。
これもまた、冬には温まるメニューです(*^^)v

2009年10月29日

ブリ大根

主婦の方は、毎日の献立があらかじめ決まってることもあると思いますが、
買い物に行って見て決めるというパターンもかなりの頻度であるんじゃないかと思います(^^)
私の昼ご飯は、けっこう後者のパターンが多く、今日も買い物に行ったらおいしそうな
ブリのアラが198円だったうえ、大根や生姜はあるし、と言うことで決定です(*^^)v
091029_1.jpg
材料(2~3人前)
 ブリのアラ(たぶん500gくらい) 大根1/2本 生姜1カケ(一部は千切り) 昆布適量
 水200cc 砂糖大さじ2 醤油大さじ3 みりん大さじ2 酒大さじ2

作り方
 ブリのアラは洗ってから軽く湯がいておく。
 大根は面取りし、味が浸みやすいように十字に切れ目を入れる。
 圧力鍋に水と昆布を入れて弱火にかけ、ダシを取っていく。
 そこに調味料すべてを合わせたら、ブリと大根、生姜を入れて
 20分くらい圧をかける。
091029_2.jpg
骨まで食べられるくらい柔らかくなるのが圧力鍋の魅力のひとつです(*^^)v
大根にブリの旨味がとけ込んでいて、どちらが主役なのか
ヒジョーに難しいところであります(^^;)

おかず的には足りてたんですが、写真的にインパクトが薄そうだったので
だし巻きタマゴも作りました(*^_^*)
これはやっぱり大根おろしがいいでしょう^^;)

ビジュアル的には朝食のようになってしまいましたが、
よくこういうの食べてますよ〜ってことで(*^_^*)

2009年10月28日

ハンバーグ ビーフシチューソース

タイトルからするとウマそうでしょ。
実際ウマイんですが、盛りつけ&写真がダメな今日の手抜きエントリーをお許し下さい(^^;

買い物に行く時間も惜しい今日この頃、冷凍庫を見たらかなり前に仕込んだハンバーグ
ちょっと前に作ったビーフシチューのソースが残っていたので、それで作っただけという
材料写真もレシピもナシの手抜きっぷりであります(◎-◎;)
091028_1.jpg
付け合わせのトマトは、生で食べるにはちょっとどうなん?と言う鮮度だったので
ゆでてみたら、ゆでてる様子があまりにもキレイで思わずパチリ(^_^;
091028_2.jpg
ジャガイモ、タマネギも一緒にやや弱めの火でじっくりとハンバーグを焼いていきます。
中まで火を通すために途中フタをします。
本当はひっくり返したら表面が乾かないように、にじみ出た油をすくって
かけてやるといいのですが、そんなこともしません・・・(__;)
091028_3.jpg
ソースはかなり濃厚になっているので赤ワインを足してのばしたんですが、
まだ固かったですね〜・・・味はいいんですよ(^_^;

奥は、レタスを細長く切ってピーラーで削ったニンジン、大根、キュウリを載せたサラダ。
パプリカの輪切りも載せてシーザードレッシング(市販)で食べました。

明日はちゃんと買い物に行きます(*^_^*)

2009年10月26日

10月25日ご結婚のお二人

10月25日ご結婚のお二人は、クボ製作所にお勤めの新郎広之さん、
歯科衛生士でいらっしゃる新婦ゆりえさんです。
たいへんおめでとうございました〜\(^O^)/
(画像はすべてクリックで拡大します)

この日は秋晴れの好天に恵まれたんですが、玄関前のカットは日差しが強すぎて
顔に影が出るため、松の木の木陰に立ってもらって撮影です。
いつもと違うアングルですが、ここもまたいいな〜、と思った次第です(^^)

三三九度の場面は何度か掲載していますが、広之さんの目線と、ゆりえさんの杯が
唇に触れる直前で口が隠れていない・・・が完璧なタイミングだったので載せてみました。

乾杯の全景を載せるのは初めてかもしれません。
乾杯の瞬間はこのように16ミリで全景を狙い、乾杯後にメインテーブルで
『お二人の乾杯ショット♡』を撮らせていただいています(*^_^*)

花嫁一人のカットは広角で全身、85ミリでバストアップを撮っています。
お色直しの入場は、お二人で入場されるときはこのように後ろから撮ったりしています。

広之さんからサプライズの指輪贈呈のシーン。
お二人はご自分たちの身の丈にあった結婚式をしようと決め、
『指ははまた今度』となったんだそうです。
そこで広之さんは密かにプリザーブドフラワーを注文、指輪に手作りし送ることに・・・
このエピソードが司会から伝えられると、場内は感動の涙に包まれました。
『感動の涙は幸せな気持ちになる』と、司会の小林未雪さんももらい泣きしてました(*^_^*)

お二人のウェルカムボードには、打ち合わせで五十嵐邸に来たときに撮った写真が
使われていました。
そこで、『この場所、このポーズで撮りますか』と提案し、同じ感じで撮ったものです。
ウェルカムボードの写真は夕方の雰囲気だったので、あの感じにはならなかったのですが
こちらはレトロ調で作ってみました。記念の一枚になれば幸いです。

広之さんゆりえさん、どうぞ末永くお幸せに(*^_^*)

2009年10月25日

10月24日ご結婚のお二人

10月24日にご結婚のお二人は、新郎伸之介さん、新婦景子さんです。
たいへんおめでとうございました〜\(^O^)/
(画像はすべてクリックで拡大します)

久しぶりにセピアにしてみました。
実際のアルバムではよく使う色調なので、アクションに入れてあり、
ワンクリックでこのような色になるようにしています(^^)

五十嵐邸の玄関前で85ミリと16ミリで撮影。
左の写真は普段あまり撮らないのですが、お二人の希望もあって撮りました。
玄関全体が入った広角バージョンも撮ってありますが、85ミリのボケが好きです(*^_^*)

これも16ミリと85ミリです。
白無垢の時はいくぶん緊張気味のお二人ですが、話をしながら歩いてもらうカットでは
私の立ち位置が遠いせいか、自然な表情をいただきました(^^)

挙式後にお色直しで振り袖へ。
お着替えの部屋が、昔のお座敷だったのでレトロな感じのポーズで
色調もそれに合わせてみました。
披露宴からは緊張もほぐれ、笑顔の多いお二人です(^^)

お二人はご家族、親戚の方を呼んでの披露宴で総勢35名。
披露宴会場は五十嵐邸2Fの、お座敷を3部屋を合わせた会場です。
メインテーブルの後ろが床の間になっていてなかなか雰囲気のある部屋で、
20〜40名くらいの披露宴に対応できる部屋なんです。

これくらいの規模の披露宴の時には、新郎新婦を初めとして
皆さま自由に席を立って挨拶回りをしたりするので場が非常に盛り上がってきます。
久しぶりに花嫁さんのお父様、新郎さんのおばさまからビールを勧められちゃいました(^^)

披露宴がお開きになってから日本庭園での撮影。
時間はPM4:00くらいで、ライトアップが始まる薄暮の時間帯です。
撮影するには十分な光量がありました。

振り袖でハートマークはきつかったかもしれませんね、景子さん、ゴメンナサイm(__)m
しかし、お二人とも幸せそうなとてもいい表情をくれました。
いつまでもお幸せに(*^^)v

2009年10月23日

アマトリチャーナ(風)(^_^;

そろそろ昼飯ネタも尽きてきたとともに、毎日料理だとみなさん飽きませんか〜?(^^;
まぁ、今の時期、なかなか外に出る時間的余裕のない私としては、
忙しくてもお昼ご飯は食べるため、このネタが一番楽なのでお許しを・・・

アマトリチャーナ(風)となっているのは、厳密に素材をそろえていないからでありまして
もしイタリアンのプロの方なんかが見ていても、そこんところはつっこまない方向で
お願いします(*^_^*)
091023_1.jpg
材料(2人前)
 パスタ(ほんとはブカティーニ)160g トマトソース(水煮)300g 
 ベーコン(ほんとはパンチェッタ)60g ニンニク1カケ 唐辛子1本 タマネギ1/4個
 酒(ほんとは白ワイン)大さじ2 塩・胡椒適量 パルメザンチーズ適量
 オリーブオイル大さじ2

 唐辛子はみじん切りにして分量外のオリーブオイルに漬けておく。

 タマネギはみじん切り、ニンニクは半分に切ってつぶしておく。
091023_2.jpg
作り方
 オリーブオイルを入れたフライパンにベーコン、ニンニク、唐辛子を入れ
 弱火にかけてベーコンがカリッとしたらタマネギを加え、よく火を通す。
091023_3.jpg
 パスタをゆで始める。ゆで時間は表示のマイナス1分半くらい。

 タマネギの水分が抜けたら酒を入れてアルコール分を煮とばす。

 トマトソースを加えて塩で味を調えつつ、煮詰めていく。

 トマトの水分がとんで煮詰まってきたらニンニクは取り除き
 パスタとパスタのゆで汁を50ccほど加えて手早くからめる。
091023_4.jpg
皿に盛ったらパルメザンチーズ、胡椒をふって出来上がり!
ピリ辛でウマイっす!(*^^)v

トマトを煮詰めるのにまた水分を足すのは、トマトは煮詰めるほどに
甘みが増してくるからなんです。
いったん煮詰めてのばしてやるのがポイントですね(*^_^*)

2009年10月22日

ヒレカツカレー

今日は買い物へ行く時間もなく、お昼は何にしようかと考えながら
皆さまのブログを拝見していたところ、新潟スイーツ・ナカシマさん今日のエントリー
を見て、『カレーが食いたい!』となり、以前買ってあったヒレ肉を解凍し
カツカレーにしました(*^^)v
091022_1.jpg
材料(2人前)
 豚ヒレ肉150g ジャガイモ(3個写ってますが)2個 ニンジン1/2本 タマネギ3/4個 
 (写ってませんが)ニンニク1カケ 市販のカレールウ(4個写ってますが)2個 水400cc
 テキトーに香辛料3〜4振りくらい 塩・コショー適宜
091022_2.jpg
作り方
 圧力鍋に水を入れ、ニンジン・タマネギ・ニンニクはすべてすり下ろして入れる。
 ジャガイモは縦に4等分し面取りする。
 香辛料をテキトーに入れ、ブラックペッパーは粒のまま、辛くしたい場合は
 挽いたブラックペッパーをたくさん入れる。
 強火で圧がかかったら中火にして5分煮る。
 5分たったら水をかけて圧を落とし、カレールウを溶かせば出来上がり。
 *ルウは細かく切っておくかおろしておくと溶けやすいです(*^^)v

 ヒレ肉は2センチくらいの厚さに切って、叩いて塩コショーし
 衣を付けてサックリ揚げます。
091022_3.jpg
冷蔵庫に一個だけピーマンが残っていたのでそれも揚げちゃいました。
すり下ろした野菜君達がいい味出してくれるんですよ〜
私的には当然なんですが、ルウは違ったメーカーのもの2種類、辛口です(^^)
ナカシマさんも書いてましたが、汗出ます、顔から・・・
タオルが必要なほどじゃなかったですけどね^^;
あと、個人的にカレー+味噌汁の組み合わせが好きです(*^_^*)

2009年10月21日

鶏団子の鍋

今シーズン早くも2回目の鍋、しかもまた鶏、昼間から・・・デス(*^_^*)
実は今日は夕方から2回目の経営革新塾があり、時間的余裕もあまりなく
メニューも決まっていなかったので手っ取り早い鍋にしようと安易に決めたわけです。
091021_1.jpg
鍋に関しては材料はお好きなものをお好きなだけどうぞって感じですが、
今日のポイントは鶏団子。これだけレシピを掲載します。
あと、人参と大根はピーラーかスライサーで薄く切ったものを使用。
私的にもやしも鍋には欠かせません(*^_^*)
091021_2.jpg
鶏団子 材料と作り方
 鶏挽肉(胸)200g 長ネギみじん切り1本 生姜すりおろし1カケ 白ゴマ大さじ1
 オイスターソース大さじ1 ごま油小さじ2 片栗粉小さじ1 水小さじ1

 すべての材料をよくこねたら丸めるだけ。12個出来ました、意外と簡単です(^^)
 鶏軟骨があればみじん切りにして入れるともっと美味しいんですが
 残念ながら売ってませんでした(__;)
091021_3.jpg
土鍋に水を張ってダシ昆布を入れて15分ほどしたら弱火にかけていき、鶏手羽元は
最初から入れます。火の通りにくい野菜から入れていくのがセオリーですが、
人参、大根とも極薄なので全部一緒に入れてOKです。
ポン酢醤油でいただきました。

こうして写真を見ると、『ホントに昼からこれかよ〜!』と言うみなさんのツッコミが
聞こえてきそうです(^_^; 向こうにおかわりの皿もあるし・・・
おまけに・・・

(この2枚のみクリックで拡大します)
ご飯が炊ける前に鍋が出来てしまって、最初鍋をつまんでたらあらかたなくなってしまい
ご飯は雑炊にすることにしました。
全くの酒飲みパターンを昼からシラフでやってしまったわけです(*^^)v
残ったスープに少し塩を入れ、醤油もちょっとたらしてご飯のとろみが出るまで
コトコト煮ます。タマゴを溶き入れ七味を振っていただきました。

健全な皆さまはゆったりと夜にでもお召し上がり下さいませ(*^_^*)

2009年10月20日

明太うどん

明太うどんといえば、讃岐の釜玉明太を連想すると思いますが、チガイマス(^^;)
昨日に引き続きある意味あんかけ系、来たるべき冬にホットなテイストうどんです。
091020_1.jpg
材料(2人前)
athukoさんちの稲庭うどん200g 明太子1腹 中華スープ500cc タマゴ1個 三つ葉少々
白ごま少々 葉ネギ1本 片栗粉大さじ2

作り方
稲庭うどんの煮方はathukoさんのブログ参照(*^_^*)
明太子は皮を取り除いておく。
中華スープはウェイパーなどの中華ダシを湯に溶かし、じゃっかん薄味にしておく。
同量の水溶き片栗粉で少しとろみをつけ、弱火にして溶き卵を入れる。
さらにお好みの堅さになるまでかき混ぜながら水溶き片栗粉を入れていく。
火を止めて半分の量の明太子を入れる。

うどんがゆで上がったら丼に入れ、とろ〜りスープをかけて、残りの明太子、ゴマ、ネギ
三つ葉をトッピングして出来上がり(*^^)v
091020_2.jpg
決して豚骨ラーメンではありません(^^;)
写真的にはもっとうどんとわかる感じにしたかったですね〜
091020_3.jpg
アッツアツで激ウマ(◎-◎;)
一人前100gは多いかと思ったんですが、おかわりして完食!
スープも飲み干してしまいました。これからの季節、イチオシです(*^^)v

2009年10月19日

中華丼

今日はそんなに寒い日でもなく、どちらかというと日中は暖かくなったんですが、
朝方は雨が降っていて、早々にに『今日は中華丼♡』と決定していたので
そのまま作りました(*^_^*)
私の地元の食堂では、塩味系の中華丼が多いのですが、
ウマイのはやっぱりオイスターソースをたっぷり使った中華丼ではないでしょうか?
091019_1.jpg
ってことで、材料(2人前)
 炊きたてご飯1合 豚バラブロック120g 人参1/4本 生椎茸2個 ピーマン2個
 もやし1/4袋 白菜大きな葉2枚 ウズラの水煮4個 生姜1カケ サラダ油大さじ1
 塩・コショー適宜

 中華スープ300cc(湯300ccに鶏ガラスープ3gを溶かしたもの) オイスターソース大さじ2
 醤油小さじ1 酒大さじ3 片栗粉大さじ2

作り方
 材料は上の写真のように切ります。肉は厚めにスライス、白菜は芯と葉の部分に分け、
 芯は斜めに包丁を入れ薄く切っておく。

 フライパンを熱して肉を塩・コショーして焼き、火が通ったら生姜、人参、白菜の芯、
 の順に入れる。これらを少し炒めたら、もやし、ウズラ、ピーマン、白菜の葉を入れ
 軽く炒め、ソースの材料をすべて投入する。
 煮立ってきたら弱火にし、同量の水で溶いた片栗粉をゆっくり混ぜてとろみをつけたら
 ご飯にかけて出来上がり。
091019_2.jpg
本当は木耳がよかったんですが近所のスーパーには売って無く、椎茸となっております(..;)
雰囲気的には木耳がいいですよね(^^;
もう一つ失敗!
箸を一緒に写したのですが、これはやっぱりレンゲですよね〜
食べるときはキッチリとレンゲでいただきました(*^_^*)
オイスターソースを使った料理は、まず失敗がないのでオススメであります(*^^)v

2009年10月17日

10月17日ご結婚のお二人

秋晴れの絶好の天気に恵まれて本日結婚式を挙げられたのは、
新郎義和さん、新婦祐子さんのお二人です。

たいへんおめでとうございました〜\(^O^)/
(本日の画像もクリック拡大でお楽しみ下さい)

義和さんは郵便事業株式会社にご勤務。
祐子さんも勤務されていましたが寿退社されました(^^)
そんなお二人の出会いは職場が一緒になったことです。
そして、その出会いとは4年前の今日、つまり10月17日だったんだそうです(*^_^*)

お二人は昨年の10月19日に入籍はすまされていて、本日皆さまへのお披露目となりました。
左:ちょっとだけ色づいてきたもみじを入れるためにローアングルからの撮影。
右:ハートのショットを和装でリクエスト、袖が重く祐子さん、つらかったでしょうか?

挙式が終わって色打ち掛けにチェンジしての披露宴入場。
その前に庭と囲炉裏でお二人の撮影を行います。
庭も天気がよすぎるため日陰に立ってもらいシンクロ撮影。
後ろをぼかすことによって秋の透明な空気感みたいなものを表現したかった一枚です(^^)

囲炉裏での和装のカットは、昭和な感じがあって好きです。
こんな場所があるのも五十嵐邸ならではでしょう(*^^)v
色打ち掛けや、本振り袖で撮ることが多いですね。

バーカウンターの窓際にある椅子に座ってもらっての花嫁一人ポーズ。
アルバム制作の中で、一番レタッチをする写真です。
庭に立ってるお二人は正面から太陽光を受けているのですが、あえてストロボはオフに。
その方が雰囲気のある写真になります(^^)

花束贈呈は感動の場面。祐子さんの今までの思いをご両親に伝えます。
ここはお友達ももらい泣きしてしまうシーンですよね。

終日、ちょっと暑いくらいの好天に恵まれて本当によかったです。
私は思わずソフトクリームが食べたくなりました(*^_^*)・・・食べませんでしたが・・・

お二人の出会いと結婚式の日が10月17日、入籍が19日、誕生日もお二人とも10月、
ついでに私も昨日が誕生日でした(*^_^*)
ビバ!October\(^O^)/
どうぞ仲良く幸せなご家庭を築いて下さい(^^)

2009年10月16日

スモークチキンのピザ

昨日ビーフシチューを食べながら『男子ご飯』を見ていたら・・・
あの番組は関東地方で7月くらいに放送していたものを、悲しいかな新潟では今頃
再放送してるんですが、夏のピザ&マンゴーシャーベットというのをやってまして、
まぁ、マンゴーシャーベットはおいといて、ドライイーストを使わない生地で
かなり簡単そうだったので作ってみようと思ったわけです(*^_^*)
ティンカーベルさんのスモークチキンを使いました(*^^)v
生地の作り方のみ参考にして、しかも多少アレンジしてます。
091016_1.jpg
材料(2枚分)
 生地 
  強力粉200g 砂糖・塩各2つまみ オリーブオイル大さじ1 ぬるい牛乳180cc
 具材
  トマトソース大さじ5 ドライバジル・オレガノ適宜 スモークチキン1本 
  ピーマン青・赤各1個 マッシュルーム3個 タマネギ1/4 ブロッコリー1房
  モッツァレラチーズ1袋 塩・コショー適宜 オリーブオイル小さじ2
  フレッシュバジル4〜5枚
091016_2.jpg
作り方
 強力粉を山にしてくぼみを作り、そこに砂糖・塩を入れオリーブオイルも入れる。
 牛乳を少しずつ入れつつ生地を混ぜていく。
 ぬるま湯でもOKですが、牛乳の方が生地がサクサクになります(*^^)v
091016_3.jpg
 牛乳を少しずつ入れながら混ぜていくと、だんだんとまとまってきます。
 手に付かないくらいになったらまとめて、ラップをして10分くらい寝かせる。
091016_4.jpg
 ブロッコリーはゆでておく。ピーマンは1㎝角に切りスモークチキンはブツ切りに。
 
 生地を二等分にして打ち粉をし、綿棒で薄く伸ばしていく。
 トマトソースはドライバジル、オレガノなどを入れて混ぜておく。
091016_5.jpg
 生地に空気抜きのための穴をフォークなどで入れ、トマトソースを塗り、
 お好みの具材をのせて250℃のオーブンに10分弱かける。
091016_6.jpg
 何とか出来たようです(*^_^*)
 かなりサクサク作れて、また作ってみようかという気になれました。
 ちなみにモッツァレラチーズは賞味期限を1ヶ月ほど過ぎていたのですが、
 予想通りまったく問題ありませんでした(あくまでも個人的見解)。

 出来上がりにフレッシュバジルを散らし、オリーブオイル、ブラックペッパーをかけ
 お好みでタバスコをかけていただきます(*^^)v

2009年10月15日

牛スネ肉のビーフシチュー

去年もエントリーをアップしましたが、じゃっかん素材やレシピを変えて
ビーフシチューを作ります。・・・もうそんな時期がやってきたんですね〜(^_^;

もうちょっと寒くなってからと思ってたんですが、昨日いつものスーパーへ行ったら
前沢牛のスネ肉が半額以下で2パックだけ残っていたので迷わずゲット!
400gを550円で買ってきました(*^^)v
091015_1.jpg
材料(4〜5人前)
 国産牛スネ肉400g タマネギ中1個 ジャガイモ極小10個 人参1本
 マッシュルーム8個 ブロッコリー1房 バター10g ローリエ2〜3枚 赤ワイン150cc
 コンソメ3gを溶かしたスープ150cc キューピーデミグラスソース1缶
 ①(ウスターソース大さじ2 トマトケチャップ大さじ2 蜂蜜大さじ1)
 オリーブオイル大さじ1 塩・コショー適宜
091015_2.jpg
作り方
 人参は輪切りにして面取りし、マッシュルームは縦半分に切る。タマネギは1/6にカット。
 ブロッコリーは茹でておく。

 フライパンにオリーブオイルを敷き、牛スネ肉を塩コショーしてしっかりと両面に
 焦げ目がつくまで焼く。
 圧力鍋にワインを入れアルコールを飛ばして煮切ったら、コンソメスープを合わせ、
 焼いた牛スネ肉を入れてフタをして圧がかかってから10分中火で煮込む。

 肉を焼いたフライパンの焦げを拭き取り、人参とマッシュルームをバターソテーする。
091015_3.jpg
 肉を10分煮たら鍋を水道水にかけて強制減圧し、人参、マッシュルーム、ジャガイモ
 タマネギ、ローリエを入れ、再び中火で8分加圧する。

 デミグラスソースは2〜3回裏ごししておく。

 加圧が終わったらまた強制減圧してフタを開け、デミソースと①を入れて
 よく混ぜながら10分くらい煮詰めていく。じゃっかんとろみがついたら出来上がり(*^^)v
091015_4.jpg
彩りにブロッコリーをあしらって盛りつけたら、コショーと粉パセリを振ります。
撮影用って感じですが鮮やかな緑が食欲をそそります(*^_^*)
いつもは2人前を作ってますが、カレーとかシチューって
ちょっと多目に作っちゃいますよね(^^;

2009年10月13日

10月11日ご結婚のお二人

10月11日ご結婚のお二人は、新郎和宏さん、新婦圭子さんです。
たいへんおめでとうございました\(^O^)/

(画像はすべてクリックで拡大します)
五十嵐邸正門を入ってすぐの石橋の場所ですが、広角のカットは初かもしれません。
こんな感じの場所で、敷地内なのに下に川が流れてるんです(◎-◎;)

お二人は前撮りされました。
前撮りは余裕を持って撮影できるため、お二人のポーズ写真がたくさん残せます(*^^)v
当日も天気に恵まれ、秋の優しい空気に包まれて神前挙式に向かうお二人です。

神前挙式は神主の和太鼓から始まります。
いつか動画を撮ってみたいと思ってるんですよ(*^_^*)
お祓いの場面もいつもと違うアングルから撮ってみました。
シンメトリーな感じがいいでしょ(^^)

実際にアルバムでもモノクロで並べる写真です。
和宏さんは、夜景撮影スポットとしても一部ブロガーに人気の大手製紙会社に勤務。
圭子さんは、大手道路会社でご活躍されています。
お二人の出会いは友人のご紹介とのことですが、友人の紹介、友人との飲み会で、
と言うのはもっとも出会いの確率の高い場なのかもしれませんね(*^_^*)

『ルミファンタジア』というイベントです。
各テーブルにセットされている入れ物に、お二人が謎の液体を注いでいくと、
何かの化学反応が起こっていろいろな色の蛍光色に発色します。
幻想的な感じですよ(*^^)v

和宏さん、圭子さん、いつまでも仲良く幸せなご家庭を築いて下さい(*^_^*)

2009年10月12日

10月10日ご結婚のお二人②

10月10日ナイトウェディングでご結婚のお二人は、釣りや寺巡りが好きという新郎哲也さん、
友達と遊んだり買い物に出かけたりするのが好きという新婦朗子さんです。
たいへんおめでとうございます\(^O^)/

今日の画像もクリックで拡大します。クリックして下さいm(__)m
それぞれの第一印象は、
哲也さん『気が強そう』
朗子さん『気配りができる人だなぁ』
だそうです(*^_^*)

挙式は五十嵐邸から車で5分ほどのところにある旦飯野神社
西暦300年設立との伝えもある、由緒ある神社なのです。
ここでの挙式は本殿までの石段を花嫁行列するところから始まります。
お二人は石段を一歩一歩登りながらどんなことを考えているのでしょうか?

神社本殿内の様子。
雰囲気を出すため、ストロボは最弱にし、ISO3200で撮影しました。
3200でノイズが気にならないと、結婚式では非常に助かります(*^^)v

どちらも五十嵐廷内の廊下、右は2Fの廊下で、とても狭いんですが
現代建築にはない雰囲気なので和装の撮影にはグッドな場所です(^^)

お色直しでの入場は、お父様とバージンロードを歩きます。
この場面も朗子さんとお父様の心情をあれこれと想像してしまいますね〜
先に入場している新郎の元へと向かいます。

このお二人も前撮りされていて、左の写真、マリアベールは前撮りの時だけつけました。
ご列席の方も見ていないので、このブログで是非ご覧になっていただければと思います。
哲也さん、朗子さん、いつまでも仲良くお幸せに!

2009年10月11日

10月10日ご結婚のお二人①

10月10日にご結婚されたお二人は、新郎勲さん、新婦めぐみさんです。
たいへんおめでとうございます\(^O^)/

本日の画像もクリック拡大方式となっております。
大画面でご覧になりたい方はクリックして下さい。

五十嵐邸の日本庭園もほんのりと色づいてきました。
そんな中を歩いていただいてのカットは挙式当日。右は前撮りの写真です。
前撮りの日がちょうどあの台風直撃の日でした(゜◇゜)ガーン
それにもかかわらずお二人は、終始笑顔での前撮りとなりました(*^^)v
その理由は・・・

な、なんと、新郎勲さんが、阿賀野塾の同士、盛り上げ役にして酔いどれ部長の
サッシーさんと親友だったのです(◎-◎;)
しかもサッシーさんがたまたま仕事が休みということで、前撮りも参加!
非常に楽しい撮影となり、そのパワーで台風も進路をそらしてくれたようです(*^^)v
右は、サッシーさんのカメラを奪って新婦を激写する新郎(*^_^*)

私のレンズ交換の合間に撮りまくるサッシーさん。
ほとんどストーカーかパパラッチ状態になってます(^o^)

勲さんは阿賀野市でかなり大きな専業農家をやっておられます。
食物自給率向上が期待される中、政権も代わり、将来性のあるいい仕事なのでは?と、
うらやましく思ってしまいました(*^_^*)

そんな感じで楽しく進めた前撮りですが、披露宴も当然賑やか(^^)
これはご友人との一枚ですが、勲さんからブログに掲載リクエストされたものです。

お二人の出会いは友人主催の飲み会だそうで、第一印象は
勲さん『ちょっと怒ってるのかなぁ?』
めぐみさん『友達にそっくり!絶対面白い人だ!』
とのこと。めぐみさんが思った第一印象は、ぴったりだったと思います(*^^)v

『おれ、もう酔っぱらっちゃいましたぁ〜』と、途中から撮影ペースが落ちた
サッシーさんでしたが、かなりの枚数を撮っているようでした(^^)
『これから二次回で、明日は仕事なんすよ〜』と言って帰って行きました。
でもまたざっくり飲んだんだろうね(*^_^*)

勲さん、めぐみさん、楽しい前撮り&披露宴でした。
いつまでもお幸せに〜(*^^)v

2009年10月09日

オープンロールキャベツ

昨日まで半袖でがんばっていたんですが、今日から長袖着ました。しかも2枚(*^_^*)
寒くなってきましたが、皆さま、風邪などひかれてないですかぁ〜

ぼちぼちわが家のトマトも終わりなので今日はトマトを使ったあったかメニューにしました。
勝手に命名したので『ロール=巻く』なのに『オープン』てどーゆーこと?
と言うツッコミはナシの方向でお願いします(^^;
091009_1.jpg
材料(2人前)・・・写真、タマネギ入れるの忘れました(¨;)
 ロールキャベツ
  キャベツ1/4 挽肉150g タマネギ1/4 パン粉大さじ1 タマゴS1個 
  塩・コショー適宜 小麦粉大さじ1 オリーブオイル大さじ1

 トマトソース
  トマト中2個 トマトソース150g 砂糖小さじ1 ケチャップ大さじ1 塩小さじ1/2
  コンソメ4g 水100cc コショー適宜
  *トマトとトマトソースは、トマトの水煮(カット)200gでもOKです。
091009_2.jpg
作り方
 トマトは皮を湯むきしてさいの目状にカット。トマトソースと合わせて煮ておく。
 キャベツはシンをとらず2等分か3等分にして洗い、水を切る。
 タネは、ボールに挽肉を入れてよくこねたら、みじん切りのタマネギ、パン粉、
 タマゴを入れ、塩コショーしてよく合わせる。

 キャベツの葉を折れないように優しく開き、肉がつく面に小麦粉を薄く付け
 タネを詰めていく。
091009_3.jpg
フライパンにオリーブオイルを熱し、肉ダネを詰めたキャベツを入れて焦げ目をつける。
ひっくり返して反対側も焦げ目がついたらトマトソースを入れる。
トマトソースが沸騰してきたら残りの材料を入れよく混ぜたらフタをして5分ほど煮込む。
フタを取ってトマトソースをすくってキャベツの上からかけて馴染ませながら、
味を見て塩・コショーで整える。
091009_4.jpg
出来上がり〜\(^O^)/
じっくりと、キャベツの芯が柔らかくなるほど煮込むのがオススメ!
トマトソースにキャベツの甘味も溶け出してグッドな味わいです(*^^)v

2009年10月08日

阿賀野市も経営革新塾がスタート

いろんな方のブログで、各地で経営革新セミナーが開催されてるんだな、
と感じていましたが、当阿賀野市商工会でも昨日、経営革新塾がスタートしました。
091008_1.jpg
昨年の冬前に阿賀野塾に参加したばかりなので、こういったセミナーに出るのは初めて。
ついて行けるかどうか、そもそも専門用語など理解できるのか非常に不安です(^^;)

今回講師としてきていただいた先生は
株式会社ECコンサルカンパニー代表取締役の江藤政親氏。
事前の紹介チラシと、氏のHP以外どんな方なのかわかってはいませんでしたが、
ドキドキしながらもセミナーがスタートしました(^^;)           
091008_2.jpg
受講メンバーの自己紹介が終わり、
先生が話し始めて5分で『あっ、この人スゴイ!』って思いました。
その後出てくる話は、経験と実績に裏付けされた目から鱗の内容の連続で、
1回4時間の間、つまらないと感じる場面は一瞬もありませんでした(◎-◎;)
内容は口外できないことになっていますので触れませんが、
非常に刺激的なセミナーになりそうで、不安がワクワクに変わったようです(*^_^*)
091008_3.jpg
セミナーが終わり、市内の居酒屋で懇親会。
ちょっとサントリー風に遊んでみました(^_^;)
こんなことやってる暇があったら昨日の課題提出しろと言われそうですが、
この後やりますのでご心配なく!
091008_4.jpg
江藤センセー、日本酒いっちゃってます(*^_^*)
相当お酒がいけるようで、こちらも講師としては大切な要素なんでしょうね。
第二回が楽しみである前に、大きな宿題が課せられています。
当然クリアして臨まなければ、ですよね(^^)

2009年10月07日

たまごあんかけ炒飯

*おしらせ

10月4日に祖母が他界しブログをお休みしていました。
昨日までに葬儀が終わり、今日から再開・・・と思ったんですが、18時より経営革新塾初日。
皆さまのブログ訪問は明日になるかもしれないことをお許し下さい。

祖母は95歳で2年以上の入院生活。1年ちょっと前から意識はすでになく、
いつ旅立ってもおかしくないと言われていたため、
家族としては相当前から心の準備ができていました。
そうした準備期間を祖母が設けてくれたのだと思っています。
生前お世話になった方々にこの場を借りて御礼申し上げます。
______________________________________

と言うわけで、まだちょっとはバタバタしてはいますが、日常生活に戻ってきました。
で、久しぶりに昼ご飯を作ったんですが、材料が全くの手抜き(__;)
冷蔵庫にあるもので簡単に済ませちゃいました。
091007_1.jpg
材料2人前
挽肉100g タマネギ1/4 ニンジン1/5 キャベツ1/8くらい ごはん400g たまご1個
塩小さじ1 醤油小さじ1 コショウ適宜 鶏ガラスープ200cc 片栗粉小さじ2
サラダ油大さじ1 酒大さじ1
091007_2.jpg
作り方
 炒飯 フライパンにサラダ油を熱し挽肉、ニンジン、タマネギの順に
    塩コショーしながら火を通しご飯を加えてさらに炒める。
    ご飯がパラけてきたらキャベツを入れ塩と醤油で味付け。
    最後にフライパンの肌に酒をまわしがけしてつやを出す。
 あん 鶏ガラスープ(前回の鶏塩鍋の残り使用)は粉末のものであれば味を見ながら
    200ccのお湯で作る。
    スープが沸いたら同量の水で溶いた片栗粉を入れてとろみをつけ、
    よくかき混ぜながら少しずつ溶き卵を流し入れる。
091007_3.jpg
炒飯を盛ってあんをかけたら完成(*^_^*)
材料は何でもいいんですが、たまごを炒飯に混ぜずにこうすることで、
いつもとひと味違った炒飯が楽しめます(*^^)v

ちょっと写真のライティングをいじってみたら・・・
カメラのモニターでは気づかなかったんですが、あんまりよくない(◎-◎;)
たまごあん側から当てて光らせないとダメですね〜
また元に戻します(__;)
・・・そんなわけでまた当ブログをよろしくお願いします。

2009年10月04日

10月4日ご結婚のお二人

本日ご結婚のお二人は、新郎健さん、新婦智子さんです。
お二人は幼なじみ、幼稚園、小学校、中学校、高校の同級生です(*^_^*)
たいへんおめでとうございます\(^O^)/

*今日の画像もすべてクリック拡大方式にしました(^^)
お二人は昭和な感じの撮影も希望され、五十嵐邸でスタジオをセットして前撮りしました。
スタジオ撮影が希望のお客様にも、前撮りのみですが対応が可能です。
お二人は社会人になってから再開。
智子さんが健さんの前の職場に偶然お客様として行ったのがきっかけだとか。
再開の第一印象は、健さん『変わってね〜なぁ〜』
智子さん『イケメンのカウンター狙いだったのにおっさんが出てきた〜』だそうです(^^;
独女のみなさん、イケメン狙いはやめましょう(*^_^*)

神前式の祝詞奏上場面。
液晶モニターをムービー表示にし、床すれすれから狙いました。
プロ機はのぞけるファインダーがあればいいと思っていましたが、考えが変わりました。
ノーファインダーで正確に構図を決められるのはとても重宝します。

色打ち掛けで座っていただくとより昭和チックになりますね(^^)
庭を背景の写真は、前撮りの日が途中から雨で外で撮れなかったため、本日撮影です。
ご希望の赤い色打ち掛けと緑の庭、の一枚。

左の写真は鏡開きの後の振る舞い酒の場面。
わざとノイズをかけてレトロなイメージに加工してあります。
右はダルマの目入れ。右目はお二人の願いが叶ったときに入れますが、
お子さんが生まれたときでしょうか?(*^_^*)

ドレスのカットはバックを替えてみました。
私的には新郎が座ったカットが好きなのですが、新婦が座ったカットはドレスの形が
スゴクいいですね〜(^^)
お二人がどちらを選ぶのか・・・迷いそうですよね(*^_^*)

左、日本庭園でのケーキカット。
晴天のおかげでお二人が予定していた庭でのイベントはすべて行うことができました(^^)
右は新婦友人の余興。
新婦友人が歌を歌い終わるまでにお二人で巨大な鶴を折らなければなりません。
しかも内側の手は結ばれていてうまく使えず罰ゲームあり!盛り上がりました(^○^)

お互い気心が知れていて落ち着くというお二人、
どうぞ幸せなご家庭を築いて下さい(*^^)v

*お知らせ
私事ですが、都合により水曜日くらいまで更新、コメントバック、ブログへのご訪問が
難しい状況です。再開し次第訪問いたしますので、申し訳ありませんがご容赦下さいませ。

2009年10月03日

鶏とネギの塩鍋

今朝起きた時はけっこう肌寒く、『今日は鍋だ〜!』と思って作ったんですが、
日中は天気も良くなり、汗かきながら食べる結果となりました(^^;)
091003_1.jpg
材料(2人前)
鶏モモ肉300g 長ネギ2本 キノコ(ブナシメジ)1パック ダシ昆布適宜 水400cc
酒100cc 塩小さじ1 ゆずこしょう好きなだけ
091003_2.jpg
作り方
土鍋に水と酒を入れ、昆布に切れ目を入れて中火にかけ沸騰させる。
塩を入れ、長さ5センチ縦に切ったネギ、1センチくらいにそぎ切りした鶏肉を入れ
フタをして鶏肉に火が通るまで煮る。
ブナシメジを入れたら3分くらいで出来上がり。
091003_3.jpg
ゆずこしょうを付けていただきます(^^)
この鍋はネギがクタクタな感じがポイントなんです。
スープが余るので、後日何かに使い回しする予定(^^;)
お昼のおかずに食べましたが、お酒のツマミにするのがベストでしょう(*^_^*)

2009年10月02日

ポークジンジャー りんごとハチミツソース

めずらしく久々に料理ネタな気がします(*^_^*)
ポークジンジャーは以前にも作ったものをアップしましたが、今回新たなソースのレシピを
見つけたのでまた作ってみました。
てか、ポークジンジャーって結構よく作りますよね?
イメージ的にはロース厚切りで作ると『ポークジンジャー』で薄切りやロース以外の肉だと
『生姜焼き』な分け方をしてますが、基本的には同じものと思ってます。
明確な違いがわかる方、いらっしゃったら教えて下さい(^_^;
091002_1.jpg
材料(2人前)
ロース厚切り肉150g 2枚 塩・コショー適宜 小麦粉少々
醤油・酒・100%りんごジュース各50cc しょうが30g たまねぎ30g ニンニク1カケ
ハチミツ小さじ1 酒大さじ2 白髪ネギ適宜
091002_2.jpg
作り方
フライパンに余分な脂身を切って入れ、弱火にかけるとラードが溶け出し
サラダ油を使わなくてすみます。
ロースは筋切りし、たたいて塩コショーをしたら小麦粉を薄くつける。

ジンジャーソース
ボウルなどに醤油・酒・りんごジュースを入れ、すり下ろしたしょうが・タマネギ・
ニンニクと、ハチミツを入れて混ぜる。

弱火のフライパンへ肉を入れ、付け合わせのニンジンとジャガイモも入れて焼きはじめ、
3分ほど焼いたら中火にする。(最初弱火で焼くと肉が縮みにくいんです^^;)
焦げ目がついたら裏返して強火にし、3分ほど焼く。

余分な油をペーパタオルなどで拭き取り、酒を入れアルコール分を飛ばす。
ジンジャーソースを入れてからめて、少し煮詰めたら皿に盛る。
白髪ネギをあしらう。
091002_3.jpg
某カレーではないですが、りんごとハチミツって料理にとっては味の決め手になりますね。
黄金コンビだったりします(*^_^*)
これで野菜炒めなんてのもけっこういけちゃったりしますよ(*^^)v

2009年10月01日

いづみやさんでフォトショップ講座(?)

9月も終わりにさしかかったある日、TWINSヘルプディスク(そんなのないけど^^;)
の電話が鳴った。
電話のモニターには『いづみや旅館』と出ている。
TWINS:『ドモドモ〜、久しぶりッス〜(^^)』
女将:『フォトショップがわからないんでアゴスさんと一緒に来て下さい、大至急!』
   (↑↑↑内容を超要約するとそんな感じ)
と、ゆーわけで、アゴスさんとともにいづみや旅館さんへ、オフ会宿泊プラン付きの
簡単フォトショップ講座へと行ってきました。
091001_1.jpg
左から総合食品さいとうさん延本石油の嫁さんアゴスさんいづみや女将さん
アゴスさんのフォトショップの知識は半端ないことはみなさんもご存じと思いますが、
HP構築にかけても相当なものがあり、改めてスゴイお人だと思いました(◎-◎;)

みなさん、何を知りたいのかテーマがあるためひじょうに真剣です。
さまざまな質問・疑問にわかる範囲で答えさせていただきましたが、
あんなものでよかったでしょうか?(^^;
091001_2.jpg
あっとゆー間に3時間ほどが過ぎ終了。PCの片付けも終わらないうちに
飲み会の準備が始まり、即乾杯!マコトさん渾身の料理が運ばれてきます\(^O^)/
写真は一部ですが、
枝豆大峰かおり。この時期にこんな美味しい枝豆が食べられるとは思いもしませんでした。
 今年食べた中で一番美味しい枝豆でしたね〜(*^^)v
馬刺し。馬刺しといえば霜降り肉がよく登場しますが、本当に美味しいのは赤肉。
 相当良い肉を出していただいたようです(^^)
天然キノコ入りの煮物。うまい!真似のできない味付けです。
 どんな味付けしてるのか聞こうと思ってすっかり忘れてました(◎-◎;)
 今度教えて下さい。マコトさん、うまかったッス!ゴチになりましたm(__)m
091001_3.jpg
飲み物がまた豪華!ビール、焼酎が脇役に思えるほどのスペシャルドリンクは、
昭和63年製梅酒。いくらでも飲めそう(^^)
発泡日本酒。途中参加のなご道さんからの差し入れで、ブルーベリー風味の星うさぎが
 甘いけど美味しかったです!なご道さん、ゴチでした。
〆張鶴大吟醸冷酒。やはり遅れて駆けつけてくれたいそべの若大将さんからの差し入れ。
 超〜ウマで、あっという間になくなり『もうないの〜(T_T)』という感じでした。
 いそべさん、ゴチです!
この他、焼酎に大分産カボスを絞った生カボス焼酎ロック、
私が一番飲んだかもしれません(@_@;)

この夜、集まった全員での集合写真はセルフタイマーで撮影。
フォトショップでレタッチ、ワンパターンではありますがポラロイド風で
雰囲気を出してみました(*^_^*)
この画像のみクリックで拡大します。
話は尽きず、午前2時を過ぎたあたりで眠さが限界(_ _;)
お開きとなりました。
091001_5.jpg
翌朝、起きてウロウロしているとマコトさんがやってきて、
『朝飯、どうします?ご飯?それとも例の・・・』とおっしゃるので、
私、『例のものでお願いします(*^^)v』
そういえばいづみやさん、前にあった時より痩せた?よね?
顔が小さくなってる気が・・・(^^;)
091001_6.jpg
例のものとは以前もおじゃました時にいただいた、私的人間国宝、慎三様による
『幻の蕎麦』です(*^^)v
いづみやさんご一家以外で2度食べたことのある人は、そう多くはないでしょう(^^)
091001_7.jpg
蕎麦を食べているとおもむろに自作のコーヒーカップを2個見せて下さる慎三様。
『よかったら持っていくかね〜』と・・・
『い、いいんですか?(◎-◎;)』と言いつつ、アゴスさんとひとつずついただきました。
ほんとに何から何までありがとうございますm(_ _)m
そして更に、残念ながら来られなかった豆蔵さんからのおみやげと言うことで
特製の天日干しまでいただき、雲ひとつない秋晴れの空のもと、
さわやかな気分で帰ってきました(^^)

あらためて、いづみやさん、荒川の皆さま、ありがとうございましたm(_ _)m

最近のエントリー

  1. 10月31日ご結婚のお二人
  2. トマトのスープパスタ
  3. ブリ大根
  4. ハンバーグ ビーフシチューソース
  5. 10月25日ご結婚のお二人
  6. 10月24日ご結婚のお二人
  7. アマトリチャーナ(風)(^_^;
  8. ヒレカツカレー
  9. 鶏団子の鍋
  10. 明太うどん
  • Powered by
    movabletype_banner.gif
  • Template by drblog.gif
  • Server by moover_banner.gif