サイト内検索


2011年05月31日

5月29日ご結婚のお二人② 2011

0531wedding01.jpg
5月29日、ナイトウェディングでご結婚のお二人は、秋葉区(旧新津市)出身の新郎和央(Kazuhisa)さんと、妙高市(旧妙高高原町)出身の新婦友紀(Yuki)さんです。
たいへんおめでとうございます\(^O^)/

29日は雨模様のお天気でしたが、お二人は金曜日に前撮りをされました。
衣装のお二人のポーズ写真はすべて前撮りのものです。
(画像はすべてクリックで拡大します)
0531wedding02.jpg
前撮りの白無垢姿は、角隠しです。
ナカシマさん、コレが角隠しね(*^_^*)
当日は綿帽子になられた友紀さんです。
0531wedding03.jpg 0531wedding04.jpg
お二人は五十嵐邸本殿にて神前挙式をされました。
誓いの言葉奏上。
『今日の佳き日に私たちは・・・』と始まるのですが、私、全文暗唱できたりします(^^;
五十嵐邸の神前式では、式の最後に巫女が神楽の舞を奉納してくれます。
0531wedding05.jpg
こちらは前撮りのお二人ですが、披露宴からは色打ち掛けに掛け替えて入場されました。

お二人は同じ会社の違う部署に勤務されていて、5年ほど前に同僚との飲み会で知り合いました。
その時にお互いの人となりを知ったお二人は、徐々に心の距離を縮めていき、やがてお付き合いをスタートさせたのでした(^^)
0531wedding06.jpg 0531wedding07.jpg
乾杯が終わるとあっとゆー間にご友人に囲まれるお二人。
絶えることのない笑顔で会場の熱気も高まっていきます!
0531wedding08.jpg
囲炉裏で見つめ合うお二人も、幸せそうな和やかな表情ですね!!
0531wedding09.jpg
0531wedding10.jpg
楽しい思い出をたくさん作り絆を深めていく中で、昨年の6月に和央さんからプロポーズ。
そしてこの日、晴れの佳き日を迎えられました。
0531wedding11.jpg 0531wedding12.jpg
お色直しの入場、友紀さんはお父様とライトアップされた日本庭園から。
この演出に場内から歓声が上がると、自然と笑顔があふれてきます(^^)
入場してからは先に待つ和央さんの元へ向かい、和央さんとお父様はガッチリ握手!
0531wedding13.jpg 0531wedding14.jpg
ゲストの2/3くらいの方がカメラを持っていたように感じました!
この中心にいる気持ちって、どんなに幸せなんでしょうね(*^_^*)

余興では友人が作ってくれた完成度の高いDVDが披露されました。
和央さんはサッカーのクラブに入っていてその仲間達が作ってくれたのですが、キャプテン翼のオープニングを実写でやったりと、かなりのスグレモノでした!!
0531wedding15.jpg
音楽や笑いなど、色々なツボが一緒だというお二人。
このまま仲良く楽しみながら『とにかく笑いの絶えない家庭を築いていきたい』とおっしゃってました。
どうぞいつまでも末永くお幸せに〜
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたらどちらかをポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年05月30日

5月29日ご結婚のお二人① 2011

0530wedding01.jpg
5月29日にご結婚のお二人は、新潟市北区出身の新郎和弥(Kazuya)さんと、三重県出身の新婦由美(Yumi)さんです。
たいへんおめでとうございます\(^O^)/

(画像はすべてクリックで拡大します)
0530wedding02.jpg 0530wedding03.jpg
雨となった日曜日ですが、五十嵐邸の館内にもローケーションポイントは多数あります。
さらに、雨を吹き飛ばすかのような明るい表情の和弥さんのおかげで、とても表情の豊かなお二人の撮影が出来ました(*^_^*)
0530wedding04.jpg
メインダイニングにある金屏風は新発田の書家、弦巻松陰先生によるもの。
私が高校の時、新発田高校の書道の講師をしてらっしゃった方です!
0530wedding05.jpg 0530wedding06.jpg
お二人は五十嵐邸本殿にて神前挙式をされました。
左は祝詞奏上を聞き入る真剣なお二人。
指輪交換は、花嫁が綿帽子の時はスーパーローアングルで撮影します。
0530wedding07.jpg
お二人は2年ほど前に、猫好きがきっかけで知り合いになられました。
というのは、mixiの猫好きサークルに入っていたお二人、由美さんの飼っている猫があまりにもかわいくて、どうしても見たくなった和弥さんが三重まで見に行ったのが最初の出会いだったそうです!

ネットが結婚まで結びつく、新たな出会いの場になっていますね〜(*^_^*)
0530wedding08.jpg 0530wedding09.jpg
披露宴からはドレスに着替えての進行。
お二人はご家族だけの挙式披露宴です。

ブログに掲載することによって、お招きできなかったご友人の皆さんにいち早い結婚報告が出来ます。
これから五十嵐邸で結婚式をされる方は、このブログを、そのような使い方をしていただければよろしいかと思います(*^^)v
0530wedding10.jpg 0530wedding11.jpg
ケーキカットの場面。
カメラ目線をもらったカットよりも、ゲストの皆さまにお応えしている時の表情がサイコーに幸せそうです(^^)

お二人の第一印象はそれそれ、
和弥さん→由美さん『眼鏡かけてる』・・・由美さんは眼鏡をかけていたそうで、そのまんま(^^)
由美さん→和弥さん『今までにあったことのないタイプだな』・・・だったそうです。
0530wedding12.jpg 0530wedding13.jpg
猫見たさに三重まで行った和弥さんですが、由美さんに惹かれるものがあったんでしょう。
ちょうどその時勤めていた仕事を退職するタイミングだったそうで、そのまま三重へ引っ越してしまったんだそうです(◎-◎;)

『思い切ったことするな〜』と思った由美さんでしたが『その行動力にはグラッときた!』そうで、その後正式にお付き合いがスタート。
そして今日の佳き日を迎えたとゆーワケです!!
0530wedding14.jpg
今までほとんどケンカのないと言うお二人。
『これからも仲良く、尊敬し合って向上できる関係でいたい』それから、『三毛猫を飼いたい』とおっしゃってました(*^_^*)

どうぞいつまでも末永くお幸せに〜〜〜
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたらどちらかをポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年05月28日

5月28日ご結婚のお二人 2011

0528wedding01.jpg 0528wedding02.jpg
本日ご結婚のお二人は、秋葉区(旧小須戸町)出身の新郎寛之(Hiroyuki)さんと、秋葉区(旧新津市)出身の新婦美咲(Misaki)さんです。
たいへんおめでとうございます\(^O^)/

お二人は木曜日に前撮りをされました。
衣装のお二人のポーズ写真はすべて前撮りのものです。
(画像はすべてクリックで拡大します)
0528wedding03.jpg
今朝は小雨が降っていてじゃっかん天気が心配されましたが、挙式披露宴を通じて一度も雨に降られることなく進行することが出来ました(*^^)v

実は、お二人の披露宴が終わったとたん、雨が降ってきたんです。。。
0528wedding04.jpg 0528wedding05.jpg
お二人は五十嵐邸本殿にて神前挙式をされました。
三三九度の場面と、親族固めの杯の場面。
巫女がシンメトリーになる構図は式中に何カットか撮っています(^^)
0528wedding06.jpg
披露宴からは色打ち掛けに掛け替えて入場されました。

ご友人の紹介で知り合ったお二人。
メールのやりとりをするうちにお互いの距離が縮まり、やがてお付き合いがスタート。
そして一昨年の12月に寛之さんからプロポーズし、今日の佳き日を迎えられました(*^_^*)
0528wedding07.jpg 0528wedding08.jpg
左は寛之さんの友人代表スピーチのTさん。
寛之さんの仲間内では、友人代表スピーチの時に万歳三唱するのが恒例のようです!

右はお友達とメインテーブルでの記念撮影。
私は皆さんと違うカットを狙います(^^;
0528wedding09.jpg 0528wedding10.jpg
日本庭園の緑はさらに深まり、芝生も日を追うごとに鮮やかさを増してきてるのがわかります。
いい季節になってきました(^^)
囲炉裏でのカットはいつもと違った配置に座っていただき撮影してみました。
0528wedding11.jpg
前撮りの時にマリアベールをかけた美咲さん。
マリア像のイメージでポーズを決め、レタッチしました。
0528wedding13.jpg 0528wedding12.jpg
ご友人の余興では、寛之さんの地元の仲間達から手作りのハート形ガラスコップをプレゼントされました。
そのメイキングの様子がDVDで紹介され、ご友人の方々の熱い思いに感動でした(*^^)v

デザートビュッフェの途中でのブーケプルズ。
ご友人のHさんが見事引き当てた瞬間です(^^)
0528wedding14.jpg
こちらは日本庭園の池のほとりで背景がオールグリーンに見える場所。
向こうの木の奥にザ・レストランスワンレイクがあります。

お二人は『明るく笑顔の絶えない家庭を築きたい』と、今後の家庭像を語ってくれました。
どうぞいつまでも末永くお幸せに〜
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたらどちらかをポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年05月27日

洋風筍ご飯と鳥天、野菜天

0527takenoko01.jpg
掘ってきた筍もとうとうこれでラストとなりました(T_T)
もう一度オーソドックスなタケノコご飯にしようとも思ったんですが、どうしても洋な感じも食べてみたくてコレにしました。

それと明日、明後日は昼、夜ブライダルのため、足の付きそうな食材は冷凍するか食べてしまわないといけません!
そこで、ハンパな鶏肉と野菜を天ぷらにしようというスンポーです(^^)
0527takenoko02.jpg
材料【2人前】
 洋風筍ご飯
  米1合 筍50g マッシュルーム5個 ローズマリー1本 コンソメ3g 塩ひとつまみ
  イタリアンパセリみじん切り3本分と飾り2本分 バター20g 水180cc

 天ぷら
  鶏胸肉100g ささ身2本 サツマイモ薄切りで4枚 ピーマン1個 アスパラ1本
  コツのいらない天ぷら粉適量 水適量 氷少々 大根おろしとおろし生姜 天つゆ
0527takenoko03.jpg
作り方
 洋風筍ご飯
  1. 米を研いで水を張り、コンソメと塩を入れてよく混ぜる。
    食べやすい大きさに切った筍と、半分に切ったマッシュルームを入れ
    ローズマリーをのせてフツーに炊く。

  2. 炊きあがったらローズマリーは取り出し、イタリアンパセリのみじん切りと
    バターを入れて混ぜれば出来上がり。

天ぷら
  ご飯を炊いてる間に天ぷらの準備。
  炊きあがり8分前の表示が出たら天ぷらを揚げ始め、同時にアツアツをいただく。

  鳥天は大根おろしとおろし生姜を添えて天つゆをかける。
  もちろん、塩で食べてもOK
0527takenoko04.jpg
洋風筍ご飯
ピラフのようでかなりうまいッス!
来年から筍の季節は定番間違いなし(*^^)v
0527takenoko05.jpg
鳥天
鬼おろしでおろした大根。
天つゆは、めんつゆ+醤油+砂糖を水で薄めて沸かしたもの。分量はテキトー(^^)

鳥天は胸肉かささ身がウマイです!
天つゆではなく岩塩で食べるのもオススメ!!
0527takenoko06.jpg
いただいたアスパラはコレがラストの1本(>_<)
Kayo-Pは根本の方が好きだと言うことで、取り合いにならずOK!
サツマイモの天ぷらは、薄く切ったのが好きです。早く揚がるし(*^_^*)
0527takenoko07.jpg
若竹汁、毎日でもぜんぜん飽きませんでした。明日も食べたいくらい!

サラダはKayo-P担当。
今日はワサビ菜と水菜、トマト、マッシュルームでした!

残り物をあれこれ出して作った時って、案外豪勢になったりします(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年05月26日

イタリアン親子丼 筍とアスパラ入り

0527oyakodon01.jpg
以前に一度作ったことがあるので、いつだったかな〜と思って過去のエントリーを見てみたら、昨年の5月28日でした(◎-◎;)
どうやらこの時期に食べたくなるもののようです(^^;

前回はガーリックバターライスで作りましたが、今日から前撮り&ブライダルの撮影が続くためニンニクはナシ!
ご飯は白米にしてバターも具の方に入れたレシピにしてみました(^^)
0527oyakodon02.jpg
材料【2人前】
 鶏胸肉100g ベーコン40g 筍70g アスパラ(大)1本 タマネギ中1/4個 マッシュルーム5個
 ミニトマト3個 タマゴ2個 ローズマリー1本 イタリアンパセリ3本 塩・コショウ少々
 コンソメスープ200cc(お湯200ccにコンソメ2gを溶いたもの) オリーブオイル大さじ1
 バター20g(写真に入れるの忘れた^^;) パルミジャーノ適宜
0527oyakodon03.jpg
作り方
 1. 鶏胸肉は一口大にカット。ベーコンは3ミリ角に細長く切る。
   筍は先端を縦1/6に切って根本の方は半月に切る。
   アスパラは1センチ幅くらいの斜め切りにして、タマネギは5ミリ厚のスライス、
   トマトは1/4にカットしてマッシュルームは2等分する。
   イタリアンパセリは1本をみじん切りにする。
0527oyakodon04.jpg
 2. ベーコンとオリーブオイルをフライパンに入れて弱火にかけ、カリカリになるまで炒め
   いったん取り出す。

 3. そのままの脂で強火にし、鶏肉を塩・コショウしながら炒め、火が通ったらタマネギ、
   筍、アスパラ、マッシュルームを入れて2〜3分炒める。

 4. トマトとバターを入れて、バターが溶けたら→5へ。
0527oyakodon05.jpg
 5. コンソメスープを注ぎ、沸いてきたら弱火にして5分ほど煮詰める。

 6. ローズマリーを入れる・・・本当は鶏を炒める段階で入れようと思って忘れてました(>_<)

 7. タマゴでとじて半熟のうちに火を止め、ご飯に盛る。
0527oyakodon06.jpg
2のカリカリベーコンをトッピングし、イタリアンパセリのみじん切りを振りかけ、みじん切りにしなかったモノを飾り付ける。
お好みでパルミジャーノをかければイタリアン親子丼の完成!
0527oyakodon07.jpg
若竹汁とベビーリーフとワカメのサラダ付き・・・食材カブリまくりですが、好きなので(*^_^*)
0527oyakodon08.jpg
カリッとしたベーコンがポイントです!
筍、残りわずか!!
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年05月25日

筍とシラスの和風パスタ

0525pasta01.jpg
蕎麦か焼きそばに見えるかもしれませんが、パスタです(^^;
オーガニックの全粒粉パスタで和風の味付けにしてみました。
決め手は『昆布茶』です!
0525pasta02.jpg
材料【2人前】
 全粒粉パスタ160g 筍の先の方2本 シラス50g 大葉3枚 昆布茶2g 韓国海苔3枚
 塩・コショウ少々 オリーブオイル大さじ2 パスタのゆで汁お玉3
0525pasta03.jpg
作り方
  たけのこは食べやすい大きさにカットする。
  大葉は細く千切りにして、韓国海苔は手でちぎっておく。
  パスタを標準ゆで時間の3分前にセットしてゆで始める。

 1. フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、筍とシラスを焦げない程度に炒める。

 2. パスタのゆで汁を加えて半分くらいまで煮詰める。
0525pasta04.jpg
 3.4. 昆布茶を加えたらゆで上がったパスタを入れ、水分が無くなるくらいまで
   味をしみこませ、大葉を半分加える。
   塩・コショウで味を調えて出来上がり。

   皿に盛って残りの大葉、韓国海苔をトッピングする。
   韓国海苔はトッピングでのせても熱でくったりせず、なかなかイイですよ(^^)
0525pasta05.jpg
筍のコンソメスープとサラダ付き。
かなりゼータクに筍を使ってます(*^_^*)

今日のサラダはKayo-P担当。
切り方と盛り付けもなかなかOKでした!
0525pasta06.jpg
昆布茶ってけっこう料理に使えるんですよね。
和風パスタの味付けとしてはナイスな調味料になってくれます!
ウマイっすよ(*^^)v
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年05月24日

青椒牛肉絲(チンジャオニュールースー) 2011

0524cinjaorusu01.jpg
仕事はまだまだ忙しいのですが、今日はゴルフに行ってきました。
誘われると断れない性格です(^^;

そのためお昼ご飯を作らなかったので、日曜日に作ってアップの機会をねらっていた青椒牛肉絲をエントリーします!

これも筍の時期は毎年恒例!
昨年はタケノコご飯とともにいただいてますね〜(^^)
昨年の方がいい肉を使っていて、出来映えもイイ感じですが、今年もうまかったですよ!!
0524cinjaorusu02.jpg
材料【2人前】
 牛モモ肉(ブロックを細切りにする)150g 筍(節など固い部分を細切り)100g
 ピーマン2個(細切り) オイスターソース大さじ2 紹興酒大さじ1 醤油小さじ1
 塩・コショウ少々 片栗粉大さじ1 サラダ油大さじ1 ゴマ油大さじ1
0524cinjaorusu03.jpg
作り方
 1. ボウルに切った肉を入れて塩・コショウし、オイスターソース大さじ1、紹興酒、
   醤油を入れてよく混ぜて下味を付ける。
   10分ほど馴染ませたら片栗粉をまぶす。

 2. フライパンにサラダ油とゴマ油を入れて熱し牛肉を焼く。
   ある程度火が通ったら筍を入れサッと炒める。

 3. ピーマンと残りのオイスターソース大さじ1を入れて、サッとあおって出来上がり。
   ピーマンのシャキシャキ感が命なので、火をかけてからの工程5〜6分!!
0524cinjaorusu04.jpg
今年は白米で。
しつこくも若竹汁付きです(*^_^*)
0524cinjaorusu05.jpg
オイスターソース、ブラボー\(^O^)/な料理ですね!
0524cinjaorusu06.jpg
ご飯の上にのっけの図(^^)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年05月23日

アスパラとベーコンのチーズリゾット

0523aspara01.jpg
いつも稲庭うどんをいただいている秋田のathukoさんから、こちらも毎年恒例となっているアスパラが届きました(^^)

こんな見事なアスパラ、なかなかお目にかかれません!
ちなみに一昨年撮ったathukoさんちのアスパラ→秋田京政産のアスパラを食べてみる


秋田の日本酒もありますよ〜
初めてなのでどんなお味か楽しみです!!
athukoさん、どーもありがとうございますm(__)m

『まずは届いたその日のうちに食べるように』と言われているので、今日の午前中に届いたため、お昼の予定を急遽変更してアスパラメニューにしました。
0523aspara02.jpg
材料2人前
 米1合(洗わない) アスパラ4本(つまみ食い分を含む^^;) ベーコン2.5枚 マッシュルーム4個
 タマネギ1/4個 ニンニク1カケ パルミジャーノ10g イタリアンパセリ2〜3枚
 コンソメスープ500cc(お湯にコンソメ2gを溶いたもの) 塩2つまみ コショウ少々
 白ワイン(なかったので酒)90cc オリーブオイル大さじ2
0523aspara03.jpg
作り方
 1. アスパラは(ゆでる鍋の都合で)半分に切る。
   ベーコンは7ミリくらいの大きさにカットする。厚切りを使う場合は5ミリ角にする。
   マッシュルームは縦に4等分し、タマネギは粗めのみじん切りにする。

 2. 沸騰した湯に塩を少し入れてアスパラを1分30秒ゆで、すぐに冷水に晒して色止めする。

 3. アスパラの根本の方は1センチ幅に切り、先の方は縦半分に切っておく。
   ココで数個つまみ食い、めちゃアマイやん!
   ほんの少し、塩だけで食べるとさらに甘味がアップです(*^^)v

   パルミジャーノは1/3を削って残りは溶けやすいように薄く切っておく。
0523aspara04.jpg
 4. フライパンにベーコンとオリーブオイル大さじ1を入れて弱火にかけ、
   カリカリになるまでじっくりと炒めて、いったん取り出す。

 5. そのままのフライパンでマッシュルームにも火を通し、いったん取り出す。

 6. 減っていたらオリーブオイル大さじ1を追加し、冷めてからニンニクをクラッシャーで
   潰して入れ、弱火にかける。
0523aspara05.jpg
 7. ニンニクの香りがしてきたら米を入れて中火にし、オイルをなじませる。

 8. タマネギのみじん切りを入れて混ぜながら炒める。

 9. 米とタマネギが透き通ってきたら、タイマーを17分にセットしてコンソメスープ300cc
   を入れ、沸いたら弱火にする。かき混ぜながらコトコトと煮込む。

   水分が無くなってきたら100cc追加し、同じようにまた煮込む。
   もう一度これを繰り返す。

   *水分が無くなってきた時に味見をし、薄いようなら塩をしれて調整する。
    米の固さもチェック!

   こうすると米に味をしみこませることが出来る・・・って、ケンタロウが言ってた(^^;
0523aspara06.jpg
 10.11. コンソメを全部入れて煮詰めたら、酒、ベーコン、マッシュルーム、カットした
   アスパラ、薄く切ったパルミジャーノを入れて混ぜながら、お好みの水分になるまで
   煮詰めて出来上がり!

   9からココまでの行程を17分で行うと、アルデンテが味わえます。
   水分の蒸発具合を見て火力を調整しましょう(^^)
0523aspara07.jpg
皿に盛って削ったパルミジャーノとブラックペッパーを振り、イタリアンパセリ、アスパラの先っちょを盛り付けて出来上がり!
水菜とキュウリのシンプルなサラダと、しつこいようだけど若竹汁付き(^^;
0523aspara08.jpg
色味的にもキレイですね!
食欲をそそります。
0523aspara09.jpg
こ、これは。。。ヤ、ヤバイくらいウマイ(◎-◎;)!
athukoさん、絶品アスパラ、ありがとうございました〜〜〜
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m
******************************

秋田京政産アスパラ、稲庭うどんのご注文は
産地直送の麻生孝之商店
http://www.inaniwaudon.com/

athukoさんのブログ
私のカントリーライフ
http://athuko.blog54.fc2.com/

******************************

「売れる」ホームページの商品写真撮影と作成|TWINS WEB PHOTO
http://t-webphoto.com/

******************************

2011年05月22日

5月21日ご結婚のお二人 2011

0522wedding01.jpg 0522wedding02.jpg
5月21日にご結婚のお二人は、ともに新発田市出身の新郎修平(Shuhei)さんと、新婦彩(Aya)さんです。
たいへんおめでとうございます\(^O^)/

お二人は地ビールを製造している、ザ・レストランスワンレイクで挙式・披露宴をされました。
挙式前にスワンレイクと五十嵐邸の間に架かる橋の上、もみじの元で撮影。
2コマ目は蔵で撮影しました。

どちらの場所も五十嵐邸からよりもスワンレイクからの方が近いので、当日撮影が可能な場所です(*^^)v
(画像はすべてクリックで拡大します)
0522wedding03.jpg
集合写真も挙式前に撮影。
この日は朝から厚い雲に覆われてお天気が心配されました。
遅い時間になるほど降水確率が高い予報でしたが、心配される雨は来ず、むしろ晴れ間も出てきていい一日となりました!!
0522wedding04.jpg 0522wedding05.jpg
挙式会場は、レストラン2FにあるNIIGATA JAPANESQUE(新潟ジャパネスク)。
この日はビデオ撮影も入っていてそのライトがいい効果を出してくれていたので、雰囲気重視でストロボはOFF撮影。
ISOは1600で撮っています。

彩さんの誓約の場面と指輪交換の場面です(^^)
0522wedding06.jpg 0522wedding07.jpg
左:後ろ姿をスーパーローアングルから。
右:フラワーシャワー。
0522wedding08.jpg 0522wedding09.jpg
左:披露宴の入場でメインテーブルに着いたところ。
右:乾杯の場面はスタッフ専用通路の階段踊り場からの撮影です。

お二人は高校時代に共通の友人を通して知り合いになりました。
しばらくは友人として連絡を取り合っていましたが、お互いが短大に入学した年の6月から正式にお付き合いがスタート、その後順調に交際を重ね一昨年の10月に修平さんからプロポーズ。
昨年1月には入籍されて2月に光輝(Mitsuki)クンを授かり、この日皆さまにお披露目となりました(*^^)v
0522wedding10.jpg
光輝クンも入れてのスリーショット。
午後からは気温もグングン上がって雨の心配も吹き飛んだガーデンで。。。
0522wedding11.jpg 0522wedding12.jpg
ヘアチェンジで入場のお二人、いや、三人(*^_^*)
皆さまの元へビールサービスに伺いますが、彩さんの家族席では逆にお父様からの1杯。
男らしく一気に飲み干すたのもしい修平さんでした!
0522wedding13.jpg 0522wedding14.jpg
ガーデンでのデザートビュッフェでリッチなティータイムを過ごす皆さま。
光輝クンは元気に走り回り、人気者になっていました(^^)

料理は、レストランの料理の他に、ご列席のゲストの方に合わせて五十嵐邸の料理を選択することも出来ます。
料理の写真をアップするのは初めてですが毎回撮影して、アルバムにも数品載せています。
0522wedding15.jpg
こちらはお色直し入場前に撮ったガーデンラウンジでの1枚。
サイコーに幸せな笑顔のお二人ですね(*^_^*)

これからは『毎日のほほんとした変わらない家族でありたい、そして子どもは3人くらい欲しい』というお二人、
どうぞいつまでも末永くお幸せに〜
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたらどちらかをポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年05月21日

三春の桜めん

0521sakuramen01.jpg
今日はブライダルの撮影があったのですがエントリーは明日にして、ちょっと前の暖かい日、去りゆく桜を惜しみながら食べた『桜めん』をアップしたいと思います。
出しそびれたネタがあると、こういう時に便利ですね(^^;
0521sakuramen02.jpg
4月21日に三春に滝桜を見に行った時に、Myおみやげとして買ったモノです。
試食をしておいしかったのと『幻の・・・』というフレーズに負けました(^_^;
0521sakuramen03.jpg
桜を練り込んだピンク色の乾麺、白ダシのめんつゆ、桜の花びらの塩漬けが入ってます。
0521sakuramen04.jpg
桜の花びらの塩漬けを水でもどしてカクテルグラスに浮かべてみたの図(^^)
0521sakuramen05.jpg
薬味はたっぷり用意!
キュウリの千切り、大葉、ネギ、おろし生姜、白ゴマです。
0521sakuramen06.jpg
ゆでた桜めんを氷水で締めてそのまま氷水に浮かべます。
めんつゆも氷を入れて冷たいのをいただきたい季節になってきましたよね(^^)
0521sakuramen07.jpg
桜の香りがスゴ〜くいいんですよ!
来年も行ったら買いたいと思ってますが、お取り寄せかな〜(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年05月20日

いづみやさんよりサクラマスのお裾分け

0520sakuramasu01.jpg
いづみやさんのご主人、マコトさんのサクラマス釣果がゼッコーチョーの今年、とうとうそのお裾分けがやってきました\(^O^)/

『行くついでに『醍醐』に寄るから』と、わざわざ届けてくれた時のマコトさん、アングラーとしての自信と余裕がみなぎっておりました(^^)

持ってきていただいた塩引きのサクラマス。
切り身の美しさは比類するものがない感じですね〜!!
0520sakuramasu02.jpg
今日はそのサクラマスの塩焼き・・・そのまま焼いたから素焼き?・・・でも塩引きだし・・・微妙(^^;
と、昨日掘ってきた筍は今日も若竹汁とそして茶碗蒸しに、数日前に阿賀野塾仲間のmasaongさんからもらったワラビはおひたしと、定食風にします。
ちなみに調理時間は全部で40分でした(*^^)v

サクラマスは焼くだけだしワラビはすでに調理済みなので、茶碗蒸しの作り方をアップすることにしました(^^;
0520sakuramasu03.jpg
材料【2人前】
 タマゴM玉1個 だし汁170cc みりん小さじ2 醤油小さじ1/2 塩2つまみ
 筍適量 鶏ササミ1本 三つ葉3本くらい

作り方
 1. タマゴはよく溶いて裏ごしする。

 2. だし汁にみりん、醤油、塩を入れてよく混ぜ冷ましてから1のタマゴと合わせる。
0520sakuramasu04.jpg
 3. 器に食べやすい大きさに切ったササミと筍を入れる。

 4. 2のタマゴ液を流し込む。
0520sakuramasu05.jpg
 5. 蒸し器を沸騰させて4を並べ、水が落ちないように布巾でくるんだフタをして弱火で7分   蒸し上げる。

 6. 楊枝を刺して楊枝が立つくらい、抜いてもタマゴ液が出てこなければ出来上がり!
0520sakuramasu06.jpg
サクラマスには大根おろし少々。ほんのちょっと醤油をたらしてもいいでしょう!
ワラビはかつお節に醤油ですね。
ほぼいただき物で成り立ってる今日のお昼です(^^;
0520sakuramasu07.jpg
この画像のみ拡大します。大きな画像でどうぞ!
塩引きの塩加減が絶妙!
もしかすると白焼きよりウマイかもしれませんよ!!
0520sakuramasu08.jpg
炊きたてのご飯とともに。。。言うことありませんね〜
もちろん私は皮も残さず完食しました(*^^)v
0520sakuramasu09.jpg
今日はもう一つ持ち上げを・・・プルップルの茶碗蒸し。
出来たてアツアツの茶碗蒸し、しかも筍入りなんておかわりしたいおいしさでした!!

いづみやさん、マコトさん、どうもありがとうございます!
この味を覚えてしまったのはヤバイかなってくらいうまかったです(*^_^*)

masaongさん昨年に引き続き今年もアリガト〜!
おかげで春の定食を堪能できたよ(*^^)v
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年05月19日

筍づくし 2011

0519takenoko01.jpg
昨日、タケノコ掘りに行ってきました!
締め切りに追われて忙しいさなか、時間を捻出して行った理由は、

1. タケノコLOVEだから。
2. 毎年地場のタケノコを食べないと春を迎えた気がしないから。
3. いい加減に来ないともう時期が終わるよ!と言われたから。

といったところです(^^;

去年の筍ご飯→筍づくし 2010
0519takenoko02.jpg
朝のうちにゆでておきました。
今日は、その中のいちばん小さな筍2本を使って筍ご飯、天ぷら、若竹汁という毎年の定番を作ります(^^)
0519takenoko03.jpg
材料【2人前】
 筍ご飯
 小さい筍2本 米1合 だし汁180cc 醤油小さじ2 三つ葉3〜4本

 ダシはカツオと昆布です。
 筍はご飯にも味噌汁にもいろんな部位を入れます。
 天ぷらは、先の柔らかい部分と根本の硬い部分を使いました。
0519takenoko04.jpg
筍ご飯は油揚げを入れるパターンが多いようですが、私が好きなのは筍のみ!
姫皮、根元、先端とあまり細かくしないで入れて、食感を楽しみます。

フタをしたら中火にかけて沸騰したら弱火→15分で炊きあがり、三つ葉を入れて再びフタをして5分蒸らして筍ご飯の出来上がり。
0519takenoko05.jpg
蒸らしてる間に筍の天ぷらを揚げます。
コツのいらない天ぷら粉を冷水で溶かして揚げれば、サック作の天ぷらの出来上がり(*^^)v
塩でいただくのがおいしい。。。
0519takenoko06.jpg
味噌汁の具でいちばん好きなのは何かと聞かれたら、迷わずこの若竹汁です!
0519takenoko07.jpg
土鍋炊きの良さはご飯がおいしく炊けると言うことと、やはりこのお焦げでしょうね〜
ご飯も味噌汁も天ぷらもサイコ〜!!
今年もおいしくできました(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年05月17日

パリパリチキン粒マスタードソース

0517chicken01.jpg
GWに撮影した物件が続々と締め切りを迎えてきました。
現在20時ちょい前ですがまだ終わらず、とりあえずブログに逃げました(^^;
今日はまだ皆さんのブログにも行けず、今日中に回りきれるかどうか。。。

そんな日でもお腹は減るわけで、きっちり昼飯は作りました(*^_^*)
鶏モモ肉をパリパリに焼いて、粒マスタードとバターのおいしいソースです!
0517chicken02.jpg
材料【2人前】
 鶏モモ肉300g ジャガイモ1個 ピーマン1個 塩・コショウ少々 コンソメ少々
 酒または白ワイン100cc バター15g 粒マスタード大さじ1+1/2
0517chicken03.jpg
作り方
 1. ジャガイモは八等分に切って水にさらし、ピーマンは種を取って縦4等分に切っておく。
   鶏モモ肉は、火の通りをよくするため、皮にフォークでザクザク穴を開ける。

   フライパンを弱火で温め、油は引かずに鶏モモ肉を皮の方から焼く。
   脂が多く出過ぎたらキッチンペーパーなどで吸い取る。
   フタをせず15分くらいじっくり焼く。

 2. 肉の真ん中くらいまで色が変わったらひっくり返して10分ほど焼く。
   空いてるスペースでジャガイモを焼き、焼き上がり3分前くらいになったら
   ピーマンも焼く。
0517chicken04.jpg
ソース
 1. 鍋に酒を入れて沸騰させ、アルコールを飛ばしてバターを溶かす。
 
 2. 塩・コショウ、コンソメで味付けし、マスタードを入れて半分くらいの量まで煮詰めて
   ソースの出来上がり。
0517chicken05.jpg
鶏モモ肉を食べやすい大きさにカットして盛り付け、ソースをかける。
カンタンですがなかなかおいしいソースです(*^^)v
0517chicken06.jpg
いつものようにサラダ、味噌汁付き(^^)
肉は動かさず弱火でじっくり焼くのが、皮をパリパリにするコツです!
0517chicken07.jpg
明日は久々にブログをお休みする予定です。。。
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年05月16日

おいしい乾麺の蕎麦

0516soba01.jpg
ワイルドルッコラをもらった時に、『なかなかうまい乾麺の蕎麦があるぜ!』と言って友人のS爪クンから一緒にもらったものです(^^)
0516soba02.jpg
蕎麦をおいしくする薬味
 大根 ネギ ワサビ(安曇野産) 砂糖少々 ゴマなど
0516soba03.jpg
ワサビはおろす時に砂糖を少し付けてやると、辛さが増して香りも広がると、先日見たTVでやっていたのでさっそくトライ!
0516soba04.jpg
結果は、『おろす時はいつもコレだな!』でした(^^)
安曇野産、色も香りもいいですね〜 130円でした!
0516soba05.jpg
蕎麦は書いてあるゆで時間の1分〜30秒前でゆであげて氷で締めましょう。
その後はきっちりと水を切って素早く食べるのが鉄則!
0516soba06.jpg
乾麺でもやはりゆでたてが一番ウマイですから(*^^)v
大根は鬼おろしでおろして少し汁を搾ったもの。
0516soba07.jpg
ワサビはそばつゆに溶かさず、少しずつ付けて辛さと風味を味わいます!
うまいな〜コレ、近所のスーパーにも売ってないか探さなきゃ!!
マコちん、ルッコラと蕎麦、アリガト〜\(^O^)/
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年05月15日

5月14日ご結婚のお二人 2011

0515wedding01.jpg
5月14日にご結婚のお二人は、千葉県出身で大阪→新潟育ちの新郎和俊(Kazutoshi)さんと、新潟市江南区(旧横越町)出身の新婦梨穂(Riho)さんです。
たいへんおめでとうございます\(^O^)/

お二人は色打ち掛けとウェディングドレスを前日に前撮りされました。
こちらは前撮りの際、控え室でのカット。
(画像はすべてクリックで拡大します)
0515wedding02.jpg 0515wedding03.jpg
白無垢は当日の朝、挙式前に撮影。
朝から風が強く吹いていて心配されましたが、無事外での撮影も行うことが出来、その後風はだんだんと収まっていきました(^^)
0515wedding04.jpg
もみじの緑もだんだんと濃く、色鮮やかになっていってます!
0515wedding05.jpg 0515wedding06.jpg
お二人は五十嵐邸本殿にて神前挙式をされました。
親族の皆さまに見守られる中、祝詞奏上から式はスタートします。
そして指輪交換の場面。
0515wedding07.jpg
日本庭園の緑も日に日に鮮やかさを増し、ここ1週間ほどで芝生もだいぶ新芽が出てきました。

お二人はともに介護の仕事をしてらっしゃって、同じ職場の同僚として出会いました。
現在は、梨穂さんは別な職場に勤務されています。
0515wedding08.jpg 0515wedding09.jpg
色打ち掛けでの入場はお二人で日本庭園から。
会場内から見ると、緑に囲まれた日本庭園に赤の色打ち掛けと赤の番傘がよく映えます。
カーテンが開いた瞬間、ご列席の皆さまから歓声が上がりますね(^^)

入場してからはご両親と一緒に鏡開き。
これは梨穂さんのご両親のパワフルな一撃で派手に酒しぶきが飛んで、皆さん苦笑いと言ったほのぼのしたいい場面なのです(*^_^*)
0515wedding10.jpg 0515wedding11.jpg
前撮りでは、色打ち掛けで夜景の撮影を希望されました。
前撮り時間もそれに合わせて設定します。
この2枚はぜひ拡大して見ていただければと思います。

時間は18:55分。空の色が薄紫になってくる時間がそこでした!
左の写真は、ちょうど月も出ていたのでローアングルから入れて撮りましたが、お二人の表情がとてもいいと思いませんか(*^^)v
0515wedding12.jpg
出会った時の第一印象は
和俊さん、『名字が珍しいな』
梨穂さん、『関心なさそう』
だったそうです(^^;

しかし、その『関心なさそう』な和俊さんからアプローチがあって交際がスタート!
今お二人のマイブームになってるアンパンマンミュージアムや、梨穂さんの誕生日にいった東京ディズニーランドなど、多くの思い出を作ってきて今日の佳き日を迎えられました!!
0515wedding13.jpg 0515wedding14.jpg
日本庭園では、梨穂さんのブーケプルズに続き、和俊さんのご友人の方には地ビールプルズが行われました(^^)
ブーケプルズは独身女性限定のイベント。
男性も参加できるビールプルズもかなりの盛り上がりがあります!
0515wedding15.jpg
アンパンマンやディズニーが好きなお二人ですが、もう一つ『パンダ』もこよなく愛してるそうで、『上野動物園には近々必ず行く!』とおっしゃってました。

また、これからは『笑いが絶えないほんわかした家庭を築きたい』というお二人、
どうぞいつまでも末永くお幸せに〜
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたらどちらかをポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年05月14日

鶏ササミとワイルドルッコラのペペロンチーノ

0514pasta01.jpg
ブライダルの撮影の時、お昼ご飯は食べるんですが、終わるとけっこうお腹がすいてることが多いんですね!
今日は1件ブライダルの撮影があったんですが、そのエントリーは明日にして、帰ってきてから作ったパスタをアップします(^^;
0514pasta02.jpg
ちょうど友人のS爪クンがワイルドルッコラを持ってきてくれたので、フレッシュなうちにいただきたかったってこともありまして。。。

それとヴィレッジさんのブログ美味しそうなペペロンチーノが出ていたので、食べたくなってました!
作り方も参考にさせていただきました(*^_^*)
0514pasta03.jpg
材料【2人前】
 鶏ササミ2本 ワイルドルッコラ適量 パスタ160g 赤唐辛子1本 ニンニク1片
 糸唐辛子適宜 コンソメスープ・パスタのゆで汁各お玉1 塩少々 ホワイトペッパー少々
 オリーブオイル大さじ2
0514pasta04.jpg
作り方
 1. ワイルドルッコラは根本の固いところ数センチを切って2等分する。
   ニンニクは1ミリ厚にスライスして中の芽を抜く。
   赤唐辛子は2等分して種を取り除く。

   鶏ササミはスジを取り除いてゆで、適当な大きさに手で裂いておく。
   このゆで汁にコンソメを溶かしてスープにする。

   パスタを標準ゆで時間の3分前にセットしてゆで始める。

 2. フライパンにオリーブオイル、ニンニク、赤唐辛子を入れて弱火にかけ、
   焦がさないように香りを出す。
0514pasta05.jpg
 3. 2にコンソメスープとパスタのゆで汁を加えて少し煮詰める。
   味を見て塩少々で整える。

 4. ゆで上がったパスタ、ワイルドルッコラ、鶏ササミを加え、1分半〜2分ほど混ぜながら
   スープの旨味を吸わせて出来上がり!
0514pasta06.jpg
皿に盛って糸唐辛子をトッピングし、ホワイトペッパーを挽く。
ジャガイモとワカメのコンソメスープ、ミニサラダ付き(^^)
0514pasta07.jpg
S爪クン、アリガト〜
美味しくできたわ(*^^)v
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年05月13日

ポークソテータマネギソース

0513porksaute01.jpg
ブログのサイドバーをちょっといじりました。
と言ってもアゴスさんにお願いしてサクサクッとやってもらったんですが。。。(^^;

プロフィールと問い合わせ画面に飛ぶように、それとFacebookファンページのバナーを張ってみました。

ブログ下のいいね!ボタンが不具合でしたが、とりあえず押せるようになったのでよろしくお願いします。
ただ、なぜか設定してもいない『承認』なんてのが出てくるのでそれもクリックしちゃって下さい。お手数かけますがよろしくお願いますm(__)m

さて、今日も肉!
今週は肉祭り開催となりました(*^_^*)
ただし、ロースが1人前しか無く私は昨日の残りを食べました。
材料は2人前での掲載です。
0513porksaute02.jpg
材料【2人前】
 豚ロース肉150g×2枚 大葉3枚 白ゴマ大さじ1 塩・コショウ少々 ラード適量
 
ソースの材料
 *【タマネギ1個 おろし生姜大さじ1 醤油大さじ1+1/2 酒大さじ3 みりん大さじ1
   砂糖大さじ1/2】 バター10g 塩・コショウ少々 オリーブオイル大さじ1
0513porksaute03.jpg
作り方
 1. タマネギは薄くスライスする。
   大葉は千切りにして、生姜はすりおろす。

 2. *の材料をボウルに入れ混ぜておく。
0513porksaute04.jpg
 3. フライパンにオリーブオイルを入れて中火にかけ、バターを溶かしたらタマネギを入れ
   焦げないように火加減を調節しながら炒める。

 4. タマネギがきつね色になってきたら2のタレを加え、少し煮詰めてソースの完成。
0513porksaute05.jpg
 5. 別なフライパンにラードを溶かし、肉をソテーする。
   フライパンに入れる時は弱火→両面に焼き壁が出来たら強火→焦げ目が付いたら再び
   弱火にしてフタをする。。。と、肉が縮まず美味しく焼けます!
0513porksaute06.jpg
肉をカットして皿に盛り、4のソースをかけたら大葉とゴマを散らして出来上がり。
味噌汁、ミニサラダ付き!
0513porksaute07.jpg
タマネギの甘味に、生姜と大葉がサッパリ感を演出。
実にご飯に合うメニューとなっております(*^^)v
0513porksaute08.jpg
私は昨日の残りで、オムハヤシ(*^_^*)
タマゴにはドライバジル入り!
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年05月12日

ハヤシライス

0512hayashirice01.jpg
昨日とは一転して朝から好天、気温もグングン上がった新潟ですが、夕方まで。。。
今は雨が降って風もかなり強くなってきました(__;)
こーゆー日って傘持って出かけてない人が多いんだよな〜。。。

天気のいい時間帯に作ったお昼はハヤシライス!
牛肉がまた安かったからです(^^;
0512hayashirice02.jpg
材料【4皿分】
 国産牛切り落とし300g QPデミソース1袋 タマネギ1/2個 マッシュルーム5個
 トマト1個 生クリーム100cc バター15g 水200cc コンソメ3g 塩・コショウ少々
 ウスターソース大さじ1 オリーブオイル大さじ1 
0512hayashirice03.jpg
作り方
 1. タマネギは半分に切って2等分し、それを2センチくらいの幅に切る。
   マッシュルームは1.5ミリくらい、やや厚めに切る。
   トマトは1/8にカットしたものを半分に切る。
0512hayashirice04.jpg
 2. フライパンを中火で熱してオリーブオイルを入れ、塩・コショウしながら牛肉を焼く。
   肉にあらかた火が通ったらバターを溶かしてマッシュルームとタマネギを加え、
   タマネギがしんなりするまで炒める。

 3. デミソースを入れて水を加える。(赤ワインが50ccくらいあるとベター、無ければ水でも
   美味しくできます)
0512hayashirice05.jpg
 4. 沸いてきたら弱火にしてコンソメとウスターソースで味を調える。
   トマトを入れてフタをし、5分ほど煮込む。

 5. 仕上げに生クリームを加えて混ぜ、再び沸騰してきたら出来上がり。
   生クリームを入れてからはグツグツ言わせないように、分離します。
0512hayashirice06.jpg
ミニサラダと味噌汁を付けました(*^^)v
0512hayashirice07.jpg
ハヤシライス、ビーフストロガノフ、ハッシュドビーフの違いはわかりますか〜(^^;
知りたい方は以前のエントリー↓↓をどうぞ。
ビーフストロガノフ?ハッシュドビーフ?ハヤシライス?
0512hayashirice08.jpg
マッシュルームはもっと大量に入れてもよかったかな〜と思いました。
存在感が薄かった!
サラダにも入れたのでちょっとすくわれた気分(^^;

デミソースはたいてい裏ごしして使うんですが、今回はそのまま使ってみました。
QPは裏ごししなくても美味しくいけちゃう感じです(*^^)v
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年05月11日

宮崎県産最高級マンゴーの撮影アフター試食(^^)

ブロ友で毎日コメントをくださる日南海岸黒潮市場フルサワさんからのご依頼を受けて、『宮崎県産最高級マンゴー』の撮影をしました。

前回のきんかんに続いての撮影依頼です。
フルサワさん、どうもありがとうございますm(__)m
今日の写真はクリックで拡大します。大きな画像でマンゴーをお楽しみください(^^)
0511mango01.jpg
自然落下するまで完熟させた最高級のマンゴー。
その後の追熟により、ヘタの部分から自然と蜜があふれ出してきています!
0511mango02.jpg
RAW撮影、現像によって、マンゴーの赤味を再現しました。
フルサワさんにも満足いただいたようです!
0511mango03.jpg
こちらは母の日ギフト用で撮影したもの。
母の日前のカーネーションはちょっと高かったものの、必要小物ですね!
ギフトボックスも写っていた方がユーザーの方にはイメージしやすいでしょう。
0511mango06.jpg
カットしただけで自然と果汁があふれてきます!
0511mango04.jpg
賽の目に包丁を入れて、このひっくり返す時が快感ですね〜(*^_^*)
やはりマンゴーの盛り付け写真はこの切り方がお約束でしょう!
ミントはウチの庭に生えているのを摘んできました。
0511mango07.jpg
キューブ状に切り分けてカクテルグラスに盛ってみるの図。
これで食べていくと下にマンゴージュースがたまります。
スゴイ果汁の量!!
0511mango08.jpg
そしてやはり持ち上げもお約束かと。。。

高級フルーツとして知られるマンゴーですが、新潟ではここまでの極上品はまず見たことがないですね!
色、香り、味、みずみずしさ、どれもサイコーでした(*^^)v
フルサワさんのところではこのような最高級品も、生産者の方と全量買い付けの契約を結ぶことで、とてもお買い得な料金設定をしてらっしゃいます。

今だとさらにお得な『わけあり』もあります。
早い者勝ち!!
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m
******************************

宮崎県産最高級マンゴーのお求めは
日南海岸黒潮市場
http://www.kurosioitiba.com/

わけありマンゴー
http://www.kurosioitiba.com/101kg2980.html

日南海岸黒潮市場フルサワさんのブログ
http://www.kurosioitiba.com/blog/

******************************

「売れる」ホームページの商品写真撮影と作成|TWINS WEB PHOTO
http://t-webphoto.com/

******************************

2011年05月10日

明太子うどん

0509inaniwaudon01.jpg
太平洋側では30℃を超えたところもあったという今日、こちら新潟ではヒーターを付けていないと寒いくらいの気温になりました(◎-◎;)
数日前に冷やし中華を食べたのは何だったんでしょう?そんな1日でしたね〜

こう寒くなってくると、と言っても静岡あたりの方にはピンと来ないと思いますが、あったかいものが食べたくなって久々に明太子うどんを作りました!
2009年の10月20日のエントリー以来です。
0509inaniwaudon02.jpg
材料【2人前】
 athukoさんちの稲庭うどん200g 明太子1腹 タマゴ1個 三つ葉少々 白ごま少々
 ネギ1/3本 お湯700cc ウェイパー大さじ2/3 片栗粉大さじ2と同量の水
0509inaniwaudon03.jpg
作り方
 1. 三つ葉は4センチくらいの長さに切る。
   タマゴは溶いておく。
   明太子は皮を取り除いて半分に分ける。
0509inaniwaudon04.jpg
 2. 鍋に湯を沸かしウェイパーを溶かす。
   明太子が入ることを考えて味は薄めに。
   水溶き片栗粉でとろみを付けたら溶き卵を入れてかき玉にする。

 3. 半量の明太子を入れてよく混ぜてスープの完成。
   ドンブリにスープを盛ってゆで上がった麺を入れ、白ゴマ、残りの明太子、ネギ、
   三つ葉をトッピングして出来上がり。
0509inaniwaudon05.jpg
前回も同じこと書きましたが。。。
パッと見豚骨ラーメンに見えますが、稲庭うどんです(^^;
0509inaniwaudon06.jpg
とろみが付くとアツアツなんですがなかなか湯気は出てきません。
実は前回のエントリーはフォトショップで湯気を書いています(^^;
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年05月09日

黒毛和牛モモステーキ

長かった今年のGWはブライダルの撮影一色。
その連休の終わりはすなわち、ずっと続いていたおにぎり生活の終了も意味します。

国民食と言っても過言ではないおにぎりは、それはもう美味しいわけで、具が筋子や焼き鮭だったりするとこれはも〜たまらないですよね!!

しかし、他におかずもなくそれが続くと、『フツーの昼飯食べたいね』からいつしか『肉食いてぇ〜』に変わっていったりするワケです(^^;
0508steak01.jpg
そこで今日は、GWがんばったご褒美にKayo-Pが見つけてきてくれた宮崎県産黒毛和牛モモステーキをいっちゃいました!

どうやら母の日セールの売れ残りなのか、半額でゲットです(*^^)v
0508steak02.jpg
材料【2人前】
 宮崎県産黒毛和牛モモステーキ用120g×2枚 メイクイーン1+1/2個 ニンニク1〜2カケ
 バター15g 酒大さじ3 醤油大さじ1 塩・コショウ少々 イタリアンパセリ2本
 ベビーリーフ適量 オリーブオイル大さじ2
0508steak03.jpg
作り方 ガーリックチップスを作る
 1. フライパンにオリーブオイルと、1ミリ厚にスライスして芽を取ったニンニクを入れる。
   中火〜弱火ですぐに黒くならないようにじっくりと素揚げにする。

 2. ニンニクがきつね色になってきたら出来上がり。
0508steak04.jpg
 3. メイクイーンは8等分の櫛形に切り、水にさらす。
   イタリアンパセリはみじん切りにする。

 4. ガーリックチップスを作ったオイルでメイクイーンをソテーする。
   両面焦げ目が付くまで中火、そのあと弱火でフタをして蒸し焼きに。
0508steak05.jpg
 5. 別のフライパンを熱して牛のラードを溶かし、ステーキ肉を焼く。
   両面焦げ目が付くまで強火、そのあと弱火でフタをして両面2分ずつ焼く。

 6. 肉が焼けたら取り出したフライパンに酒を入れて強火にし、アルコールを飛ばして
   醤油とバターを入れてソースを作る。
0508steak06.jpg
皿にベビーリーフ、メイクイーン、ステーキを盛り付け、ステーキにガーリックチップスをのせソースをかける。
イタリアンパセリを散らす。
コンソメスープはメイクイーンの残り、タマネギ、ニンジン入り。
0508steak07.jpg
ガーリックバター醤油味のソースには、絶対にご飯がいいですよね!
ちなみにニンニクも今日から解禁です!!
0508steak08.jpg
いや〜満足しました!
サスガ黒毛和牛!うまかったです(*^^)v
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年05月08日

5月7日ご結婚のお二人 2011

0508wedding01.jpg 0508wedding02.jpg
5月7日にご結婚のお二人は、燕市出身の新郎純章(Masaaki)さんと、刈羽村出身の新婦有宇子(Yuko)さんです。
たいへんおめでとうございます\(^O^)/

紅葉の写真が出てきたので、私がなにやら間違えたんじゃないかと思った方のいらっしゃると思いますが、お二人は紅葉の時期を狙って昨年の11月17日に前撮りをされました!
車好きな方は前撮りをされると、このように車と一緒に撮影することも可能です(^^)
(画像はすべてクリックで拡大します)
0508wedding03.jpg 0508wedding04.jpg
前撮りの時の控え室で有宇子さんを狙う純章さん。
FinePixをお持ちで、写真撮影も趣味のひとつと言うことです!

お二人の前撮りの狙いはもう1点。
夜景撮影でした。
この日はサイコーに天気も条件もよく、もみじの撮影時にちょうど月が入ってくるアングル。
上の4枚はウェルカムボードにも使っていただき、お気に入りのショットとなりました(*^^)v
0508wedding05.jpg
夜景、シンクロでありながら後ろのもみじはぼかす。。。
開放値の明るいレンズ、ぶれないシャッタースピードを確保できるISO値、ハイスピードシンクロできるストロボ。。。などが必要となります!
0508wedding06.jpg 0508wedding07.jpg
お二人は五十嵐邸日本庭園にて人前挙式をされました。
誓いのキスシーンは、お二人はもちろんのことですが、お二人を見守るご両親の表情にも注目です(*^_^*)

退場の折り鶴シャワーはKayo-Pの撮影カットから。
この折り鶴、有宇子さんの同僚の皆さまが折ってくださったそうです!
0508wedding08.jpg 0508wedding09.jpg
友人の多い純章さん、有宇子さんとの出会いはその友人つながりの、ある席上でした。
それまで親友のY田さんと出かけることの多かった純章さん、ある時、髪を染めてきた有宇子さんを見て『かわいくなったね♡』と一言。
それが恋に落ちた瞬間だった!とY田さんが友人代表スピーチで証言していました(^^)
0508wedding10.jpg
お二人は和装を秋に、ドレスを4月27日に再度前撮りされました。
この日も快晴!そして枝垂桜が見頃!!
さらに挙式当日もお天気に恵まれて、これはもう幸先の良さを感じずにはいられません(*^^)v
0508wedding11.jpg 0508wedding12.jpg
披露宴の入場前に白ドレスにお色直し。
乾杯後にベールを外してケーキカットに臨みます。
0508wedding13.jpg
旅行が趣味というお二人は、仕事が終わったその足で日本全国様々な場所を巡っています。
それも100%純章さんの車で。。。
今まででもっとも印象深かった場所は厳島神社だそうで、その日も仕事上がりに行ってきたそうです。

そしてなんと言っても『京都はサイコー!』で、披露宴中のプロフィールDVDの中に、私も行きたいと切に願っている夜桜の清水寺の写真も紹介されていました。
0508wedding14.jpg 0508wedding15.jpg
お色直しの入場はおじい様と。
入場後にはキャンドルサービスで皆さまのテーブルを回ります。
<0508wedding16.jpg 0508wedding17.jpg
日本庭園でのデザートタイムからの一コマ。
純章さんはご友人と、有宇子さんはブーケプルズを引き当てたご友人にブーケを渡す場面。
0508wedding18.jpg
こちらは当日の披露宴終了後の1枚。
八重桜が満開です(^^)
とにかくもう撮影ロケーションには恵まれたお二人、前撮り2回というのも初めてで忘れられない撮影、結婚式になりました!

どうぞいつまでも末永くお幸せに〜
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたらどちらかをポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年05月07日

豚肉とチンゲンサイの中華炒め

0507chuka01.jpg
今日もブライダルの撮影に行ってきました!
びっしりと撮影が続いたGWも今日で終了、お疲れさまでした〜m(__)m
明日も撮影があるのですが1ポーズのみの撮影なので、挙式・披露宴全体を撮る大仕事は、ひとまず今日で完了というわけです。

今日の方のエントリーは明日にして、今日は昨日食べた昼ご飯をアップします。
豚肉とチンゲンサイの中華炒め、他に万能ネギとゴボウ入りです(^^)
0507chuka02.jpg
材料【2人前】
 豚バラ肉150g チンゲンサイ2株 ゴボウ1本 万能ネギ4〜5本 オイスターソース大さじ2
 醤油小さじ1/2 紹興酒大さじ1 塩・コショウ少々 ゴマ油大さじ1+1/2 白ゴマ適宜
0507chuka03.jpg
作り方
 1. ゴボウは5センチの長さに切って縦2等分し、水にさらしてアクを抜く。

 2. チンゲンサイは1葉ずつに分け、豚バラ肉は3ミリ角の細切りにする。
   万能ネギは5センチの長さに切る。
0507chuka04.jpg
 3. フライパンにゴマ油を引いて強火にし、豚肉を塩・コショウしながら炒める。
   肉に焼き壁が付いてきたら水を切ったゴボウを入れ、ゴボウに火が通るまで
   さらによく炒める。
   
 4. 万能ネギ、チンゲンサイを入れてサッと炒めたら、オイスターソースと醤油で味付けし
   鍋肌から紹興酒を回しがけして出来上がり。
0507chuka05.jpg
皿に盛って白ゴマを振る。
ご飯、味噌汁、曽我農園のトマト付き(*^^)v
0507chuka06.jpg
ブライダルの時はおにぎりを持っていってそれを食べているんですが、連休で毎日おにぎりだとこういった昼ご飯が恋しくなりますよ(^^;
0507chuka07.jpg
味はほぼ青椒肉絲だと思って下さい。
ゴボウを入れたのはヒットでした!
では、いただきま〜す(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年05月06日

5月5日ご結婚のお二人 2011

0506wedding01.jpg
5月5日にご結婚のお二人は、長崎県壱岐市出身の新郎宜昭(Takaaki)さんと、長岡市(旧与板町)出身の新婦寛子(Hiroko)さんです。
たいへんおめでとうございます\(^O^)/

挙式前、控え室にての1枚。
この日のファーストショットです!
(画像はすべてクリックで拡大します)
0506wedding02.jpg
五十嵐邸の日本庭園奥、八重桜がちょうど満開を迎えお二人を祝福するかのように咲き誇ってます(^^)
鮮やかなピンク色はお祝いの席にふさわしく感じますね!
0506wedding03.jpg 0506wedding04.jpg
好天の日本庭園では挙式前にご列席の皆さまとフォトタイム。
日々緑が濃くなってるように感じます!

そして、こちらは挙式後の撮影ですが、集合写真も日本庭園をバックに。
集合写真はこのように日本庭園をバックにする時と、五十嵐邸の建物をバックにする時があります。
当日の光の具合により日本庭園側の撮影が出来ない場合もありますが、この日はOKでした。
0506wedding05.jpg 0506wedding06.jpg
お二人は五十嵐邸本殿にて人前挙式をされました。
お父様と寛子さんが入場するシーンと指輪の交換をピックアップ(^^)
0506wedding07.jpg 0506wedding08.jpg
披露宴会場は人気の大正ルーム。
3つの座敷を合わせた部屋で柱、梁、廊下、天井と、建築当時のままの趣が人気となっています。こちらでは20〜40名くらいの披露宴が可能です。
0506wedding09.jpg
お二人は同じ職場にお勤めだったことから出会いました。
宜昭さんは冷静で多少の事には動じない性格、寛子さんは明るく社交的な性格とのことです。
0506wedding10.jpg
お色直しをされて入場前に囲炉裏で撮影。
宜昭さんは寛子さんのことを『いつも明るくて笑顔がステキだな〜、声も大きいし!』とかなり気になっていたそうで、一方の寛子さんは宜昭さんのことを『会社では黙々と仕事をするイメージだったけど、飲み会では楽しい雰囲気の人』と思ったとか。。。
どちらも好印象を抱いていたんですね(*^_^*)
0506wedding12.jpg 0506wedding11.jpg
ケーキカットも会場中央で。
お二人が背にしている窓は、その向こうに廊下がありその廊下も窓張り。
室内から日本庭園が見渡せる絶景の部屋なのです!
0506wedding13.jpg
話をしてみたら楽しく、共通の趣味がサッカー観戦と言うことで息の合ったお二人は3年ほど前からお付き合いが始まりました。

寛子さんの地元の長岡大花火大会に行ったり、雨の日も雪の日もサッカー観戦に行ったりと、たくさんの思い出を作って来ました。

そして昨年の10月に宜昭さんからプロポーズ、今日の佳き日を迎えられました(*^^)v
0506wedding14.jpg
お互いの好きなところは
宜昭さん『明るく元気で一緒にいて楽しいところ』
寛子さん『自分にないものを持っているところ』
だそうです。

これからは、年をとってもサッカーを観に行ったり、音楽を聴きに行ったり、二人で楽しい時間を過ごし明るく楽しく温かい家庭をつくっていきたいとおっしゃってました!

どうぞいつまでも末永くお幸せに〜
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたらどちらかをポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年05月05日

5月4日ご結婚のお二人 2011

0505wedding01.jpg 0505wedding02.jpg
5月4日にご結婚のお二人は、村上市出身の新郎善典(Yoshinori)さんと、秋田県出身の新婦直子(Naoko)さんです。
たいへんおめでとうございます\(^O^)/

善典さんは村上市の(株)加藤組木造住宅建築の責任者をやっておられます。
ブログも持ってらっしゃいます(^^)

(画像はすべてクリックで拡大します)
0505wedding03.jpg
直子さんの衣装はドレスなのに生地は色打ち掛けと同じ素材と模様。
ステキですね〜
長いこと撮影してますが、はじめて見ました!!
0505wedding04.jpg
お二人は晴れ渡った空の元、五十嵐邸日本庭園にて人前挙式をされました。
このGWは比較的天気に恵まれていますが、この日はよく晴れた上に暑くも寒くもなくとてもいい日になりました(*^^)v
0505wedding05.jpg 0505wedding06.jpg
五十嵐邸の日本庭園は、庭だけで2500坪あるので十分な引きが確保できます。
こちらの2枚はともに85ミリでの撮影。
0505wedding07.jpg
お二人は8年前、飛騨高山にある木工職人養成の森林たくみ塾で出会いました。
その学校を卒業する前にお付き合いが始まったお二人、いったんはそれぞれの道を歩んだこともありましたが運命の糸は繋がったまま、同じ道を進むことを決めて結婚へと至りました!
0505wedding08.jpg 0505wedding09.jpg
平成21年3月15日、語呂が『サイコー』の日ということで入籍されています。
結婚式がこの日になったのは、入籍された当時、善典さんのお父様がご病気でその後他界されたためでした。

しかし、お二人は新たに福ちゃんという女の子を授かり、今日ここに皆さまへのお披露目の日を迎えたのです!
きっとお父様も雲ひとつない空の上からお二人の様子をご覧になり、顔をほころばせていたことでしょう(^^)
0505wedding10.jpg 0505wedding11.jpg
お色直し入場後は善典さんはビールをサーブ、直子さんはオツマミを皆さまに配ります。
右はケーキカットのあとのファーストバイト。
0505wedding12.jpg 0505wedding13.jpg
デザートビュッフェも心地よい陽気の日本庭園で。
ご列席の皆さまほとんどの方が午後のティータイムを満喫されていました(^^)

披露宴のお開き後には善典さんを胴上げ。
こちらの決定的1枚はスタッフKayo-Pがモノにしてくれました!!
0505wedding14.jpg
福ちゃんと3人での幸せなカット。
お開き直前まで眠っていたので、起きても機嫌はどうかな〜と思っていたんですがこの笑顔!!
イイ子ですね〜、しかもとってもカワイイです(*^_^*)

披露宴の新郎謝辞では『入籍した当時の気持ちがよみがえりました』とおっしゃっていた善典さん。
これからもその気持ちを大切に明るく楽しい家庭を築かれていくことでしょう!
どうぞいつまでも末永くお幸せに〜
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたらどちらかをポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年05月04日

ゴマだれ冷やし中華

0504hiyasichuka01.jpg
今日もブライダルの撮影があったのですが、エントリーを明日にしてちょっと前に食べた冷やし中華をアップします。
撮影カット数が5枚しかなく、キレイに盛り付けられたんですが面白味もないのでお蔵入りになろうとしていた写真でした(^^;

この日はゴマだれ冷やし中華が食べたかったのにスーパー3軒を回っても売っていなくて、仕方なくフツーの冷やしを買ってきてゴマペーストでムリヤリゴマだれにして作りました(>_<)
0504hiyasichuka02.jpg
材料【2人前】
 冷やし中華2人前(麺・タレ) チャーシュー120g タマゴ1個 モヤシ1/3袋 キュウリ1/2本
 芝麻醤大さじ1 すりゴマ大さじ1 紅ショウガ、練り辛子各適宜
0504hiyasichuka03.jpg
作り方
 1. タマゴは薄焼きにして錦糸タマゴを作る。
   チャーシューとキュウリは細切りにする。
   モヤシは頭と根を切って湯通しする。
0504hiyasichuka04.jpg
 2. 冷やし中華のタレをボウルにあけ、芝麻醤とすりゴマを入れてよく混ぜる。

   麺をゆでて冷水に晒し、よく水を切ったら皿に盛り具を盛り付ける。
   タレを回しがけしたら完成!
0504hiyasichuka05.jpg
冷やし中華も美味しい季節になりました!
しかし、コンビニってもう2月くらいから出てるんですよね〜(◎-◎;)
季節感の先取りはコンビニが一番早いかも!!
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年05月03日

5月2日ご結婚のお二人 2011

0503wedding01.jpg
5月2日にご結婚のお二人は、新潟市江南区(旧亀田町)出身の新郎紀幸(Toshiyuki)さんと、阿賀野市(旧安田町)出身の新婦眞澄(Masumi)さんです。

たいへんおめでとうございます\(^O^)/
(画像はすべてクリックで拡大します)
0503wedding02.jpg
和装撮影で私の好きな場所のひとつ、五十嵐邸正門を入ってすぐの石橋です。
こちらのもみじの新緑も、ようやく撮影に適した枝振りと新緑になってきました(^^)
0503wedding03.jpg 0503wedding04.jpg
お二人は五十嵐邸本殿にて神前挙式をされました。
三三九度と玉串奉奠の場面をピックアップ。
どちらも同じようなアングルですが左が85ミリ、右が35ミリで撮影しています!
0503wedding05.jpg
お二人は、紀幸さんが勤務する(株)YMフーズの同僚として10年ほど前に知り合いました。
仕事を通して接していくうちに、カワイイ眞澄さんにどんどん心を引かれていった紀幸さん。
ある時、職場の飲み会に眞澄さんを誘ったのがきっかけでお付き合いがスタートしたそうです(^^)
0503wedding06.jpg
交際を続けていく中で紀幸さんは、真面目な性格でカワイイ眞澄さんにますます惹かれていき、一方の眞澄さんも紀幸さんの優しくてどんなときも臨機応変な対応が出来る人柄に、この人とならと、お互いの気持ちが結婚へと向いていきました。

そしてこの日、めでたく皆さまへのお披露目となったわけです(*^_^*)
0503wedding07.jpg 0503wedding08.jpg
披露宴では紀幸さんのおばあちゃんに花束を。
実はこの前、白無垢の時にサプライズでおばあちゃんからお二人への花束プレゼントもあり、そのお返しという感じになりました。
おばあちゃんは今年100歳を迎えられるそうで、紀幸さんは『200歳まで生きてね』と声をかけていました(^^)

右はメインテーブルでの撮影タイム。
ご列席の皆さまがお二人を囲んで記念撮影です!
0503wedding09.jpg
五十嵐邸の日本庭園をバックに。
木々に緑があふれ、素晴らしい趣になってきました。
右の枝垂桜があと少しがんばっています(^^;
ツツジや奥の方では八重桜も開花の時期を迎えています!
0503wedding10.jpg
お色直しから会場へ向かう前の一コマ。
披露宴も後半へと進み、お二人もだいぶリラックスしている様子が写真からうかがえますね!
0503wedding11.jpg 0503wedding12.jpg
日本庭園から入場されるお二人、その前にはウェディングケーキが。。。
日本庭園でのケーキカットです(^^)
0503wedding13.jpg
日本庭園でのケーキカットは、あらゆる角度から撮影が可能なので、私としてはたいへんありがたいですね!
ご列席の皆さまも写真を撮る方は近くから、見る方は一段高い場所からと死角がなくお二人の様子をご覧になれます!!
0503wedding14.jpg
披露宴終了後の撮影。
今満開のドウダンツツジと、なぜかここの場所だけたくさん咲いてる赤いツツジが入るアングルで撮りました。
ドウダンツツジって漢字で書くと『満天星』とも書くんですね!
お祝い事にふさわしいような気がしました(^^)

これからどんな家庭を築いていきたいですか?と聞いたところ、
紀幸さん『フツーが一番!』
眞澄さん『あったか〜い家庭を築いていきたい』
とおっしゃってました!

どうぞいつまでも末永くお幸せに〜(*^_^*)
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたらどちらかをポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年05月02日

菜の花のパスタ ベーコン、桜エビ入り

0502pasta01.jpg
リアル友達でFB仲間でもあるS爪クンに「庭にいっぱい出てきたから」という菜の花をもらったのでパスタにしました(^^)

実は今日はブライダルの撮影があったんですがエントリーを明日にすることにして、数日前に作ったものの出すタイミングがなかったこの菜の花パスタをアップすることにしました。
0502pasta02.jpg
材料【2人前】
 パスタ160g 菜の花適量 ベーコン80g 桜エビ大さじ1 パスタのゆで汁お玉2
 塩・コショウ、コンソメ各少々 オリーブオイル大さじ1
 パルミジャーノ、タバスコ各適宜 イタリアンパセリ2〜3本
0502pasta03.jpg
作り方
 1. パスタを標準ゆで時間の2分前にセットしてゆで始める。
   パスタのゆで湯に菜の花をサッとくぐらせて水にさらし色止めしておく。

 2. フライパンにオリーブオイルと2.5ミリ幅に切ったベーコンを入れて中火〜弱火にかけ
   カリカリになるまで炒める。
0502pasta04.jpg
 3. 桜エビを入れパスタのゆで汁を加え、塩とコンソメで味を付けて、乳化させる。

 4. ゆで上がったパスタと菜の花を入れてよく混ぜ合わせれば出来上がり。
   皿に盛ってブラックペッパーを振り、イタリアンパセリを飾り付けする。
0502pasta05.jpg
ベーコンはカリカリ系が好きなのでそうしてますが、フツーに役だけでもOKです。
春の香りのパスタですね〜(*^^)v
0502pasta06.jpg
豚骨スープのようにも見えますがオニオングラタンスープ。
スライスしたタマネギを焦がさないよう茶色くなるまでバターで炒め、水を入れて塩・コショウ、コンソメで味付けしたもの。
ウマイですよ〜
マッシュルーム入り!
0502pasta07.jpg
菜の花って買うとワリとお高いんですよね〜(^^;
助かりました!
S爪クン、ありがと〜\(^O^)/
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年05月01日

4月29日ご結婚のお二人② 2011

0501wedding01.jpg 0501wedding02.jpg
4月29日にナイトウェディングでご結婚のお二人は、新潟市秋葉区(旧新津市)出身の新郎智志(Satoshi)さんと、新潟市東区出身の新婦佳菜絵(Kanae)さんです。

たいへんおめでとうございます\(^O^)/
(画像はすべてクリックで拡大します)
0501wedding03.jpg
お二人は前日の木曜日に前撮りをされました。
五十嵐邸の玄関も新緑が日に日に深まってきています!
0501wedding04.jpg 0501wedding05.jpg
お二人は五十嵐邸本殿にて神前挙式をされました。
花嫁が綿帽子の場合、指輪交換はスーパーローアングルがいいですね!
そして三三九度もやや下目から。。。杯で唇が隠れる寸前を狙います(^^)
0501wedding06.jpg 0501wedding07.jpg
神前式の後はバルーンリリースが行われました。
太陽と逆の方向に飛んでいってくれたので空が青く写りましたね(*^^)v

右は前撮りの時のカット。
少し小雨が降ってきたんですが、傘を差していただき問題なく撮影!
0501wedding08.jpg
智志さんはヤマト運輸(株)にお勤め。
佳菜絵さんのお宅に配達に行ったのが出会いだったそうです!
独身女性の皆さん、配達の荷物の受け取りは自ら買って出ましょう(*^_^*)
0501wedding09.jpg 0501wedding10.jpg
お色直しの入場は日本庭園からお父様と。
先に入場している智志さんの元へ向かいます。

メインテーブル前で智志さんとお父様はガッチリ握手!
『必ず幸せにします』と力強く誓っていました(*^^)v
0501wedding11.jpg 0501wedding12.jpg
ケーキカットからはファーストバイトのシーンを。

新郎→新婦 一生食べるのに困らせないよ!
新婦→新郎 一生美味しいものを作ります!

そのような意味があるそうです。

ケーキカットの後はキャンドルサービス。
スポットライトがキレイにお二人を照らす場面はストロボOFFの撮影です。
0501wedding13.jpg
それまで佳菜絵さんのお宅に荷物の配達はなかったのにその日を境にお届け物が増え、そのたびに佳菜絵さんが受け取りに出てこられたそうです!
そんなきっかけで話をするようになったお二人、やがてお付き合いがスタートし、今日の佳き日を迎えられました(^^)
0501wedding14.jpg
前撮りでちょっとモデルっぽいポーズを取ってもらいました。
最初は照れていたお二人ですが、ちょっとカッコイイ写真になってるのではないでしょうか?
フォトショップであえてノイズをかけています(^^;

入籍もこの日にされたお二人、これからさらに楽しく笑顔に満ちた明るい家庭を築かれていくことでしょう!
どうぞいつまでもお幸せに〜\(^O^)/
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたらどちらかをポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

最近のエントリー

  1. 5月29日ご結婚のお二人② 2011
  2. 5月29日ご結婚のお二人① 2011
  3. 5月28日ご結婚のお二人 2011
  4. 洋風筍ご飯と鳥天、野菜天
  5. イタリアン親子丼 筍とアスパラ入り
  6. 筍とシラスの和風パスタ
  7. 青椒牛肉絲(チンジャオニュールースー) 2011
  8. アスパラとベーコンのチーズリゾット
  9. 5月21日ご結婚のお二人 2011
  10. 三春の桜めん
  • Powered by
    movabletype_banner.gif
  • Template by drblog.gif
  • Server by moover_banner.gif