サイト内検索


2011年04月30日

4月29日ご結婚のお二人① 2011

0430wedding01.jpg
4月29日にご結婚のお二人は、新潟市出身の新郎裕一(Yuichi)さんと、田上町出身の新婦直見(Naomi)さんです。

たいへんおめでとうございます\(^O^)/
(画像はすべてクリックで拡大します)
0430wedding02.jpg
お二人は五十嵐邸の敷地内にあるレストラン、スワンレイクブルワリーで挙式・披露宴をされたのですが、ブルワリーと五十嵐邸は庭続きになっています。
当日の朝、五十嵐邸の枝垂桜の前で撮影です!
0430wedding03.jpg 0430wedding04.jpg
お二人はスワンレイクブルワリーのガーデンで人前挙式をされました。
朝からときおり雨がぱらつく天気でしたが、挙式の時にはときおり日射しも見えるように。
その後も降ったり止んだりでしたが、雨にじゃまされることなく披露宴も行えました!

右は誓いのキスシーン。
スワンレイクブルワリーは屋上があるのでそこから俯瞰撮影が出来ます。
こちらの撮影はスタッフKayo-Pによるもの(^^)
0430wedding05.jpg
フラワーシャワー。
ご列席の皆さま、大量の花びらを持ってお二人にかけていたので写真的にはとてもいい感じでありがたかったです(*^^)v
0430wedding06.jpg
裕一さんは新潟市秋葉区にある(有)オートチェンジでクルマの整備・修理マネージャーをされているんですが、直見さんも同じ会社にお勤めだったことがありそれがお二人の出会いでした。
0430wedding07.jpg
しかし、お付き合いが始まったのは直見さんが退職されてから。。。
顔を合わせる機会が何度かあり、徐々に親しくなっていったそうです(^^)
0430wedding08.jpg 0430wedding09.jpg
ケーキカットは特製の和菓子ケーキ。
その後、ミニ鏡開きが行われました!
0430wedding13.jpg 0430wedding10.jpg
左:スワンレイクブルワリーの階段踊り場から撮影。
画面右のカウンターの奥が地ビールの醸造部屋になっていて、巨大なタンクがあるのを見ることが出来ます。
もちろん、五十嵐邸で出してる地ビールもここで作っています。

右:ビールサービスのため庭から入場するお二人。
重量が12〜3kgあるビア樽を担いで皆さまにサービスです(^^;
0430wedding11.jpg 0430wedding12.jpg
左:ご来賓の(有)オートチェンジ社長様ご夫妻にサーブするお二人。

右:直見さんのいとこさん達による余興。
従兄弟の皆さんもミニスカートで。。。(◎-◎;)
ですが、完璧な振りでAKB48を熱演!
熱狂的オタク役の方もいる徹底ぶりで、これには会場大ウケでした!!
0430wedding14.jpg
お二人は、これからさらに絆を深め、お互いに安心できる家庭を築きたい。
将来年をとったら二人でのんびりとお茶を飲めるようなほのぼのとした夫婦になりたい。
そんな家庭像を描いておられるようです!

どうぞ末永くお幸せに〜(*^_^*)
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたらどちらかをポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年04月28日

チキンのトマト煮小松菜入り

0428chikentomato01.jpg
なんか久々に昼飯作ってる感じなんすけど、また連休になると作れない日々が続きそうです(^^;
とりあえず連休前にダメになってしまいそうな野菜類は食べておかないとだし、Kayo-Pがデカイ米ナス買ってくるし、鶏モモ肉が1枚あるしと言うことでチキンのトマト煮にしました。

これもまぁ、カンタンで失敗のない料理ですから、作ったことのない方はぜひこの際レパートリーに入れておくといいかと。。。(^^)
0428chikentomato02.jpg
材料【2人前】
 鶏モモ肉240g トマト缶300g(3/4缶) タマネギ1/2個 ニンジン1/2本 米ナス1/4個
 ピーマン1個 小松菜1把 塩・コショウ少々 オリーブオイル大さじ1 
 コンソメスープ100cc(100ccの湯に顆粒3gを溶かしたもの) ブラックペッパー・塩適宜
 ローリエ2枚 パルミジャーノ適量

*最初にニンニクを炒めて入れるといいのですが、明日がブライダルのためニンニクなしバージョンで作りました。
0428chikentomato03.jpg
作り方
 1. タマネギ、ニンジン、ナス、ピーマンは乱切りにする。
   ナスはキッチンペーパーの上で塩を振って、余分な水分とアクを抜く。
   (使う際に軽く絞ってやるといい)

   鶏肉はぶつ切りにし、小松菜は4等分に切る。
0428chikentomato04.jpg
 2. フライパンにトマト缶をあけ中火〜弱火で1/3くらいの量になるまで煮詰める。
   最後にオレガノを一降り。この煮詰める作業を最初にやってもOK!

 3. 別のフライパンにオリーブオイル熱し、塩・コショウしながら鶏肉を炒める。火は強火。
   鶏肉に焼き壁が出来たらタマネギとニンジンを炒める。
0428chikentomato05.jpg
 4. タマネギとニンジンに少し焦げ目が付くくらいになったら2のトマトソースを入れる。

 5. コンソメを入れて混ぜ合わせ、塩で味を調え、粒のままのブラックペッパーとローリエを
   入れて弱火にし、フタをして10分煮込む。
0428chikentomato06.jpg
 6.7. ナス、小松菜、ピーマンを加えて、小松菜がしんなりしてきたら薄くスライスした
   パルミジャーノをのせ、溶ければ出来上がり。
0428chikentomato07.jpg
お好みでタバスコを振って。
サラダ、味噌汁付き(*^^)v
0428chikentomato08.jpg
ワリと野菜たっぷりなのにサラダまで付けたのは、やはり連休前という事情から。。。
撮影のない日もあるので連休中も2回くらいは作れると思うんですが未定なので、足の速そうなもので冷凍できないのは近日中に消費します!
0428chikentomato09.jpg
パルミジャーノって結構伸びるんですよね〜(*^_^*)

明日はブログもFBもまったくお休みの1日となりそうです。
みなさんもGWは忙しい方が多いことかと思われます!
がんばりましょう!!
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年04月27日

Facebookプチオフ会in新潟

昨日は夕方から飲み会が入っていたため、いつもより本気モードで仕事をしていました。
それでも時間は足りず、ブログアップもFacebookの訪問もどちらも断念しました(>_<)

4月24日に入った木仙人さんのコメントが22,222番目のコメントとなりました!
過去1万、2万目を自分で踏んでいたため、今回は踏まないように気をつけていました。
木仙人さん、おめでとうございます!
そのうち何かいいことある。。。かもしれません(*^_^*)

多くのコメントをくださる皆さまに改めて感謝いたします。
ありがとうございますm(__)m
0427FB_OFF01.jpg
さて、昨日はブログつながりでのメンバーの飲み会となったわけですが、全員がFBをはじめているので、FBオフ会でもどっちでもいいや!って感じです(^^;

伯爵様が新潟へ来るという情報をいち早くキャッチしたたぬちゃんさんが、『ゼッタイに会いたい』と言って自らセッティングした会です。

左奥からアゴスさん、辻川さん、Kayo-P、私(手だけ)
右奥から笹団子さん伯爵様いづみや女将さんたぬちゃんさん

辻川さんは商工会の指導員でITに強い方です。阿賀野塾創設の立役者で水原→荒川→笹神の各商工会でIT導入の事業主の支援を行ってくれています!

新潟駅前の『いかの墨』というお店でした。
0427FB_OFF02.jpg
お通しが炭火焼きというインパクト!
数種類の中から1個を選びます。
私はツブ貝にしました。
右はオコゼの姿揚げ。
0427FB_OFF03.jpg
村上牛メンチカツ。
たいへんおいしゅうございました!
0427FB_OFF04.jpg
伯爵様
まだ酔ってませんよ〜(*^_^*)
0427FB_OFF05.jpg
女子はちょっとソフトに加工。
いづみや女将さんとたぬちゃんさん。
私の位置からピンで狙えたのがこの3人(^^)
0427FB_OFF06.jpg
このシャルドネ、うまかった〜
安いのを注文したのに店の人が間違って高い方を出してしまった!
ラッキーなことに料金は安い方のでOKと言われました(*^^)v
0427FB_OFF07.jpg
ちょっと酔っぱらってきてテンション高めのトークに突入。
フェイスブックの話、ブログの話、ブログで交流はあるけど実際にあったことのない人はどんな人なのか・・・など、伯爵様へ質問が飛びます!
0427FB_OFF08.jpg
寿司と卵焼き。
卵焼きを食べたのは覚えてるんだけど、寿司が。。。
このへんから私の記憶は曖昧になっていっちゃったようです(^^;
0427FB_OFF09.jpg
かぶりつき有機野菜・・・だったかな?
これは覚えてる!
0427FB_OFF10.jpg
最後はセクハラにもめげずVサインの伯爵様。
この写真、撮った記憶ナシ!!

撮影データ
EOS5DMark2
16-35F2.8
50MacroF2.5
ISO2500 絞り開放 シャッター1/30〜1/125秒
ストロボなし
ホワイトバランス プリセット(室内の白いおしぼりに設定)
RAW撮影の後じゃっかんの微調整
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年04月25日

4月24日ご結婚のお二人 2011

0425wedding10.jpg
4月24日にご結婚のお二人は、新発田市出身の新郎光彦(Mitsuhiko)さんと、新潟市北区(旧豊栄市)出身の新婦友紀(Yuki)さんです。

たいへんおめでとうございます\(^O^)/
(画像はすべてクリックで拡大します)
0425wedding02.jpg
お二人は挙式前々日の金曜日に前撮りされました。
そして挙式は日曜日。
こちらでは間の土曜日が雨だったのですっかり天気に恵まれたお二人、当日の朝にお会いした光彦さんは『運を使い果たしたかも〜』とかなり上機嫌でした(^^)

葉が少し出てきたものの、桜もこの見事さ!
季節のロケーションもバッチリでした(*^^)v
0425wedding03.jpg 0425wedding04.jpg
お二人は五十嵐邸本殿にて、神前挙式を挙げられました。

会場に五十嵐邸を選んだことを話してくれたんですが、光彦さんは東京で仕事をされていて東京在住。
地元の親友であるスワンレイクビール醸造の渡邊さんと話をしていた時に『ウチも結婚式やってるぞ』と言われ、『じゃ、どんなモンか見てやっこて〜』と言って五十嵐邸に来館され、一発で気に入ってしまってその日のうちに決定してしまったんだそうです!

決断の早いオトコって、いいッスね(^^)
0425wedding05.jpg
日本庭園も桜をはじめいろんな花が咲いてきました。
お二人の右奥に白くぼけているのは木蓮です。
0425wedding06.jpg 0425wedding07.jpg
その日本庭園での鏡開きから披露宴がスタート。
乾杯も日本庭園にて行われ、ご列席の皆さまもこの趣向には感動していらっしゃいました!
0425wedding08.jpg
お二人の第一印象ですが、

光彦さん→友紀さん『よく笑う子だな〜好みのタイプ♡』
友紀さん→光彦さん『よくしゃべる、おもしろい人だな〜』

だったそうです。

どちらの第一印象も『まったくその通りだな〜』と感じた私でした(*^_^*)
0425wedding01.jpg
控え室でのこのようなカットは前撮りをされた場合にのみ撮影が可能です。
私としても好きなカットで、色補正などのレタッチをし、時間をかけてこの1枚を作り上げています!
0425wedding09.jpg
日本庭園にある枝垂桜の前で。
こちらもちょうど見頃になっていて、白ドレスで撮るととても映えますね(^^)
0425wedding11.jpg 0425wedding12.jpg
お色直し入場後はケーキカット。
そのあとにキャンドルサービス。
メインキャンドル点火に合わせてドラゴン花火が上がったのはご列席の皆さんにはサプライズでした!
0425wedding13.jpg
ドレスをもう1点着られた友紀さん。
ターコイズブルーの鮮やかなドレスがステキすぎますね(*^_^*)

前撮りでポーズ写真を撮ったあとのOFFな1枚。
本命のカットよりもこちらを採用です!
0425wedding14.jpg
日本庭園からの入場はお姫様だっこで(*^_^*)
ご列席の皆さまから『まだまだ〜』とか『もう一回』とか声がかかり、光彦さん、そーとーがんばってました!
0425wedding15.jpg 0425wedding16.jpg
友人代表スピーチでは光彦さんの友人北野様はバンザイで盛り上げ、友紀さんの友人池田様は友紀さんの涙を誘うトークでホッコリさせてくれました。
0425wedding17.jpg
結婚にあたってお互いへのメッセージもありました。

光彦さん→友紀さん『まぁ、時に思いつきで行動することもあるけれど、テンション高めで付
          いてきてください。笑いの絶えない家庭にしよう!』
友紀さん→光彦さん『ちょっと怒りっぽい私だけど、これからは穏やかに逝くようにするね。
          信頼してずっとついていくから、明るくて幸せな家庭をつくろうね』

とのことです。
いつでもこのブログに来て思い出してください!
どうぞ末永くお幸せに〜(*^_^*)
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたらどちらかをポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年04月24日

越後姫の撮影

0424echigohime01.jpg
ちょっと前に撮ったものなんですが、同じ阿賀野塾仲間の、八百源のしげちゃんからの依頼で越後姫の最高級バージョンを撮影しました!

新たにホームページを作るためとのことだったんですが、このたびそのHPがだいたい出来上がったので、写真を公開してもOKとなったわけです(^^)

今日の写真はすべてクリックで拡大します。
0424echigohime02.jpg
黒バージョンも撮りました。
バナー使用ということですべて横位置です。

越後姫はその名の通り、新潟の特産イチゴです。
新潟のフルーツは他にも梨、桃、ぶどうなどの産地があって、時期になるとそれはそれはウマイものですよ〜(*^_^*)
0424echigohime03.jpg
こちらの越後姫は上下とも、弾力のある柔らかいビニールのようなものが付いてケースに入っていて、横から見ると宙に浮いた感じになっています!

これだと配送中に振動などで傷ついたりする心配がありませんね!
よく考えられたケースです(*^^)v
0424echigohime04.jpg
手との比較で巨大さがわかるかと思います!
通常の大粒イチゴの3倍くらいはありますかね〜(◎-◎;)
0424echigohime05.jpg
以前にトマトでも使った構図です。
これからどんどんいろんなフルーツが旬を迎えてきますね!
そのまま食べたり料理に使ったりと、楽しみが増えます(*^^)v
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m
******************************

八百源さんホームページ
旬のフルーツ
http://www.shun-fruits.com/

******************************

「売れる」ホームページの商品写真撮影と作成|TWINS WEB PHOTO
http://t-webphoto.com/

******************************

2011年04月23日

豚ロース生姜焼とがんもどき 生揚げと小松菜の炒め物

0423teishoku01.jpg
先日、妙高市の『とうふ工房矢代』さんの商品撮影をしまして、そのときに矢代さんの商品をたくさんいただきました。
その中からがんもどきと生揚げを今日のお昼に使わせていただきました!

生揚げは小松菜と炒め、がんもどきはオーブントースターで焼いて大根おろしと生姜でいっちゃいます!
前回いただいた時はダシ汁で炊いてみたんですが、カリッと揚がったがんもの表面を見ていたら『焼いてサックリ食べるのがいいかな?』と思ったわけです(^^)

 ちなみに前回の掲載→椿じゃないよ ONI-YACCO

これだけだとどうしても『日本酒持って来〜い!』的なメニューになってしまうので、カンタンに生姜焼きも焼いたとゆーワケです(^^;
0423teishoku02.jpg
材料『2人前』
生姜焼き
 豚ロース240g 生姜1カケ 塩・コショウ少々 片栗粉小さじ1 タレ*[酒大さじ2
 みりん・醤油各大さじ1 砂糖小さじ1/2] サラダ油大さじ1
 レタス、水菜、トマト

生揚げと小松菜の炒め物
 生揚げ1枚 小松菜2把 塩・コショウ少々 花カツオ適宜 ごま油大さじ1
0423teishoku03.jpg
厳選国産大豆使用のがんもと生揚げ。
こちらのがんもはいろんな具が入っていてホントうまいんです!
4個入りなんですが2個は先に食べてしまいました〜(^^;
生揚げはツルッツルの絹ごし豆腐で作ってあってなめらかな食感が。。。
0423teishoku04.jpg
作り方
生姜焼き
 1. 豚ロースは塩・コショウして片栗粉を薄くまぶす。

 2. フライパンにサラダ油を弱火で熱し、肉を両面に焦げが付くくらい焼く。
   (弱火で焼くと肉が縮みにくいので。。。)
   おろした生姜とタレ*を合わせたものを入れて肉によくまぶし、とろみがつくくらい
   煮詰まったら出来上がり。
0423teishoku05.jpg
サラダと一緒に皿に盛る。
0423teishoku06.jpg
作り方
生揚げと小松菜の炒め物
 1. 生揚げは表面の油を切って水気を拭き取り、1センチ×3センチくらいに細長く切る。
   小松菜は全体を4等分(大きければ5等分)する。

 2. フライパンにごま油を強火で熱し、生揚げと小松菜の茎を塩・コショウしながら炒める。
   生揚げにうっすら焦げ目が付いてきたら小松菜の葉の部分を入れて炒めて
   しんなりすれば出来上がり。
0423teishoku07.jpg
皿に持って花カツオをかけ、生醤油で。
0423teishoku08.jpg
がんもどきはオーブントースターで、途中ひっくり返して8分。
大根おろしと生姜、醤油少々をかけて。
0423teishoku09.jpg
がんもだけ持ち上げカット(^^)
ニンジンやひじきもいいんですが、やはりこの大豆がうまいんですよ〜
外はサクサク、中はフワフワ、ただ焼いただけってのもいいですね〜〜
やっぱ、日本酒欲しくなるわ(^^;
0423teishoku010.jpg
いつもよりだいぶ豪華になっちゃいました!
生揚げはホント絹のなめらかさ!
味噌汁にも少し入れたんですが正解でしたね(*^^)v

沼倉さん、たいへんごちそうさまでしたm(_ _)m
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m
******************************

とうふ工房矢代ホームページ
http://www.toufu-yashiro.com/

とうふ工房矢代 マメなブログ
http://www.toufu-yashiro.com/yashiroblog/

******************************

「売れる」ホームページの商品写真撮影と作成|TWINS WEB PHOTO
http://t-webphoto.com/

******************************

2011年04月22日

郡山十割蕎『石乃花』

0422soba01.jpg
昨日の三春滝桜ツアー、滝桜を見る前に昼食に寄ったお店の紹介です。
『石乃花』というそば屋さん。

郡山は二八蕎麦が多いらしいのですが、このツアーを企画した十割蕎麦好きのグルマーな友人が食べログやブログなどの評判を調べ、『ここは絶対ウマイはず!』と割り出したのがこちらのお店でした(^^)
0422soba02.jpg
山に行くような細い道からさらに脇道に入った、立地的にもなにやら期待させるような場所にありました!

左の写真はお店に上がっていく階段から撮ったもの。
お店の周りには山野草や山菜とおぼしき植物が生え、青のネットの中には鶏を飼っています。
後ほど登場するタマゴが、こちらの自家製というわけです(^^)
0422soba03.jpg
蕎麦が出来てくるまでは、日本酒の冷やで待つのが正統派と思われます!
私は一切運転しなくてもいい人だったので遠慮なくやっちゃいました(*^_^*)
0422soba04.jpg
こちらがオーダーした『石ノ花蕎麦』
蕎麦大盛りとタマゴかけご飯、とろろ、小鉢3っつ、そして下の天ぷらが付いて1500円!
かなりの良心的価格にビックリしました(◎-◎;)

さらにこの蕎麦の透明感!
イイですね〜!!
0422soba05.jpg
天ぷらも一同唸るほどのサクサクさ!
どうやったらこんなにサクサクに揚がるのか。。。
0422soba06.jpg
香り、コシともに素晴らしく、つゆも蕎麦に合わせて風味を損なわない絶妙な味付け。
甘すぎずしょっぱすぎず、ダシも主張しすぎない、それでいて調和の取れたつゆでした!

タマゴかけご飯は通常、醤油を入れて混ぜてからご飯にかけますが、撮影用にこのようにしてみました(^^;
0422soba07.jpg
そば湯も、そば粉でとろみが付いてるものではなく、蕎麦をゆでたそのもののそば湯です。
これもナニゲにポイントが高かったりする点ですね!
0422soba08.jpg
全員がパーフェクトに完食!
実に満足な昼ご飯!!
この昼食にエスコートした我が友人Sは、このあとも三春滝桜への裏道を発見したりと、オトコ前を上げた1日となりました(*^^)v
0422soba09.jpg
『石乃花』のご主人と奥さん(たぶん←聞かなかったので・・・^^;)
写真左上を見てください。
こちらのお店、昨日、木曜が定休日!
電話で予約を入れた際『新潟からわざわざ来るなら』と、お休みのところ開店してくれたのです!!

ホントにありがとうございました!
お蕎麦、とてもおいしかったで〜す(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

*******************************

石乃花
福島県郡山市西田町鬼生田字中野338
☎024-981-0180

11:30〜お蕎麦がなくなるまで。
定休日 木曜日

*******************************

2011年04月21日

三春滝桜

0421miharutakizakura01.jpg
三春滝桜正面から。
日本三大桜の一つと言われている『三春滝桜』を友人数名と見に行ってきました(*^^)v

Wikipediaによると
三春滝桜(みはるたきざくら)とは、福島県田村郡三春町(地図)にある、樹齢1000年以上のベニシダレザクラ(紅枝垂桜)の古木である。「三春の滝桜」、または単に「滝桜」とも呼ばれる。
続きはこちらのリンクから→wiki三春滝桜
0421miharutakizakura02.jpg
例年は1日6万人ほどの人出で動くのもままならないと言われてる三春滝桜ですが、今年は震災の影響もあり1/5ほどの来場になっているとか。。。

それでも駐車場にはたくさんの車、県外ナンバーの車も多かったですよ!
行ってみたいと思ってた人は、例年より空いている今年は逆にチャンスかもしれません!
ぜひ出かけてみてはいかがでしょう(^^)

おそらく桜保護のために始めた観桜料(300円)は、観光客への十分な対応が困難であると言うことで今年はありません。
行かれた方はこちらに感動した分の気持ちを入れてきてはいかがでしょう(^^;
0421miharutakizakura03.jpg
正面ほぼ真下から。
以下、いろんな角度の三春滝桜をお楽しみください!
0421miharutakizakura04.jpg
左側の階段途中から。
この位置が一番桜が大きく見えるポイントでしたが、なぜかカメラマンは少数。。。
順光で空も青く映り、これがベストショットかと思われます。
この画像のみクリックで拡大するので、大きな画面で三春滝桜の迫力をご堪能ください!!
0421miharutakizakura05.jpg
背後の位置、高台から。
少し山がちな場所の、田畑の中に忽然とこの巨大桜があるのがわかります!
0421miharutakizakura06.jpg
右側の位置から。
こちらからだと異様なほど太い幹の様子と斜面に生えているのがわかりますね!
0421miharutakizakura08.jpg
今回一緒に行ったメンバー。
皆さんが知ってる方はKayo−Pだけですね!
あとの方は、FBをやってる方はそのうちお友達になるかもしれません。。。

カメラが一眼だったので、VDカメラを回してる、5Dを扱えそうな方に撮影をお願いしたんですが、TBSのTVクルーの方でした!
全国ニュースで出るのかな〜(^^;
0421miharutakizakura07.jpg
帰りのⓟまでの道中で買った『桜ソフト』 売店の前も枝垂れ桜が・・・
おいしゅうございました(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年04月20日

Facebookはじめませんか

2ヶ月ほど前からはじめたFacebook(FB)、なかなか楽しくハマっています(^^)
やる前はブログだけでも手一杯なのにムリだよ〜と思っていたんですが、やってみるとけっこう楽しいため時間を作るようになっちゃうんですね〜

頭で考えるとすぐに時間がないとか出来っこないとか考え勝ちなのは誰にでもあるかと思いますし、私も例外ではありません。
やってみて楽しければ続く、楽しくなければ続かないってことではないでしょうか(^^;

FBをはじめるのにリスクはありません!登録も無料!つまり、やってみてダメそうならやめてもかまわないわけですから、まだの方はぜひはじめてみませんか?
可能性が広がります!
DSC_6725.jpg
はじめる方は、まず、プロフィール用の写真を用意しましょう!
近くにブロ友の方がいれば撮ってもらうのもいいでしょう(^^)
伯爵様がセミナーなどでいらっしゃったときに撮ってもらうのもいいでしょう!
私はアゴスさんに撮ってもらったものをレタッチしました。。。

それと、私の場合、職業柄ブログに掲載する写真はやはり「きちんとしたもの」という、自分自身に課してるプレッシャーのようなものがあるのですが、FBだとけっこうお気楽にケータイ写真なんかもバンバン載せられる感じなんですよね〜

以下はFBに載せてブログには未掲載のケータイフォトを紹介したいと思います(*^_^*)
写真のサイズが均一でないのはご容赦ください。
201104130816000.jpg
散歩に行った時に撮ったわんこの写真はよく載せます。
コメントも1〜2行のことがほとんど!
201104180836000.jpg
ケータイのレンズが曇っていてぼんやりしたカットも『ソフトが効いててイイ』みたいな好意的コメントをいただきます(*^_^*)
201104141625003.jpg
これはちょっと前に行った日帰り温泉にあった生ビールの自販機!!
お金(500円)を入れるとプラカップが落ちてきて、最初は斜めにセット、ビールが注がれるにつれカップが垂直になって完璧な7:3の泡のバランスを作る、ビールマイスターも真っ青のスグレモノでした。珍しいでしょ(*^^)v
201104201210000.jpg
今日のお昼に食べた「おもだかや」のラーメン。
ここはそのうちに改めて一眼を持って取材したいと思います!
ネギ山で、 とオーダーすると無料でネギを大盛りトッピングしてくれるんです。

とにかく、FBは広がりのスピードがハンパないですね!
参加のハードルが低いし気軽にコメントや投稿が出来るので、情報も旬です。
ブログ記事も自動的にFBに反映させることが出来るのでそのようにしています!

仕事上のメリットはというと、おそらくそれはこれからでしょう。
今は楽しみながら友達を作っていく時期のように思っています(^^)

まだの方、ぜひはじめましょう!
登録したら友達リクエスト、送ってくださいね(*^_^*)

私のFBページ
http://www.facebook.com/yoshiyuki.hasebe

TWINS WEB PHOTOのFBページ
http://www.facebook.com/t.webphoto
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年04月19日

お赤飯のお裾分け+山田屋さんの絶品サーモンの香味漬け+ネギ入り卵焼き他(^^)

0419salmon01.jpg
タイトル長っ(^^;
FBに転送されると長いタイトルは途中から文字化けするので、これもそーなるんだろうな〜

今日はKayo-Pの部落がお祭りで、赤飯を炊いたとゆーことで持ってきてくれました。
なのであとはおかずをチャチャっと作って・・・てなワケです(^^)
0419salmon02.jpg
山田屋さんの絶品サーモン香味漬けがあったので(しかもカマの部分!)それを焼き、ネギ入り卵焼き、きんぴら、ダシに使ったカツオと昆布でウェットなふりかけを作ります。
0419salmon03.jpg
キンピラとウェットふりかけ。
キンピラはゴボウ2本、ニンジン1/2本で作り、1回で完食しちゃいます!
根菜類を多く摂るのはいいことですね(^^)

ウェットふりかけの作り方はこちら↓↓↓
0419salmon04.jpg
2番ダシを取った後、昆布は細長く切って、かつお節も花カツオだったので水分を絞った後、細かく切りました。
から煎りして水分が飛んだら酒、みりん、醤油で味付け、白ゴマを振って出来上がり。

ダシの出がらしではありますが、それなりにご飯に合いますよ!
2番ダシは味噌汁になってます。
0419salmon05.jpg
ネギ入りのだし巻きタマゴとサーモンの香味漬け。
卵焼きは、ちょっとダシの量を多くしすぎた感じがしたのですが、何とか大丈夫でした!

それどころか、ダシを多目に入れると卵焼きが焦げないことを発見!
TVなどで調理してる場面を見た時、『けっこう強火で作ってるな〜』と思ってたのですが、こーゆーことだったのか〜(*^^)v
0419salmon06.jpg
卵焼きにもサーモンにも、昨日に引き続き大根おろしがヒット!
2日でほぼ1本の大根を使ってます(*^_^*)
結構いい感じのお昼となりました!!
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m
******************************

味噌・醤油の老舗・厳選素材専門店 山田屋
http://www.e-misoya.com/
新潟市北区葛塚3119 TEL 025-387-2005

女将のtaBlog
山田屋女将Masaさんのブログ。おいしそうなレシピが載っています(^^)
http://e-misoya.seesaa.net/

******************************

「売れる」ホームページの商品写真撮影と作成|TWINS WEB PHOTO
http://t-webphoto.com/

******************************

2011年04月18日

テリヤキ豚ロースwithたっぷりおろし

0418pork01.jpg
甘辛のタレで照り焼きにした豚ロース。
これだけでもテッパンにウマイのは間違いないわけですが、たっぷりの大根おろし、ショウガ、青ジソを添えることで格段にうまさがアップします!

大根はやはり鬼おろしでおろしたいところですが、フツーのおろしを使っても水分を切ってやればおいしくいただけるでしょう(*^^)v
0418pork02.jpg
材料【2人前】
 豚ロース肉250g 大葉5枚 ショウガ1カケ 大根5センチ 酒大さじ1 塩・コショウ少々
 サラダ油大さじ1
 
 タレ
 砂糖大さじ1/2 みりん大さじ1 醤油大さじ1弱
0418pork03.jpg
作り方
 1. 豚ロースは1.5センチ厚に切ったものを4等分にそぎ切りにする。
   大根は鬼おろしでおろして水気を切る。
   大葉は軸を取って細く千切りにする。
   ショウガはすりおろす。

 2. フライパンにサラダ油を入れて熱し、塩・コショウした豚ロースを焼く。
0418pork04.jpg
 3. 中火で両面に焦げ目が付くまで焼いたら、弱火にして酒を入れフタをして2分ほど
   蒸し焼きにする。

 4. タレの材料を順に入れ、煮詰まってとろみが付いたら出来上がり。
   皿に盛って大根おろし、ショウガ、青ジソを添える。
0418pork05.jpg
食べる時は薬味をよく混ぜてたっぷりと肉にのせて。。。
甘くて濃厚なタレの味がサッパリとした薬味によって、とても食べやすくおいしくなってます(*^^)v
0418pork06.jpg
味噌汁、ナスの温サラダ付き。
冷凍庫に以前に作ったラタトゥーユのトマトソースがあったので、あたためて油で炒めたナスにかけたもの。
コレを食べたらチキンのトマト煮が食べたくなったので近々作ろうと思いました(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年04月17日

ジャンボかき揚げうどん

0417tenpuraudon01.jpg
今日はブライダルのエントリーを予定していたのですが、お二人が『恥ずかしいので〜』と辞退されたため、昨日食べたかき揚げうどんをアップすることにしました(^^)

昨日は朝のうち雷雨で気温も下がり、あったかいものを食べたい感じの日でした。
今日はまた天気が回復し暖かい日だったので、このままこんな日が続くと『このうどんの写真はボツかな〜』なんて思っていたので、とりあえず掲載できてよかったです(^^;
0417tenpuraudon02.jpg
材料【2人前】
 冷凍讃岐うどん2個 小ネギ3本 七味唐辛子

 ダシ
 水1L 昆布2枚 花カツオ山盛り 醤油大さじ1 みりん大さじ2 塩小さじ1/2

 かき揚げ
 サツマイモ3センチくらい ゴボウ10センチ 桜エビ(乾燥)大さじ1 タマネギ1/4個
 天ぷら粉 水
0417tenpuraudon03.jpg
作り方 ダシ
 1. 昆布を固く絞ったぬれ布巾で拭いて表面のほこりを取る。
   鍋に水と昆布を入れて弱火にかけ、昆布が伸びるまで10分ほど沸騰させずに煮出す。

 2. 火を止めて昆布を取り出し、花カツオを入れて再び弱火にかけ、沸騰する直前で
   火を止めて濾す。

   取りだした昆布とカツオは一緒に煮込んで2番ダシを取って煮物などにどうぞ。
0417tenpuraudon04.jpg
 3. 左が取れたダシ。キレイな濃い黄色をしています!

 4. ダシにみりん、醤油、塩で味付け。
   ダシの味を強くしたいので醤油を少なめ、塩で味付けしました。
0417tenpuraudon05.jpg
作り方 かき揚げ
 A. サツマイモとタマネギを1×2センチくらいの大きさのイメージでカットする。

 B. ゴボウは皮をタワシでこすってからささがきにし、水にさらしてアクを取る。

   小ネギはかき揚げには入りませんが小口切りにしておく。
   うどんを煮始め、ゆで上がるタイミングでドンブリにつゆをはり、天ぷらも揚がる、
   という流れがベスト!!
0417tenpuraudon06.jpg
 C.D. サツマイ、タマネギ、ゴボウ、桜エビを混ぜる。
   天ぷら粉を冷水でといてタネを入れ、お玉などですくって170℃の油の鍋肌に
   ゆっくりと入れる。
   ある程度固まるまで動かさないようにし、固まってから上下を返す。
0417tenpuraudon07.jpg
 E. サックリと揚がったら油を切ってうどんを盛った上にかき揚げをのせる。
   小ネギを散らして出来上がり!
0417tenpuraudon08.jpg
食べ始めがサクサク、ジョジョに汁を含んでふやけていくかき揚げ、いいッスよね〜
実は、木曜日のケンミンショーの録画を見てうどんがメッチャ食べたくなってたんです(^^;
0417tenpuraudon09.jpg
七味をたっぷり振っていただきま〜す(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年04月16日

いづみやさんの宅飲み『第3回居酒屋マコト』

0416izumiya01.jpg
昨日のエントリー、割烹いそべさんでちょっといい気分になった私、いづみやさんのところに戻り『居酒屋マコト』に参加します!

ところが、すっかりいい気分になったせいか最初からおいしいお酒で飛ばしすぎたせいか、ほとんど写真を撮っていませんでした〜〜〜(゜◇゜lll)ガーン

このいづみやさんの玄関写真も前回行った時のモノです(汗)
0416izumiya02.jpg
でも、料理の写真はしっかり撮っていました!
まずは今回も参加しているさいとう食品さんの鮭の焼漬。
タレの味付けが絶妙でもう一切れいきたかったうまさでした(^^)
0416izumiya03.jpg
左:焼き鴨 ちょうど下仁田ネギも入手できたそうでサイコーの組み合わせ!
  時々散弾銃の破片が『ガリッ』となりますが、『当たり!』です(^^)

右:ある野獣の汁・・・コレを食べたことは秘密です(^^;
  鴨以上に脂がすごく、それなのにガツガツいけちゃって完食です!
0416izumiya04.jpg
趣味の領域を遙かに超えた絶品手打ち蕎麦!
いづみやさんに行くとほぼ毎回いただいてますが、毎回『マジ、うめぇ』と唸らずにはいられません(*^^)v
0416izumiya05.jpg
だんだんと壊れていくオトナをよそにベイブレードに熱中の1号クンと2号クン!
この日は新ネタの手品も披露してくれて、おぢさんビックリでした〜(*^_^*)
0416izumiya06.jpg
この画像のみクリックで拡大します
今回の参加メンバー 恒例のポラ風カットにしました。
左から山田さん、Kayo-P、豊作さんいづみやさんさいとうさん、マコトさん、いそべさん

みなさん、楽しい時間をありがとうございました!
いづみやさん、いつもごちそうさまです!!
今回も料理はサイコーでしたが、激しく酔っぱらってスミマセン。。。
またよろしくお願いしますm(__)m

*******************************

いづみや旅館ホームページ
http://www.izumiya3.com/

いづみやさんブログ
http://www.izumiya3.com/blog/

第1回居酒屋マコト
いづみやさん主催の宅飲み会『居酒屋マコト』

第2回居酒屋マコト
いづみやさんの宅飲み『第2回居酒屋マコト』

*******************************
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年04月15日

『割烹いそべさん』て、こんなところ

0415kappoisobe01.jpg
3月13日に予定されていたいづみやさんでの宅飲み会『居酒屋マコト』が1ヶ月遅れで開催となり、荒川へ行ってきました!

ちょっと早目に現地へ行き、いづみやさんちから徒歩30秒のところにある『割烹いそべさん』へサクッと顔を出してきた次第です(^^)
いづみやさんもいそべさんも、坂町駅から徒歩1分の場所にあります!
0415kappoisobe02.jpg
店内はこちらのカウンターと小上がりの他、大小個室宴会場が数部屋あります。
震災の影響でキャンセルが相次いだ先月だったそうですが、4月になってジョジョにお客さんは戻ってきてるそうでこの日も歓送迎会のお客さんが見えてました(*^^)v
0415kappoisobe03.jpg
カウンターにはずらりと銘酒が。。。
入手困難と言われている焼酎や日本酒のおいしいところをパーフェクトな品揃えで網羅してるんです!
いそべさんはワインにもかなり造詣が深く、奥の宴会場へ向かう通路に秘蔵のワインセラーを持っているんです!

そちらのワインが気になる方は↓↓のリンクへ飛んでみてください(^^)
荒川の経営革新セミナーに行ってきた
0415kappoisobe04.jpg
お通しはホタルイカのぬた。
子供の頃は食べられませんでしたが、こういったのが好きになって来ちゃいますよね〜(*^_^*)
0415kappoisobe05.jpg
マグロの頬と脳天、そして巨大なホッキ貝。
う、うめぇ〜!!(◎-◎;)
とろけましたわ!!
0415kappoisobe06.jpg
『とりあえず生』のあとは早くも日本酒にいっちゃいました!
久保田の生原酒。
0415kappoisobe07.jpg
Kayo-Pは寒梅の梅酒をいただきました。
寒梅の梅酒は焼酎ベースの梅酒でヒジョーにウマイんですが、やはり入手困難なシロモノ・・・
数本ストックしているのはサスガですね〜(*^^)v

日本全国自粛ムードはそろそろ終わりでイイんじゃないでしょうか?
被災していない人たちはキッチリ働いて今まで通りにお金を使って、たまには飲みに行って・・・
経済活動を活発にして復興を助けましょう!!

この後、いづみやさんに戻って居酒屋マコトがスタート、その様子は明日につづく。。。
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

*******************************

割烹いそべ

〒959-3132
新潟県村上市坂町2505−4
☎0254-62-2476
いそべさんのブログ
http://moe1204.blog55.fc2.com/

*******************************


大きな地図で見る

2011年04月14日

月岡温泉ホテル摩周さんの料理撮影5|T-WEBPHOTO.COM

『また新しいメニューができるので写真撮りに来て〜』と、ホテル摩周さんの担当様から電話があり、月曜日に行ってきました(^^)
今日の写真はすべてクリックで拡大します
0414mashu01.jpg
今回のメニューは、『旅館ぽいものではなく、居酒屋的なもの』なので、『凝った食材を使った高級料理ではなくお値段も控え目の宴会メニューなんです!』
と言われたものの、見ておわかりのようにさすがは旅館の料理、盛り付けや器がスゴイので高級料理に見えてしまうB級グルマーの私です(^^;

そしてこの写真を使って出来上がったチラシのゲラがこれ↓↓
0414mashu02.jpg
なんと、撮影してから2日後の水曜日にはもうこれが出来上がってるんです!
デジタルでの撮影になってからこのへんはとてもスピーディーになりましたね(*^^)v
0414mashu03.jpg
料理の組み合わせを替えて違ったパターンも撮影。
だいたい3時間くらいの撮影でした。
0414mashu04.jpg
その時の様子が摩周さんのブログでもアップされています(^^)
いつの間に撮られたのか・・・気がつきませんでした〜

最近、ありがたいことに商品撮影のご依頼が増えております(*^^)v
--------------------------------------------------------------------------------

心のふれあい大切に、笑顔あふれるおもてなし。
月岡温泉 ホテル摩周
http://www.masyuu.co.jp/
新潟県新発田市月岡温泉 TEL 0254-32-2131(代)

--------------------------------------------------------------------------------

「売れる」ホームページの商品写真撮影と作成|TWINS WEB PHOTO
http://t-webphoto.com/

人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年04月13日

ブリカツ丼

0414burikatsudon01.jpg
佐渡が、ご当地グルメとしてB-1を視野に入れて強力にプッシュしてる『佐渡天然ブリカツ丼
佐渡産のブリや米、アゴだしで取ったタレ、米粉の衣を使う、20㌘の切り身を5切れ・・・など、厳格な定義とルールがあるようです。

しかし、真似して作るこちらとしてはそういったルールはとりあえずおいといて、もっと切り身を厚く、パン粉でサクッと、千切りキャベツとともに・・・など、いいとこ取りで行っちゃいたいと思います(^^;
0414burikatsudon02.jpg
材料【2人前】
 ブリの切り身3切れ 塩・コショウ少々 小麦粉大さじ1 タマゴ1/2個 パン粉大さじ2
 キャベツの千切り1/8個分 揚げ油

 タレ
 酒1/2カップ 粉末鰹だしひとつまみ 醤油大さじ1 みりん大さじ1 砂糖大さじ1/2
0414burikatsudon03.jpg
作り方
 1. ブリの切り身はそれぞれ半分に切って塩を振り、5分ほど置く。
   出てきた水分を拭き取り、さらに軽く塩・コショウする。

 2. 小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつける。
0414burikatsudon04.jpg
 3. 170℃の油で衣が色付くまで揚げる。
   肉よりも全然火の通りがいいので上げてる時間は3〜4分ほど。
0414burikatsudon05.jpg
 4. タレの材料を鍋に入れて沸かし、2/3くらいまで煮詰める。

 5. 揚げたてのブリを、油を切って鍋に入れタレを絡ませる。
   ドンブリにご飯を盛ってキャベツをしき、タレの絡んだブリをのせる。
   キャベツとご飯にもタレをかけて出来上がり!
0414burikatsudon06.jpg
ミニサラダと味噌汁付き。
タマゴの残り半分は溶き卵の味噌汁にしました(*^^)v
タレは新潟名物タレカツ丼のタレにそっくりな甘めの醤油ダレ、揚げ物に合うんですね〜
0414burikatsudon07.jpg
私的レシピで作りましたが、ブリカツ丼、ホントうまいんですよ〜
今年のB-1、糸魚川ブラック焼きそばとともにがんばってほしいです!!
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年04月12日

フレッシュトマトとモッツァレラ、セルフィーユのパスタ

0412pasta01.jpg
トマトとモッツァレラときたらバジルという組み合わせが黄金トリオなワケで、実際その組み合わせで今日のパスタを作ったこともあります。

今の時期なかなかバジルは手に入らず、先日買ったセルフィーユがけっこう余っていたのでそれを使うことにした次第です。。。
0412pasta02.jpg
材料【2人前】
 パスタ160g トマト中玉2個 モッツァレラチーズ100g セルフィーユ5〜6本
 ニンニク1/2カケ パルミジャーノ適宜 塩・コショウ少々 オリーブオイル大さじ2
0412pasta03.jpg
作り方
 1. モッツァレラチーズは1センチくらいに角切りにし、塩・コショウを振っておく。
   セルフィーユは飾りに少し残してみじん切りにする。

 2. トマトは皮を湯むきして種を取り、包丁でたたいてペースト状にする。
   パルミジャーノはピーラーなどで薄く削る。
0412pasta04.jpg
 3. パスタを標準ゆで時間の2分前にセットしてゆで始める。
   フライパンにオリーブオイルとクラッシュしたニンニクを入れて弱火にかけ、
   香りを出す。
   トマトを入れ、弱火のまま温める。塩小さじ1/3程で味付けする。
   フレッシュ感を損ねないため温めるだけ、沸騰させたりしないように。

 4. ゆで上がったパスタ、モッツァレラチーズ、みじん切りのセルフィーユを入れて
   モッツァレラの角が溶けるくらいになるまでよく混ぜ合わせる。
   皿に盛って飾りのセルフィーユとパルミジャーノをのせ、ブラックペッパーを挽いて
   出来上がり!
0412pasta05.jpg
今日のサラダは大根の千切りと大葉の千切りを、ゴマ油、酢、醤油であえたもの。
ワカメのコンソメスープ付き!
0412pasta06.jpg
ペーストにしたトマトと溶けたモッツァレラが混じって、ピンク色の見た目にもさわやかなソースになります。
セルフィーユでもとてもおいしいパスタができましたが、夏になってバジルが収穫できるようになったらまた作りたいと思いました(^^)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年04月11日

シソ肉バター丼 4回目

0411beafriceball01.jpg
大好きなメニューなので何回か載せてるな、と思ってサイト内検索で『シソ肉バター丼』と入れてみたらコレで4回目でした(^^)

しかし前3回はタマネギ入りレシピ。
今回はタマネギの入らない『椎名誠レシピ』で挑みます!
0411beafriceball02.jpg
材料【2人前】
 牛ロース切り落とし(またはバラ肉)160g 大葉40枚 バター20g 酒大さじ2 醤油大さじ1
 白ゴマ適宜 塩・コショウ少々 オリーブオイル(またはサラダ油)大さじ1
0411beafriceball03.jpg
左の袋入りの大葉ですが、『ミスト大葉』という商品名で不揃いながらも50枚ほど入っています。それでいて98円!
大量に大葉を使うメニューにはうってつけの商品ですよね!!
阿賀野市ではスーパー原信に置いてあります。ウオ◯クにはない(^^;

作り方
 1. 大葉は2枚ほどを飾り用に細く千切りし、残りは適当な大きさに手でちぎっておく。
0411beafriceball04.jpg
 2. フライパンにオリーブオイルを熱し、塩・コショウしながら牛肉を焼く。

 3. 肉にあらかた火が通ったら大葉を入れてしんなりするまで炒める。
0411beafriceball05.jpg
 4~5. バターを溶かし、酒と醤油も入れてよく混ぜる。
   ご飯を盛って上にのせ、ゴマを振って千切りの大葉を飾って出来上がり!
0411beafriceball06.jpg
和牛がまたしても半額で手に入ったのでこのメニューができました。
半年に一度くらいは食べたいメニューなのですよ(*^_^*)
タマネギを入れなかったのでじゃっかん多目のサラダ付き。
0411beafriceball07.jpg
ご飯にしみてるタレがバター醤油ですからね〜
それだけでも最強クラスのおかずかと思われます!
とにかくコレ、カンタンだし、超オススメ(*^^)v
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年04月10日

4月9日ご結婚のお二人 2011

0410wedding01.jpg 0410wedding02.jpg
4月9日にご結婚のお二人は、新潟市出身の新郎博人(Hiroto)さんと、五泉市出身の新婦久美子(Kumiko)さんです。

たいへんおめでとうございます\(^O^)/
(画像はすべてクリックで拡大します)
0410wedding03.jpg
博人さんは、家業である不動産関連の仕事もしつつ、メイクアップアーティストとしての側面も持っていらっしゃいます。
こちらの写真は前撮りの場面からですが、久美子さんのヘアメイクを最終チェック!
こーゆー場面は新郎の職業柄独特と言えるのではないでしょうか?(^^)
0410wedding04.jpg 0410wedding05.jpg
お二人は五十嵐邸NIIGATA JAPANESQUEにて、人前挙式を挙げられました。

プロポーズとブーケ、ブートニアの由来となった逸話があります。
青年が恋人に結婚を申し込む際、道に咲いてる花を摘みながら彼女の家へと向かいました。
その花を花束にして捧げ、結婚を申し込んだのです。
0410wedding06.jpg 0410wedding07.jpg
すると彼女は花束の中から一輪を抜いて青年の胸に挿し、承諾の意思を伝えた。。。とか。
お二人はこの伝説を再現し、ご列席の皆さまの前でプロポーズが成立しました(*^^)v
0410wedding08.jpg
久美子さんは看護師をされていて、主にスポーツ関連の看護、ケアの仕事をされているとのことです。

挙式当日はあいにくの雨模様でしたが、雲ひとつない晴れの日に、お二人は前撮りをされていました!
お二人のポーズ写真はすべて前撮りの時のものです。
0410wedding09.jpg 0410wedding10.jpg
ケーキカットのケーキは、ご列席の皆さまにデコレーションしてもらいました。
やはり、主に女性のゲストの方がやって下さいます。
完成品はフルーツ山盛りでベースのケーキが見えないほど豪華になりました!!
世界に1つだけのオリジナルケーキです(*^^)v
0410wedding11.jpg 0410wedding12.jpg
五十嵐邸では、お色直しの入場の際日本庭園から入場を希望される方が多いのですが、和装を後半に持ってくるとこのように多少の雨でも入場が可能の場合があります。

右はご列席されていない方からのプレゼントの品。
このような写真を残すことで、プレゼントをくださった方にお礼とともに写真を同封できるわけですね(^^)
TWINSでは、お二人から声をかけていただければ、こういった写真ももれなくお撮りします!
0410wedding13.jpg 0410wedding14.jpg
博人さんはバンドをされていて、そのメンバーと1曲披露。
新婦との思い出の曲だそうで会場が盛り上がります(*^^)v

久美子さんの従姉妹、陽子さんのピアノは2曲目に『ふるさと』を演奏、自然と大合唱になりました!
0410wedding15.jpg
お二人はお互い信頼し合い、絆を深めていく夫婦になりたい。
そしてニコニコ笑顔の絶えない家庭にしていきたいとおっしゃってました。

前撮り、挙式・披露宴当日を通じて、それは絶対大丈夫!と確信しましたよ〜
どうぞいつまでも末永くお幸せに〜(*^_^*)
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたらどちらかをポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年04月09日

ブライダルのイメージカット①

今日は日中ブライダルの撮影に行ってきたんですが、それを整理してアップするだけの時間がありません。
そこでエントリーは明日にして、今までもブライダルリポートではあまり掲載してこなかったイメージカットを数点ご紹介したいと思います。

『こんな写真も撮ってるのね』という感じでご覧ください(^^)
今日は主に手元と指輪です!
0409igarashitei01.jpg
五十嵐邸の正面玄関はこんな感じです。
撮影したのは10月の天気のいい日。
お二人の写真の背景によく出てくる場所なんですが、全体をのせたのは初めてかと思います。
0409igarashitei02.jpg
三三九度の杯に御神酒を注がれるところ。
85ミリ開放で撮るため、向こう側がキレイにボケてはくれるんですが超ピントがシビアなのと、巫女が酒を注ぐのはわりと一瞬のため撮影難易度高めです(^^;
0409igarashitei03.jpg
指輪交換の手元。
光線状態のいい場所を選べるので、だいたいリハーサルで撮っています。
0409igarashitei04.jpg
ケーキカットの手元。
これは本番でとる以外ないのですが、必ず撮っているカットです。
やはりご列席の皆さんはお二人を中心に撮るのでこういったカットはプロアングルと言えるでしょう(*^_^*)
0409igarashitei05.jpg
乾杯!
サムシングブルーというライチリキュールを使ったカクテルが、五十嵐邸定番の乾杯酒。
結婚式で花嫁が何か青いもの(Something Blue)を身につけると幸せになると言う伝説から。。。
0409igarashitei06.jpg
ウェルカムボード越しのお二人とご両親。
迎賓またはお見送りの時に撮ったりします。
0409igarashitei07.jpg
リングとブーケ。
リングやブーケのカットは前撮りをされると何パターンか撮ることができます。
やはり逆光の場所に行って撮りたい1枚ですね!

こんな感じでお二人が入らない、もしくは入っていてもピントは手前の物に合っている、そんなカットも多数撮影しています(^^)
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたらどちらかをポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年04月08日

播州百日鶏 鶏丼

0408chikenriceball01.jpg
実は、いつも撮影の依頼をいただいてる新潟印刷さんから、他の撮影商品と一緒に『よかったらコレ、食べてください』といただいたもので、厳密には撮影の依頼品ではないのです(^^;

販売がこれからで、販売になってクライアントさんが写真を見て『買ってくれる可能性はある』という何ともファジーな内容なのですが、昼飯1食分と1回分のブログネタをゲットできる機会を逃すはずはありません!
ありがたくいただいて撮影兼試食タイムとなりました(^^)
0408chikenriceball02.jpg
材料【2人前】
 3人分いただいたのですが食べるのは2人前、1つはまたの機会に取っておきます。
 こちらで用意するのは長ネギ(2本)とサラダ油(大さじ1)と、食べる時にかける七味のみ!!
0408chikenriceball03.jpg
作り方
 1. 鶏肉を解凍する。
   1人前のパックに大降りのモモ肉と胸肉が2きれずつ入っています。
   肉の色を見ると質の良さがわかりますね〜

   ネギは5センチくらいに切る。
0408chikenriceball04.jpg
 2. フライパンにサラダ油を熱し、鶏肉を入れたら弱火にしてあまり動かさないように焼く。
   フタをすればなおベター。

 3. 鶏肉の半分くらいまで色が変わってきたら裏返し、同じようにじっくり焼く。
   フライパンの空いてる場所でネギを焼く。ネギも動かさないで一度返すだけにすると
   いい焦げ具合になる。

   付属のタレを絡めてドンブリにご飯を盛り、鶏肉とネギを盛り付ければ出来上がり。
   タレも残さずかけましょう!
0408chikenriceball05.jpg
サラダと味噌汁付き。
播州百日鶏、ウマイっすね〜(*^^)v
0408chikenriceball06.jpg
ネギの風味がタレにまで溶け込んでいて、もしくはそういった風味付けをされているタレなのか、ヒジョーにいい味になってました!
ごちそうさま〜m(__)m
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年04月07日

久々の外食はやっぱり醍醐

今日は事務所2Fの掃除を始めたKayo-P。
掃除の神様が下りてきてしまったのか午前中はキレイになる前の収拾が付かない状態に。。。昼ご飯を作るのをあきらめて外食にしました。

行くのはやはりこちら。。。
当ブログでの外食掲載リストNo.1店の『醍醐食堂』
何度も出ているのでいったことがないのにいったことがあるかのように思ってる方もいらっしゃることでしょう(^^)
0407daigo01.jpg
木曜日はなんと言ってもコレ!
日本一ウマイチャーハン(私見)と絶品さっぱり味のラーメンのセットが550円\(^O^)/!!

これは、たとえ祭日であっても、そして営業時間中なら何時に来ても木曜は550円なのですよ〜
0407daigo02.jpg
当然オーダーのチャーハンセット。
半チャーハンなんですがけっこうな量です!
フツー盛りのチャーハンを頼んだこともあるんですが、最初、大盛りかと思いましたから・・・

ちなみに『チャーハン大盛りで』と頼むとプラス100円でフツー盛りのチャーハンが付いてくるので、ガッツリ食べたい方は頼んでみてください(^^)
0407daigo03.jpg
Kayo-Pオーダー唐揚げ定食650円。
ドンブリご飯ですが実はコレ、小盛り(^^;
小盛りだと50円引きという良心経営全開のお店なのでこれで600円です!

かなり大降りの唐揚げが5個ついてますが、ちょっと前まで唐揚げは単品すらもメニューになく、夏場の冷やしつけ麺になぜか3個付いてくるだけ、でもおいしいという幻メニューだったのです!

きっと『あの唐揚げ作ってよ〜』という常連の声に押されてグランドメニュー入りしたのだろうとにらんでおります(^^)
0407daigo04.jpg
そして、こちらで忘れてならないのは完璧な焼き加減のギョーザ!400円!
もっちりした皮は市販のものとは一味も二味も違うんですよね〜
自家製の具入りラー油でいただきます。
0407daigo05.jpg
ギョーザ断面の図。
見ての通り具はキャベツとニラのみと思われるほど肉の比率は少ないんですが、そんなことを感じさせないジューシーさ!
ギョーザは圧倒的野菜過多の方がウマイ!と断言しちゃいます!!
ギョーザ好きの方なら最初から3枚くらいオーダーすることをオススメします(^^)

しめてお会計1550円、安い!
なんか今日、ビックリマーク、多すぎ?(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年04月06日

冷やしおろし蕎麦

0406soba01.jpg
『冷やしおろし蕎麦』にしようか『おろし冷やし蕎麦』にしようか迷ったんですが、どっちでもいいッスね(^^;

2月中も暖かい日があって『春になっていくのかな〜』なんて思ったこともありましたが、今日の天気の良さは『春ってこうだったんだ!』と思い出させてくれるほどの快晴!
しかも先週から上着マイナス2枚でOKなほど気温が上がってくれたので、冷たい蕎麦という決定が躊躇なく下されました(*^^)v

蕎麦は安い乾麺ですが、たっぷりの大根おろし、生ワサビ、小ネギ、大葉などの薬味を効かせてさっぱりとおいしくメイキングです(^^)
0406soba02.jpg
材料【2人前】
 蕎麦(乾麺)2束 大根5センチ キュウリ1センチ 小ネギ3〜5本 ワサビ適量 大葉4枚
 めんつゆ適量 醤油少々 水 ゆで湯
0406soba03.jpg
作り方
 1. 大根は鬼おろしでおろす。キュウリはフツーのおろしでおろして、
   大根おろしに色付けとして混ぜる。

   大葉は細い千切りにして、小ネギは小口切りにする。
0406soba04.jpg
 2. ワサビは皮を剥いて、鮫皮でおろすと香りがよく辛さも出る。

   *このワサビ、いつもらったのかも忘れたくらい数ヶ月前、いづみやさんから
    いただいたもの。ジップロック冷蔵保存で今なお鮮度と辛さを保っていました!
    これには私もですが、いづみやさんもビックリでしょう(^^;
0406soba05.jpg
めんつゆはお好みの濃さに水で割って使う。私は醤油をちょっと入れるのが好みです!
蕎麦をゆでたら水で締め、よく水を切ってから皿に盛る。
つゆをかけて薬味をトッピングしたら出来上がり。
0406soba06.jpg
蕎麦は1人前1束だとちょっと物足りないですね!
追加でもう1束ゆでたので、2人前3束くらいでいいかと思われます(^^;
0406soba07.jpg
生ワサビはつゆに溶かさず、蕎麦につけながら食べた方が辛さを感じられます。
明日も明後日も、今日みたいにポカポカだといいですね(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年04月05日

モダン焼き お好み焼きの生地レシピ完全解説付き

NHKの連続TV小説『てっぱん』は終わってしまいましたが、お好み焼きを食べたいという気持ちに終わりはなく、時々無性に食べたくなるB級グルメの1つではないでしょうか?

以前からブログに来てくれてる方はご存じかと思いますが、私、以前お好み焼き屋のニーサンをやってたことがあるせいか、これだけはキッチリ作っちゃう上に写真も多くなりがちな傾向にあります(^^;

今日は絶対においしい生地の作り方、焼き方を、完全解説でいっちゃいたいと思います!!
過去にもいろんなバージョンのお好み焼きをアップしてるので、興味のある方はサイト内検索で『お好み焼き』って入れてみてください(^^)
0405okonomiyaki01.jpg
材料【2人前・生地は6個分くらいです】
 生地
 小麦粉1/2カップ だし汁250cc(お湯250ccに粉末出汁をといたもので可) 塩1つまみ
 大和芋60g

 モダン焼き2枚分
 キャベツ1/4個 焼きそば2玉 豚ロースまたはバラ薄切り80g モヤシ150g 
 天かす・桜エビ・紅ショウガのみじん切り各適量 塩・コショウ少々 タマゴ2個
 焼きそばソース・お好みソース・マヨネーズ・花カツオ・青のりはお好きなだけ
0405okonomiyaki02.jpg
作り方
 ・キャベツは芯も一緒に粗みじん切りにする。
 ・紅ショウガは水分を絞ってみじん切りにする。

 1〜3. 小麦粉はできれば振るって使うとダマにならない。
   ボウルに小麦粉と塩ひとつまみを入れて分量のだし汁で溶く。
   
   真ん中の写真のようにほとんど粘りがなく水状です。
   ここで粘りがあるようだと粉が多すぎて粉っぽいお好み焼きになるので注意!

   大和芋をすりおろす。
0405okonomiyaki03.jpg
 4. 大和芋を入れて泡立て器で混ぜる。
   混ぜはじめは左の写真のように分離した状態。手応えも重いです。

 5. 混ぜているとフッと軽くなり、完全に混ざった状態になる(右)。
0405okonomiyaki04.jpg
 6〜7. 大きめの丼にお玉1弱の生地を入れ、1/8個分のキャベツ、タマゴ、天かす、桜エビ、
   紅ショウガを入れる。

   *お店などではあふれるようにキャベツが入って出てくるところもありますが、
    大きめの器の方が絶対に混ぜやすいです!

 8. タマゴを潰して切るように混ぜたら、丼の底の方からひっくり返すようにして
   よく混ぜる。混ぜすぎると言うことはないのでしっかりと混ぜましょう!
0405okonomiyaki05.jpg
 9. 鉄板を熱し(ホットプレート230℃)、モヤシの上に焼きそばをのせる。
   大さじ1の水をたらし湯気が出るまで蒸し焼きにし、塩・コショウして炒める。

 10〜11. 焼きそばソースをかけてよく混ぜ合わせ、鉄板の端の方にまとめる。
0405okonomiyaki06.jpg
 12〜13. 混ぜたお好み焼きのタネの1/2を鉄板に広げ、焼きそばをのせる。

 14. 残りのタネをその上にかぶせ、空いてるところで肉を焼く。
0405okonomiyaki07.jpg
 15〜16. 肉の焼いていない面を上にしてモダンや木の上にのせ、5分ほど焼いたら
   ひっくり返す。
0405okonomiyaki08.jpg
 17. このまままた5分くらい焼く・

   もう一つはモダン焼きでなく、タマゴ入りトン玉にしました。
   フツーのお好み焼きは生地を一気に鉄板に広げ、でも、広げすぎず厚みがある状態で
   焼く。フタがあったらかぶせれば、より早くふっくら焼けます。
0405okonomiyaki09.jpg
 18〜19. もう一度ひっくり返して肉の麺を上にし、お好みソースとマヨネーズをつけ、
   花カツオと青のりを振って出来上がり!
0405okonomiyaki10.jpg
踊る花カツオ(*^_^*)
お好み焼きの1.5倍のボリュームです!
0405okonomiyaki11.jpg
サスガに一人1枚は午後から動けなくなるといけないと思い、もう1枚をトン玉にしたんですが、お腹いっぱいの大満足でした(*^^)v
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年04月04日

鶏手羽先と根菜類の煮物

0404nimono01.jpg
鶏の手羽先は寒い時に鍋にでもしようと思って買ってあったんですが、まだ寒いとはいえもう鍋の時期でもないかな〜という感じになってきたため、冷凍庫に埋もれつつありました(^^;

最近買った大根、しばらく前に買ったゴボウ(ジップロックでストック)、まだ使い切れなかったほうれん草など、みんなまとめて煮込み料理にすることにしました。
あっ、ほうれん草は煮込まないですけどね(^^)
0404nimono02.jpg
材料【2人前】
 鶏手羽先230g(12本) 大根9センチ ニンジン1本 ゴボウ2/3本 新ジャガ6個
 ほうれん草1把 長ネギの白い部分10センチ だし汁300cc 酒大さじ4 
 みりん・醤油各大さじ2 サラダ油大さじ1
0404nimono03.jpg
作り方
 1. 鶏手羽先は水で洗って水気を切る。

 2. 圧力鍋にサラダ油を入れて熱し、手羽先を炒めて焼き壁を作る。
0404nimono04.jpg
 3. 大根は3センチに切って、それを6等分のいちょう切りにする。
   ニンジンは乱切りにして、ゴボウは皮を洗って5センチの長さに切り縦二等分に、
   水にさらしてアクを抜く。
   長ネギは白髪ネギにする。ほうれん草は1分弱ゆでて冷水に晒し水を切る。

 4. 大根、ニンジン、ゴボウを沸騰した湯に入れてサッとゆで雑味を抜き、
   ザルにあける。
0404nimono05.jpg
 5. 洗ったジャガイモと4の野菜を2の圧力鍋に入れ、だし汁、酒、みりん、醤油を加えて
   フタをし、強火にかける。

   圧力鍋のピンが上がったら(圧がかかったら)火を中火にし、5分煮込む。
   5分たったら火を止めて自然に放圧するまで待ってフタを開け、皿に盛る。
0404nimono06.jpg
ほうれん草のおひたしも盛り、白髪ネギを添えて七味をかけて出来上がり!
圧力鍋のおかげで野菜も柔らかく、手羽先はカンタンに骨から外れます(*^^)v
0404nimono07.jpg
手羽先や野菜をいったんご飯に着地させ、ご飯に醤油味のだし汁がじわっと広がりいいおかずとなりますが、『コレは日本酒だろ〜』と言うツッコミも否定はしません(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年04月03日

ほうれん草とパンチェッタのトマトソースパスタ

0403pasta01.jpg
3月22日の担々麺の時に買ったほうれん草なのですが、残っていたのを今日使いました。
私の野菜の保存方法はすべてジップロック。

冷蔵庫は乾燥しやすいのでジップロックに入れてピッチリと口を閉めておくと、驚くほど鮮度を保ってくれて長持ちします。
葉物系や大根、ゴボウなどの長いものは細長いジップロックに入れてドリンクホルダーに立てて保存します(^^)

パンチェッタは去年の11月に作って以来、無くなりそうになると作って冷凍、常備品となっています。作り方はこちら→自家製パンチェッタを作ってみた
そのほか、パンチェッタを使ったレシピはけっこう紹介していますが、興味のある方はサイト内検索で『パンチェッタ』と入れてみて下さい(^_^;
0403pasta02.jpg
材料【2人前】
 パスタ160g パンチェッタ50g ほうれん草2把 トマト缶200g(1/2缶) ニンニク1カケ
 パセリ1房 パルミジャーノ適量 塩・コショウ少々 コンソメ2g オレガノ1つまみ
 オリーブオイル大さじ1 パスタのゆで汁お玉1〜2
0403pasta03.jpg
作り方
 1. パンチェッタは細長く切り、ほうれん草は洗って3等分の長さに切る。
   パルミジャーノは削って、パセリはみじん切りにする。

 2. フライパンにオリーブオイルとパンチェッタを入れて弱火〜中火にかけ、
   カリカリになるまで炒めていったん取り出す。
0403pasta04.jpg
 3. 同じフライパンをいったん冷ましてクラッシュしたニンニクを入れ、
   香りが出るまで弱火で炒める。

 4. トマト缶をフライパンに入れ、潰しながら煮詰めていく。
   パスタを標準ゆで時間の2分前にセットしてゆで始める。

   トマトソースが1/3くらいまで煮詰まり水分が無くなってきたらパスタのゆで汁を
   加える。
   いったん煮詰めることでトマトの酸味が飛んでまろやかなソースになる。
0403pasta05.jpg
 5. オレガノ、塩、コンソメを加えて混ぜ、ソースの味を調える。

 6. ゆで上がったパスタ、ほうれん草、2のパンチェッタを入れてよく混ぜ、
   ほうれん草がしんなりしたら出来上がり。
0403pasta06.jpg
皿に盛り付けてパルミジャーノをかけ、ブラックペッパーを挽いてパセリのみじん切りをかける。タバスコはお好みで!
 *ところが〜、パセリのみじん切りをかけずに写真を撮ってしまいました〜(◎-◎;)
0403pasta07.jpg
ミニサラダと野菜とワカメのコンソメスープ付き。
使っているパスタは1.4ミリ、ゆで時間6分の細めのタイプです。
0403pasta08.jpg
久々のトマトパスタ、うまかった〜(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年04月02日

ローストチキンローズマリー風味

0402grilledchicken01.jpg
雪もすっかり溶けてウチの花壇のローズマリーも雪囲いを解除、柔らかそうなところを2本ほど取ってきて使うことにしました。

コレは鶏肉でやるのは初めてですが、以前は豚肉で作っています。
ローストポーク バルサミコソース
ガーリックとローズマリーを効かせて、冷めてもおいしく食べられる一品です(*^^)v

オーブンで焼いてる時間が20分〜肉が太くなると40分くらいかかりますが、仕込み自体はカンタンなのでぜひオススメです!
0402grilledchicken02.jpg
材料【2人前】
 鶏モモ肉1枚(250g) 新ジャガ8個 ローズマリー2本 ニンニク1カケ 塩・コショウ少々
 オリーブオイル大さじ2 タコ糸 酒小さじ2 醤油小さじ1
0402grilledchicken03.jpg
作り方
 1. 鶏モモ肉は、包丁で開いて高さを揃えて広げる。
   皮側はフォークか包丁の先端で何カ所か穴を開けておく。

 2. ローズマリーはみじん切りに、ニンニクは中の芽を取ってすりおろすかクラッシャーで
   潰し、鶏肉の身の方に2/3をすり込んで塩・コショウする。
0402grilledchicken04.jpg
 3. 鶏肉を手前から巻いていき、たこ糸でしっかりと縛る。
   残りのローズマリーとニンニクをすり込む&塩・コショウ。

 4. ジャガイモは洗って水分を拭き取らず、ラップしてレンジに2分半かける。
   3の巻いた肉とともに耐熱容器に入れ、オリーブオイルを全体にかけて250℃に熱した
   オーブンに入れて25分焼く。

   焼き時間は肉の重さではなく太さで決まるので太く巻いた時はもう少し時間が必要!
   焼いてる間に付け合わせのサラダなどを用意すればOK!!
0402grilledchicken05.jpg
 5. 25分後、しっかりと焦げ目もついておいしそうな上、ローズマリーとニンニクの
   いい香りが漂います(^^)

   底にたまったオリーブオイルと肉汁は焦げごと濾してフライパンに入れ、酒と醤油を
   入れて煮詰めてソースにする。
0402grilledchicken06.jpg
カットして盛り付けて出来上がり!
昨日のすだちが半分残ってたので絞って食べました(^^)
もちろんレモンでもOK、柑橘類がなくてもおいしくいけます!!
0402grilledchicken07.jpg
ジャガイモは生のまま入れると芯が残る場合があるので、ホクホクを食べたいためレンジにかけました。
外側の皮はパリッパリになって皮もおいしくいただけますよ〜
豚でも鶏でもどっちもウマイ料理でした!(*^_^*)!
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年04月01日

サワラの塩焼きとだし巻きタマゴ

0401sawara01.jpg
『今が旬』という殺し文句にやられたのか、Kayo-Pがサワラの切り身を買ってきてそれを食べることになったんですが、

Kayo-P『ホイル焼きかな〜』
私『やっぱ塩焼きじゃね?』
Kayo-P『バターソテーもいいかも』
私、『サワラは塩焼きだろ』

なんて会話が交わされなまして、作る私の独断と偏見で『塩焼き』にしちゃったわけです(^^)
その代わりだし巻きタマゴもプラスしたってスンポーですが。。。
0401sawara02.jpg
材料『2人前』
 サワラの切り身2切れ 塩少々 すだち2個 大根おろし好きなだけ

だし巻きタマゴ
 タマゴ3個 だし汁お玉1杯 塩1つまみ 醤油小さじ1/2 みりん小さじ1
0401sawara03.jpg
作り方
 1. サワラは塩を振って5分ほど置き、表面に出てきた水分を拭き取って
   もう一度軽く塩を振ってグリルで焼く。

 2. 大根は鬼おろしでおろす。
0401sawara04.jpg
 3. だし巻きタマゴの出汁は、カツオと昆布で取った一番出汁を使う。
   二番出汁も取って、味噌汁に使用。

 4. ボウルに卵を割って醤油、みりん、塩を入れて溶きほぐす。
0401sawara05.jpg
 5. 一番出汁をお玉1杯分入れて混ぜ合わせる。

 6. 卵焼き用のフライパンに卵を少しずつ入れて巻いていく。
   プロは箸で向こう側から巻きますが、シロートは手前側からフライ返しを使った方が
   キレイにできると思います!
   火はわりと強めでサクサク巻いていくといいでしょう(^^)
0401sawara06.jpg
切ったすだちとたっぷりの大根おろしを添えて出来上がり!
大根おろしはだし巻きタマゴにも使うのはゆーまでもありません(*^^)v
0401sawara07.jpg
完全に朝ご飯のような昼ご飯ですが、朝は何かと忙しく、焼き魚はたまに食べることはあっても、だし巻きタマゴなんて旅館に泊まりでもしない限りほぼ食べることはないのではないでしょうか(^^;
大根おろしをつけて食べるだし巻きタマゴは、オトナの卵焼きって感じですよね!
0401sawara08.jpg
では、いただきま〜す(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

最近のエントリー

  1. 4月29日ご結婚のお二人① 2011
  2. チキンのトマト煮小松菜入り
  3. Facebookプチオフ会in新潟
  4. 4月24日ご結婚のお二人 2011
  5. 越後姫の撮影
  6. 豚ロース生姜焼とがんもどき 生揚げと小松菜の炒め物
  7. 郡山十割蕎『石乃花』
  8. 三春滝桜
  9. Facebookはじめませんか
  10. お赤飯のお裾分け+山田屋さんの絶品サーモンの香味漬け+ネギ入り卵焼き他(^^)
  • Powered by
    movabletype_banner.gif
  • Template by drblog.gif
  • Server by moover_banner.gif