サイト内検索


2010年11月30日

ロマネスコ入り味噌マヨグラタン

101119_1.jpg
久々の昼飯ネタアップです。
冷蔵庫には使いかけの野菜も多く、そこへ来てブロ友のathukoさんが、稲庭うどんといっしょにロマネスコをおまけで付けてくれたので、野菜たっぷりのグラタン系のものを作りました。
athukoさん、このたびは色々とありがとうございました(m_m)
101119_2.jpg
ロマネスコ。その存在を知ったのは去年。
やはりathukoさんのブログでした。

ブロッコリーとカリフラワーを掛け合わせたものとのことですが、実際に見るのも食べるのも初めてです(^^;
見れば見るほど不思議な形、しちゃってますね〜(◎-◎;)
101119_3.jpg
どうしてこんな規則正しい幾何学模様の突起が出来てしまうんでしょう?
もし、自分でブロッコリーとカリフラワーを掛け合わせてこんなものが出来てきたとしたら、絶対に食べようって気にはならない気がします(^^;

これを見て伊藤潤二の『うずまき』を思い出すのは私だけでしょうか(*^_^*)
101119_4.jpg
材料【2人前】
 鶏胸肉150g ロマネスコ6房 ニンジン1/3本 カブ1/2個 タマネギ1/2個 ジャガイモ1個
 トマト小2個 ピーマン1個 パプリカ1/2個 エリンギ1本 シメジ1/2株
 チェダーチーズ20g パン粉ひとつまみ 塩・コショウ少々 オリーブオイル大さじ2

 味噌マヨソース
 味噌大さじ1 マヨネーズ大さじ1+1/2 煮きった酒大さじ1
101119_5.jpg
作り方
 1. ↑↑写真のように材料をカット(^^)
   野菜を何を使うか、切り方などご自由に。
   ジャガイモだけは火の通りが悪いのでレンジで2分加熱して使います。
101119_6.jpg
 2. ロマネスコは湯がいて色止めしておく。
   2分ゆでました。
101119_7.jpg
 3. フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、鶏肉を塩・コショウして炒める。
   ある程度肉に火が通ったら、ニンジン、カブ、タマネギを炒める。

 4. 次にシメジとエリンギ、ピーマンとパプリカを加え、
 5. トマトとジャガイモを入れてさっと火を通す。
101119_8.jpg
 6. 味噌マヨソースの材料をボウルに入れて混ぜておき
 7. 5に入れたら火を止めて全体をまぶす。

 8. 耐熱皿に7を入れ、ロマネスコ、薄く切ったチェダーチーズ、その上にパン粉を
   振りかけて1200Wのオーブントースターに入れる。
   2〜3分でチェダーチーズが溶けて焦げ目がついたら出来上がり。
101119_9.jpg
お昼なのであくまでもご飯のおかずです(*^_^*)
ワカメスープ付き。

いや〜、ガッツリ野菜食べました!!

2010年11月29日

11月27日ご結婚のお二人 in ホテルオークラ新潟 2010

27日土曜日の結婚式は、新潟市内にあるホテルオークラ新潟でした。
こちらで撮影するのは4年ぶりくらいになります。
新郎新婦様よりの直接のご依頼があり、前日金曜日には前撮りにも行ってきました。
101129_1.jpg
前日の雨もあがりスッキリ晴れ渡ったこの日、ご結婚の佳き日を迎えたのは、新潟市出身の新郎秀一(Hidekazu)さんと、東京都世田谷区出身の新婦麻美子(Mamiko)さんのお二人です。

たいへんおめでとうございます\(^O^)/
(画像はすべてクリックで拡大します。戻る時はブラウザの戻るボタンで)
101129_2.jpg
新郎の秀一さんがご勤務の(株)新潟印刷さんは、Kurucoの表紙の撮影をご依頼してくださっていたところで、15日に別の撮影打ち合わせに行った時に、初めてお会いしました。

仕事の話をする中で、私の専門がブライダルであることを話すと、秀一さんが27日にご結婚を予定されていて、スナップ撮影をまだ決めておらず、今からの依頼が可能かとおっしゃったので『大丈夫です!』とお引き受け、急遽ではありますが、撮影が決まりました(^^)
101129_3.jpg 101129_5.jpg
お二人はホテルオークラ内のチャペルにて、人前結婚式をあげられました。
ひじょうに明るく綺麗なチャペルですが、ホワイトバランスが難しかったですね〜(^^;

リングガールは麻美子さんの姪の甘夏ちゃんと杏実ちゃんです。
ちなみにかんなちゃんとあずみちゃんとお読みします(*^_^*)
101129_4.jpg 101129_6.jpg
指輪交換、誓いのキス、誓約書に署名の後、ご列席の皆さま満場の拍手で、お二人の結婚が無事成立をしました!

退場はフラワーシャワーで。
笑顔が絶えない帰りのバージンロードです(*^_^*)
101129_7.jpg
こちらはチャペルの入り口。前撮りの1枚です。
挙式後にベールを外された髪型になったので、ブログの流れも当日に合わせて写真を配置します(^^)
101129_8.jpg 101129_9.jpg
披露宴会場はホテルオークラ新潟最大のバンケット『コンチネンタル』です。
200名越えの豪華な披露宴が行われました。

ケーキカットでは入刀に合わせてシャボン玉の演出が・・・いい演出です!
乾杯のカットとあわせてバンケットの広さがおわかりいただけるでしょうか?
101129_10.jpg
秀一さんは東京で勤務されていた時、社会人サッカーをされていて、その時の先輩から麻美子さんを紹介されたそうです。

麻美子さんのかわいさに一目惚れだった秀一さん、1年3ヶ月のお付き合いを実らせて本日めでたく挙式の運びとなりました(*^_^*)
101129_11.jpg
麻美子さんは音楽に堪能、ブラスバンドでサックスを演奏していたほか、趣味というピアノも相当な腕前とのことです(^^)
101129_12.jpg
やはり時期ですのでホテルのロビーには豪華なクリスマスツリーがありました。
絵になるロケーションが多いのはカメラマンとしては嬉しい限りです(*^^)v
101129_13.jpg 101129_14.jpg
お色直しの入場は、各テーブルを回ってのルミファンタジア。
お二人の持つ液体を、テーブル中央のクリスタルに入れると蛍光色に発するというものです。
赤やブルー、緑など様々な色がありましたが、やはりメインのクリスタルはピンクですよね!
101129_15.jpg
ホテルオークラのロビーは、2階から見下ろせる場所があります。
お二人が小さくはなりますが、ツリー全体を入れて撮りました。
101129_16.jpg
そして披露宴終了後は同じところから、ご友人と会社の方々に集まってもらっての集合写真でした。
みなさんサイコーのパフォーマンスでお二人を祝福してると思ったら、お二人もむちゃくちゃ仲のいいところを見せているではありませんか〜(*^_^*)

秀一さん、麻美子さん、いつまでもそのまま仲良くお幸せに〜♪

2010年11月28日

自家製パンチェッタを作ってみた

101128_1.jpg
11月14日に、しばらくブライダルが続くとお昼ご飯も作れないだろうと思い、忙しさが終わった時の楽しみを仕込んでおきました。
それがパンチェッタ(^^)
簡単に手に入る材料で簡単にできる作り方です!

材料
 豚バラブロック600g 塩大さじ2 ドライローズマリー適量 ローリエ2〜3枚
 ブラックペッパー適量 脱水シート4〜5枚
101128_2.jpg
作り方
 1. 豚バラブロックにまんべんなく塩をすり込む。
101128_3.jpg
 2. ラップでぴっちりくるんでジップロックに入れ、一晩冷蔵庫へ入れる。
 3. 冷蔵庫から取り出すと水分が出てるのでよく拭き取る。
101128_4.jpg
 4. バットにブラックペッパーを挽き、ローズマリー、ローリエを細かくしたら、
   肉を転がすようにして全体にまぶす。

 5. 脱水シートでくるんでジップロックに入れ、冷蔵庫へ。
   以降3〜4日ごとに脱水シートを取り替えて、2〜3週間で出来上がり。
101128_5.jpg
今日で2週間目。
いい感じに仕上がってます(*^_^*)
とりあえず少し焼いて食べてみましたが、いい味と香り!
101128_6.jpg
外側はちょっと色が悪いですが、中は肉の色が透き通るような感じですね〜
まずはパスタかな〜
何を作るか、これから考えようと思います(*^^)v

2010年11月27日

11月23日ご結婚のお二人② 2010

101127_1.jpg
11月21日にナイトウェディングでご結婚のお二人は、胎内市(旧中条町)出身の新郎優(Masaru)さんと、新潟市西蒲区(旧巻町)出身の新婦由紀子(Yukiko)さんです。

たいへんおめでとうございます\(^O^)/
(画像はすべてクリックで拡大します。戻る時はブラウザの戻るボタンで)
101127_2.jpg
お二人は、好天に恵まれた11月19日に前撮りをされました。
午前中のきらめく日差しにもみじの葉も輝き、お二人の前途を明示してるかのようです(^^)
101127_3.jpg
こちらは結婚式当日のお二人。
綿帽子姿になりましたので、挙式前に本殿の入り口にて撮影です。
101127_4.jpg 101127_5.jpg
お二人は五十嵐邸本殿にて神前挙式されました。
祝詞奏上を俯瞰撮影と、誓いの言葉奏上の場面です。
101127_6.jpg
お二人は8年ほど前のご友人主催の新年会で知り合いました。
お付き合いを続けていく中で優さんは、由紀子さんの自由奔放なところにますます惹かれ、由紀子さんも、面倒見のいい優さんと将来を共にしたい考えるようになり、気持ちは結婚へと向かっていきました。
そして今年7月23日に入籍されたお二人は、この佳き日にご結婚の運びとなったのです(^^)
101127_7.jpg 101127_8.jpg
鏡開きの後は、お二人で振る舞い酒をされます。
おめでたい酒の振る舞いに列席のお客様のほとんどがいらっしゃいました!

新婦友人の余興。余興が終わってからお二人との記念撮影です。
さてこちらのみなさんはどんな余興をしたのでしょう?
この姿を見れば何をされたかおわかりですね(*^_^*)
101127_9.jpg
五十嵐邸の日本庭園も雪囲いが進み、それがまたこの時期の日本庭園らしさを見せてくれています。
紅葉と雪囲い、そして青空・・・ひじょうにいい組み合わせだと思います!
101127_10.jpg 101127_11.jpg
日本庭園からお父様と入場の由紀子さん。
先に待つ優さんは、メインテーブル前でご友人に囲まれています。
そして入場してきたお父様とガッチリ握手です(^^)
101127_12.jpg 101127_13.jpg
入場後はイベントが目白押し。
その中からキャンドルサービスのメインキャンドル点火と、ブーケプルズをピックアップしました(*^_^*)
101127_14.jpg
五十嵐邸中庭のクリスマスツリー。披露宴終了後に撮影です。
毎年このポインセチアのツリーが飾られるのですが、年々大きくなってるような気がします。
画面の右手が囲炉裏のある部屋になります。
101127_15.jpg
五十嵐邸ブライダルリポートが、こんなに連続したのはブログを初めてから初のことです!
こちらのお二人で11月の掲載予定が最後なので、ラストの写真はやはりこの圧巻のライトアップもみじを持ってきました(*^^)v

お二人は、「これから力を合わせ、家族みんなが健康で楽しい家庭を築きたい」とおっしゃってました。
どうぞいつまでも末永くお幸せに(*^_^*)

2010年11月26日

11月23日ご結婚のお二人① 2010

101126_1.jpg
11月23日にご結婚のお二人は、ともに新潟市出身の新郎健治(Kenji)さんと、新婦朋枝(Tomoe)さんです。

たいへんおめでとうございます\(^O^)/
(画像はすべてクリックで拡大します。戻る時はブラウザの戻るボタンで)
101126_2.jpg
お二人は色打ち掛けとドレスを前日の月曜日に前撮りされ、白無垢は当日撮影でした。
心配された天気も雨は上がり、昨夜の風と雨のおかげでもみじの下には紅葉の絨毯が出来上がりました(^^)

地面は濡れてますが、これはこれで、またとないいい雰囲気の写真を撮ることが出来たわけです(*^^)v
101126_3.jpg 101126_4.jpg
お二人は五十嵐邸本殿にて、神前挙式をされました。

挙式開始のシンメトリーな式場内と、お払いの場面。
五十嵐邸では神前式が一番多いので、よく当ブログにお越しいただく方は、すっかり進行がわかるのではないかと思われます(^^;
101126_5.jpg 101126_6.jpg
こちら前撮りのカット。
22日なのですが、ここでの撮影の終盤に雨が降ってきたため、健治さんには傘を差していただきました。
101126_7.jpg
お二人のカットは、お一人ずつのカットの前に撮っているので、撮影は雨の影響はほとんどなく完了することが出来ました!
ツイてる〜(*^^)v

紅葉の他、日本庭園内でも進んでる雪囲いもまた、この時期の雰囲気を盛り上げるのに一役買ってくれています。
101126_8.jpg 101126_9.jpg
乾杯を合図に披露宴がスタート。
すぐにお二人はお友達に囲まれて、しばしのフォトタイムとなります。
私はメインテーブルを撮影してる様子を撮影です(*^_^*)
101126_10.jpg
お二人は、平成16年にご友人の紹介でお付き合いがスタート。
仕事の関係で休みが合わないことが多かった中、時間がとれる時は二人の時間を大切にしてきました。
101126_14.jpg
お付き合いから4年がたった頃、健治さんが小千谷に転勤になり、お二人は新潟と小千谷でプチ遠距離恋愛になってしまいました。
しかし、毎日連絡を取り合い、お互いを行き来し、恋愛は結婚へと向かっていったのです。
そして、大安の11月3日に入籍され、本日めでたく結婚の日を迎えられました(*^_^*)
101126_11.jpg 101126_12.jpg
お色直しの入場は、かわいいフラワーガールが先導してくれました。
健治さんの姪の心和ちゃんと愛月ちゃんです(^^)
二人ともとても上手にフラワーロードを作ってくれていましたね!

ケーキカットも日本庭園で。
実はこの入場の時、ちょっと雨が当たってきたんですがすぐに止み、これまたラッキーな展開でした!!
101126_13.jpg
五十嵐邸の中庭にも、恒例のポインセチアのツリーが飾られました。
この場所は窓の外が極端に明るく、いつもは飛んでしまうんですが、曇りの日差しが幸いして外のツリーも一緒に写すことが出来ました。

スカッとしたお天気ではなかったものの、雨かと思われていたのにオール外撮影が出来たお二人に、ある意味運の良さと幸先の良さを感じました。
どうぞいつまでも末永くお幸せに(*^_^*)

2010年11月25日

11月21日ご結婚のお二人② 2010

101125_1.jpg
11月21日にナイトウェディングでご結婚のお二人は、秋葉区(旧新津市)出身の新郎圭輔(Keisuke)さんと、上越市出身の新婦悦子(Etsuko)さんです。

たいへんおめでとうございます\(^O^)/
(画像はすべてクリックで拡大します。戻る時はブラウザの戻るボタンで)
101125_2.jpg
お二人の撮影は挙式前の3時30分頃スタート。
翳っていく太陽が、お二人にも背景にも優しいイメージを与えてくれる時間帯です(^^)
1枚目の写真は新郎ぼかしの術。2枚目が新婦ぼかしの術を使っています(笑)
101125_3.jpg 101125_4.jpg
お二人は五十嵐邸本殿にて、人前挙式をされました。
悦子さんはお父様と入場、先に入場している圭輔さんとお父様、ガッチリ握手のシーンです。

誓いの言葉、指輪の交換が行われ、ご列席の皆さま全員の拍手で、お二人の結婚が成立・承認されました。
101125_5.jpg
春から秋にかけて青々としたもみじの元、撮影していたポイントです!
ついこの前、11月7日に撮影した時はまだ葉が緑色でしたね。
101125_6.jpg 101125_7.jpg
お二人は、五十嵐邸2階『大正ルーム』で披露宴をされました。
鏡開きは親子6人で。
後で写真を見たら、勢いよく酒しぶきが上がっていたのにビックリです!
これだけの勢いだと、至近距離の私もかなり浴びるんですが、まったく飛んでこなかったんですよ(*^_^*)
101125_8.jpg
お二人は共通のお友達に誘われて、何度かテニスの練習に参加するうちに仲良くなり、昨年8月12日に初めて二人で出かけ、その後お付き合いがスタート。
今年の8月12日に入籍をされ、本日めでたく皆さまへのお披露目の運びとなりました(^^)
101125_9.jpg 101125_10.jpg
お色直しで入場してからは、ご列席の皆さま一人一人へご挨拶。
皆さまとの歓談タイムを楽しまれました。
101125_11.jpg 101125_12.jpg
披露宴のクライマックス、ご両親への花束贈呈は、感動のクライマックスの場面でもあります。
新婦がご両親に宛てて読む手紙は、これまでの感謝の言葉がつづられ、会場の感動と涙を誘うのです。
101125_14.jpg 101125_13.jpg
披露宴終了後にライトアップもみじの下へ。
月も出ていたので広角でも撮影です。

リラックマは悦子さんの勝負の時の守り神というか、お守りみたいな存在らしく、名前を付けてかわいがっています。
それはもう一緒に撮るしかないですよね(*^_^*)
101125_15.jpg
最後は、先ほどまで披露宴が行われていた部屋をバックに撮影しました。

お二人は、ほのぼのとした温かい家庭を築いていきたいとのことです。
どうぞいつまでも末永くお幸せに(*^_^*)

2010年11月24日

11月21日ご結婚のお二人① 2010

101124_1.jpg
11月21日にご結婚のお二人は、村上市出身の新郎勝彦(Katsuhiko)さんと、新発田市出身の新婦理香(Rika)さんです。

たいへんおめでとうございます\(^O^)/
(画像はすべてクリックで拡大します。戻る時はブラウザの戻るボタンで)
101124_2.jpg
全国的に秋晴れとなったこの日、五十嵐邸のもみじも紅葉のピークを迎えどこで撮影してもOKという絶好のコンディションでした(*^^)v

新郎の勝彦さんは、この後、お色直しの時に制服姿の写真が出てくるのでわかるかと思いますが、警察官をされています。
特技が人の声を聞き分けられること、と言うことなんですが、これは仕事に役立っているのかもしれませんね(^^)
趣味がプロレス・・・ウェルカムボードにブッチャーと一緒に撮った写真があり、私も当時の全日が好きだと言うことでちょっと盛り上がりました(*^_^*)

新婦の理香さんは新発田高校出身と言うことで、私の後輩になりますね!
趣味は映画、ガーデニング、ヨガ、旅行、茶道と多趣味。
そして特技は似顔絵を描くことだそうです。
101124_3.jpg
お二人は五十嵐邸本殿にて、神前挙式をされました。
指輪交換のシーンは何回撮影してもキンチョーの場面です。
101124_4.jpg 101124_5.jpg
仲人を立てない最近の披露宴では、最初に司会者よりお二人のプロフィール紹介があります。
スライド上映しながらのプロフィール紹介、お二人の人柄がわかりやすかったです!

乾杯が終わると披露宴のスタート。
新婦のお友達がお祝いにメインテーブルにやってきます(^^)
101124_6.jpg 101124_7.jpg
お二人は、色打ち掛けとドレスを前撮りされました。
特に、色打ち掛けのカットは夜景の撮影を希望されていたので、日が暮れる頃に撮影が出来るように時間をセッティング。
前撮りもお天気に恵まれて撮影することが出来ました。
101124_8.jpg
上の2枚とこの1枚、撮影の順番は新郎一人→お二人→新婦一人の順に撮影しています。
時間は午後3時30分〜40分の10分間。
この時間帯の10分の明るさの変化がおわかりいただけるかと思います(^^;
101124_9.jpg
こちらは当日のメインテーブル。
理香さんの髪型は当日は洋髪でした(^^)
101124_10.jpg
再び前撮りのお二人。
このプリチーなわんこは、新婦家の愛犬Daisukeクン!
Daisukeクンを愛してやまない理香さんのお母様と、わんこの話で盛り上がってしまいました(^^;

ペットを飼われている方は、前撮りをされると、このように一緒に撮ることも可能です。
ただし、爬虫類とかはNGかもしれませんので担当プランナーにご確認くださいね(^^;
101124_11.jpg 101124_12.jpg
お色直しの入場。
新婦はお父様と腕を組んで、日本庭園より新郎の元へ。
お父様にとっては当日、このときまで知らされないサプライズなのですが、どんな思いでバージンロードを歩かれるのでしょうか?(*^_^*)
101124_13.jpg 101124_14.jpg
入場後はケーキカット、ミニ樽開き、この後各種余興やデザートタイムなどがあり、披露宴の盛り上がりはピークを迎えるわけです!
101124_15.jpg
これからはいつも笑顔で、どんな些細なことでも話し合い、そしておやつの絶えない家庭(^^)にしていきたいというお二人です!

どうぞいつまでも末永くお幸せに(*^_^*)

2010年11月22日

11月20日ご結婚のお二人 2010

101122_1.jpg
11月20日にナイトウェディングでご結婚のお二人は、ともに田上町出身の新郎直樹(Naoki)さんと、新婦博子(Hiroko)さんです。

たいへんおめでとうございます\(^O^)/

お二人は前撮りをされていて、前撮り、挙式当日ともに好天に恵まれました!
ライトアップされているもみじは、日中でもこのような、実にスバラシイロケーションになっています。
(画像はすべてクリックで拡大します。戻る時はブラウザの戻るボタンで)
101122_2.jpg
101122_3.jpg
新郎の直樹さんは、(株)ユアテックにお勤め、新婦博子さんは(株)五十嵐樹脂工業所にご勤務されています。
101122_5.jpg 101122_4.jpg
お二人は五十嵐邸メインダイニングにて、人前挙式をされました。

人前結婚式とは、ご列席の皆さま一人一人を立会人として行われる挙式で、皆様の拍手をもって結婚が成立する、とても温かい感じの結婚式です(^^)
式次第に決まった形はなく、誓いの言葉や指輪交換を行うのが一般的ですが、三三九度を行われる方もいらっしゃいます。
101122_6.jpg
五十嵐邸の玄関脇のもみじもいい具合に色づいてきて、撮影ポイントが増えました(^^)
この場所は玄関を入ってすぐ右側にある小さな庭になっていて、館内の撮影ポイントにしている、囲炉裏のあるお部屋に面しているところです。
101122_7.jpg
お二人は、直樹さんの仕事先のお知り合いで披露宴にも出席されていた武石様のご紹介で知り合われました。
2年ほど前におつきあいが始まり、休日はお二人でよくドライブに行かれ愛を育んでこられたそうです(*^_^*)

昨年の夏に直樹さんからプロポーズ、今年7月に入籍をされ、今日皆さまへのお披露目の運びとなりました。
101122_8.jpg 101122_9.jpg
博子さんのマリアベールは、前撮りの時に付けられました。

前撮りではベールの有り、なし、もしくはこのようにベールの変更、またはヘアチェンジなど、2つのパターンで撮影することも可能です!
101122_10.jpg 101122_11.jpg
101122_12.jpg 101122_13.jpg
お色直しで入場してからは、イベントや余興が盛りだくさん!
夜景の日本庭園からの入場、ケーキカット、そして皆さまのテーブルへ地ビールのサービス、
チャイルドブーケ・・・ゲスト出来ている子供達からのお花のプレゼント・・・と続きます。
101122_14.jpg
披露宴終了後には、やはり夜景のもみじをバックに撮影。
夜は寒さも増してきましたが、ちょっと我慢していただいての撮影!
きっと我慢した甲斐がある1枚になっていると思います(*^^)v

直樹さん、博子さん、どうぞ末永くお幸せに(*^_^*)
________________________________________________________________

お知らせ。
明日23日は、昼夜ブライダルのためブログの更新をお休みさせていただきます。
皆さまへの訪問も出来ないと思いますが、コメントをいただいた方には遅くなっても必ずご返信しますのでよろしくお願いします。

2010年11月20日

11月19日ご結婚のお二人 2010

101120_1.jpg 101120_2.jpg
11月19日にナイトウェディングでご結婚のお二人は、村上市(旧岩船町)出身の新郎猛司(Takeshi)さんと、阿賀野市(旧水原町)出身の新婦愛(Ai)さんです。

たいへんおめでとうございます\(^O^)/

五十嵐邸のもみじは、場所によってかなり紅葉してきました。
今の見頃はこちら、駐車場から五十嵐邸へ向かう途中、川のほとりに咲いているもみじが日に日に赤さを増してきています!
(画像はすべてクリックで拡大します。戻る時はブラウザの戻るボタンで)
101120_3.jpg
新郎の猛司さんは公務員をされていて、リクエストなしでこのポーズをしてくれることでもわかる通り、たいへん楽しいお方(^^)
メイクルームからはヘアメイクスタッフの笑い声が絶えない一日でした(^^;

新婦愛さんは販売の仕事をされていて、現在はビッグスワン〜新潟ふるさと村にご勤務されています。
猛司さんのギャグをスルーするテクニックもお持ちのようでした(*^_^*)
101120_4.jpg 101120_5.jpg
お二人は、五十嵐邸本殿にて神前挙式されました。
祝詞奏上の場面はいろんな角度から撮っています。
祝詞にはお二人の出身地の特徴などが盛り込まれたりして、けっこう感動される方もいらっしゃいます。

右は玉串奉奠、玉串に願いを込めている場面です。
101120_6.jpg
1枚目のもみじの場所と五十嵐邸の玄関の間にある小さなもみじ。
これが一番赤く染まっていたので、その脇を歩くお二人を撮影しました。
101120_7.jpg
夜の雰囲気のバーカウンター。
この時期のナイトウェディングは、お色直しの時はすでに外は真っ暗です。
撮影の難易度は高まっていきますが、経験とウデで乗り切ります(*^_^*)
101120_8.jpg 101120_9.jpg
ライトアップされた夜の日本庭園からのご入場。
お開き口から入場されると思っているゲストの方々が、一斉に歓声を上げる瞬間です!

声をかけると、自然に顔がほころんでいるままカメラ目線になりますね(^^)
101120_10.jpg 101120_11.jpg
ケーキカットの場面はだいたい1/30秒くらいで撮っているので、たまにゲストの方のフラッシュとシンクロします。
そうなると、ホワイトバランスの関係で被写体であるお二人はちょっと青っぽくなるのですが、雰囲気がいい写真であればアルバムに使うこともあります(^^;

ケーキカットの後のファーストバイト。
その由来は。。。長くなるので興味のある方はググってください(^^;
101120_12.jpg 101120_13.jpg
披露宴終了後、1枚目の撮影場所。
ライトアップは今年からの試みです。
数日前の新潟日報に、県内の紅葉スポットとしてこちらのライトアップが載ったそうです。

右の写真は、美容スタッフのSa-Due Yukiちゃん(左)と五十嵐邸プランナーKazumiさん。
猛司さん、あるお方のライブの影響でこのポーズが好きなんだそうです(*^_^*)
101120_14.jpg
ラッキーなことに週末は好天に恵まれています。
おかげでこのような圧巻のライトアップもみじも撮影できました!
お二人にとってもお天気なのは何よりのことだったと思います。

どうぞいつまでも仲良くお幸せに、幸せな家庭を築いてください(*^_^*)
________________________________________________________________

お知らせ。
昨日同様、明日21日と23日火曜日は、昼夜ブライダルのためブログの更新をお休みさせていただきます。
皆さまへの訪問も出来ないと思いますが、コメントをいただいた方には遅くなっても必ずご返信しますのでよろしくお願いします。

2010年11月18日

MoRuMe(モルメ)

ティンカーベルさんのところで開発をやっていたので知ってる方も多いと思いますが、日テレのスッキリ!!とイオンの共同企画で『もっちりラスク』を作るというのをやっていました。

先週、MoRuMe(モルメ)と言う名前も決まって、その時もちらっと出たんですが、私が撮影した写真がTVとイオンのサイト両方で使われました(*^^)v
後ほどページのリンクがあるので、興味のある方はクリックして飛んでみてください。

今日は最後の放送がありベッキーを初めとした芸能人の方々が絶賛していましたね(^^)
みなさん、ご覧になりましたでしょうか(^^)

(画像はクリックで拡大します)
101118_1.jpg
どういう使われ方をされるか分からなかったので
縦バージョンと横バージョンを撮りました(^^)
101118_2.jpg
断面写真も撮ったんですが、こちらは使われず、
私のブログネタ用ですね(*^_^*)
101118_3.jpg
いちご味のモルメ。
モチモチとした食感は、新感覚のスイーツ!
ティンカーベルさん、やりました\(^O^)/
101118_4.jpg
この画像が、実際イオンの申し込みサイトの写真になりました。
冬ギフトと言うことだったので暖色系の背景です。

しかし、TVパワーってスゴイですね!
4000個限定で今日発売開始なのに、もう完売になってるし(◎-◎;)
追加生産はあるんでしょうか?
きっとありますよね、ティンカーベルさん(*^_^*)

******************************

日テレスッキリ!!の掲載ページ
http://www.ntv.co.jp/sukkiri/contents/products/2010/1118/products.html

MoRuMe(モルメ)の掲載ページ>イオン
http://www.aeonshop.com/morume/index.html

ティンカーベル
パンとラスク スイーツ 長野県 安曇野 通販
http://www.tincarbell.com/

ティンカーベルラスク専門ページ
ラスク&Rusk&らすく
http://www.rusk.biz/

ティンカーベルさんのブログ
パンが好き
http://www.tincarbell.com/blog/

******************************

「売れる」ホームページの商品写真撮影と作成|TWINS WEB PHOTO
http://t-webphoto.com/

******************************

2010年11月17日

とんかつ定食

101117_1.jpg
今日のお昼は、特にひねりもなく、フツーにとんかつ定食です(^^)
101117_0.jpg
なぜって?
あまり見かけないくらいの大きさ(厚さ)の豚ロースが、半額で売っていたので買っておいてあったとゆーワケです(^^;

前回の牛スネ肉のカレーの肉と、同じ日に買ってきたものです。
1枚200g 大物でしょ!
さすがに1人で200gはヘビーなので、1枚揚げて2人で食べることにしました(*^_^*)
101117_2.jpg
材料【2人前】
 豚ロース1枚(200g) 塩・コショウ少々 小麦粉小さじ1 溶き卵1/2個分 パン粉大さじ2

 付け合わせ
 キャベツ ニンジン 紫タマネギ トマト レモン 練りからし
101117_3.jpg
作り方
 1. 肉をよくたたいて筋切りする。
   キャベツ、ニンジン、紫タマネギは千切りにして混ぜておく。
101117_4.jpg
 2. 小麦粉、タマゴ、パン粉の順に衣をつける。
 3. 160度くらいの低温の油でじっくりと揚げる(10分くらい)。
   肉が揚がったら、皿に千切りやトマト、レモンをのせ、カットした肉を盛る。
101117_5.jpg
練りからしも忘れずに!
一番左はゴマ用のミルです。ホームセンター等で売ってます。
ブログですりゴマが登場する時は、これで擂ってるとゆーワケです!
101117_6.jpg
すりゴマ、とんかつソース、練りからしで食べるのが好きですね〜(*^_^*)
量的に200gはかなり多いです。これで2人前は正解でした。
(私も伯爵様同様、プチダイエットに励んでおります^^;)

もう1枚残ったロースは、そのうちポークソテーにする予定です(^^)

2010年11月16日

オイルサーディンと桃ラーのパスタ

101116_1.jpg
オイルサーディンをもらったので、何に使おうか考えてみたら、
パスタ以外思いつきませんでした。

バーボンのつまみにオイルサーディン&オニオンスライスが好きだった
若い頃の印象が強すぎるようです(*^_^*)
101116_2.jpg
缶を空けた時のビジュアルが美しいですよね!
だいたいオリーブオイルで漬けられてることが多いので、捨てないで使っちゃいましょう。
この油は綿実油なのですが、やはり使うことにします。
101116_3.jpg
材料【2人前】
 パスタ160g オイルサーディン1缶 海苔全形の1/2枚(刻む) 塩・コショウ少々
 パスタのゆで汁お玉1 醤油大さじ1 桃ラーお好きなだけ

 *あまりに素材写真が寂しいので、付け合わせのパンを一緒に写したら、
  パンがメインのようになりました(*^_^*)
101116_4.jpg
作り方
 1. パスタをゆで始める。パスタは標準ゆで時間の2分前でちょうどアルデンテになります。
   フライパンにオイルサーディンと、大さじ2くらいのオイルを入れて火にかけ、
   軽く塩・コショウして温める。

 2. パスタがゆで上がる直前にパスタのゆで汁を入れて強火にし、乳化させる。
   パスタを入れて醤油をまわしがけし、よく混ざれば出来上がり。
   オイルサーディンは多少崩れてもOK。
   刻んだ海苔を振りかけて皿に盛る。
101116_5.jpg
バターロールと比べると、パスタ1人前80gはちょっと少なめかな?と思いますね(^^;
ここに、桃ラーを後のせでかけて食べるわけです!
101116_6.jpg
桃ラーをかけたら混ぜて食べます。
たっぷりかけてもそんなに辛くないのがいいですよね。

予想以上のうまさに、ちょっとビックリしました!
ご飯にもいいですが、こういった和風味のパスタには、もっとよく合うと思います(*^^)v

2010年11月15日

レンコンのはさみ焼き

101115_1.jpg
歯ごたえのいい野菜、たとえばキュウリとかニンジンとかセロリなんかは大好きなんですが、レンコンやゆり根は歯ごたえが良すぎるのか、ちょっと苦手としていました(^^;

と言っても嫌いなわけでもなく、進んでは食べない、つまり、自分で調理することはないかな〜的カテゴリーに属する野菜として私的分類がなされていた野菜なのです(^^;)

そんなレンコンですが、Kayo-Pが持ってきたので初めて調理することにしました!
ESSE12月号192ページの「レンコンのみそつくね焼き」を参照しました(^^)
101115_2.jpg
材料【6個分 2人前】
 レンコン150g 片栗粉適量 
 A[鶏挽肉180g ネギみじん切り1/2本 生姜すり下ろし1カケ タマゴ1/2個 みそ大さじ1
   酒大さじ1/2 片栗粉小さじ1/2]
 サラダ油大さじ1 青のり適宜 カラシ 醤油
 
 付け合わせ野菜
 トマト小4個 エリンギ1本 カブ1/2個 ニンジン1/3本 塩・コショウ少々
101115_3.jpg
作り方
 1. レンコンは5ミリ厚に切って酢水に5分ほどさらしておく。12枚に切り分ける。
   切った順番を崩さない方が、後でピッタリ合わせることが出来ます。

 2. 付け合わせの野菜はこんな感じ↑↑にカット。
101115_4.jpg
 3. Aの材料をすべてボウルに入れ、手でよく混ぜる。

 4. 粘りが出るまで混ぜたら、6等分にする。
101115_5.jpg
 5. 1のレンコンは水分をよく拭き取って、片側に片栗粉を薄く付ける。
   片栗粉の付いた面で4のタネを挟む。
   さらに全体に片栗粉をまぶす。

 6. フライパンにサラダ油を入れて中火にし、5を入れて焼く。火は中弱火。
   付け合わせの野菜も塩・コショウして、フライパンの空いてるスペースで一緒に焼く。
   両面に焦げ目が付くくらい焼いたら皿に盛る。
101115_6.jpg
練りからしを作り、からし醤油で食べするのがオススメ!
シャキシャキというか、サックサクですね、レンコン(*^_^*)
101115_7.jpg
トマトは以前に紹介したことのあるフリョウノウミンさんトマトが手に入ったので、コレはそのまま何も付けずにいただきます(^^)
101115_8.jpg
ブログをやってなかったら、レンコンを自分で調理するなんて、なかったかもしれません(^^;)

2010年11月14日

牛スネ肉のカレー

101114_1.jpg
ちょっと離れたところにあるスパーなのですが、何らかの肉を常に半額で売ってるところがあって、この日は国産和牛のスネ肉が安かったので買ってきておきました。

シチュー用と断言されていますが、カレーで使って何が悪い!と、一応心の中でちっちゃく突っ込んで作り始めました(*^_^*)
今日は、市販のカレールウで作るスペシャルレシピです。
101114_2.jpg
材料【4〜5皿分】
 牛スネ肉280g ジャガイモ2個 タマネギ1個 ニンジン1/2本 トマト中1個
 ニンニク1カケ 赤ワイン150cc お好みのカレールウ2片 カレー粉大さじ1 水500cc
 塩・コショウ少々 サラダ油大さじ1

 *カレールウはS&Bとハウスみたいに2種類使うとおいしさに深みが出ます。
  買い置きを切らしていたため、カレー粉を使いました。
  ちなみに私的好みは、S&Bゴールデンカレー辛口とハウスジャワカレー辛口の
  ハーフ&ハーフです(^^)
101114_3.jpg
作り方
 1. 圧力鍋にサラダ油を入れて弱火にし、クラッシャーで潰したニンニクを炒める。
   香りがしてきたら、大きめにカットした牛スネ肉を塩・コショウしながら炒める。

 2. 肉に焼き壁がついたら赤ワインを入れて煮飛ばす。

 3. 水を加えてすり下ろしたタマネギとニンジン、トマト、粒のままのブラックペッパー
   を入れてフタをして、圧がかかったら10分煮込む。
101114_4.jpg
 4. ジャガイモは8等分にして面取りをする。
   3で煮込んだ鍋を強制減圧してフタを開け、ジャガイモを入れて再びフタをし、  
   圧がかかったら5分煮込む。

 5. カレールウは溶けやすいようにあらかじめ細かくしておく。
   4を強制減圧してルウを溶かしよく混ぜたら出来上がり。
101114_5.jpg
存在を確認できる具は、肉とジャガイモのみです。
ルウは柔らかめ、と言うか、シャビシャビな感じ、これが好きなんです(*^_^*)
101114_6.jpg
パスタで余っていたカブはスープにしました。
コンソメスープで炊き込んだだけなんですが、シンプルにうまいッス(*^^)v
101114_7.jpg
肉は超柔らかめ、ジャガイモもホクホクです。
2日目のカレーはうまいと言いますが、圧力鍋使用だと初日からうまいカレーになります!

2010年11月13日

11月13日ご結婚のお二人 2010 in Niigata Grand Hotel

101113_1.jpg
本日の結婚式は、新潟市内にある新潟グランドホテルに行ってきました。
3年ほど前までよく撮っていた式場なのですが、久々にお声がかかりました(^^)

5年ほど前に、本日ご結婚の新郎さんのお姉様を私が撮影させていただきました。
その写真をいたく気に入っていただいていたご両親からの直々のご指名があり、ありがたく撮影に行かせていただいたという次第なのです!
101113_2.jpg
さて、本日ご結婚のお二人は五泉市(旧村松町)出身の新郎芳郎(Yoshiro)さんと、福岡県で生まれて、柏崎市(旧西山町)で育った新婦知子(Tomoko)さんです。

たいへんおめでとうございます\(^O^)/
(画像はすべてクリックで拡大します。戻る時はブラウザの戻るボタンで)
101113_3.jpg 101113_4.jpg
101113_5.jpg 101113_6.jpg
お二人はグランドホテル内のメイプルチャペルにて、チャペル結婚式をあげられました。
光の演出がスバラシイ会場でした!
明るさが細かく変わるため撮影難易度はA級でしたけどね(^^;
101113_7.jpg 101113_8.jpg
グランドホテルの一番広いバンケット『悠久の間』
180名のご参列の皆さまにおいでいただきました。
101113_9.jpg
101113_10.jpg
新郎の芳郎さんは、お父様が経営されている阿部印刷(株)にご勤務。
趣味は野球と御輿を担ぐことで、大の祭り好きオトコだそうです(^^)

新婦の知子さんはワタナベグループ(株)にお勤めでしたが、結婚を機にこの11月で勤め上げられました。
趣味は雑貨・インテリアを見ることと映画鑑賞です。
101113_11.jpg
お二人のポーズ写真は、昨日前撮りをされています。
ホテルの館内の、ロケーションのいい場所でたくさんの写真を撮りました。
こちらの場所は披露宴会場の入り口あたり。
窓の外は信濃川が流れ、お二人の間にかすんでいるのは萬代橋というロケーションです!
101113_12.jpg
メインテーブルはお二人と記念撮影をされたいご友人でにぎわいます。

お二人の出会いは、芳郎さんが営業でワタナベグループ(株)の知子さんがいる部署に出入りしていたことがきっかけです。
最初はお互いあいさつ程度で、特別な印象もなかったそうですが、仕事の打ち合わせや業務の会話をしていくうちにお互いに惹かれるようになっていき、自然とおつきあいに発展していきました(*^_^*)
101113_13.jpg 101113_14.jpg
次のお色直しへの退場は、お二人ともそれぞれのお母様と。
芳郎さん、何年かぶりにお母様と手をつなぎ、お二人とも照れまくりですね(^^)
101113_15.jpg
色ドレスの撮影は挙式会場である、メイプルチャペルに通ずる廊下がロケーションです。
先ほどの和装の撮影ポイントの1フロアー上の階で、窓が広く明るくキレイで奥行きのある場所です。
101113_16.jpg 101113_17.jpg
キャンドルリレーの様子。
すべてのお客様のキャンドルに点火後、一斉に吹き消します。
それと同時に卓上の花火が点火されるというサプライズ演出でした(*^^)v
101113_18.jpg
披露宴終了後に、ご友人のみなさんに集まっていただき集合写真を撮りました。
ホテルでは、写場で親族の皆さまとの集合写真を撮るので、スナップ担当の私は、ご友人との集合写真を撮らせていただくというわけです。

お互いの価値観が共通であると感じたお二人、本日ここにご結婚の佳き日を迎えられました。
芳郎さん、知子さん、どうぞいつまでも末永くお幸せに(*^_^*)

2010年11月12日

みそ坦々鍋

101112_1.jpg
オレンジページの11月号に出ていました。
ゴマ味噌味が大好きで、挽肉と豆腐以外の具は揃っていたので、さっそくその二つを買ってきてチャレンジしました。
味付けは、そのままだと濃いように思えたので分量等もじゃっかんアレンジしています(^^;
101112_2.jpg
材料【2人前】
 豚挽肉150g チンゲンサイ1株 ゴボウ1/2本 木綿豆腐1丁 長ネギ1/2本 ニラ1束
 ニンニク・生姜各1カケ 豆板醤小さじ1 すりごま大さじ4 味噌大さじ1 酒大さじ1
 めんつゆ50cc 水150cc 酢小さじ2 ラー油適宜 中華麺2玉 ごま油大さじ1
101112_3.jpg
作り方
 1. 土鍋にごま油とみじん切りの生姜、クラッシャーで潰したニンニク、豆板醤を入れて
   弱火にかけて、油が赤くなり香りが立つまで炒める。

 2. 挽肉を入れて中火にして、火が通るまで炒める。
101112_4.jpg
 3. 肉に火が通ったら味噌と酒を入れて、十分に絡むように炒める。

 4. 水とめんつゆを入れて、煮立ってきたら弱火にして5分ほど煮込む。
101112_5.jpg
 5. ネギ、すりごま、酢を入れて再び煮立たせる。
   アクが出てくるようなら取り除く。

   ラー油を入れて混ぜ、豆腐、ささがきにしたゴボウ、チンゲンサイ、ニラを入れ、
   火が通ったものから食べる。
101112_6.jpg
熱くて辛い、Wホットな鍋は冬のNo.1メニューになれる実力もあると思いました!
これにビール、最高でしょうね!いや、熱燗でトリプルホットもいいな〜(*^_^*)
101112_8.jpg
お昼ご飯ではそんなわけにもいかないわけですが、味噌坦々鍋ときたらアフターはもうお約束のコレですよね!

担々麺\(^O^)/

今回は乾麺の中華麺を使いました。
101112_7.jpg
鍋が煮詰まってスープの味が濃くなっているようなら、適宜水を足します。
昼は鍋よりも、どちらかというと担々麺が本命だったりします(^^)

*コメントを下さる皆さまへ。
昨日よりなぜか接続が悪い状態が続いています。
コメントを入れて投稿ボタンを押すと、しばらく繋がらず、その後ページを開けませんと言う表示が出ます。

しかし、何度か試してみたところ、その表示が出ても投稿は完了しているようなので戻って再投稿をして頂かなくても大丈夫なようです。

コメントがダブっていた場合などは気づき次第削除いたします。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

2010年11月11日

カブと塩豚のペペロンチーノ

101111_1.jpg
しばらくパスタを食べていないような気がしていて、食べたくなったパスタがペペロンチーノでした(^^)
塩豚は豚バラ肉を買ってきて、塩をすり込んで一晩冷蔵庫に置いたものです。
塩によって肉の水分が出るため、お手軽に、濃厚な味のおいしい肉ができます(*^^)v
カルボナーラを作ったりしてもOKッス!
101111_2.jpg
材料【2人前】
 パスタ160g 塩豚120g カブ1個 エリンギ1本 赤ピーマン1個 ニンニク1カケ
 赤唐辛子輪切り適量 塩・コショウ少々 オリーブオイル大さじ2 パスタのゆで汁お玉1
101111_3.jpg
作り方
 カブは4等分にしたものをさらに3等分の櫛形に切る。
 カブ菜は湯がいておいて盛りつけた時の彩りと、スープに使う。

 エリンギと赤ピーマンは共に細切りにする。
 パスタはゆで時間6分の1.4ミリにしたので行程2の時にゆで始める。

 1. フライパンに細切りにした塩豚を入れて中火にかけ、脂が出てきたら弱火にして、
   カリカリになるまで炒めたらいったん取り出しておく。

 2. 肉の脂は捨てて、オリーブオイルを入れ、スライスしたニンニクと赤唐辛子を
   香りが出るまで弱火で炒める。
101111_8.jpg
 3. カブを並べて中火にし、両面焦げ目が付くくらい焼く。
101111_4.jpg
 4. 1の塩豚、エリンギ、赤ピーマンを入れて塩・コショウしながら炒める。

 5. パスタのゆで汁を加え、乳化させつつ塩を加減して味を決める。
   (塩豚の塩分とパスタのゆで汁の塩分があるのでほとんどそれで味が決まります)
   標準ゆで時間の1分前にパスタをあげ、湯切りしてフライパンに投入し、
   よく混ざったら皿に盛る。
   ブラックペッパーと刻んだカブ菜を振って完成!
101111_5.jpg
カブを薄く切ったのは食べやすさと火の通りを考えました。
まっすぐに湯気が立ってる感じ、OKです(*^_^*)
101111_6.jpg
ジャガイモとカブ菜のコンソメ。
こういうシンプルなスープもおいしかったりします(*^^)v
101111_7.jpg
パスタ1人前80gは、ちょっと物足りなかったりもするんですが、あればあるだけ食べてしまうのでいつもこの量に抑えています。

目分量だといつの間にかついつい増えてしまうといけないので、
きっちり秤で量ってるんですよ(*^_^*)

2010年11月10日

直火炊きご飯鍋

101110_1.jpg
直火で炊けるという1合炊きのご飯鍋(釜)が売っていたのでとりあえずゲットしてみました。
『とりあえず』というのは、コレ、お値段がなんと598円(@_@;)
10月アタマにタバコをやめた私にとっては、値上がり前のタバコ2箱分もしないとあって、ホントの意味での『とりあえず』なのでした(^^)

まぁ、お値段からして中国製なのですが、三重県のイシガキ産業という会社が企画制作し、中国で委託生産したものらしいので、不安もなく購入しました!
101110_2.jpg
炊き方はフツーに研いだ米を水に30分ほど浸したら、米1合に対して180ccに水を入れて炊きます。
吹き上がるまで中火(約5分)で、その後弱火にして約5分で炊きあがり。10分蒸らせとあります。
101110_3.jpg
説明書通りに炊いて蒸らしているところ。
電子レンジでも炊けるらしいのですが、試す気はありません(^^;
101110_4.jpg
ツヤッツヤに炊けました!!
炊いてる時間が短すぎないかちょっと不安だったのですが、おいしそうに炊けてるではないですか〜(*^^)v
101110_5.jpg
うっすらとお焦げも付いてバッチリです!
実はコレ、昨日炊いたご飯で、撮影も昨日でした。
エントリーが長くなりすぎるので今日に分けただけ、つまりコレのおかずはミル白菜とゆーワケです(^^)

ご飯はしばらくこの鍋で炊くことにします。おいしいから(ё_ё)

今日も別の買い物があって、この鍋を買ったホームセンターに行ったんですが、土曜日に山積みになっていたこの鍋が、1つも残っていませんでした!
『とりあえず』買いをした人が多かったようです(#^.^#)

2010年11月09日

ミル白菜鍋

101109_1.jpg
一時期、野菜の値段とは思えないほどの金額になっていた白菜も、フツーの値段に落ち着いてきたと思ったら、ちょっと買いすぎて食べきれない状況が。。。

先月末にカニ鍋をやって以来の白菜が半玉、ボチボチ食べないと悪くなってしまうし、一気に片付けるには鍋しかないとゆーワケで、確か去年も作ったミル白菜鍋にしました(^^)

最近買った土鍋・・・トマト鍋という商品名で売っていましたが・・・デビューです!
ちょっと底の浅い土鍋が欲しかったんですよ(#^.^#)
101109_2.jpg
材料【2人前】
 白菜1/2個 豚バラ肉150g 長ネギ10センチ コショウ適量

 スープ
 水500cc ウェイパー・鶏ガラスープ・各小さじ1 塩小さじ1/2

 *手持ちのバラ肉がブロックだったのでそれを切って使いましたが、
  最初からスライス肉の方が作るのは楽です。
101109_3.jpg
作り方
 1. 長ネギは細く切って水にさらし、白髪ネギを作っておく。

   白菜の葉を剥いて洗ったら、大きな葉は土鍋の高さに切りそろえる。
   外側から円周状に葉を並べていく。

   外側には大きな葉、中心部分には柔らかい葉を残しておくとキレイに並べられます。
   中心まで並べたら間に豚バラスライスを挟み込んでいき、ブラックペッパーを
   たっぷりと挽く。

 2. 別の鍋に水を入れて沸かし、ウェイパー、鶏ガラスープ、塩を溶かす。
   スープを1の鍋に注ぎ、フタをして火にかける。
   沸いてくればいつでも食べ始めてOK!
   白髪ネギを散らして柔らかくなってるところから食べ始めましょう!
101109_4.jpg
白菜と豚肉の旨味が出てるスープがまたうまいんですよ〜
最初は白菜→ご飯、豚肉→ご飯と交互に食べていたんですが、途中からは鍋のスープをご飯にかけ〜の、プチ雑炊状態でおいしくいただきました(*^^)v

写真の奥に見えるのは、土鍋と一緒に買った1合炊きのご飯釜です。
ガスで炊けるのでどんなものかと思って買ったんですが、つやつやに炊けてお焦げ付き、ちょっと優れものかもしれません!
明日のエントリーで詳しく取り上げたいと思います>たぶん(^^)

2010年11月08日

11月7日ご結婚のお二人 2010

101108_1.jpg
11月7日にご結婚のお二人は、新潟市北区(旧豊栄市)出身の新郎裕(Yutaka)さんと、五泉市出身の新婦幸代(Sachiyo)さんです。

たいへんおめでとうございます\(^O^)/

五十嵐邸の日本庭園も、少し木々が色づいてきました。といってもほんの少し。
これは、昨日の85ミリでボカすことによっていっそう紅葉に見せています(^^;
(画像はすべてクリックで拡大します。戻る時はブラウザの戻るボタンで)
101108_2.jpg 101108_3.jpg
お二人は、五十嵐邸本殿にて神前挙式されました。
祝詞奏上の場面を全体が見渡せるように撮影しました。
画面左が新郎家、右が新婦家で、上座の方からお父様お母様、ご兄弟、祖父母・・・の順に着席していきます。

右の写真は神前式がはじまる直前、着席したばかりのちょっと緊張感の漂うお二人(^^)
101108_4.jpg 101108_5.jpg
お二人とは、ブライダルフェアの時にお会いしていました。
今年1月末のフェアで、日本庭園にはまだ雪がありましたね〜

その時とほぼ同じ場所、同じポーズ、衣装をあえて和装、白無垢の時に撮ってみました。
フェアの時から満面の笑顔を、そしてこの日はもっと幸せそうな笑顔を、ありがとうございました(*^_^*)
101108_6.jpg
お二人は、色打ち掛けとこのあと出てくるウェディングドレスを、前日に前撮りされました。

こちらはお二人で自由に歩いてもらっているカットなんですが、何かを見つけたのか、お二人の視線が揃い、運ぶ足のタイミングも同じという絶妙な1枚となりました!
101108_7.jpg 101108_8.jpg
裕さんは消防士をされていて、しかも選りすぐりの隊員だけが入隊を認められるRESCUEに所属されていて、日夜、人命を救う重要な仕事をされています。

前撮りの時に、線は細そうなのにガッシリした肩幅と、隠しようのない胸板の厚さは、何か格闘技でもやってる方かと思ったほどでした。
日頃ハードなトレーニングに打ち込んでられるのでしょう、納得でした(^^)
101108_9.jpg
ローアングルで構えて、カメラをのぞき込んでもらおうと思ったら、先に新郎さんだけが来ちゃったのでコレもありかな〜と(*^_^*)

幸代さんは新潟市内の保育園に、保育士として勤務されています。
前撮りでは、お二人で笑顔をそろえるタイミングを幸代さんが出してくれたりして助かりました!
幸代さんの明るい笑顔は、きっと園児達から人気なのだろうと思いました(^^)
101108_10.jpg
こちらは前撮りのメイクシーンを私が撮影したあとの図。
前撮りされるお二人は、ご自分のデジカメを持ってくる方も多く、新郎さんが撮影したり、美容スタッフの方が撮影してくれたりしています。
101108_11.jpg 101108_12.jpg
101108_13.jpg 101108_14.jpg
好天に恵まれた1日でした。
お父様との入場の時が一番の青空という時間帯でした。

入場後、ケーキカット→キャンドルサービス→各種余興→デザートビュッフェと、内容盛りだくさんの後半で、ゲストの皆さまも盛り上がりを見せます!

デザートをサーブするお二人の隣に、猪木らしき方がいますが、余興をしてくれた裕さんの先輩です。
完全に猪木に成り切ってました(*^_^*)
101108_15.jpg
白ドレスのカットで、五十嵐邸の夜景をバックに撮りたいというご希望があり、前撮りを夕暮れにかかる時間帯に設定していました。

カメラとレンズの性能のおかげでこの1枚が成り立っていることは、昨日のエントリーをごらんになった方はおわかりですね(^^;

裕さん、幸代さん、どうぞいつまでも仲良くお幸せに〜(*^_^*)

2010年11月07日

85ミリF1.2と言うレンズ

101107_1.jpg
ブライダルでも愛用していますが、スペシャルなレンズです。
このレンズならではの独特のボケ味は、他のレンズでは絶対に出せない領域があると思います!

ピントがカリッカリにシビアになるので、使いこなすウデも問われますが、道具によって表現の仕方が変わってしまう・・・
つまり、いくらウデを持っていても表現できない限界というものも、同時に痛感させられるのです(^^;)
101107_2.jpg
実は、ちょっとの間修理に出していて、直ってきたためテスト撮影にわんこ達を撮りました。
横写真↑↓だけクリックで拡大します。
101107_3.jpg
撮影は夜。蛍光灯照明のみ。
RAWで現像の際、明るさと発色は微調整して最適にしてあります(*^^)v
101107_4.jpg
撮影データは
ISO500~1250
シャッター1/125〜1/250秒
絞りF1.2

ISOとシャッターはその場所の明るさによる違いだけです。
85ミリでも、アップで撮る場合などは、シャッターが遅いと手ブレすることがあります。
1/125秒以上は確保したいところです(^^;)
101107_5.jpg
どの写真も1点にしかピントが合っていないのがわかりますでしょうか?
スペシャルなレンズである分、もともとのお値段もスペシャルなわけですが、
今回の修理も、フツーのレンズが2、3本買えそうなビックリ料金でした(泣)

2010年11月06日

サンマ定食

2日続けて定食となりました(^^;
とゆーのは、昨日の豚汁が残っていてさらに味がしみておいしくなっているし、午後からは前撮りもあるし、簡単にお昼をすまそうと言うことになったからなのです(^^)

サンマもすごく上等なものではなく、国産ですが冷凍物です。
鬼おろしでおろしたたっぷりの大根おろしと、スダチなどの柑橘系と醤油、この3っつは外したくないところですね(*^_^*)
101106_1.jpg
材料【2人前】
 サンマ2尾 スダチ1〜2個 大根10センチ 塩適量 
101106_2.jpg
作り方
 サンマに塩を振ってグリルで焼きます。以上(^^;

 サンマは半分にカットして焼きます。
 丸ごと1匹でも何とかグリルに入るんですが、2匹同時には入らないので切りました!
101106_3.jpg
豚汁で余っていたゴボウできんぴらも作り、白菜の浅漬けも昨日の残り。
豚汁はメインじゃないので小盛りです。。。
101106_4.jpg
炊きたての新米コシヒカリにサンマと大根おろしをのせて食べるの図。
最近はご飯がウマ〜イ♡
日本人なら誰しも口を開けたくなるカットではないでしょうか(*^^)v

2010年11月05日

豚汁 (定食)

101105_1.jpg
いつもお世話になっている山田屋さんのお味噌が、このたびパッケージ変更になると言うことで、またまた撮影依頼をいただきました。
そこで、豚汁の制作の必要性があったため、本日は豚汁定食となりました(^^)
厚めのバラ肉を柔らか〜くして食べたかったので、時短もかねて圧力鍋で作りました。
101105_2.jpg
材料【4杯分くらい】
 豚バラ肉200g ジャガイモ2個 ニンジン1/3本 タマネギ1個 大根5センチ
 ゴボウ5センチ 生姜カケ 絹ごし豆腐1丁 コンニャク(黒)1/2個 ダシ汁400cc
 味噌(味見をしながら)適量 長ネギ1/2本
101105_3.jpg
作り方
 1. 野菜を切る。
   切り方はお好みかと思いますが、私は今回、ニンジンを銀杏切り、大根短冊、
   タマネギ1/2を半分→6等分、ジャガイモ(メイクイーン)1/2を半分→3等分にしました。
101105_4.jpg
 2. ゴボウはささがきにして水にさらしてアクを取る。
 3. コンニャクは手でちぎって(スプーンですくってもOK)湯がいておく。
101105_5.jpg
 4. 圧力鍋にダシを取ったら、厚く切ったバラ肉とスライスした生姜を入れて火にかける。
   圧がかかったら5分高圧(中火)で煮て、水をかけて強制冷却、

 5. フタを開けて1の野菜とゴボウを入れてフタをし、再び5分加圧する。
101105_6.jpg
 6. 時間があれば自然放圧し、なければ水をかけて強制冷却してフタを開ける。
   味噌を溶いて味を決める。

 7. 8等分に切った豆腐とコンニャクを入れて弱火にかけ、豆腐とコンニャクが
   温まったら出来上がり。
   輪切りにしたネギをかけ、七味をたっぷり振っていただきます(^^)
101105_7.jpg
真上カットは湯気が出にくかったのでレタッチしました。
興味のある方は拡大してご覧ください

やはり豚汁定食は漬け物付きですね!
白菜の即席浅漬けを作りました(塩でもんだだけ)。
101105_8.jpg
こちらがそのうち山田屋さんのHPにお目見えするはずの写真。
こちらは自然な湯気が出ています(*^^)v
101105_9.jpg
パッケージ変更に伴って、ギフトの味噌も変えなければなりません。
全部の商品を用意していただくのもたいへんだし、経費も1カット分余計にかかります。
そこで、味噌だけ撮影してパッケージをレタッチで合成しました!
101105_10.jpg
真ん中の下の味噌のラベルが変わっています。
この写真も確認されたい方はクリックで拡大します
******************************

味噌・醤油の老舗・厳選素材専門店 山田屋
http://www.e-misoya.com/
新潟市北区葛塚3119 TEL 025-387-2005

女将のtaBlog
山田屋女将まささんのブログ。
http://e-misoya.seesaa.net/

******************************

「売れる」ホームページの商品写真撮影と作成|TWINS WEB PHOTO
http://t-webphoto.com/

******************************

2010年11月04日

11月3日ご結婚のお二人 2010

101104_1.jpg
11月3日文化の日にご結婚のお二人は、三条市出身の新郎一宏(Kazuhiro)さんと、見附市出身の新婦公映(Kimie)さんです。

たいへんおめでとうございます\(^O^)/
(画像はすべてクリックで拡大します。戻る時はブラウザの戻るボタンで)
101104_2.jpg 101104_3.jpg
お二人は五十嵐邸本殿にて、神前挙式されました。
お払いは『修祓の儀』と言って、挙式の一番最初に行われます。
続いて『祝詞奏上』、神様への結婚報告ですね(^^)
101104_4.jpg
今週は初めから天気が悪く、この日も朝は雨が降っていて降水確率も高め。。。(>_<)
外での撮影は難しいかと思っていたら、挙式開始が近づくにつれて雨は上がり、挙式中には日も射してくる絶好の展開となりました!
ご列席の皆さまも、お開きになるまで、天気がよくなったことをたいへん喜んでらっしゃしました。
101104_5.jpg 101104_6.jpg
披露宴は五十嵐邸2階の『大正ルーム』で行われました。
ご両家のご家族、ご親戚の方をお招きしての披露宴です。

ご列席の皆さまとの歓談をより楽しみたいお二人は、特別にひな壇は設けず、ご親族の皆さま一体となっての和やかな披露宴となりました(*^_^*)
101104_7.jpg
こちらは披露宴終了後に撮った1枚なのですが、建物とお二人、お二人と私、の距離がそれぞれ10メートルくらいです。
広い庭で引きがあればこそ、こういった撮影が可能になります。

建物の右側2階部分が大正ルームです。
101104_8.jpg 101104_9.jpg
お色直しでお父様と入場する公映さん。先に入場した一宏さんの元へ。
とても嬉しそうにニコニコしたお父様が印象的なシーンでした(^^)

がっちりと握手のお父様&一宏さん。
このときの私のカメラポジションはかなりタイトな状況でしたが、16ミリ広角を装着のMark-Ⅱにとってはベスポジでもありました(*^^)v
101104_10.jpg 101104_11.jpg
ケーキカットも広角で。
お二人の後ろ、窓の向こうには五十嵐邸の日本庭園が広がります。
大正ルームは3つの座敷を合わせた部屋で、40名様くらいまでの披露宴にとても人気のある部屋です。

右の写真は、ゲストの皆さまの元へあいさつ回りのお二人。
こういう場面で85ミリレンズを使うのがけっこう好きなんです(^^)
101104_12.jpg
お二人は、この日の朝、婚姻届を出してきたそうです。
新たなお二人の生活が今日からまさにはじまったわけですね!

どうぞいつまでも末永く、お幸せに〜(*^_^*)

2010年11月02日

鶏ささ身のフライトマトソース

101102_1.jpg
サクサクのフライが食べた〜いと思った今日、冷凍庫には鶏のささ身を発見。
鶏肉に合いそうなトマトソースでもっていただくことに決定です!

しばらく揚げ物をしていなかったのは、へたった油が鍋に入っていて、ついついテンプルで固めちゃうのが億劫だったため(^^;

トマトソースも、もうすぐ傷みそうなトマトを使い切ってしまいたい、といった事情もあったりしたわけです(^^)
101102_2.jpg
材料【2人前】
 鶏ささ身6枚 塩・コショウ適量 小麦粉大さじ2 タマゴ1個 パン粉1カップ

 ソース
 トマト1個 タマネギ1/2個 白ワイン大さじ4 トマトケチャップ大さじ4 水大さじ1
 マヨネーズ大さじ1 塩・コショウ少々 オレガノ1つまみ
101102_3.jpg
作り方
 ソース
 1. トマトとタマネギはみじん切りにしてからフードプロセッサーにかけ、
   フライパンにあけて煮詰める。

 2. 水分が飛んで半分くらいになったら塩・コショウで味を調え、オレガノを入れる。
101102_4.jpg
 3. 別の鍋に白ワインを入れて火にかけ、アルコールと酸味を飛ばす。
   半量くらいになったら水とトマトケチャップ、2のトマトソースを入れて弱火にする。

 4. 全体がなじんでとろみが付いてきたら火を止め、マヨネーズ、塩・コショウを加えて
   よく混ぜてソースの完成。
101102_5.jpg
 5, 6. ささ身は開いて筋を取り、塩・コショウして、小麦粉→溶き卵→パン粉の順に
   衣をつける。
101102_6.jpg
 7. 170〜180℃のフレッシュな油でさっくりと揚げる。
   ささ身は火が通りやすいので、衣の色とサクサクさを重視しました。
101102_7.jpg
トマトソースを皿にしき、油を切ったフライを盛りつける。
付け合わせはキャベツの千切り&冷めてもおいしいもやしのカレー炒め(^^)
101102_8.jpg
ソースも、トマトの酸味とケチャップの甘味がほどよく、予想通り鶏肉に合っていました!
揚げ物の写真を撮影ブースで撮るのも、ちょっとチャレンジしたかったんです(*^_^*)

2010年11月01日

豚キムチ丼

101101_1.jpg
今日から11月ですね。
新潟は1日中パッとしないぐずついた天気。
気温はそんなに下がりませんでいたが、雨が降ったりやんだりで外へ出る気にならず、おかげでじゃっかん仕事がはかどった気がします(^^)

買い物はいつもの徒歩1分のスーパーでもやしとニラだけ購入、冷凍庫に眠っていたキムチと豚ロースを解凍して豚キムチ丼です。
101101_2.jpg
材料【2人前】
 キムチ100g 豚ロース150g もやし100g ニラ1/4把 長ネギ1本 塩・コショウ適宜
 ご飯1合 白ゴマ適宜

 *今日の素材写真、地味だな〜(^^;
101101_3.jpg
作り方
 1. 豚ロースは余分な脂を切り落とし、7ミリ角に細長く切る。
   ニラは豚肉と同じくらいの長さに切り、長ネギは斜めそぎ切りにする。
   キムチも大きいようなら食べやすい大きさに切っておく。

 2. 1で切り落としたラードをフライパンに入れて熱し、脂が出てきたらロースを
   塩・コショウしながら炒める。出来上がりまで強火。
101101_4.jpg
 3. 肉に火が通ったらもやしを入れて30秒炒め、

 4. キムチを入れて30秒炒め、
101101_5.jpg
 5. ニラとネギを入れてしんなりするまで炒め、

 6. キムチのたれもしっかり入れて炒めて出来上がり。
   塩・コショウはお好みで。キムチの味だけでおいしくできます。
   ご飯に持ってゴマを振る。
101101_6.jpg
100%キムチのグレードに左右される丼です(^^)
お好みのキムチでどうぞ!
ちなみに私は秋本食品の『王道キムチ』が最近のお気に入りです。

豚肉はもちろんバラ肉でもOK、とゆーか、バラの方がウマイかもしれません。
このロース、ちょっとハンパな厚さ、大きさで、なかなか使い道がなくしばらく冷凍庫に眠っていたので使ったんです。
ご飯のおかずには、ロースはアリですね!
101101_7.jpg
一緒に作ったほうれん草サラダ。
サラダほうれん草が安かったので。。。
101101_8.jpg
最近、湯気、出し過ぎでしょうか(*^_^*)

最近のエントリー

  1. ロマネスコ入り味噌マヨグラタン
  2. 11月27日ご結婚のお二人 in ホテルオークラ新潟 2010
  3. 自家製パンチェッタを作ってみた
  4. 11月23日ご結婚のお二人② 2010
  5. 11月23日ご結婚のお二人① 2010
  6. 11月21日ご結婚のお二人② 2010
  7. 11月21日ご結婚のお二人① 2010
  8. 11月20日ご結婚のお二人 2010
  9. 11月19日ご結婚のお二人 2010
  10. MoRuMe(モルメ)
  • Powered by
    movabletype_banner.gif
  • Template by drblog.gif
  • Server by moover_banner.gif