2011年02月28日

サーモンピカタ

0228_salmon02.jpg
脂ののったメチャメチャおいしそうなサーモンが売っていたので買ってきました。
どんな調理法にしようかと悩んだ挙げ句、ピカタにしてみましたが、コレ、正解!!

生の鮭や鱒の、もっともおいしい食べ方の上位に来るのでは?という感じでたいへんおいしく仕上がりました(*^^)v
作り方もとってもカンタンです!
0228_salmon03.jpg
材料【2人前】
 生サーモン2切れ ミニトマト8個 シメジ1/3株 パセリ1本 タマゴ1個 レモン1/4個
 バター20g パルメザンチーズ大さじ2 小麦粉大さじ1 塩・コショウ少々
 グレープシードオイル大さじ1
0228_salmon04.jpg
作り方
 1. トマトはヘタを取る。
   シメジは石突きを取る。
   パセリはみじん切りにし、レモンは厚めの半月切りにする。

   サーモンは塩・コショウして小麦粉をまぶし、タマゴとパルメザンチーズを溶いた
   衣をつける。
0228_salmon05.jpg
 2. フライパンを中弱火にしてグレープシードオイルを入れ、温まったらバターを溶かす。
   衣をつけたサーモンを入れ、空いてるところにトマトとシメジを入れて
   優しくソテーしていく。

 3. 5分ほど焼いたら裏返してもう5分焼いて出来上がり。
   トマトやシメジも時々返してやる。
0228_salmon06.jpg
皿に盛ってパセリを振り、レモンを搾っていただきます(*^^)v
メキシカンサラダと挽肉&白菜&ワカメのスープ付き。

サーモンに付けた粉チーズタマゴが余ったのでスープに入れて卵とじにしてみました。
おいしいスープになりましたよ(^^)
0228_salmon07.jpg
メキシカンサラダは、よくメキシカンな店に行くとこんなのが出てくるから(^^;
角切りに切ったキュウリ、トマト、そしてちょっと余っていたレタスを入れて、マヨネーズ、パプリカ、コショウです。
コーンの缶詰があればベターですが、在庫してませんでした(>_<)
0228_salmon08.jpg
トマトは熱を加えてバターと出会ったせいか、甘さが格段に増した感じです!
もともと甘いトマトではあるんですが、すごくおいしかったですね〜(^^)

ちなみに今日のトマト(アイコ)、キュウリ、レモンは、きんかんの撮影の時にフルサワさんが同包してくれたものです。
フルサワさん、ありがとうございました(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年02月27日

2月27日ご結婚のお二人 2011

0227_wedding_1.jpg
TWINSのブライダルシーズン2011がスタートしました。
本日めでたくご結婚されたお二人は、阿賀野市出身の新郎敏彦(Toshihiko)さんと、富山県で生まれ、新潟市で育った新婦佳枝(Kae)さんです。

たいへんおめでとうございます\(^O^)/
(画像はすべてクリックで拡大します)
0227_wedding_2.jpg
お天気がちょっと心配だったんですが、挙式披露宴中はお二人に遠慮してか雨は降らず、日本庭園での撮影もバッチリで幸先のいい2011シーズンのスタートとなりました。
この写真は挙式前、五十嵐邸本殿前での1枚です。
0227_wedding_3.jpg 0227_wedding_4.jpg
お二人は、その五十嵐邸本殿にて神前挙式をされました。
三三九度のワンシーンと、巫女によるお祝いの神楽の場面です!
0227_wedding_5.jpg
まだ雪が残る日本庭園での集合写真。
お二人にとってとても記念になる1枚ではないかと思います。
0227_wedding_6.jpg
0227_wedding_7.jpg
お二人は共通の趣味である音楽を通じて出会いました。
敏彦さんの趣味がエレキギター、佳枝さんはピアノやドラムで、同じミュージックスクールで腕を磨いていたところ、年に1度開かれるイベントで同じバンドのメンバーとなり共演したのがお付き合いのきっかけだったそうです。
0227_wedding_8.jpg 0227_wedding_9.jpg
披露宴は五十嵐邸メインダイニングで行われました。
最近の結婚式は円卓が多いのですが、お二人の意向により、このような流しテーブルにすることも可能です。
昔ながらの結婚式のようで何か新鮮な感じがしました(*^_^*)
0227_wedding_10.jpg 0227_wedding_11.jpg
披露宴の余興でピアノを弾いてくれたのは、佳枝さんの従姪のMikiちゃん。
なんと、自作のウェディング曲を披露してくれて会場は大いに盛り上がりました!

その後は新郎新婦によるビールサービス。
各テーブルを回ってスワンレイクの地ビールをサービスします。
0227_wedding_12.jpg
こちらはお二人が通っているミュージックスクールの講師の面々によるお祝いの演奏。
さすがは先生の演奏、美空ひばり〜ユーミン〜ミーシャなど、見事な演奏を7曲も披露してくださいました!!
0227_wedding_13.jpg
お二人は同じバンドでの共演をきっかけに距離が縮まり、やがてお付き合いに発展。
そして半年ほど前に敏彦さんからプロポーズがあり、今日の佳き日となったわけです(^^)
0227_wedding_14.jpg
家族仲良く穏やかな家庭を築いていきたいというお二人、将来は犬を飼いたいとのことです!
うん、うん、わんこはいいですよ〜(*^_^*)
どうぞいつまでも末永くお幸せに〜〜
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年02月26日

回鍋肉(豚肉とキャベツの辛味噌炒め)

0226_hoikoro_1.jpg
スタッフKayo-Pが豚のハラミを買ってきて『コレで何か作れ』というのですが、ハラミといえば焼き肉か串焼きしか思いつかず、ちょっとちがうな〜と。。。

色々考えて思いついたのが回鍋肉。
2日連続中華系となりますが、いったん思いつくと他はなかなか考えられず、『まぁ、ご飯が進むメニューだし、いいかぁ〜』とゆーことで決定でした(^^;
0226_hoikoro_2.jpg
材料【2人前】
 豚ハラミ150g キャベツ1/8個 ピーマン1個 長ネギ1本 生姜1カケ 片栗粉適量
 タレA[豆板醤小さじ2 甜麺醤小さじ1 コチュジャン小さじ1 オイスターソース大さじ1 酒大さじ2 砂糖大さじ1] 塩・コショウ適宜 ゴマ油・サラダ油各大さじ1
0226_hoikoro_3.jpg
作り方
 1. 豚ハラミに塩・コショウし、片栗粉をまぶす。
   キャベツとピーマンは大きめにざっくりと切り、生姜は1ミリ厚のスライスに、
   長ネギは5ミリくらいの斜め切りにする。

 2. Aのタレの材料は全部混ぜておく。
0226_hoikoro_4.jpg
 3. フライパンにゴマ油とサラダ油を入れて熱し、豚ハラミを炒める。
   火が通ったらいったん取り出す。

 4. 同じフライパンで生姜、キャベツ、ピーマンをサッと炒める。
   本当は湯通しするのがベストです(^^;
0226_hoikoro_5.jpg
 5.6. 3のハラミと長ネギを入れて炒めたら、2で作ったタレを入れてよく混ぜる。
   野菜がシャキッとしてるうちに火を止めて皿に盛る。
   ちなみに最初から最後まで強火であることはゆーまでもありません(*^_^*)
0226_hoikoro_6.jpg
バラ肉でよく作る回鍋肉ですが、ハラミだとじゃっかんモツっぽい歯ごたえなので口の中に残ってる時間が長く、よりいっそうご飯が進んでしまう感じです(^^;
肉2枚、キャベツ、ピーマンでご飯が1膳イケてしまうことカクジツです!
0226_hoikoro_7.jpg
味噌汁にもネギがかぶってますが、ネギ好きなものでご容赦下さい(*^_^*)
時々予想外に生姜をかじると、『当たりっ!』って思うのは私だけ?
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年02月25日

野菜消費メニュー第2弾 あんかけ焼きぞば

0225_yakisoba_1.jpg
昨日のタジン鍋だけではハンパな野菜は消化仕切れず、今日も野菜を使うメニューにしました。
しかも、オトコのフライパンメニューでもあります(^^)
麺を炒めてそのまま盛り付けるフライパンと、アンを作る北京鍋、2種類使います!
0225_yakisoba_2.jpg
材料【2人前】
 焼きそば(蒸し麺)2玉 豚バラ肉70g ニンジン1/8本 タマネギ1/8個 モヤシ80g
 シメジ1/2株 チンゲンサイ3枚 ピーマン1個 キクラゲ4〜6枚 塩・コショウ少々
 オイスターソース大さじ2 醤油小さじ1 水300cc ウェイパー小さじ1/2
 サラダ油大さじ2 ゴマ油各大さじ1 片栗粉大さじ3くらい 紅ショウガ・からし各適宜
0225_yakisoba_3.jpg
作り方
 1. 平たいフライパンにサラダ油とゴマ油を各大さじ1入れて中火にかけ、蒸し麺を入れる。
   少しほぐしたらフタをして5分焼く。
   焦げ目が付いたらひっくり返してフタをせずに5分焼く→写真5へ

   麺を焼いてる間に野菜を切り分ける。
   白菜とチンゲンサイの軸の部分は斜めそぎ切りにする。

 2. 北京鍋にサラダ油大さじ1を入れて熱し、塩・コショウしながら豚肉、ニンジン、
   タマネギを順に炒める。火はアンにとろみを付けるまで強火で。
0225_yakisoba_4.jpg
 3. 残りの野菜とシメジ、キクラゲを入れて炒めたら水を入れ、沸いてきたら
   ウェイパーを溶かす。

 4. 醤油、オイスターソースで味を付け、弱火にして水溶き片栗粉でとろみを付ければ
   アンの出来上がり。
0225_yakisoba_5.jpg
 5.6. 麺を両面ともパリッと焦がしたら、4.のアンをかけて出来上がり。
   お好みで紅ショウガと練りからしを付けて食べる。
0225_yakisoba_6.jpg
チンゲンサイとタマゴのスープ付き。
スープはお湯にダシダを溶かしただけ!
こうやってスープとして飲むには、ウェイパーよりウマイと思いました(*^^)v
0225_yakisoba_7.jpg
今日は最初と最後が真上からのカットにしてみました!
麺がパリパリのあんかけ焼きそばは、年に4、5回は食べたくなります(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年02月24日

タジン鍋で蒸し野菜

0224_tajin_1.jpg
一昨年〜去年の冬のシーズンに一世を風靡したタジン鍋ですが、今シーズンはあまり聞きませんでしたね〜。
私も自宅では使っていたものの、エントリーは今シーズン初ですからね(^^;

それと蒸し料理も去年は流行りましたよね〜
流行廃りのサイクルが早いな〜って感じちゃいますね!

しかし、タジン鍋のポテンシャル自体が衰えたわけでも蒸し料理がおいしくなくなったわけでもなく、新しいものがどんどん出てきてトレンドが変化していくだけの話。
やがて何年後かにまたブームが来たりするわけですよね(^^)
0224_tajin_2.jpg
私的には毎日お昼御飯を作っているとどうしても材料が少しずつ余ってきて、何とかしなければならない時が時々やってくるわけで、そんなときは鍋が手っ取り早いわけですが、今日のような暖かい日、あるいはこれからの季節は、蒸し料理もいいかな〜と思ったりします(^^)

かなりいろんな食材が余ってました。
今までは部屋自体が冷蔵庫みたいなものでしたが、そろそろ冷蔵庫に入れないとヤバイ感じでもありますね(^^;

材料【2人前・量は各適量と言うことで】
 豚ロース薄切り モヤシ ニンジン ゴボウ ピーマン 長芋 カボチャ シメジ
 ブロッコリー 春菊 チンゲンサイ 水菜 塩・コショウ

 タレ
 ネギ塩ラー油ポン酢・・・ネギみじん切り レモン汁 酢 塩 桃ラー
 ままけはマヨ   ・・・ままけは1:1マヨネーズ
 柚胡椒マヨ    ・・・柚胡椒1:5マヨネーズ    
0224_tajin_3.jpg
作り方
 1. ゴボウは切ったら水にさらしてアク抜きをする。
   長芋は皮を剥いて棒状にする。
   シメジは石突きを取り、他の野菜はお好みの大きさに切る。
   多少厚く切っても火は通るので大丈夫です!

   春菊、チンゲンサイ、水菜(小さめだった)は切らずにそのまま並べました。
   モヤシを一番下に敷き、あとは切った野菜をテキトーに並べて・・・

 2. 塩・コショウを振って豚ロースを載せ、そこにも塩・コショウしてフタをし、
   最初から弱火で20分蒸し上げる。
0224_tajin_4.jpg
 3. 蒸してる間にタレを作る。
   ネギ塩ラー油ポン酢は、ネギ5センチをみじん切り、酢大さじ2、塩ひとつまみ、
   レモン汁小さじ1 桃ラーこさじ2です。

   ままけはは、ご存じ茜姫さんのところの商品。
   このままけはマヨがいちばん何にでも合いましたよ〜(*^_^*)
0224_tajin_5.jpg
20分後、出来上がりで〜す。
野菜を洗った水分他は、野菜から出た水分のみ。
そのせいか20分も蒸しているのに野菜の色が黒っぽくならず、見た目においしそうです!
0224_tajin_6.jpg
長芋とゴボウはちょっとシャキシャキ感を残し、ニンジンやカボチャはホックホクです!!
これだけタレがあるとどれを付けようか迷う上に、ご飯ではなくおつまみにしたい感じになります(*^_^*)
蒸し料理、あらためておいしいと感じました!!
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年02月23日

スワンレイクビール バーレイ ビーフシチュー

0223_beer_1.jpg
五十嵐邸で結婚式の仕事をしている関係で、スワンレイクビールは私にとってもっとも馴染みがあり、もっとも飲んでいる地ビールであると言えます。
(五十嵐邸とスワンレイクビールは経営母体が一緒で、同じ敷地にあります)
その中で、ちょっとコレはすごいな!と言うビールがあるので紹介したいと思います。
0223_beer_2.jpg
スワンレイクビール『バーレイ』
サイトの解説によると・・・

 スワンレイクバーレイは、通常の倍の原材料を使用。
 約1年間熟成した長期熟成ビールです。
 味わいは、フルボティで麦芽の甘味が強く、強いアルコール・フレーバーとフルーティーな
 エステル香が複雑に絡み合い、 苦味がバランスよく調和しているビールです。

・・・と、なっています。

倍の原材料を使って長期熟成ということで、通常のビールよりもアルコール度数は高めの約8度。
値段もちょっとお高めではあるんですが、それだけのクオリティーを十分感じるビールです!
0223_beer_3.jpg
色は琥珀色、そして醸造担当者によると香りを楽しんでもらいたいため、ブランデーグラスかワイングラスのような形のグラスで飲んでほしいとのこと。

ヨーロッパではアルコール度数に関して厳しい取り決めがあるため、こちらのビールはバーレイ(大麦)ワインと呼ばれるそうで、ワイングラス使用は納得ですね(^^)

そして、タモリ倶楽部ファンの方ならタモさんの地ビール好きはご存じかと思いますが、昨年の9月に「タモリ倶楽部/King of Hop マイケル・ジャクソン追悼 ビールのフルコース」と言うタイトルの放送がありました。

これは地ビールを料理にたとえてフルコースで堪能しようという企画で、前菜はこのビール、魚料理はこちらのビールなどという感じで飲んでいくんですが、な、なんと、メインの肉料理に選ばれたのがこのバーレイだったのです!!

日本の地ビール好きな著名人たちが、スワンレイクビールのバーレイを最も重要なポジションとして紹介していたんですね〜(*^_^*)

ちなみにマイケルジャクソンとは、あのMJではありませんので、気になる方はググってみてください(^^;
0223_beer_4.jpg
タモリ倶楽部では『コース料理にたとえればメインの肉料理』という位置付けのバーレイですが、私はやはり肉料理にバーレイを合わせたいということで、ビーフシチューを作りました。
何度か載せてるのでメイキングカットは省略。
作り方を見たい方はこちらをどうぞ→ビーフシチュー 2010
0223_beer_5.jpg
ウマイっす〜!シチューもビールも!!
ちなみに飲んでるの、お昼で〜す(^^;
帰りは飲んでから6時間後なのできっと大丈夫でしょうが、不安なようなら歩いて帰ります!
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

******************************

瓢湖屋敷の杜ブルワリー(スワンレイクビール)
http://www.swanlake.co.jp/main/

スワンレイクビール、バーレイのお求めは(楽天ショップ)
http://www.rakuten.co.jp/swanlakebeer/

******************************

「売れる」ホームページの商品写真撮影と作成|TWINS WEB PHOTO
http://t-webphoto.com/

******************************

2011年02月22日

塩沢紀行Vol.1 塩沢牧之通り散策②

0221_shiozawa_4.jpg
昨日に引き続き塩沢牧之通り散策の様子をお届けします。

女子チームはやはり、おいしそうな食べ物屋さんはとりあえずチェックですね(^^)
江戸まで55里。。。実際に昔はここにこのような標識が立っていたのかもしれません!
0221_shiozawa_5.jpg
老舗の酒蔵青木酒造。
『鶴齢』という銘酒を造っています。
私はたまたま前日に、鶴齢の濁り酒を買っていたので試飲だけさせてもらいました。
たぬちゃんさんと笹団子さんはこちらでおみやげゲットです(*^^)v
0221_shiozawa_6.jpg
私は、スキー場のリフトを使って天日干しにしてるという『天空米』をおみやげにゲット!
3合で1000円というバブルなお値段ですが、米どころ新潟でもっともウマイといわれる魚沼地区、その地区の方が『コレはホントにウマイ!』とおっしゃってるので買ってみました(^^;

そして、ラッキーなことにちょうどこの日からお雛さまの雪見飾りが行われ、通り沿いのお見せやお宅には、200年前の稀少なものから最近のカワイイお雛さままで、たくさんの雛飾りを見ることが出来ました(*^^)v
0221_shiozawa_10.jpg
地元の塩沢信用組合も、このような蔵造りに改装され町並みに溶け込んでいます。
ここまで徹底して再現する努力と、それを成し遂げたチームワークはホント脱帽ですよね!
0221_shiozawa_7.jpg
雪国の待ちの特徴とも言える雁木(がんぎ)。
雁木の下には手作りの雪玉飾り。
そして、けっこう人が歩いていたにもかかわらず、雁木の向こうまで人が写っていないという奇跡の1枚をゲットし、気をよくしてヴィレッジさんのお店に向かったのでした\(^O^)/

時間的にはこの続きが一昨日のエントリー、『塩沢紀行Vol.2 薪と石』となります(^^)
0221_pasta.jpg
今日の昼ご飯、蒸し鶏と水菜のペペロンチーノ。
メイキングは撮らなかったんですが、完成写真だけ撮ったので載せてみました(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年02月21日

塩沢紀行Vol.1 塩沢牧之通り散策①

0221_shiozawa_1.jpg
昨日のVol.2に引き続き、19日に行ってきた塩沢紀行の前編Vol.1をお届けします。

午後1時半くらいに新潟市にあるたぬちゃんさんの家を出発した我々。
新潟市近郊はほとんど雪がなくなってますが、長岡を超えた辺りから雪の壁が高くなってきて、今年は豪雪だったことが伺えます。

ヴィレッジさんのいる『薪と石』に行く前に、ちょっと観光をしてからということで小出で高速を下りて小休止。
このへんはどこに何があるのか雪の壁で見えないため、背の高い看板がないと商売としては致命的かと思いました(^^;

1枚目の写真はKayo-Pが車内から撮った山のカットです。
露出オーバーだったのですが消去せずにとっておいて、RAW現像したら生きました!
こちらの小さな写真が元のJpeg画像です。クリックで拡大するので、比較してみてください。
RAW現像のすごさ、ビックリするような違いがわかると思います(^^)
0221_shiozawa_2.jpg
小出では『開山堂』という素晴らしい彫刻のあるお寺に行こうと思ったのですが3時で閉館。
我々が着いたのは2時50分という微妙な時間。。。
駆け足で見るのもどうかということで、開山堂はまた次回の楽しみにして塩沢牧之通りへと向かったのです。

小出→塩沢の途中、六日町辺りで八海山があまりにもキレイで写真を撮ろうと・・・
しかし小出よりは少ないものの、例の雪の壁で車を止められない、止めても壁で見えないで、なかなか撮影ポイントが定まらず、17号線を泉ヴィレッジの方へ入ってようやく撮ることが出来た1枚です(*^_^*)
0221_shiozawa_3.jpg

昨年グランドオープンとなった塩沢牧之通りですが、ステキな町並みです!
地元の方達が気持ちを1つにし、多くの若者がいろんなアイディアを出して街造りをしてこられたようです。
昔ながらの町並みを再現し魅力ある観光スポットになっていて、正直うらやましく思いました(^^)

ちなみに上の2枚の写真も、小さい方は元のJpeg画像です。(クリックで拡大)
左側が影になっていたため、RAW現像で普通に1枚、左側が適正露光になるようにもう1枚、2枚を現像してフォトショップで合成、消しゴムツールで境界線を自然な感じにしています。

・・・と、ここまで書いて読み直してみたら、かなりの文章量になってしまい、これ以上続けると
1日で読むには皆さんも辛くなるだろうと思い、急遽もう1回の連載にすることにしました(^^;

明日の②に続きますm(__)m
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年02月20日

塩沢紀行Vol.2 薪と石

昨日はブロ友でリアルでもお友達のたぬちゃんさんと、さらに阿賀野塾仲間でもある笹団子さん、スタッフKayo-Pと私の4人で、塩沢プチ旅行に行ってきました(^^)

ちなみに、笹団子さんは、たぬちゃんさんのブログではHNはとんぼさんです(^^;

目的は、やはりブロ友で毎日コメントをくださるヴィレッジさんの『大雪見舞いにいこう』と、
たぬちゃんさんと先月末くらいに計画していたのです。

そしてこの紀行がなぜVol.2から始まるかというと、ヴィレッジさんのいる『薪と石』に行く前に塩沢牧之通り散策をしていて、それを今後ネタにした場合、そちらが時間的にVol.1となるので今日のエントリーはVol.2になっているとゆーワケです。
まぁ、そんなことはどうでもいいですね(^^;
0220_pizza_1.jpg
牧之通りをゆっくりと散策しておみやげも買った我々一行は、5時半頃に到着!
駐車場はすっかり除雪されていますが、道路に面した辺りは高い雪の壁になっていて、このへんはどこもそうなのですが、入り口がどこなのかよくわからないような状況になっています(¨;)
しかし、薪と石はよく目立つ大きな看板のおかげで迷わずに入ることが出来ました(*^^)v
0220_pizza_2.jpg
ヴィレッジさんのブログで以前に紹介のあった、新しく改装した2階のスペースに案内されました。
古民家で使われていた太い梁、いい雰囲気の空間です!
0220_pizza_3.jpg
日中は、青空の広がる天気のいい日でしたが、夕方から冷え込んできました。
薪ストーブの前のポジションはありがたかったですね〜(^^)

われわれ一行が夜の営業の最初のお客だったようですが、この1時間後には満席!!
人気店ですね〜(*^^)v
0220_pizza_4.jpg
とりあえずは八海山地ビールです。
帰りはたぬちゃんさんの運転、Kayo-Pも新潟へ戻ってから運転なので、飲むのは私と笹団子さんだけなんですが、出先だと気の大きくなる私はピッチャーで注文(^^;
その後、笹団子さんはビールをあまり飲まないことが判明してほぼ一人で飲んでました(汗)

最初に頼んだトマトとブルーチーズのピザと、右下は卵焼きではなくてトウモロコシの粉の何か・・・ 聞いたんだけど忘れました(^^;
0220_pizza_5.jpg
前回、泉ヴィレッジへ行った時も頼んだハモンセラーノ。
一度食べておいしさを知ってるので、コレは注文しちゃいますね(^^)
泉ヴィレッジでもサービスをしてくださったスタッフの方がサーブしてくれます。
0220_pizza_6.jpg
ビールの次は白ワインをオーダー。
美雪マスのスモークとアボカド、左下の本日の魚料理、サワラのグリルはランチで人気だったためラストの一皿とのことでした!!ラッキー(*^^)v
0220_pizza_7.jpg
7時近くになってヴィレッジさんが登場!
もう、私はかなり出来上がってる状況(^^;

満席のためヴィレジさんも忙しくゆっくり話も出来ませんが、時々席に寄ってトークを交わしていく感じです(^^)
0220_pizza_8.jpg
ヴィレッジさんオススメの舞茸のピザ、ジェノベーゼ、そしてデザートのピザを注文。
ジェノベーゼはなかなか出してるお店がないので、久々に食べられて大満足!
しかもポテト入りは新鮮でした!!

デザートのピザがまたマイウ〜(*^_^*)
中にはレーズン、クルミ、リンゴ、バナナなどが入り、チョコ&シナモンテイストです!
0220_pizza_9.jpg
そして『じゃぁ、みなさんの記念写真・・・』とか言いながら、ヴィレッジさんはスルスルと梁の上へ。。。
アラフィフとは思えない身のこなし、マッハで上に到着するやすかさず撮られ、こちらも負けじと応戦したわけです(^^;

楽しい時間はあっとゆー間に過ぎ、名残惜しくも帰る時間。。。
帰りの道中も話は盛り上がり、帰ってきてからもたぬちゃんさんちで話が盛り上がり、とてもステキな一日で、終わってほしくない一日でした(>_<)

ヴィレッジさん、ごちそうさまでした!
料理はすべておいしく、スタッフの方も気持ちがよく、人気のお店である理由がよくわかりました(*^^)v
たぬちゃんさん、笹団子さん、ありがとうございました。
マジで、またよろしくお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年02月19日

宮崎完熟きんかんの撮影

0219_kinkan_1.jpg
ブロ友で毎日コメントをくださる日南海岸黒潮市場フルサワさんからのご依頼を受けて、『宮崎完熟きんかん』の撮影をしています。

まずはパッケージなどそのものの撮影から入り、一粒食べてみて撮影イメージを膨らませていきます。
0219_kinkan_2.jpg
*↑横位置のこの写真と最後の写真はクリックで拡大します。

この時期になると新潟のスーパーなどでもきんかんが出回りますが、はっきり言って『別物』の衝撃!!
糖度が18%以上というこちらの品は、今まで食べたことのないおいしさです(◎-◎;)
『スゴイ!』という言葉が自然と出てきますね〜
0219_kinkan_3.jpg
何しろ1粒でレモン1個と同等のビタミンCを含んでいるとか!
(↑↑と書いたんですが、どうやらこれは間違いのようです、スミマセン(>_<)
↓↓のフルサワさんのコメントをご覧下さい!)
レモン1個はなかなか食べられませんが、きんかんはパクッと一口でいけちゃいます(^^)
0219_kinkan_4.jpg
Web用写真の場合、通常の商品撮影と違うのはペルソナ(ターゲットの顧客イメージ)をはっきりさせて撮影しなければ効果が薄いということでしょう。
フルサワさんと話し合い、『朝食をあまり摂らないビジネスマン、特に女性』というイメージで、食べてるところを連想させる写真を目指します。

↑↑この感じの写真で最終的に朝食の食卓を背景に撮ってみようということになりました。
出来上がりましたらまたブログでご紹介したいと思います(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m
******************************

宮崎完熟きんかんのお求めは
日南海岸黒潮市場
http://www.kurosioitiba.com/

日南海岸黒潮市場フルサワさんのブログ
http://www.kurosioitiba.com/blog/

******************************

「売れる」ホームページの商品写真撮影と作成|TWINS WEB PHOTO
http://t-webphoto.com/

******************************

2011年02月18日

鶏そば(稲庭うどん)

udan_0218_1.jpg
卒業アルバムの製作が終わり納品待ちとなったのですが、何かとバタバタ忙しく今日もゆっくりとお昼は作っていられない感じ。
短時間でおいしいメニューとなると、やはり麺系が上位を占めますね!
今日はこちら、当事務所の常備食、athukoさんちの稲庭うどんです(^^)

昨日に引き続き鶏肉使用ですが、今日は胸肉。
他はタマゴとネギというシンプルなうどんですが、ウマイですよ〜(*^^)v
udan_0218_2.jpg
材料【2人前】
 稲庭うどん1袋(200g) 鶏胸肉1/2枚(130g) 長ネギ1/2本 長ネギの青い部分1本分
 タマゴ1個 比内地鶏のつゆ50cc 水550cc 醤油小さじ1 七味適宜
udan_0218_3.jpg
作り方
 1. 鍋に水550ccと洗ったタマゴ、鶏肉、長ネギの青い部分を入れて火にかける。
   *あとでこのゆで汁に比内地鶏のつゆを入れて使うので、タマゴを洗う。

   沸いてきたら弱火にし、アクを取りながらタマゴは7分ゆでて取り出す。
   鶏肉は身の厚さにもよりますが、15分くらいゆでる。

 2. タマゴは殻を剥いて半分に切り、鶏肉は冷水で表面を冷まして、皮は包丁で細く切り
   身は手で細く裂いておく。
   長ネギは小口切りにする。

   ゆで汁に比内地鶏のつゆと醤油で味付けする。
   稲庭うどんを4分ゆでて湯を切り、丼に入れてつゆを注ぐ。
   タマゴ、ネギ、鶏肉を盛り付ける。
udan_0218_4.jpg
シンプルな具のおかげでうどんが目立ちますね〜
食べる時はやはり七味でしょうか、柚胡椒も捨てがたいくらい合いますのでお試しを(^^)
udan_0218_5.jpg
真上から。
何度も食べてるうどんですが、特につるつるののどごしは他では味わえません!
udan_0218_6.jpg
持ち上げた時のこの透明感、美人ですね〜
食べる時はまずは七味。
この七味はミルタイプのモノで、挽きたてはやはり香りがいいです(*^^)v
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m
******************************

稲庭うどん・比内地鶏のつゆのご注文は
産地直送の麻生孝之商店
http://www.inaniwaudon.com/

athukoさんのブログ
私のカントリーライフ
http://athuko.blog54.fc2.com/

******************************

「売れる」ホームページの商品写真撮影と作成|TWINS WEB PHOTO
http://t-webphoto.com/

******************************

2011年02月17日

鶏モモ肉のバターライスピラフ

chiken_0217_1.jpg
今日の阿賀野市は晴れ/曇りと比較的天気も良く、気温も上がってじゃっかん春を感じさせるような1日でした(^^)
お昼は鶏モモ肉を使ったピラフというか、バターライス。
ご飯を洗ってから炒めることで、パラパラかつ炊きたてのピラフ感を出してみました。
chiken_0217_2.jpg
材料【2人前】
 鶏モモ肉200g 冷やご飯1合分 タマネギ1/2個 ニンジン1/4本 マッシュルーム2個
 ニンニク1カケ パセリみじん切りで小さじ1 バター30g 塩・コショウ適量
 ローリエ2枚 グレープシードオイル小さじ1

 *冷やご飯は水洗いしてぬめりを取り、ザルにあけて水気を切っておく。
chiken_0217_3.jpg
作り方
 1. 鶏モモ肉は半分をソテー用に、さらに半分に切って皮に包丁で数カ所穴を開ける。
   残り半分は食べやすい大きさにカットする。

   マッシュルームは薄切りにし、タマネギ、ニンジン、パセリは
   細かいみじん切りにする。
chiken_0217_4.jpg
 2. フライパンにグレープシードオイルを入れて中火にし、バター15gを溶かす。
   ソテー用に切った鶏モモ肉を、バターが焦げないくらいの火力で皮目の方から焼く。

 3. 皮に焦げ目がついたらひっくり返し、フタをして5分ほど蒸し焼きにしする。
   鶏に火が通ったらいったん取り出す。
chiken_0217_5.jpg
 4. 同じフライパンに残りのバター15gを入れて中弱火にし、
   クラッシャーで潰したニンニクを入れる。
   ニンニクの香りがしてきたらタマネギとニンジンを入れてサッと炒め、
 5. 小さく切った方の鶏とローリエも入れて、鶏に火が通るまで中〜強火で炒める。
chiken_0217_6.jpg
 6. 鶏に火が通ったらマッシュルームを入れて炒める。

 7. 水洗いしたご飯を加えて強火にし、塩・コショウを効かせながら炒める。
   味付けは塩のみですが、コンソメを使ってもOKでしょう!

   ご飯に味が回ったら炒めたご飯を平らにし、3の鶏のソテーをのせてフタをし、
   弱火にして2分ほど置くと鶏のソテーも熱くなりご飯のフチもほのかにお焦げができる。
chiken_0217_7.jpg
最後にパセリを振り、フライパンのまま食卓へ。
ここから取り分けて食べれば、超アツアツを最後まで食べることが出来ます(*^^)v
chiken_0217_8.jpg
白バックなので湯気は出ませんが持ち上げカット(*^_^*)
バターライスはカロリーが気になりますが、これを参考にしたもともとのレシピは2人前で60gとなっているんです(◎-◎;)
さすがにそんなに入れる勇気がなかったので30g+Gシードオイル小さじ1にしました。

味の方はと言うと、私はバターライス大好きなこともあり超〜うまかったです(*^^)v
量は30gで十分でしたね〜
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年02月16日

豚みそキムチ丼+温泉卵

110216_1.jpg
今日のお昼は何にしようかと思っていたところ、Yahoo!のトップページにこれが出ていたのでちょっとだけアレンジして作ることにしました(^^)
110216_2.jpg
材料【2人前】
 白菜キムチ120g 豚コマ150g タマゴ2個 モヤシ1/3袋(80g) 長ネギ2/3本 ご飯1合
 *[酒大さじ1 砂糖小さじ1 醤油小さじ1/2 味噌小さじ1] 刻み海苔 白ゴマ
 サラダ油小さじ1 ゴマ油小さじ1
110216_3.jpg
作り方
 温泉卵
  今回の温玉はレンジとはまた別な作り方で作りました。
  しっかりとフタの出来る鍋でお湯を沸かし、沸騰したら火を止めて卵を入れ
  フタをして8分間そのままで放置。これで出来上がり!

 キムチ丼
 1. 長ネギは5ミリ幅で斜めにカット、キムチは大きいようなら食べやすい大きさに切る。
   *のタレは合わせて混ぜておく。

 2. フライパンにサラダ油とゴマ油を熱し、肉を入れて炒める。
   肉に火が通ったらモヤシを入れ、キムチの汁を少し入れて味をなじませる。
110216_4.jpg
 3. さらにキムチを入れてサッと炒めたら長ネギを投入。

 4. 長ネギがしんなりしないうちに*のタレを入れ、モヤシのシャキシャキ感を残すくらい
   で完成。
   丼にご飯を盛って豚キムチ炒めをのせ、白ゴマと刻み海苔を振って温玉をのせる。
110216_5.jpg
けっこう手早くできました(*^^)v
温玉は8分でこの状態なので、黄身がもっと固い方がいい方は時間を長くしてみてください!
私にとってはこんな感じが完璧!!
110216_6.jpg
先日の新潟食の陣で、Myおみやげにおいしいキムチを買ってきて、ちょっとキムチにハマリ気味な今日この頃。。。
キムチがMyブームになるのはもう何回目のことでしょう(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年02月15日

新潟っ子のソールフード イタリアン

110215_1.jpg
新潟県下越地方に住む新潟ケンミンなら、知らない人はいないと言うほど有名な最強B級グルメ
『イタリアン』
ちなみにジャンルは焼きそば。
焼きそばとは思えない極太の麺とトマトソースが絶妙にマッチしてるのが特徴です(*^^)v

イタリアンを販売している『みかづき』はスーパーなどのテナントに入ってるところも多く、阿賀野市にもちょっと前まであって、お昼を作る時間がない時などには買いに行っていました。
ところがそのスーパーがリニューアルし、みかづきが撤退してしまったため、イタリアンを食べるには隣の市まで行かなければならないという事態に陥っていたのです(゜◇゜lll)ガ~ン

そこへ登場したのがこの小国製麺Xみかづきのコラボ、家庭で作れるイタリアンなのです!!
これでいつでもアツアツのイタリアンが食べられるので、阿賀野市民はホッと胸をなで下ろしていることでしょう(*^_^*)
ちなみにこのイタリアンの袋麺、全国発売してるそうです!
110215_2.jpg
材料【2人前】
 小国製麺Xみかづきの袋麺1個 もやし1/3袋(80g) キャベツ1/8個 パルメザンチーズ大さじ2
 生姜の甘酢漬け適量 塩・コショウ少々 サラダ油小さじ1

 *用意する材料にパルメザンチーズは入っていませんが、以前に見たTVでみかづきの方が
  イタリアンにはパルメザンチーズが入ってると言ってましたので(^^)
110215_3.jpg
作り方(ホットプレート使用)
 1. 中に入ってる『みかづき監修トマトソース』は湯煎にかける。

 2. ホットプレートを270℃に熱し、サラダ油をひいてモヤシと荒く千切りにした
   キャベツをサッと炒める。
110215_4.jpg
 3. 極太の麺をのせ、ほぐれやすくするため大さじ2ほどの水を差す。

 4. 塩・コショウして炒め、モヤシ、キャベツとよく混ぜる。
110215_5.jpg
 5.6. パルメザンチーズを振り付属の焼きそばソースを絡めて、ソースの焦げる臭いが
   するくらいまでよく炒めたら出来上あがり。
110215_6.jpg
 7. 皿に盛って千切りにした生姜の甘酢漬けを添え、レトルトのトマトソースをかける。
110215_7.jpg
イタリアンには楕円形の皿が似合いますね!
蛤のようなアサリのスープとサラダを付けました(^^)
110215_8.jpg
味はお店のものと変わらない完璧な出来映え!
麺のモチモチ感も完全に再現されています!!

しかし、私にとってはこれが子供の頃からイタリアンなのでなんの違和感もないですが、他県民やイタリア人にとっては『なぜ?』って感じなんでしょうね(^^;
もし、どこかの国にへんてこな日本食があって『ジャパニーズ』などと名前がついていても、文句を言うことなどできませんね〜(*^_^*)
110215_9.jpg
発売から50年の歴史を持ち、新潟ケンミンに愛されてるイタリアンがなぜB-1に出ないのか?
それはB-1の趣旨が『地域に広く愛され、町おこしになっていること』と言う規定があります。
みかづきという単独店舗のみで支持されているイタリアンには、残念ながら出場資格がないんですね〜(>_<)

それでもやはりイタリアンは、新潟っ子にとっては最強のB級グルメなのだと思います!
お近くで見かけた時は、ぜひ、食べてみて下さい(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年02月14日

新潟食の陣に行ってきました

110214_1.jpg
新潟食の陣は年間を通して随時行われていますが、大きな催しは冬、当日座と呼ばれる露天がシナイ会場で開催され、その中の古町会場へ行ってきました(^^)

行ったのはお昼からだったんですが、13日が最終日、ときおり小雪がぱらつくもののまずまずのお天気もあってすごい人出となっていました!
110214_2.jpg
まず最初に行ったのは『新潟かつ丼対決』のブース。
かつてからあった新潟市のタレかつ丼、長岡市洋風かつ丼に、佐渡のブリかつ丼が殴り込みをかけてきたため、大いに盛り上がっています!

洋風かつ丼、タレかつ丼食べたことがあったのでブリかつ丼を選択。
は私が買った直後に完売となりラッキーにもゲットできましたが、午後1時半で売り切れ・・・
人気がありますね〜
おいしいことはおいしいんですが、これで600円は高すぎだと思いました!
110214_3.jpg
隣のブースは『糸魚川ブラック焼きそば』。
スイーツナカシマさんご推薦&伯爵様も来年のB-1本命視の一品だけに、私もこれを目当てに来たと言っても過言ではありません!!

しか〜し!

まだ列に並んでる途中で『完売〜!』の悲しいお知らせ(>_<)
いったん列がなくなったんですが、ブースの中ではまだ作ってる模様!
ちょっと見ていたら『あと18個できました〜』ということでこれも運良くゲットです(*^^)v

いや〜、これは実にウマイ!!
オムそばにしたところが高ポイントで、私も自分で作ってみたくなりました(*^_^*)
110214_4.jpg
うちの妻が『ボルシチ』を購入。
見た感じはジミですが、ゴロンとした柔らかいオージービーフが2切れ入っていました。

右下は『鶏野菜鍋』で、食べてる人のを見たらおいしそうだったのでゲット!
300円でラーメントッピング+100円とあったのでトッピングしました。
そしたら、それを見ていた列のあとの方、みなさんトッピング注文してました(*^_^*)
昨日は気温が低かったのでこういった汁物がしみましたね〜
110214_5.jpg
こちらは買わなかったんですが、海鮮のお弁当&丼。
こーゆーのはやっぱり人気がありますね!
110214_6.jpg
専門学校の生徒さん達もブースを出していて、おいしそうな大きなミルフィーユが700円!
フランスパン100円とともにおみやげとして購入(^^)
110214_7.jpg
新潟バーテンダー協会のブース。今回はすべて日本酒のカクテルでした。
新潟の第一線で活躍するバーテンの方がその場で作ってくれるカクテルが、1杯500円なのでけっこうな人気ブースでした。

シェーカーを振ってる方は、以前に取材でおじゃましたことのあるお店のマスターで、オススメのカクテルを1杯ずついただいちゃいました(*^^)v
110214_8.jpg
最後に訪れたのがこちら中華やさんのブース。
ネットで出店情報を確認していて、刀削担々麺はブラック焼きそばの次に食べたいと思ってたんです(*^_^*)

これで300円、餃子を付けても500円!
味、値段トータルで、私的には刀削担々麺圧勝の新潟食の陣でした\(^O^)/
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年02月13日

瓢湖の散歩

110213_1.jpg
今日は仕事を休みにしまして、なのでいつものお昼ご飯もお休みです(^^;
荒れ模様の予報に反して日中は青空も見られた今日の阿賀野市でした。

朝のうちは曇りでしたが、わんこ達の散歩に瓢湖まで行ってきました。
瓢湖は、白鳥の飛来地として知られている人工湖です。詳しくはこちら→Wiki瓢湖
110213_2.jpg
渡り鳥だけでなく鳶やカラスやアヒルなんかもいるんですが、鳩も何気に人間が撒く餌を狙いに来てるようです。
飛んでる方は足輪を付けてますね〜

この写真を撮った時に、ゴルゴ13がレース鳩の足輪を狙撃した話を思い出しました。
鳩を傷つけることなく飛んでるレース鳩の足輪だけを狙撃、しかも悪天候で鳩は霧の中で見えないって設定なんですが。。。
さいとう先生!いくら何でもそれはフカノーと思われます(^^;
110213_3.jpg
この写真は何をしてるかって言うと、白鳥が鴨をくわえてグリングリンとブン回してたんです。まるでジャイアントスイング状態で何度もやってて面白かったんですが、写真になるとどってことないですね!

こーゆーのは動画が良さそうです。
ちなみにその後鴨は開放され、他の鴨に紛れてましたのでご心配なく(*^_^*)
110213_4.jpg
曇り空と同化しそうな飛んでる白鳥もいちおう撮ってみました。

実はこの写真、突然白鳥が来たためピントだけ合わせて撮ったら、露出がかなりオーバーでした(>_<)
この小さい写真が撮った状態の露出です。
クリックすると同じ大きさになるので比較してみて下さい。

RAW撮影していたため、現像段階で救えたわけです。
伯爵様がRAW撮影を推奨してる理由の一つがわかりますよね(*^^)v
110213_6.jpg
瓢湖脇の公園はまだ雪に覆われていて、通路だけがかろうじて除雪されていてわん達は行ったり来たり走り回って喜んでます(*^_^*)
110213_7.jpg
1枚目を除き、200ミリでの動いてる被写体の練習撮影みたいになりました(^^;)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
今日は料理ではないのでバナーを変えてみました
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年02月12日

ダシダと韓国唐辛子の辛そうでそんなに辛くないおいしい鍋

110212_1.jpg
ダシダって知ってますか〜?
韓国では調味料の代名詞といわれるほどフツーに使われてる調味料だそうで、牛骨エキス、野菜エキスをたっぷりと含んだ牛肉スープの素だそうです。

単純に、スープから鍋物、チャーハンなど、あらゆる料理に使われているダシダと、辛味よりも旨味が強いと言われてる韓国産粉唐辛子をカルディから買ってきました。

今日は天気が冬に逆戻り、雪もちらついてきて寒くなってきたので、ホットな鍋でガツンとあったまって午後からの仕事に臨みます(^^)
110212_2.jpg
材料【2人前】
 豚バラ肉150g アサリ4個 白菜1/8個 大根2センチ 長ネギ1本 ニラ1/4把 小松菜2株
 ゴボウ1/2本 豆腐1/2丁 椎茸3個 

 ダシダ大さじ1 韓国唐辛子大さじ2 水500cc
110212_3.jpg
作り方
 1. アサリは一晩砂出しする。豚バラ肉は薄切りにする。
   ゴボウはささがきにして水にさらしアクを抜く。
   他の野菜と豆腐は鍋で食べやすい大きさに切る。
110212_4.jpg
 2. 鍋に水を入れて沸かし、ダシダを溶かす。
   *ダシダはウェイパーの旨味を濃くした感じ、使える調味料と確信しました!
   ダシダが溶けたら韓国唐辛子を入れる。

 3. 大根、椎茸、豆腐、アサリを先に入れて火を通し、後に野菜と肉を加えて
   火が通ったものから食べていく。
110212_5.jpg
一応コレで出来上がりですが、このスープがウマイのなんの。。。(*^^)v
唐辛子を思い切って大さじ2入れた時は『大丈夫か、オレ?』と一瞬思いましたが、顔に汗がにじむ程度のほどよい辛さです!
カプサイシン効果はバッチリ!!
110212_6.jpg
アサリは、千葉産の小さい蛤くらいのが売っていたのでついつい購入(^^)
口がぱっくり開いてから食べましょう♪
110212_7.jpg
あらかた食べたところでラーメンを投入!
もう一回言いますが、ホントにスープがうまくて飲み干してしまいました!
これからはウェイパーを使おうか、ダシダを使おうか迷ってしまいそうです(^^;
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年02月11日

パンチェッタと根菜類の洋風炊き込みご飯

110211_1.jpg
今日からまた冬型のようですね〜(>_<)
阿賀野市は今のところ降っていませんが、冷え込んできてるので、お昼はあったかメニューにしました。
コンソメ味の、パンチェッタと根菜類の洋風炊き込みご飯です(^^)
110211_2.jpg
材料【2人前】
 米1合 パンチェッタ30g ジャガイモ1/2個 大根1センチ ニンジン3センチ ゴボウ1/4本
 ピーマン1/2個 パプリカ1/4個 ローズマリー2本
 コンソメ2g 塩ひとつまみ コショウ適宜 水180cc
110211_3.jpg
作り方
 1. パンチェッタは5ミリX5ミリX3センチの拍子木切りにする。
   他の野菜は、イメージとしては同じ大きさ、1センチ角の賽の目に切る。
   ゴボウとジャガイモは水にさらす。
110211_4.jpg
 2. 米を研いだら土鍋に入れ、180ccの湯にコンソメを溶いて入れ、塩ひとつまみも入れて
   サッとかき混ぜる。

   1の具のピーマンとパプリカ以外を散らし、ローズマリーを入れて炊き込む。
   最初は中弱火、沸騰してきたら土鍋についてる米を剥がすようにかき混ぜ(こうすると
   ちょうどいいお焦げになる)、コンロのいちばん小さな弱火にして15分炊く。

   炊きあがったら火を止めて、ピーマンとパプリカを入れてフタをし、5分蒸らして
   出来上がり。
   食べる時にお好みでブラックペッパーをどうぞ(^^)
110211_5.jpg
いつまでも湯気が立ちのぼります!
3日続いたモヤシの味噌汁、今日は半分残ったジャガイモとワカメにして、モヤシはサラダにしました。
沸騰したお湯に1分ゆでて冷水に取り、水分を切った後、ゴマ油と塩のみで味付けしたもの。
コレ、けっこういけるんですよね〜(^^)
110211_6.jpg
炊き込みご飯というと、醤油味で和な感じが多いと思うんですが、洋風味付けもソートーにうまいッスよ(*^^)v
入れる具材はお好みでOKだと思います。
ここにシメジかエリンギなどのキノコ系が入るともっとよかったかもしれませんね(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年02月10日

ポークソテー 茜姫ソース

110210_1.jpg
先月もご紹介した山形県東根市の壽屋寿香蔵さんの茜姫ですが、今日はこれをポークソテーのソースに使っちゃいます(^^)
『そんなゼータクな〜』と言う方もいらっしゃると思いますが、前回の茜姫『極上』の他に壽屋さんでは『茜姫みくずれパック』というお買い得品もあり、そちらも送っていただいてたのでそれを使っちゃおうというスンポーです(*^^)v

ブロックの豚ロースが280gあったので、1枚焼いて2人分にしました!
茜姫は2個使ったんですが、果肉がたっぷりなので1個でもよかった気がします。
110210_2.jpg
材料【2人前】
 豚ロース280g 茜姫2個 小ネギ1本 A[醤油大さじ1+1/2 酒大さじ2 ハチミツ小さじ1]
 塩・コショウ少々
110210_3.jpg
作り方
 1. 茜姫は種を取って包丁でたたきペースト状にする。

 2. Aの材料を全部混ぜ、1の茜姫を入れてよく混ぜる。
110210_4.jpg
 3. 豚ロースはよくたたいてところどころ筋切りし、余分な脂身をカットしたもので
   ラードを取り、塩・コショウして中火で焼く。

   焦げ目がついたら弱火にしてフタをし、3分焼いたらひっくり返し、もう片面も
   同じように焼く。

 4. たっぷりと脂が出ていたらキッチンペーパーなどで吸い取り、2で作ったソースを入れて
   ソースが半分くらいに煮詰まれば出来上がり。
   皿に盛って小ネギを散らす。
110210_5.jpg
ソースをフライパンに入れた時から梅のいい香りが漂いだして、待ちきれない感じです(^^)
茜姫のおかげで小麦粉や片栗粉を使わなくてもとろみのあるソースが肉に絡んでくれます!
110210_6.jpg
今日のサラダはキャベツとニンジンとキュウリの千切りサラダにしました。
3日連続モヤシの味噌汁ですね〜(^^;
110210_7.jpg
では、いただきま〜す♪
ん〜〜、まいう〜(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m
******************************

茜姫のご注文は
壽屋寿香蔵
http://akanehime.com/

和スィーツ茜姫さんのブログ
寿香蔵通信
http://blog.akanehime.shop-pro.jp/

******************************

「売れる」ホームページの商品写真撮影と作成|TWINS WEB PHOTO
http://t-webphoto.com/

******************************

2011年02月09日

炙り鉄火丼②

110209_1.jpg
炙り鉄火丼。同じものを過去にエントリーしているので『②』としました。
もう少しで卒業アルバムの製作も完了!ゴールが見えてきましたが、今日のところはまだ短縮お昼休みにしました(^^)

先回もこのメニューは時間がない時にやっていたらしく、そういう時は同じことを考えてしまうんだな〜と思った次第です(^^;
材料写真はあまりにも寂しいので、一緒に作ったキンピラの材料、ゴボウとニンジンも入れました!
110209_2.jpg
材料【2人前】
 キハダマグロ サク300g 海苔1/2枚 小ネギ1本 ワサビ適量 酢飯1合分

 *海苔の後ろに写ってるのがワサビですが、以前、いづみやさんからいただいたもの。
  ちょっと日にちが経ってるのでどうかと思いましたが、全然しっかりしていて、
  ジップロックのポテンシャルを改めて見せつけられた感じです(*^_^*)
110209_3.jpg
作り方
 1. 刻み海苔がないのでハサミで刻んで作る。
   小ネギは小口切りにして、ワサビは皮を剥いて鮫皮おろしでおろす。

 2. フライパンを中弱火に熱し、油をひかずにマグロのサクを各面1分半ずつ4面焼く。
   焼き上がったら冷水で熱を取り、水気をよく取って7ミリくらいの厚さに切る。
   丼に酢飯を盛って海苔を散らし、切ったマグロを並べて小ネギを散らす。
110209_4.jpg
写真は1合分のご飯、つまり2人前を1つの丼に盛ってます!
ご飯が1人前半合なので、それだと格好つかない場合が多く、丼物はとりあえず2人前で盛ることが多いんです(^^;
110209_5.jpg
一緒に作ったキンピラ。
ゴボウとニンジンの他にセロリ入り!
2日分のつもりで作ったんですが、あまりにおいしく完食しちゃいました(^^)
110209_6.jpg
キハダマグロのサクが578円、全部入れても800円程度ですが、酢飯に刺身にワサビって、スッゲーゼータクな気分に浸れます(*^^)v
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年02月08日

鶏のカレー天ぷら 安納芋の天ぷら

110208_1.jpg
揚げ物は、準備さえしてあれば簡単な部類に入る料理だと思ってます。
中でも天ぷらは、天ぷら粉を使えば、最も簡単な揚げ物と言えるかと思います!
天ぷら粉を溶く水は冷水がいいのですが、冬場は氷がなくても冷水なので、ここもカンタンポイントに上げられるかと。。。(*^^)v

鶏肉を天ぷらにする場合は胸肉かササ身がオススメ。
冷めてもおいしい胸肉と、先日のエントリーでも登場した安納芋、さらに椎茸とゴボウを天ぷらにしました(^^)

↓↓↓の素材写真、カレー粉と間違えてからしを並べちゃいました(゜◇゜lll)
まぁ、カレー粉だと思ってご覧ください(笑)
右に写ってるジャガイモかキウイにしか見えないものが、安納芋です。
撮影はちっちゃいのを2個並べましたが、調理は一番大きいのを1個使いました。
110208_2.jpg
材料【2人前】
 鶏胸肉150g 安納芋大1個 椎茸4個 ゴボウ20センチ カレー粉大さじ2 天ぷら粉1カップ
 塩・コショウ少々 
 天つゆ、抹茶塩など
110208_3.jpg
作り方
 1. 鶏肉はそぎ切りにして塩・コショウを振る。
   ゴボウは5センチの長さに切って縦に4等分し、水にさらしてアクを抜く。
   椎茸はじくを取り、表面に影包丁を入れる。
   安納芋は3ミリ厚くらいにスライスする。(手前のオレンジ色のが安納芋)

 2. 鶏肉にカレー粉をまぶす。
   天ぷら粉に冷水を入れてざっくりと混ぜ、170〜180℃の油で揚げていく。
   カレー味の付いてる鶏肉は最後に揚げる。
110208_4.jpg
天つゆを作ってる時間がなかったので、岩塩と抹茶塩でいただきました!
塩で食べる天ぷらがけっこう好きだったりします(*^_^*)

鶏以外ではゴボ天が実にウマイですね〜
安納芋も、焼き芋にした時とは違ってサツマイモの芋天に近い食感!
でもって甘さは抜群です!!
椎茸も負けずにウマイ!
つまり、みんなおいすぃ〜ってことデス(*^^)v
110208_5.jpg
鶏肉は、比較的強めに塩・コショウすればそのまま食べられるし、ツマミにもいいですよ!
生野菜をしっかり食べるのもお忘れなく(^^;
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年02月07日

五十嵐邸ブライダルフェア 2011②

110207_1.jpg
昨日、五十嵐邸において冬のブライダルフェア第2弾が開催されました。
1月の時よりも雪は無くなりましたが、昨日は放射冷却の影響か、朝からスゴイ霧に覆われた阿賀野市内。郊外は10メートル先の視界もないほどでした(◎-◎;)

そんな中、たいへんありがたいことに、20組以上のご来館のお客様が来てくださり、スタッフ一同一生懸命対応させていただきました!!
110207_2.jpg
前回巨大つららがあった場所も、ご覧の様子。
しかし、庭に積もった雪が解けるのはまだもうちょっと先のようです。
110207_3.jpg
今回は『和』を中心としたブライダルフェア。
館内各所も『和』のイメージで統一されています。
模擬挙式も、小物等をプチリニューアルした本殿で行われました。
110207_4.jpg
五十嵐邸から本殿への通路。
巫女がお二人をお迎えに行き、参進します。
列席者の方々は、五十嵐邸の日本庭園に面した廊下から、晴れていれば通路の脇から、お二人の参進を見届けます。
110207_5.jpg
参進は、神前結婚式の際、必ず行われるというものではないので、詳しくは各担当プランナーにお問い合わせください。
110207_6.jpg
ご来場の皆さまにあいさつする、五十嵐邸総支配人古田常務。
右はフリーアナウンサーの村山恵美さんです。
110207_7.jpg
模擬披露宴では萬代太鼓飛龍會の圧巻の演奏も披露されました。
毎回言ってますが、和太鼓が五十嵐邸の雰囲気にマッチしています!!
110207_10.jpg
ご来場の中の、1組のカップルの方に鏡開き体験をしていただきます。
和の式場である五十嵐邸では、鏡開きを選ばれる方はとても多いんです。
110207_8.jpg
今回モデルをやって下さった聡(Satoshi)さん、千恵(Chie)さんご夫妻。
昨年の12月に五十嵐邸でご結婚された、ほやほやの新婚さんです(*^_^*)
聡さん、千恵さん、どうもありがとうございました!!
110207_9.jpg
ブライダルフェアにご来館されると、特典がいっぱい!
ご来館の皆さまにもれなく、五十嵐邸オリジナルパンかビール、オリジナルグッズが当たるくじ引き、予約をしていただくと無料試食や和装試着とかつら体験などもできます。

そして、ご来館の後ご成約された場合の特典として、毎回何かがあります!
今回のご成約特典は、披露宴での鏡開きのサービスでした(*^^)v

次回は模擬挙式・披露宴はありませんが、3月13日 3月27日 4月3日 4月10日にプチブライダルフェアを予定しています。

ご来館、無料試食のお問い合わせはこちらから↓↓↓

五十嵐邸ガーデン
http://www.swanlake.co.jp/main/
〒959-1944
新潟県阿賀野市金屋340-5
TEL:0250-63-2100 / FAX:0250-63-1600
人気ブログランキングへ
↑↑↑ポチッとしていただけると、料理ランキングにも反映されます。
どうかよろしくお願いしますm(__)m

2011年02月05日

ツナと水菜のパスタ 桃ラートッピング

110205_1.jpg
今日も買い物ナシでがんばりました!
このままいつまで買い物しないで作れるか、やってみたい気もしますが・・・やめときます(^^;

ツナと水菜だけのパスタにしようと思ったんですが、芽キャベツやエリンギもあまっていたので、それらも入れて作りました。
またまた桃ラートッピング!使いすぎでしょうか?(^^;

ツナはノンオイルタイプのものだったのでオリーブオイルを使いましたが、オイル漬けならそのオイルを使ってもいいかもしれません。
110205_2.jpg
材料【2人前】
 パスタ160g ツナ缶1缶 ニンニク1カケ エリンギ1本 水菜1/3把 芽キャベツ3個
 塩小さじ1/3 コショウ少々 オリーブオイル大さじ2 パスタのゆで汁お玉2 桃ラー適量
110205_3.jpg
作り方
 1. 水菜は長さを5等分にして、エリンギは半分に切って2ミリくらいの短冊に。
   ニンニクはすりおろすかクラッシャーで潰す。

   芽キャベツはパスタと一緒に6分ゆでる。
   パスタは標準ゆで時間の2分前にセットしてゆで始める。

 2. フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れ、弱火にかける。
   焦がさないようにしながら香りが出るまで炒める。
110205_4.jpg
 3. 中火にしてエリンギを入れ手軽く塩・コショウ、サッと炒めたらツナを加え、
   パスタのゆで汁を加えて強火にし、乳化させる。
   塩でしっかりと味付けする。

 4. ゆで上がったパスタと水菜(飾り用に少し残す)を加えてよく絡めたら出来上がり。
   半分に切った芽キャベツを盛り付けて桃ラーをトッピングする。
110205_5.jpg
材料からして醤油味で和風パスタでもよかったんですが、桃ラーをトッピングにするため、シンプルな塩味にしました!
これが正解だったようで、うまかったです(*^^)v
110205_6.jpg
コンソメスープは、白菜と、沈んで見えませんが生姜の千切りのコンソメ。
生姜の香りがすごく、香りだけで温まる感じがしちゃいました(^^)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年02月04日

豚ロース ロール生姜焼き

110204_1.jpg
もし私が家庭の主婦ならば、生姜焼きは、リクエストされたら一番嬉しい料理の1つかもしれません!
なぜって?カンタンだからです(*^_^*)

冷凍庫にはまだ、豚ロースの薄切りなどがあったので、買い物に行かずに作れました!
生姜の存在感をたっぷり味わえる、ロース生姜焼きです。

去年の3月にも作っていて、わりとインパクトのある生姜焼きなので覚えてる方もいらっしゃるかもしれませんね(^^)
 2010年03月20日エントリー 豚ロースのロール生姜焼き
110204_2.jpg
材料【2人前】
 豚ロース薄切り8枚 生姜40g 小麦粉適量 塩・コショウ少々 白ゴマ適宜
 A[酒大さじ2 みりん大さじ1 醤油大さじ1 ハチミツ小さじ1]
 エリンギは付け合わせ、他の野菜はサラダ用です。

 *タレはチャーシューのゆで汁がまだあるのでそれを使いました。
110204_3.jpg
作り方
 1. ロース肉の並べて端の方を少し重ね、小麦粉を振って軽く塩・コショウする。
   重ねた部分を包丁の背などでたたいておくと、はがれにくくなる。

   皮をむいた生姜を千切りにして肉の上に並べ、手前から巻いていく。
   巻いた肉にも塩・コショウし、小麦粉を薄く付ける。

 2. フライパンに油をひき、巻いた端っこの部分を下にして中火で焼く。
110204_4.jpg
 3. 全体に焦げ目が付いたらフライパンの空いてる部分にエリンギを入れ、
   弱火にしてフタをして5分ほど蒸し焼きにする。

 4. フタを取って再び中火にし、Aのタレを合わせたものを入れて転がしながら煮詰める。
   タレが1/3程になり、とろみが付いてきたら出来上がり。
   皿に盛ってゴマを振る。
110204_5.jpg
ちょっと急いで作ってるので、去年の方が見た目はいいですが味は問題ありません!
この生姜焼き、やっぱウマイっす(*^^)v
110204_6.jpg
フライパンのタレは残さずかけましょう。
このタレがしみたご飯だけで、一膳くらいいけちゃいますから(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年02月03日

冷蔵庫整理の鍋

110203_1.jpg
しばらく寒い日が続いていたのでいつ鍋にしようかと思っていたら、寒さも一段落しちゃいましたね(^^;
週間予報も久しぶりに雪だるまマークから解放されました!!

今日も昼はあまり時間が取れないため、冷蔵庫にちょっとずつハンパに残ってる材料をフル動員して鍋にしました。カンタンだし(^^)
110203_2.jpg
材料はハンパに残っていた鶏モモ肉、豚バラ、コンニャク、椎茸、ニラ、ゴボウ、水菜、白菜、三つ葉、ネギ、大根と、どうしても食べたかったので厚揚げだけ走って買ってきました(^^;

写真にはないですが、鶏胸肉だと思って解凍した豚ヒレ肉があって、解凍しちまったから入れてしまおうとゆーことでそれも入れたら、鍋に豚ヒレ、意外なおいしさでした(*^_^*)
110203_3.jpg
味付けはウェイパーのみ!
肉と椎茸、ゴボウ、コンニャク、厚揚げなんかを先に煮て、葉物系は入れながら食べます。
大根は鬼おろしでおろしてみぞれにしました。
110203_4.jpg
あらかた具を食べてしまったらご飯を投入。
溶き卵を溶いて桃ラートッピングの雑炊です。
これがウマイ!
110203_5.jpg
桃屋とS&Bを食べ比べてみましたが、私的には桃屋の方がウマイですね!
それも、けっこうな差を感じます。

一気に冷蔵庫がスカスカ!なかなか気持ちがいいものですね(^^)
明日はお昼を作るなら、さすがに買い物は行かないとムリかな〜
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年02月02日

メンチカツ定食

110202_1.jpg
中学校の卒業アルバムの締め切りが迫ってきたため、お昼時間を短縮してやっています。
そのため来週アタマくらいまで、お昼を作る、写真を撮る、というのが手抜きな感じになると思いますがご容赦ください。

なるべく更新はしようと思いますが、更新が止まったら『アッ!アイツ、テンパッたな!』と思ってください(*^_^*)
110202_2.jpg
今日は買い物にも行けず、冷蔵庫の整理メニューです。
そんなわけでレシピも今日は割愛。
まぁ、写真を楽しんでください(^^;

冷凍庫に、だいぶ前に仕込んであったハンバーグがあったので解凍し衣をつけて揚げました。
肉汁が出てこないようしっかりと衣をつけて、じゃっかん低めの油で揚げます(^^)
110202_3.jpg
一応がんばってサラダ、味噌汁付き!
ゆで卵は2,3日前に作ったのがあったので付けてみましたが、ゆで卵付きのサラダはけっこう好きです(*^_^*)
110202_4.jpg
こちらはKayo-Pリクエストでメンチカツバーガー。
見た目はロースカツバーガーと何らかわりがないですね〜(^^;

日曜日に私一人でロースカツバーガーを食べたのを見て、L-チキバンズを買ってきました。
食べたかったみたいですね(^^)
110202_5.jpg
こちらもKayo-Pが買ってきた食後のおやつ、種子島特産の安納芋(あんのういも)
色といい小振りな形といい、ジャガイモかと思いましたが、しっかりサツマイモ系でした。

事務所2Fは石油ストーブがあるので、安納芋を濡れた新聞紙で巻いてアルミホイルでくるみ、ストーブの上に30〜40分放置。
110202_6.jpg
ホックホクに焼き上がりました(*^^)v
サツマイモより柔らかく、クリーミーで甘味もあるおいしい芋です!
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年02月01日

豆乳クリームパスタ 温玉カルボナーラ

110201_1.jpg
昨日は豆乳クリームシチューをワリと多目に作ったんですが、おいしかったのでついつい完食してしまいました(^^;
ルウが少し残ったので、豆乳でちょっとのばしてパスタソースにします!

材料【2人前】
 パスタ160g 残りのシチュールウ約1.5カップ 豆乳100cc パンチェッタ50g タマゴ2個
 塩・コショウ少々 パルメザンチーズ適宜 コンソメ少々 オリーブオイル大さじ1
110201_2.jpg
作り方
 1. パスタを、標準ゆで時間の2分前にセットしてゆで始める。
   フライパンにオリーブオイルと細長く切ったパンチェッタを入れて中火にかけ、
   カリカリになるまで炒める。

 2. シチューのルウを入れて豆乳でのばし、なめらかなソースにする。
   ゆで上がったパスタを絡めて温玉をのせ、ブラックペッパーを挽いて
   パルメザンチーズをかける。

 *温玉の作り方
   とんすいなどの小さな容器に水を張り、タマゴを割り入れる。
   電子レンジで加熱する。
   私のレンジだと1分10秒でジャストでした!
   もう10秒加熱したら固くなるという微妙なラインがあるので、それぞれのレンジで
   チャレンジしてみてください(*^_^*)
110201_3.jpg
なんか物足りないと思ったら、ブラックペッパーを挽くのを忘れて撮影しちゃいました(◎-◎;)
大根のサラダと、サラダに使った大根の皮はコンソメスープに入れました。
110201_4.jpg
こちらはブラックペッパーを忘れずに撮りましたよ〜
温玉を崩して混ぜ混ぜすれば、バッチリ、カルボナーラです(*^^)v
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

最近のエントリー

  1. サーモンピカタ
  2. 2月27日ご結婚のお二人 2011
  3. 回鍋肉(豚肉とキャベツの辛味噌炒め)
  4. 野菜消費メニュー第2弾 あんかけ焼きぞば
  5. タジン鍋で蒸し野菜
  6. スワンレイクビール バーレイ ビーフシチュー
  7. 塩沢紀行Vol.1 塩沢牧之通り散策②
  8. 塩沢紀行Vol.1 塩沢牧之通り散策①
  9. 塩沢紀行Vol.2 薪と石
  10. 宮崎完熟きんかんの撮影
  • Powered by
    movabletype_banner.gif
  • Template by drblog.gif
  • Server by moover_banner.gif