サイト内検索


2011年06月30日

全粒粉パスタでサーモンクリームパスタ

0630pasta01.jpg
東京にいる同級生のS原クンが帰省した際、全粒粉パスタとペコリノロマノをおみやげに持ってきてくれたので、サーモンクリームパスタにしてみました。
S原クンとはFacebookの方で時々やりとりをしています(*^_^*)
0630pasta02.jpg
材料【2人前】
 全粒粉パスタ160g 生鮭1切れ 生クリーム150cc 牛乳150cc タマネギ1/4個
 塩・ホワイトペッパー少々 オリーブオイル大さじ1 バター10g 小麦粉小さじ1/2
 ヒュメドポワソン(またはコンソメ)2g ペコリノロマノ適量 イタリアンパセリ少々
0630pasta03.jpg
作り方
 1. 生鮭は一口大にカットする。
   ペコリノロマノはチーズおろしで削っておく。
   タマネギは薄くスライスする。
0630pasta04.jpg
 2. フライパンにオリーブオイルを引いて弱火にかけ、バターを溶かす。
   タマネギを入れて焦がさないようにし、しんなりするまでしっかりと炒める。

   小麦粉をふるって混ぜたら、生クリームを加えよく混ぜながら半分くらいの量になる
   まで煮詰める。

   パスタを標準ゆで時間の1分前にセットしてゆで始める。

 3. 2に牛乳を加え、煮立ってきたらヒュメポワと塩・コショウで味付けし、サーモンを入
   れるて火を通す。

   ゆで上がったパスタを入れてサッと絡めたら皿に盛り、イタリアンパセリを飾って
   ペコリノロマノをたっぷりとかける。

   *全粒粉パスタはソースを吸いやすい感じなので、普通のパスタよりもゆで時間を
    長めにし、ソースに入れてる時間を短くするといいようです。
0630pasta05.jpg
プチサラダと味噌スープ付き。
ペコリノロマノはパルミジャーノとかよりもサッパリしてるけどコクがある感じ。
トマトソースによく合いそう!
0630pasta06.jpg
S原クンありがとう、全粒粉でクリームパスタ、OKだったよ(*^^)v
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年06月29日

BIG MAC

0629bigmac01.jpg
マクドナルドは例の狂牛病騒ぎがあって以来、もう5年以上はご無沙汰かと思います。
そのマックも一時アメリカ産牛肉が輸入禁止になってからオージーを使ってるとのことで行ってもいいかな?とは思っていたんですが何となくスルーしてました。

このたび、BIG MAC無料券をもらったので、しかも有効期限を見てみたら今月いっぱい(◎-◎;)
今日はちょうどお昼を挟んで前撮りがあったため、『昼ご飯を作る時間もねーな』と思い、前撮り終了後に超久々にマックへ行ってきました(^^)

最寄りのマックは当事務所から車で15分ほどのところにあります!
0629bigmac02.jpg
オーダーしたのはBIG MAC2個とLポテ、チキンナゲット、シュワシュワドリンクはS~L何でも100円だったのでコーラのLを1個だけ頼んでシェア。

マックに一眼レフを持ち込んだら何か言われるかな〜と思ったけどスルーだったので、例によって外光のはいるテーブルをキープです。
0629bigmac03.jpg
レンズはすべて16-35ミリで24ミリくらいで撮ってます。
最初の1枚は外なので早いシャッターですが、後ろをボカしたかったのでF値は3.5くらいです。

あとの2枚はISO400 1/1000秒 F2.8、RAWで現像時に彩度を高め、ちょっとビビッドに色を出しています。
おいしそうな感じでしょ(*^_^*)

一日の必要カロリーの大半を摂取したので、夜は軽めで。。。
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年06月28日

6月26日ご結婚のお二人 2011


6月26日にご結婚のお二人は、ともに村上市出身の新郎陽一(Yoichi)さんと、新婦美紀(Miki)さんです。
25日も村上のお二人でしたので村上の方から2日連続で幸せのお裾分けをいただきました。
ありがとうございます!

たいへんおめでとうございます\(^O^)/
(画像はすべてクリックで拡大します)

梅雨の雨模様の天気でしたが、挙式前に五十嵐邸の玄関先で撮影することができました。
囲炉裏の部屋は和装撮影では人気のスポットです(^^)

お二人は五十嵐邸本殿にて神前挙式をされました。
修祓の儀、お祓いの場面を全景で。16ミリでの撮影です。
指輪交換はこちらのアングルが最近のお気に入りです(*^_^*)

陽一さんは坂町のご出身で、坂町獅友会に所属。
その獅友会の皆さんによる獅子踊りの呼び太鼓で入場されました。

ご来賓のあいさつをいただいたのち、乾杯で披露宴のスタートです!

お二人は同じ会社の同僚として知り合いました。
最初は仕事上のお付き合いだけでしたが、ある日、同僚のY川さんが陽一さんに美紀さんの電話番号を教えたことからお二人は急接近していったそうです(^^)

そしてお付き合いを始めてから7ヶ月ほどで陽一さんからプロポーズがあり、今日の佳き日を迎えることとなりました!

お色直しの入場はお父様と。
先に入場した陽一さんの元へ向かい、この後、陽一さんとお父様はガッチリ握手されていました。

そしてお二人はケーキカットへと向かいます。
今日のゲストの皆さまはわりと横の方から狙っていました。
正面のベスポジは当スタッフのKayo-Pです(^^;

ケーキカットのあとはファーストバイト。
陽一さんへの一口は、巨大なスプーンが用意されていました!

ケーキカットに続き、ミニ鏡開きで皆さまのテーブルにご挨拶です。

メインテーブルのお二人。
花に囲まれたイメージでの一枚です。

お二人は今後について『温かくて居心地のいい、安心できる家庭を築きたい。そして自分たちの家族がそうであったように、何でも話せる賑やかな家庭を作りたい』とおっしゃってました。
どうぞいつまでもお幸せに〜〜〜
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたらどちらかをポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年06月27日

牛スネ肉のインド風カレー

0627curry01.jpg
牛肉を使っていながらインド風というのも『インド人もビックリ!』かもしれませんが、ちょっと前の特売で買って冷凍庫に眠っていた国産牛スネ肉が450gほどあるので使ってしまいたかったわけです(^^;

スパイスは、ちょっと大きなスーパーならどこにでも売ってるものだけ。
時々買っていたら今では15種類くらいになっちゃって、その中から9種類を使いました。

スパイスの分量はややテキトーでも、カレーパウダーとガラムマサラが入っていればけっこうカレーになります(^^)
0627curry02.jpg
材料【4皿分くらい】
 国産牛スネ肉450g ジャガイモ小8個 ニンジン1/2本 トマト1/2個 塩・コショウ少々
 ニンニク2カケ オリーブオイル大さじ1 赤ワイン100cc 水400cc コンソメ2g
 ブラックペッパーホール小さじ1

 カレールウの材料(左上ガラスの器から)
 クミンシード大さじ1 カレーパウダー大さじ2 カルダモン、クローブ各小さじ1/2
 ガラムマサラ、コリアンダー各小さじ1 (ブラックペッパーホール)
 カイエンペッパー、ターメリック各大さじ1 ローリエ2枚
 バター10g タマネギ1/2個 小麦粉大さじ1 オリーブオイル大さじ1
0627curry03.jpg
作り方
 1. 圧力鍋にオリーブオイルを引いて熱し、ぶつ切りに切った牛スネ肉、皮を剥いて潰した
   ニンニクを入れて、塩・コショウしながら炒める。

 2. 肉に焼き壁ができたら赤ワイン、水、すりおろしたニンジンとトマト、ホールの
   ブラックペッパー、ローリエを入れてフタをし、鍋に圧がかかったら中弱火にして
   15分煮る。

   *15分たったら水をかけて減圧し、ジャガイモを入れて5分加圧する。
    再び強制減圧して手順7へ
0627curry04.jpg
 3. ルウを作る。
   フライパンにバターを入れて中火にし、バターが溶けたら薄くスライスしたタマネギ
   を入れて焦がさないように火加減を調節し炒める。

   タマネギが飴色になってきたら小麦粉を入れて混ぜ合わせる。
   *香ばしさを出したい場合は小麦粉を多少焦がしてもOK!

 4. クミンシードは包丁でみじん切りにする。
   濡らして切ると飛び散らなくていいです。
0627curry05.jpg
 5. 3のフライパンにスペースを作り、オリーブオイルを入れて中火で熱し、刻んだ
   クミンシードを炒める。

 6. クミンの香りが立ってきたらカイエンペッパー以外のスパイスを全部入れ、フライパン
   の中のものを混ぜ合わせる。
   パラパラのフレーク状になればルウの出来上がり。
0627curry06.jpg
 7. 圧力鍋が減圧したらフタを開け、中のスープをお玉3杯くらいルウに入れて溶かす。

 8. カイエンペッパーを加えてとろみの付いたルーを圧力鍋に入れて混ぜ、コンソメと塩で
   味を調え一煮立ちしたら出来上がり。
0627curry07.jpg
市販のルウを使うよりは手間ですが、香りはいいですよ〜
辛さはカイエンペッパーの量を増やすか挽いたブラックペッパーを入れると辛くなります。
ルウの固さは小麦粉の量で、私はわりとサラサラ系が好きなので。。。(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年06月26日

6月25日ご結婚のお二人 2011


6月25日にご結婚のお二人は、ともに村上市出身の新郎恵輔(Keisuke)さんと、新婦智美(Tomomi)さんです。

たいへんおめでとうございます\(^O^)/
(画像はすべてクリックで拡大します)

挙式当日、五十嵐邸の玄関にはお二人が趣向を凝らしたウェルカムボードや、ゲストの方からいただいたお祝いの品などが飾られます。

この日は、恵輔さんのご親戚の方が染められた蕗谷虹児の暖簾が、ひときわ目をひいていました(^^)

お二人は五十嵐邸本殿にて神前挙式をされました。
三三九度の場面と、退場の際の折り鶴シャワーをピックアップ!

恵輔さんは幼い頃からお祭りが大好き。
現在も地元庄内町の一員として、村上大祭や七夕祭りには『おしゃぎり』を引いて活躍しています。
『町内が一致団結して一つのことを成し遂げる達成感が祭りの魅力』なんだそうです(^^)

白無垢から色打ち掛けに掛け替えて披露宴がスタート。
最初のイベントは鏡開きです。
ちょうどしぶきが上がる場面を撮ることができました(*^^)v

ゲストの方の余興、トップは恵輔さんの従兄の方による木遣り。
こちらの従兄さんは新発田祭りでご活躍とのこと。
お祭り好きな家系なんですね(*^_^*)

次はやはり恵輔さんの叔父様によるマジック。
最後のマジックは何もない紙袋から花の入った箱が次々と。。。
サスガに6個出てきた時は会場内からどよめきが上がりました!

智美さんはおいしいものの食べ歩きがご趣味。
友人や恵輔さんと出かけた時も、その土地のおいしいものを食べるのが楽しみとのことです(^^)

お二人は同じ高校の同級生でした。
三年間同じクラスだったそうですがあまり話をしたことはなく、卒業後のプチ同級会で再会し、会う機会が増え親しくなっていきました。

しばらくは友人としての付き合いでしたが、次第に心を惹かれあい、自然な流れでお付き合いがスタートしました。

交際を続けていくうちに恵輔さんは、明るくて元気な智美さんとずっと一緒にいたいと思い、一方の智美さんは、普段はお茶目な恵輔さんが祭りの時に見せる真剣な表情やはっぴ姿にますます惹かれ、二人の思いは結婚へと向かい今日の佳き日を迎えたのです!

智美さんのご友人の余興は、メッセージDVD。
お二人の親しい方からメッセージをいただきそれが上映されると、恵輔さんの方がちょっとウルウル来てましたね〜(*^_^*)

村上の七夕祭りで披露される獅子舞は、19の町内がそれぞれ独自の舞をするのだそうです。
披露宴で演じられた獅子舞の動きはそれはもう見事なもので、実際に見に行きたくなりました!

ブーケトス。
どのポジションから撮ろうかと悩みますが、智美さんのご友人の近くに構えていたらいい場面を撮ることができました(*^^)v

梅雨らしい天気でときおり雨の降る中でしたが、二人の撮影や後半の余興では雨も上がり、日本庭園での撮影も行えたことはラッキーでした!!

お二人は『これから力を合わせて何でも話し合い、いつまでもお互いを大事にし合って明るく笑いの絶えない家庭を築いていきたい』とおっしゃってました。
どうぞいつまでもお幸せに〜〜〜
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたらどちらかをポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年06月25日

モツ焼きうどん (味噌味)

0625yakiudon01.jpg
今日は朝からブライダルの撮影でした。
夕方まで撮影の予定が入っていたため、エントリーは明日のお約束にしましたので、今日はちょっと前に撮って出しそびれていたネタで行きたいと思います(^^;

やはりちょっと前のケンミンショーで、亀山味噌焼きうどんをやっていて、それがあまりにもうまそうだったので作りました。

味噌ダレは3月に食べた津山焼きうどんの味を元にテキトーレシピで作ってみましたが、オススメできるほどのうまさです(*^^)v
0625yakiudon02.jpg
材料【2人前】
 鶏モツ150g(市販の味噌味付きのもの) 冷凍讃岐うどん2玉 タマネギ1/4個 キャベツ1/8個
 紅ショウガ適宜 塩・コショウ少々 サラダ油大さじ1

 タレ
 味噌・八丁味噌各小さじ1 砂糖大さじ1 韓国唐辛子小さじ1 煮きった酒100cc
0625yakiudon03.jpg
作り方
 1. タマネギは5ミリくらいの厚さにスライスする。
   キャベツはわりと大降りに切っておく。

 2. タレの材料を全部合わせてよく混ぜる。
   *八丁味噌は溶けにくいので、煮きった酒を冷まさずに使うといいでしょう。
0625yakiudon04.jpg
 3. うどんをゆで始める。
   フライパンに油を引いて強火で熱し、鶏モツを炒める。
   モツに火が通ったらタマネギを入れて炒める。

 4. タマネギに火が通ったらキャベツを加え、その上にゆでたうどんをのせて2のタレを
   かけて30秒ほど蒸し焼き状態に。
   あとはよく混ぜながら炒めて出来上がり!
0625yakiudon05.jpg
見た目ジミーな感じですがウマイっすよ(*^^)v
回鍋肉にうどんが入ってるような感じです。
0625yakiudon06.jpg
焼きうどんと言えば新潟では醤油味にかつお節が定番ですが、ピリ辛味噌味の焼きうどんはかなりいい線行ってますね〜

今後焼きうどんを食べようと思った時、どっちの味にしようか迷いそうです。。。
もしかしたら味噌味の頻度が高くなりそう(^o^)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年06月24日

ひしお豚


この画像はクリックで拡大します
『ひしお』とは『醤』のことです。
村上の老舗醤油店『のざわ』さんの商品。

実はコレ、リアル&Facebook友達の坂爪クンが、実際に会ったことはないけどFacebook友達の野澤さんのところへ行ってきた時のおみやげにもらったモノ(^^)

新潟ではFacebookで知り合った人同士が実際に会って交流するというケースが増えています。
付き合いの幅を広げるといった意味でもWeb戦略的にも、Facebookは避けて通れないツールになってきてるような気がしますね〜(*^_^*)
0624hishiobuta02.jpg
ひしお豚のFacebookページによると。。。

ひしお豚
 しょうゆ屋家伝・ひしお豚とは、村上市神林地区の高橋農産にて生産されているブランド豚
 『越乃黄金豚』を使用し、同じ神林地区にある野澤食品工業にて1年半~2年間木桶の中で
 じっくり熟成させた醤油もろみにつけ込んだものです。 醤油もろみに使われる大豆麹には、
 味噌などに使われる米麹の約10倍ものタンパク質分解酵素が含まれており、この酵素の力
 によって豚肉に驚くほどのやわらかさと、噛んでいると口の中に『ジュワ』っと広がるうま
 味を作りだします。 さらに漬けだれの醤油もろみには『イソフラボン』や『大豆ペプチド』
 『大豆タンパク』が豊富に含まれるため健康維持にも最適です。 冷めてもおいしく柔らかく
 いただけますので、お弁当などにもどうぞ。 越後村上、神林地区で作られた豚肉と醤油もろ
 みのハーモニー。是非ご堪能下さい。

とあります。
0624hishiobuta03.jpg
作り方は説明書に
 熱したフライパンに少量の油をしき、袋に入っている肉ともろみを全部入れ、
 中火で少し焦げ目がつくまで焼きます。 焦げ目がついたら肉を裏返し、弱火にして
 フタをし、3~4分焼きます。 フタをとり強火で1~2分焼いてできあがりです。

とありますが、
肉の脂身から油が出てくるので、テフロンのフライパンだと油を引かずに焼いてもOKだな〜と思いました。
フタもしなかったけどちゃんと焼けたし(^^;

この画像はクリックで拡大します
キャベツの千切りと、一緒に焼いたパプリカを盛り付けて『ひしお豚丼』です。
ゴマはオプション(^^;

この画像はクリックで拡大します
真上からのカット。
豆腐とワカメの味噌汁、キュウリのタタキ即席マリネ付きです。
0624hishiobuta06.jpg
キュウリのタタキは、キュウリを麺棒などで叩いて市販のすし酢大さじ1と塩ひとつまみを和えたモノ。

この画像はクリックで拡大します
食べた時は『味噌漬け?』って思いました。
それくらいもろみが効いてますね〜

肉は説明書き通りひじょうに軟らかく、漬け具合が絶妙にいい!
しょっぱすぎないのでご飯にもいいけど日本酒のつまみとしてもいける感じでした(*^^)v
う〜ん、おいしかった!
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年06月23日

フルーツトマトとバジルのカペッリーニ

0623capellini01.jpg
毎年作ってるトマトとバジルの冷製パスタです。
手順は簡単なこのパスタをおいしく作るコツは、おいしいフルーツトマトを使うことと、パスタの水分を徹底的に切ること、そしてソースとパスタは必ず冷やすこと、ここさえ手を抜かなければマイウ〜なカペッリーニが作れます(*^^)v

トマトは曽我農園のフルティカが手に入ったのでそれを使いました。
サイコーに甘いトマトです!!
0623capellini02.jpg
材料【2人前】
 カッペリーニ(0.9ミリ)80g フルーツトマト4個 バジル20枚くらい タマネギ1/4個
 ニンニク1/2カケ 生食用オリーブオイル大さじ4 ライムまたはレモン1/2個 塩2つまみ
 コショウ少々
0623capellini03.jpg
作り方
 1. トマトは皮を湯むきして4等分に切り、さらにそれを半分に切る。
   バジルは飾り用に少し残して細くきざみ、ニンニクはクラッシャーで潰す。
   タマネギはみじん切りにし、流水にさらして辛味を抜き、キッチンペーパーなどで
   水分をよく切る。

 2. 1を全部ボウルに入れ、塩・コショウ、オリーブオイルと合わせる。
0623capellini04.jpg
 3. ライムを搾り、トマトを軽く潰すようにしながらよく混ぜる。
   これを冷えるまで(約20分ほど)冷凍庫に入れるか、氷せんにかけて冷やす。

 4. カペッリーニはゆで時間が2分。
   2〜2分半くらいゆでるのがオススメ。
   ちなみにフェデリーニ(1.4ミリ)を使う場合は2分余計目にゆでるといいです。

   ゆで上がったらあら熱を取り、氷水で冷やす。
0623capellini05.jpg
 5. 冷えたパスタはよく水を切り、さらにキッチンペーパーなどで水分を取り除く。
   キッチンペーパーを使う前に野菜の水切りで水分を飛ばすと楽です。

 6. 冷えたパスタと冷えたソースを絡めて出来上がり。
   スプーンとフォークで巻き巻きして皿に盛るとビジュアル的にもOKな感じになります!
0623capellini06.jpg
このパスタのためにバジルを育ててると言っても過言ではないほど、夏には必ず食べたい一品です!
私の場合、冷やし中華より食べる回数は多いかな(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年06月22日

わんわんパークでわんこ達の社会化トレーニング

0622dogs01.jpg
久々のわんこネタです。
ウチのココアと福はとにかく犬見知り!
特にココアは、他の犬が背を向けていればようやく何とか近づけると言うようなヘタレ振り(__;)
『このままではイカン!』とゆーワケで去る日曜日の午前中に、元気な大勢のわんこ達で賑わうわんわんパークのドッグランへ行ってきました。

ここは同じ阿賀野市(旧笹神村)にあって、我が家から車でゆっくり行っても20分ほどのところにあります。
0622dogs02.jpg
ドッグランに入っても飼い主のまわりをウロウロ(>_<)
0622dogs03.jpg
他の犬懐っこいわんこ達が『新入りが来たぞ〜』と歓迎にやって来てもあたふたするウチの子たち(-_-;)
ココアの対犬レーダーは敏感で、逃げる時のダッシュ力はハンパないっす!
0622dogs04.jpg
ちょっとは他のわんこに興味があるのか、そ〜っと近づいていっても。。。
向こうから来られるとこのビビリ様(^^;
0622dogs05.jpg
逃げる逃げる!
走る走る!!
0622dogs06.jpg
かなり気温が上がってきたのでドッグラン脇に設置されてるプールに入れてやっても、水慣れしていないせいかまったくダメで。。。
それでも2時間あまり、かなりいい運動をしたことでしょう(^^)
0622dogs073.jpg
帰りの車はすでに眠くなって、家に帰ってからはぐっすりと昼寝のココアと福でした(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年06月20日

マンゴーのジェラート

0620mango01.jpg
日南海岸黒潮市場のフルサワさんから、前回は最高級マンゴー2Lを、依頼を受けて撮影しましたが、今回『4Lが格安で出せるよ〜(^^)』と連絡をいただきお取り寄せしました!

そして、前回はやりたいと思いつつ、もったいなくてできなかったマンゴーのジェラートにトライしてみました(^^)
0620mango02.jpg
材料【約8個分】
 マンゴー4L1玉 *A[生クリーム100cc 牛乳50cc ハチミツ大さじ1] ミント適量
0620mango03.jpg
作り方
 1. マンゴーを3枚におろす切り方はこちらをどうぞ→マンゴーの切り方
   種のまわりの果肉も取り、皮に付いてるのもスプーンでこそげて取る。
   冷凍庫に2時間ほど入れてある程度凍らせる。

 2. 凍らせたマンゴーと*Aをミキサーに入れて1分ほど粉砕すれば出来上がり!
   ただし、凍らせ方がちょっと甘かったのか、この後ホーローのタッパーに移して
   1時間ほど再度冷凍庫に入れました(^^;
0620mango04.jpg
ほぼマンゴー100%のジェラート。
カンタンに原価を計算するとこれ1杯が260円ちょっと(◎-◎;)
お店で出すとすると800円は下らないかな〜
『ゴチになります』に出てくるような高級店じゃないと食べられないかもしれませんね〜(^^;
0620mango05.jpg
それにしても、形容しがたいくらいのウマさです!
マンゴー好きな方には絶対にオススメ!!

*明日はブログをお休みします。。。たぶん(^^;
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年06月19日

ジェノベーゼ

0619genovese01.jpg
わが家のチープな家庭菜園でも、2人前のバジルソースが作れるくらいバジルが育ってきたので今日はジェノベーゼにしました(^^)
夏を感じるパスタでもありますね!

オリーブオイルは生食用のちょっといいヤツを使いました。
ジェノベーゼやカッペリーニには、オリーブオイルをちょっと奮発した方がウマイです(*^^)v
0619genovese02.jpg
材料【2人前】
 スイートバジル25g パスタ160g パルメザンチーズ12g 松の実15g ニンニク1カケ
 岩塩2つまみ コショウ少々 オリーブオイル80cc
 (ニンニク、写真に入れ忘れました^^;)
0619genovese03.jpg
作り方
 1. パスタを標準ゆで時間の1分30秒前にセットしてゆで始める。
   バジルは太い茎を取り除く。
   松の実を軽く焦げ目が付くまでから煎りして冷ます。(そのまま使っても可)

 2. 上記のパスタ以外の材料をミキサーかフードプロセッサーにかけ、ペースト状になるまで
   粉砕する。(約1分未満、連続でかけずフラッシュするといいでしょう)
   飾り用にバジルの葉を4枚ほど残す。
0619genovese04.jpg
 3. バジルソースをボウルに移し、

 4. ゆで上がったパスタを湯煎にかけながら混ぜ合わせれば出来上がり!
0619genovese05.jpg
皿に盛り付けてバジルの葉を飾ればジェノベーゼの完成です。
これを食べて麻雀をしたら勝てそうな気もしますね〜(^^;
0619genovese06.jpg
ミニサラダと空豆のコンソメ付き。
カロリーはけっこうお高めですが、ジツにうまいッス(*^^)v
ソースも残さずいっちゃいたかったのでパンを用意すれば良かった〜
0619genovese07.jpg
空豆のコンソメ。
コンソメはいつものマスコットフーズです。
フルサワさんの生にんにくをスライスで入れてみました(^^)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年06月18日

パエリア

0618paeria01.jpg
ワリと簡単にできる料理なので何度か登場してるパエリアです。
サイト内検索で『パエリア』と入れていただくといくつか出てきます。

具はお好みのものを入れて作ればOKなシロモノ!
今回も余ってる食材中心で作りました(^^)
0618paeria02.jpg
材料【2人前】
 米1合(洗わない) 鶏胸肉70g タマネギ1/2個 パプリカ赤1/4個 ピーマン1/2個 
 マッシュルーム4個 サラダビーンズ1袋 ズッキーニ5センチ ライム1/4個 ニンニク1カケ
 コンソメスープ200cc(お湯200ccにコンソメ顆粒2g) パプリカ(粉)小さじ1 ローズマリー1本
 イタリアンパセリ数本 塩・コショウ少々 オリーブオイル大さじ1
0618paeria03.jpg
材料写真に入れ忘れたパプリカとライム。
このパプリカは昨年、ブロ友のたぬちゃんさんにいただいたもので本場ハンガリーのもの!
香りが違います(*^^)v
0618paeria04.jpg
作り方
 1. 鶏胸肉は1センチくらいに切る。
   タマネギは粗めのみじん切りに、マッシュルームは4等分にカットし、パプリカと
   ピーマンは種を取って縦に細切りにする。
   ズッキーニは半月型にして5ミリ厚に切る。
0618paeria05.jpg
 2. フライパンにクラッシュしたニンニクとオリーブオイルを入れて中火にし、香りが出たら
   鶏肉、米、タマネギを入れ焦がさないように油をまんべんなくなじませる。
   米とタマネギが透き通るまで炒める。
0618paeria06.jpg
 3. コンソメスープを注ぎ、パプリカ(粉)を入れて塩・コショウしよく混ぜる。
   サラダビーンズ、マッシュルーム、ズッキーニとローズマリーを入れてフタをし、
   沸いてきたら弱火にして15分炊きあげる。

 4. 15分たったらフタを開け、パプリカとピーマンを入れて再びフタをし5分蒸らして
   出来上がり。
0618paeria07.jpg
ライムとイタリアンパセリを散らして完成!
食べる時にローズマリーは取り除きます。
カンタンでしょ(^^)
0618paeria08.jpg
最初はスキレットで作ろうと思って素材写真の時に用意したんですが、具が多そうだったので大きめのフライパンにしました。
26センチのフライパンだと4人前は作れそうです(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年06月17日

溶射屋さんの電照広告の撮影とベースデザイン


当ブログにコメントくださる方は、ほとんどの方が知ってると思われる溶射屋さん(^^)
3月にご依頼をいただき撮影をしていました!
今日の写真はすべてクリックで拡大します

駅の通路にある、けっこう大きな電照看板です。
依頼内容は商品であるEM-X GOLDをメインにして商品そのものと、住居用のEMWを単体で、ゴールドの方はモデルが手に持ってるようなイメージもほしい。。。というような内容。

具体的なイメージはお任せとのことで、数回メールでやりとりをさせていただきとりあえず撮ってみたのから送って見てもらい、詰めていこうかと思い撮影に入りました。
↑↑ワリといつもこんなやり方です(^^;

商品の写真は20カットほど撮りました。
その中から4点をピックアップして掲載します。
今回の商品の写真はすべてアゴスさんに担当してもらいました。

結果的に↑↑の縦写真2枚が看板に使われています。


看板そのものの背景は、商品のイメージから野菜に囲まれた感じにしようか自然の中にしようかと考え、自然の方を選択。
しかしロケに行くにはまだ緑のない時期の新潟です。天気も晴れの日は望めない。。。
そこで『写真素材 足成』さんから上の4点をお借りしてEM-X GOLDを合成し、画像を送りました。

促成さんの写真も商品のイメージに合わせて色補正し、ぼかしをかけたりしてあります。
商品をセンターに配置しなかったのは、きっとコピーが入るだろうからと考えたワケです。

そして最後にモデルの撮影を。。。
どこかで見たことあるな〜、と思った方はスルドイ!
アゴスさんのサイトで眼鏡のモデルをやってもらってます!!

アゴスさんの時から髪をバッサリ切ってイメージがちょっと変わりましたが、相変わらずカワイイ。。。富樫ちゃんです(*^_^*)

モデルの写真も20カットほど撮っています。
これらの写真を全部送って出来上がった看板がこちら↓↓

『カタイ会社ですが清涼飲料水も扱っています。』のコピーが秀逸ですね!

溶射屋さん、この度はどうもありがとうございましたm(__)m
ステキな看板になりましたね!!
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m
******************************

溶射屋さんのホームページ
溶射の村田ボーリング技研株式会社
http://www.murata-brg.co.jp/

EM商品紹介ページ
EMのちから
http://murata-brg.co.jp/scb/shop/

溶射屋さんさんのブログ
社長ブログ溶射屋
http://www.murata-brg.co.jp/weblog/

******************************

「売れる」ホームページの商品写真撮影と作成|TWINS WEB PHOTO
http://t-webphoto.com/

******************************

2011年06月16日

空豆クリームパスタ

0616soramamepasta01.jpg
今年はどこからも空豆が来ないな〜と思っていたら、いただきました(^^)
なのでさっそく空豆のパスタを。。。
0616soramamepasta02.jpg
見た目がきれいな空豆は味も期待できます(*^^)v
ベーコンは「へんじんもっこ」の温燻ベーコンです。
0616soramamepasta03.jpg
材料【2人前】
 空豆25〜30粒 スライスベーコン2枚 パスタ160g タマネギ1/4個 バター10g 
 *A[生クリーム100cc 牛乳300cc コンソメ2g 塩・コショウ少々]
 オリーブオイル小さじ1 イタリアンパセリ4枚 パルメザンチーズ適宜
0616soramamepasta04.jpg
作り方
  空豆はサヤから出し、おしりの黒い部分に切れ目を入れる。
  お湯1Lに塩大さじ1、酒100ccを入れて沸騰させ、2分ゆでる。
  ゆで上がったら水をかけずにそのまま冷まし皮を剥く。
 
 1. フライパンにオリーブオイルとバターを入れて弱火にかけ、スライスしたタマネギを
   焦がさないように少しきつね色になるまで炒める。

   パスタは標準ゆで時間の2分前にセットしてゆで始める。
0616soramamepasta05.jpg
 2. フードプロセッサーかミキサーにゆでて皮を剥いた空豆12〜15個と*Aの材料を入れ、
   1.のタマネギも入れて1〜1分30秒攪拌する。
0616soramamepasta06.jpg
 3. タマネギを炒めたフライパンにベーコンを入れて弱火にかけ、お好みのカリカリ度に
   なるまで炒めたら残りの空豆も入れる。
   
   2で作った空豆ペースト(ほとんど液状)を入れて沸いてきたら弱火にし、味を見て足りな
   いようなら塩を足す。
   パスタがゆで上がったら入れて1分ほどソースに絡めて出来上がり。
0616soramamepasta07.jpg
皿に盛ってブラックペッパーを挽き、イタリアンパセリを飾る。
パルメザンチーズはお好みで(^^)
0616soramamepasta08.jpg
舞茸のコンソメスープとマイクロトマトのサラダ付き。
マイクロトマトは先月植えたのがやっと赤くなってきたので穫ってきました(*^^)v
0616soramamepasta09.jpg
「へんじんもっこ」の温燻ベーコンは香り高く、クリームの中でもひときわ存在感を放ちます。
今度はブロックで買ってみたい!

同じ材料、ほぼ同じ手順で、とてもおいしい空豆の冷製スープが作れるのでレシピをリンクしておきます(*^^)v→空豆の冷製ポタージュ
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年06月15日

甲州勝沼赤ワインの撮影


先日の白ワインの撮影に引き続き、赤ワインの撮影をしました。今日も画像はすべてクリックで拡大します
白と違ってボトルがダーク系なため、ライトや反射物がすべて写り込んでしまうやっかいなシロモノです(^^;

白ワインと同じように逆光で撮りたいのですが、そうすると中のワインが『ロゼか?』ってくらい透けてしまうんです。
中身に合わせるとラベルが黒くなりすぎる。。。(__;)

そこでこの写真はRAWで撮った後、ラベルとワインの中身にそれぞれ明るさを合わせて現像し、2枚を合成して作ってあります。

そして、左からメインのボックスライトを入れてるんですが、ボトルの左肩にそのまま四角く反射してしまいます。
それを防ぐ方法は二通り。

一つは、撮影ブース6面全体を白のボックス状にして、カメラのレンズが覗く穴を開けて撮影する。。。
こうすると写り込みはなくなりますが、セッティングが壮大なものになってしまいますね〜

もう一つは出来るだけ最小限の写り込みを覚悟して、あとはフォトショップで消す!
私は今回こちらの方を選択しました(*^^)v

この写真は昨日のエントリーの5枚目と同じ写真ですが、昨日のものは瓶の左肩に四角いボックスライト、右に丸いレフ板が写り込んでします。

気になるほどの写り込みではなかったと思い、昨日はそのまま出したのですが、フォトショップで消すとこの↑↑写真のようになります。
昨日のものと比べるか、一番下の画像と比べてみてください!

しかし、写り込みすべてが悪いわけではなく、時には光沢感なども出してくれるので、消すか消さないかは写り込んでる状態で判断しても良いかと思われます(^^;

昨日はワインに合わせて「へんじんもっこ」のサラミとコラボさせましたが、それとは別にお昼ご飯は作っていました。
それがコレ↑↑

鶏肉、ジャガイモ、ズッキーニとフルサワさんのニンニク、ローズマリーをフライパンに入れてフタをして弱火でじっくりロースト。
オリーブオイル大さじ1と塩・コショウのみです(^^)

ニンニクは皮付きのまま焦げるまで焼きます。
ジャガイモはレンジで2分加熱してから投入、ズッキーニは一番最後に入れました。

そしてワインと組み合わせての撮影。
ボトルの写り込みは消していません。私としてはさほど気にならない写り込みですが、皆さんはいかがでしょう?(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年06月14日

へんじんもっこのスペシャルサラミとワインの撮影


Facebookでお友達になった「へんじんもっこ」の専務さんから、スペシャルサラミとソーセージの詰め合わせを送っていただきました(^^)

「へんじんもっこ」は佐渡にある超有名ソーセージメーカー。
様々なメディアで取り上げられたり賞を受賞しているので、知ってる方も多いと思われます!
新潟が誇るブランドのひとつですね(*^^)v

贈っていただいた中から、赤ワインに合いそうなものをチョイス!
勝沼ホンジョーワインとコラボ撮影しました。

画像はすべてクリックで拡大します

貴腐サラミ
白カビ付きの貴腐サラミは、日本では「へんじんもっこ」が最初に製造に成功!
以来人気を博してる商品だそうです。
私もコレ、大好きなんですよ〜(*^_^*)

田舎風パテ
初めて食べましたがウマイ!
そもそも「へんじんもっこ」に「外れ」などあろうはずもなく。。。(*^^)v
私もミートローフはたまに作ったりしますがレベルがぜんぜん違いました!!

その二つにレバーペーストを小皿に盛って盛り付けました。
レバーペーストを付けていただくのはティンカーベルさんのラスクです!
これもゼータクなコラボと言えるでしょう(*^^)v

赤ワインは白と違って瓶やワイン自体に写り込みがしやすく、ひじょうに難しい撮影でした!
白ワインの10倍は難易度が高いと思われます!!
しかし、まぁまぁイイ感じに撮れたんじゃないでしょうか?

こちらの赤ワインのエントリーは後日アップします(^^)

実は私、レバーペーストはちと苦手。。。(^^;
しかし、せっかく「赤ワインと合う」と言われたのでいただくと。。。

超ウマ!!(◎-◎;)

レバーの臭さなどみじんもなく、思わずおかわりしちゃいましたよ!
「へんじんもっこ」の渡邊専務、ありがとうございました(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年06月13日

6月11日ご結婚のお二人② 2011


6月11日、ナイトウェディングでご結婚のお二人は佐渡市出身の新郎理一郎(Riichiro)さんと、北海道白老町市出身の新婦佳那子(Kanako)さんです。
たいへんおめでとうございます\(^O^)/

お二人は晴天の6月6日に前撮りされました。
お二人のポーズ写真は最後の夜景のカット以外、すべて前撮りのものです。
(画像はすべてクリックで拡大します)

理一郎さんは現在、家業である『塚本こうじ屋』にご勤務。
毎年5月には『トレッキングガイド』として佐渡を訪れる観光客のガイドもされています!

佳那子さんは北海道の小中学校の教員をされたのち、岡山県の『倉敷本染手織研究所』で染織りを学び今年3月に卒業されました!

前撮りの時の一コマ。
佳那子さん、Nikonの一眼をお持ちで前撮りの時もこんな風に撮影していました(^^)
時間に余裕のある前撮りならではの光景です!

新郎が一眼を持っていたことはありますが新婦が持っていたのは初めてのように思います。
ストラップもオリジナルでしたよ(*^^)v

お二人五十嵐邸日本庭園にてチャペル挙式されました。
100名を超えるゲストの皆さまでも広い日本庭園は余裕があり、撮影のポジションもしっかりと確保できます(*^^)v

指輪交換の場面。
私は近くから広角レンズで狙ってるので後ろの方から撮っているゲストの方になるべくじゃまにならないよう、素早く連射してフェイドアウトしています(^^;

披露宴の前半では、乾杯のあとケーキカットが行われました。
どちらも全体を入れたアングルで撮影です!

お二人は9年前の8月、佳那子さんが働いていた北海道の施設を、理一郎さんが大学の陸上部の合宿で訪れた時に出会いました。

こちらは前撮りの2枚。
キレイな青空をバックのお二人と、五十嵐邸の建物をバックにしたカットは、佳那子さんの衣装を直していた時に理一郎さんがいたポジションが絶妙な距離感だったためそのまま撮影してみました(*^_^*)

合宿2日目に、佳那子さんが人違いをしてマキロンを理一郎さんに渡したのがすべての始まり!
ちょうど足に怪我をしていた理一郎さんは、持ち前のプラス思考でそれを自分への心配りと勘違い!!
つまり、人違いと勘違いからスタートしたとゆーワケです(*^_^*)

そこから恋が芽生えたお二人は、遠距離での恋愛を続けながらお互いの信頼を深め、気持ちは結婚へと向かい昨年の4月に入籍され、今日の佳き日を迎えられました!

ライトアップされた日本庭園からお色直し入場のお二人。
入場後は、ミニ鏡開きで皆さまのテーブルを回ります。

余興はスゴイ盛り上がりを見せました!
理一郎さんの大学時代のご友人は、巧みなトークで笑いを誘いながらも理一郎さんを激励!
スライドで『理一郎さんがロナウジーニョ似てる』と暴露したシーンは爆笑の渦でした(^^)

佳那子さんのご友人からリクエストされた、加奈子さんのお兄様の『乾杯』はあまりのうまさに場内がざわめきます(^^)

トリは理一郎さんのご友人のHiromi-Go!
完璧なフリで場内を駆けめぐりながらの熱唱はディナーショーを彷彿させました(*^^)v

興奮冷めやらぬ感じでお開きを迎えた披露宴。
その後、ライトアップされた日本庭園で夜景の撮影を行いました。

今後のお二人は
理一郎さん→佳那子さん『いつも笑顔でいてほしい』
佳那子さん→理一郎さん『一緒に佐渡の生活を楽しみたい』
とのことです(*^_^*)
どうぞいつまでも末永くお幸せに〜〜〜〜
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたらどちらかをポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年06月12日

6月11日ご結婚のお二人① 2011


6月11日にご結婚のお二人は、ともに阿賀野市出身の新郎雄輝(Yuki)さんと、新婦葵(Aoi)さんです。

たいへんおめでとうございます\(^O^)/
(画像はすべてクリックで拡大します)

朝の控え室での一コマ。
この日は朝から小雨がぱらついていたもののお二人の挙式が始まる頃には雨も上がり、その後の降水確率はどんどん低くなっていくという予報だったので、撮影にもまったく影響しませんでした(*^^)v

お二人は五十嵐邸の敷地内にあるザ・レストランスワンレイクで挙式・披露宴をされました。
人前挙式の会場は2Fにあるニイガタジャパネスクです。
右の写真は何をしてる場面かというと、リングリレーといって1本の長い糸にお二人の指輪を通して列席者全員で送っていく、というものです。

そしてお二人に一番近い位置にいるお二人のお母様まで送られたリングは、お母様達の手によってリングピローにのせられて指輪の交換となるのです。

お二人はすでに入籍され、今年の1月に長男の蒼輝(Soki)クンを授かっています。
披露宴はその蒼輝クンと3人での入場から始まりました!

乾杯のカットが、STUFF ONLYですが中二階から撮れるスペースがあります。
乾杯の御発声の方がお二人とカブリはしないかとちょっとヒヤヒヤしました(^^;

お色直しでは鮮やかな深紅のドレスに着替えた葵さんです。
お二人が初めて出会ったのは同じ中学の先輩・後輩として。

しかし、そこからお付き合いが始まったと言うことではなく、それぞれの道を進まれて過ごしていたある時、葵さんが勤めてるお店で再会したのがきっかけで交際がスタートしたのだそうです。
でも、運命の赤い糸は最初に出会った時から繋がっていたんでしょうね(*^_^*)

キャンドルサービスで入場されたお二人。
メインキャンドルには小さな花火が仕掛けてあるので自然と笑顔が出る場面です。

余興では雄輝さんのお友達が『新郎当てクイズ』をやって盛り上げてくれました!
ヘリウムガスを吸って声が変わっても、葵さんは難なく正解しましたよ(^^)

青空の広がってきたガーデンでの撮影タイム。
実は雄輝さん、双子なのです!
史也(Fumiya)さんとのスリーショットですが、よく似てますね〜
私もTWINSですが、ココまで似ていないので見分けは付くと思われます(^^;

こちらは蒼輝クンとのスリーショット!

お二人は挙式の誓いの言葉で『生涯お互いを愛し続けます』と誓っていました。
そして笑顔で楽しい家庭を築いて行かれることでしょう(*^_^*)
どうぞいつまでもお幸せに〜〜〜
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたらどちらかをポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年06月10日

誕生日プレゼント工場さんのクッション


今日の写真はすべてクリックで拡大します
ブログ友達の誕生日プレゼント工場さんは、オリジナルのニット製品を作ってる方です。
4色の糸を駆使して、写真からそっくりに再現したクッションや膝掛けを作ってくれます!

それこそわんこやニャンこはもちろん、お子様からいづみやのマコトさんまで何でも作れちゃったりするテクニックをお持ちです(^^)

その誕生日プレゼント工場さんから撮影のご依頼をいただき、『どうせクッションを送るならTWINSさんのところのわんこで』と言われ、ココアと福の写真を数枚送りました。
そして出来上がってきたのが上のクッション、下2枚が元になった写真です(*^_^*)

あまりにもそっくりな出来にビックリ&カンドーしちゃったのは、いづみやさんのところと同様です!

この写真はウチの妻がグーゼン撮ったんですが、ドアンダーだったため消去しようとしてたのを、アングルや目線がかなりよさそうだぞ、と思って復活させた写真。
今でもお気に入りの1枚です(*^^)v

こちらはココア。
どこから撮ってもカワイイ彼女ですが、トリミングに行った直後のフワフワなところを撮ったもの。
このちょっと切なげな目線でおやつをゲットする名人でもあります(^^;

クッションの裏もわんこオーナにはたまらない図柄ですね〜

ラッピングも可愛くしてありますね。

撮影の方はまずスタジオでモノとラッピングを撮影。
撮ったものを昨日送り、すでにHPに反映されています!

このあと、自宅でソファーに置いたバージョンやわんこと一緒バージョンを撮ることになっていますので、そちらの写真も撮ったら紹介したいと思います(^^)

ラッピングのリボン。
ニットのリボンが、これを送られた方の第一印象をグッと高めてくれますね!
冬にわんこのマフラーとして使ってみようと思います(*^_^*)
誕生日プレゼント工場さん、ありがとうございます。
次の画像も楽しみにお待ちください!!
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
料理にはカンケーないけどポチッとヨロシクお願いしますm(__)m
******************************

大切な方に喜ばれるオリジナルクッションが欲しい方はこちら
誕生日プレゼント工場さんのホームページ
誕生日プレゼントのvan der Wan
http://www.amimono.co.jp/

ココアと福のクッションご紹介ページ
http://www.amimono.co.jp/gallery/index.php/archives/1841

誕生日プレゼント工場さんのブログ
http://www.amimono-art.com/mt/

******************************

「売れる」ホームページの商品写真撮影と作成|TWINS WEB PHOTO
http://t-webphoto.com/

******************************

2011年06月09日

フルーツトマトとモッツァレラのパスタ ワインの撮影

0609wine03.jpg
濃厚でおいしいトマトが手に入った時だけオススメしたいパスタです!
おいしいフルーツトマトをいただき、庭のバジルも摘めるようになってきたので作りました。

さらに、ワインに合うメニューという課題があったのでトマトパスタではありますが白ワインにピッタリなのでこれをチョイスした次第です(*^^)v
0609wine04.jpg
材料【2人前】
 フルーツトマト中玉2個 バジル10枚くらい モッツァレラチーズ100g ニンニク1カケ
 パスタ160g 塩・コショウ少々 オリーブオイル大さじ2
0609wine05.jpg
作り方
 パスタは標準ゆで時間の2分前にセットしてゆで始める。

 1. トマトは皮を湯むきする。

 2. 湯むきしたトマトをみじん切りにしてさらに包丁で細かくする。
   たたきを作るような要領。
0609wine06.jpg
 3. モッツァレラチーズは1.5センチくらいに角切りし、塩・コショウを振っておく。

 4. バジルは飾り分を残してみじん切りにする。
   バジルは包丁を入れると色が変わりやすいので入れる直前に切るのがベスト。
0609wine07.jpg
 5. フライパンにオリーブオイルとクラッシュ(またはすり下ろし)したニンニクを入れて
   弱火にかけ、香りが出てきたら2のトマトペーストを入れる。
   塩・コショウ少々で軽く味付けをする。

   火は弱めで決して沸騰させない。温める程度でOK!
   フレッシュ感が命のパスタなのでココが最重要ポイントです(*^^)v

 6. ゆで上がったパスタ、モッツァレラ、バジルを入れて混ぜ合わせる。
   モッツァレラの角が溶けるくらいで出来上がり!(余熱でもだいぶ溶けるので)
   皿に盛ってバジルを飾り付けて完成!!

ここ↑↑から下の3枚はクリックで拡大します。
伯爵様経由の依頼で白ワインとそれにあった料理と言うことでの撮影&昼ご飯でした。
火をあまり通さない、フレッシュな味わいのトマト、モッツァレラ、バジル、赤ワインより白ワインに合うんです(^^)
このあとグラスワインを1杯だけいただきました!!

岩崎醸造さんの古酒辛口。1260円はお買い得!1升2100円もあります!
日本固有の品種『甲州』の白ワインはリースリングのようなさわやかさと深い味わい、私はかなり好きな味です。
ボトルのへの写り込みをなくすため、面光源のストロボだけを使いました(*^^)v

また飲みたいワイン、買ってみようかな〜(*^_^*)
次は赤を撮影します。
料理は何がいいかな?
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年06月08日

宮崎県産生にんにくの撮影

0608ninniku01.jpg
日南海岸黒潮市場のフルサワさんより撮影依頼を受けていた宮崎産生にんにくです。
この1枚目の写真が撮りたくて晴れの日を狙っていたのですが、ずっと曇りが続いていました。

先週の木曜日にやっと晴れの日が来たので、近くの公園まで行って撮ってきたんです(^^)
木漏れ日のあたる日陰に置いてレフ板を使っての撮影でした。
(今日の写真はクリック拡大方式にしたので拡大しておいしい画像をお楽しみください)
0608ninniku02.jpg
フルサワさんから依頼があるまで、『生のニンニク』というモノを知りませんでした!
普段我々が食べているのは『乾燥』なのだそうです。

外側の皮は真っ白でみずみずしい感じがして、香りもすごく高い。
宅急便が送られてきた時にすぐにわかったくらいです(^^;
0608ninniku03.jpg
外側の白い皮を剥いてみると、今度は紫色の皮が出てきます。
そしてその皮を剥くと艶やかなアイボリーのニンニクが出てきました!
0608ninniku04.jpg
コレはもうシンプルに素揚げで味わってみるのが一番かと。。。
油を低温で熱し(約160℃)、丸ごと皮ごとじっくりと10分ほど揚げます。
皮がきつね色になってきて、抵抗なく竹串が刺されば出来上がり!
0608ninniku05.jpg
岩塩のみでいただきますが、味噌なんかもイイでしょうね〜
0608ninniku06.jpg
宮崎焼酎『嫋 (たおやか) なり』(←リンク先は30秒の動画です)とともに。
この焼酎は女性の杜氏さんが作っていて、日南市内でも4店舗でしか扱っていない『幻』の逸品です(*^_^*)
0608ninniku07.jpg
ホクホクなところをパクリといきます。
石ちゃんなら『ま、まいうぅ〜〜』と言うこと間違いなし!
何個でも食べられそうなほどおいしいんですが、翌日が心配。。。
でも我慢できず1玉食べちゃいましたけどね(^^;

翌日の臭いは、会った人に聞いたところ『特に気にならない』とのことでした!
サスガにブライダルの先日は食べませんが、普段の日ならOKかぁ〜(*^^)v

この生にんにく、残念ながら今年の販売は終了しちゃってます(T_T)
フルサワさんにとっては来年のための撮影でした!

お値段も1キロ980円(B級品は580円)と超お買い得!
来年は要予約ですよ〜

先ほどFBでフルサワさんからコメントがありました。
農産物なので価格は変動する可能性があります。
上記の値段はあくまでも今年の価格でした!!
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m
******************************

宮崎県産生にんにく来年のご予約は
日南海岸黒潮市場
http://www.kurosioitiba.com/

日南海岸黒潮市場フルサワさんのブログ
http://www.kurosioitiba.com/blog/

******************************

「売れる」ホームページの商品写真撮影と作成|TWINS WEB PHOTO
http://t-webphoto.com/

******************************

2011年06月07日

サーモンのソテー ホワイトソース

0607salmon01.jpg
佐渡産の生鮭です。
ホイル焼きとかフライとか色々と迷ったんですがカンタンなソテーを選択しました(^^)

今日はライティングをちょいといじってみました。
左側メインのソフボックスは定位置なんですが、画面真後ろにそれよりやや弱めの面光源を持ってきて3灯→2灯ライティングにしてみたんですが、なかなかイイ感じです!
0607salmon02.jpg
材料【2人前】
 生鮭2切れ マジックソルト少々 塩・コショウ少々 小麦粉小さじ1/3
 オリーブオイル小さじ1 バター5g

 ホワイトソース
 タマネギ1/4個 マッシュルーム4個 小麦粉小さじ1 オリーブオイル小さじ1/2 バター10g
 牛乳100cc コンソメ1g 塩少々 ホワイトペッパー少々
0607salmon03.jpg
作り方
 1. タマネギは薄くスライスし、マッシュルームは1ミリ厚に切る。

 2. 鮭には塩・コショウ、マジックソルトを振り、小麦粉をまぶす。
0607salmon04.jpg
 ホワイトソース
 3. フライパンにオリーブオイルを入れて弱火にし、タマネギをソテーする。
   焦がさないようにクタクタになってきたらバターを溶かし、
   小麦粉をダマにならないように少しずつ混ぜる。

 4. 牛乳を少しずつ混ぜていき、とろみを調節する。
   あまり固くない方がOK!
0607salmon05.jpg
 5. コンソメ、塩少、ホワイトペッパーで味を付ける。
   ソースなので濃いめの味付けで。

 6. マッシュルームを入れて火が通ればソースの完成。
0607salmon06.jpg
 7. 別のフライパンにオリーブオイルを入れて中弱火にかけ、バターを溶かす。
   鮭を皮の面から置いてじっくりソテーする。
   火加減はバターが焦げないくらいに。

 8. 鮭に火が通ったら皿に盛り、ソースをかける。
   市販のイタリアンソース(バジルベース)とのWソースにしました(*^^)v
0607salmon07.jpg
一昨年にいただいておいしかった白根のフルーツトマトをもらったので付け合わせに。
強烈な赤、その色通りの濃厚なおいしさです!!
0607salmon08.jpg
舞茸のコンソメスープ付き。
サーモンソテーもおいしかったけど、このトマトなら2、3個いけます(^^;
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年06月06日

醍醐のチャーハンと冷やしつけ麺

0606daigo01.jpg
今日は今週末の前撮りがあって、ちょうどお昼時だったので昼ご飯を作ってる時間がなく、撮影の帰りに五十嵐邸から当事務所への帰路上にあるいつもの『醍醐』に寄りました(^^)

しかし頼んだのは『いつもの』チャーハンセットではなく、世界一うまいチャーハンをガッツリ食いたいとの思いからチャーハン大盛りとKayo-Pは夏季限定冷やしつけ麺です!
0606daigo02.jpg
チャーハン大盛り(チャーハン650円+大盛り100円)
大盛りなど食べなくなって久しいのに、ココのチャーハンはいくらでも食えるから不思議!

Kayo-Pが『私もちょっとチャーハン食べたい』と言ったのでシェアするために大盛りでした。
それにしても大盛りはスゴイ量だ(◎-◎;)
完璧なドーム形の盛り付けに加え、あえて皿のセンターに盛らないのがカッコイイね(*^^)v
0606daigo03.jpg
冷やしつけ麺680円
シンプルに麺と付けダレのみだが、付属の大きめの唐揚げ2個がお得感を感じさせる。
固ゆででコシのある麺は氷で締められ、付けダレもぬかりなくキンキンに冷やされている!
甘味と酸味が絶妙にマッチしたタレに、ネギとおろし生姜委を入れていただく。
0606daigo04.jpg
全くの私見ですが、私は基本的に熱いものは熱く、冷たいものは冷たくいただきたい方なので、スープがだんだんぬるくなるつけ麺はハッキリ言って否定派なのです(^^;
しかし、このような麺もタレも冷たいつけ麺はひじょうにイイですね〜
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年06月05日

豚肩ロースの厚切りとんかつ

0605tonkatsu01.jpg
豚肩ロースのブロックが安売りしていたので、久しぶりにとんかつを食べようと思って買ってきました。
なのでなんの変哲もないとんかつです(^^;

とんかつにはキャベ千がつきものというのはわかってますが、わが家のイタリアンパセリがジャンジャン大きくなってきてるので、それとクレソン、バジル、ミントなどの入ったハーブサラダにしました!
0605tonkatsu02.jpg
材料【2人前】
 豚肩ロース150g×2枚 塩・コショウ少々 小麦粉小さじ1 タマゴ1/2個 パン粉大さじ4
 ハーブ各種 トマト1個 レモンスライス2枚 辛子適量 とんかつソース
0605tonkatsu03.jpg
作り方
 肉を厚めに切ってよくたたき、塩・コショウして小麦粉をまぶす。
 溶き卵をくぐらせパン粉を付けて160℃くらいの油でじっくり揚げる。以上(^^)
0605tonkatsu04.jpg
残りの溶き卵は味噌汁にしました。
0605tonkatsu05.jpg
練り辛子は必須。
揚げたてとんかつ、炊きたてご飯、ゼータクな昼飯だな〜と思いながらいただきましたよ(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年06月04日

6月4日ご結婚のお二人 2011

0604wedding01.jpg
本日ご結婚のお二人は、新潟市中央区出身の新郎直樹(Naoki)さんと、長岡市出身の新婦珠貴(Tamaki)さんです。
たいへんおめでとうございます\(^O^)/

晴天に恵まれた本日、1枚目のカットは五十嵐邸玄関にて。
通常はもっと玄関寄りで撮るのですが、左右のツツジがキレイに咲いてきたため入れて撮ってみました!

(画像はすべてクリックで拡大します)
0604wedding02.jpg 0604wedding03.jpg
直樹さんから『ブログにのせるのはオトコマエに写ってるのだけで』と言われました!
左の写真は私的に『オトコマエ』の解釈です(*^_^*)

もみじの写真も日が当たってると、輝く部分が出来て緑のコントラストが美しくなりますね!
0604wedding04.jpg 0604wedding05.jpg
お二人五十嵐邸本殿にて神前挙式されました。

全景を入れたお祓いの場面と、指輪のカットはいつもと違ったアングルから横位置で狙ってみました。
縦位置の写真は向こう側からKayo-Pが撮っています(*^^)v
0604wedding06.jpg
披露宴入場前にドレスに着替えられたお二人です。

お二人は2年前の夏に、友人が開いてくれたBBQで初めて出会いました。
しかし、その時はあまり話をする機会もなかったのだそうです。。。
0604wedding07.jpg 0604wedding08.jpg
ご列席のゲストの皆さまの祝福を受けながら入場するお二人。
猛烈なフラッシュの中、メインテーブルに向かいます。

乾杯ではそろってステキな笑顔がいただけました(*^_^*)
0604wedding09.jpg
ドラマチックな展開は、最初の出会いのあとに待っていました。
共通の友人の結婚式二次会で再開したお二人は、そこで意気投合し連絡を取り合うようになったのです(^^)
0604wedding10.jpg
その後、正式にお付き合いがスタート。
数々の楽しい思い出を作りながら絆を深めていき、今年の1月に直樹さんからプロポーズ、4月に入籍され、9月には新しい家族が1人増える予定となっています(*^^)v
0604wedding11.jpg 0604wedding12.jpg
色ドレスに着替えての入場は日本庭園からお父様と。
完全にサプライズだったのでお父様は感激で大喜び!
『結婚した当初を思い出しちゃうよ〜』とおっしゃってました(^^)

メインテーブルでは先に入場していた直樹さんと握手のあと『頼むぞ〜』の気持ちを込められてのハグです!
0604wedding13.jpg 0604wedding14.jpg
記者会見状態のケーキカット!
ゲストの皆さんに180度囲まれてあちこちからフラッシュが光ります。

日本庭園ではブーケプルズが行われました。
幸運にもブーケを射止めたのは左から2番目のご友人の方、おめでとうございます!
0604wedding15.jpg
お二人は『のんびりマイペースで、どんな小さな事でも笑いあえる笑顔の絶えない、温かい家庭を築いていきたい』との家庭像を語ってくれました。
どうぞいつまでも末永くお幸せに〜〜〜〜
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたらどちらかをポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年06月03日

6月2日ご結婚のお二人 2011

0602wedding01.jpg
6月2日ご結婚のお二人は、阿賀野市出身の新郎亮介(Ryosuke)さんと、新潟市出身の新婦祥子(Shoko)さんです。
たいへんおめでとうございます\(^O^)/

2日は曇り/雨のお天気でしたがお二人の撮影、挙式、披露宴中は雨も遠慮してくれて、ときおり晴れ間の差す1日で、外での撮影もすべて無事行うことが出来ました!

こちらは挙式前の撮影。
祥子さんは自分のお好みのポーズ画像を持っており、それと同じようなアングルで数カット撮影しました。

これから挙式される方でリクエストポーズのある方は、画像を持ってきていただければ何カットかはオーダーに応じることが出来ます(*^^)v
(画像はすべてクリックで拡大します)
0602wedding02.jpg 0602wedding03.jpg
お二人はザ・レストランスワンレイク2FにあるNIIGATA JAPANESQUE(新潟ジャパネスク)において、チャペル式で挙式されました。

式場の雰囲気を生かすためISO1600にしてノーストロボ撮影にしました。
絞りは開放値を使っているためシビアな撮影になっています(^^;
0602wedding04.jpg 0602wedding05.jpg
指輪交換とベールアウトの場面。
会場のライトが逆光気味に入ってきて、ベールの中のシルエットが美しいですね(^^)
0602wedding06.jpg
裾の長いドレスでしたが、撮影時にはさらに長いロングトレーンを着けた祥子さん。
広角レンズで全体を入れます!

お二人は1年ほど前に出会われ、同じ介護職だったことから共通の話題も多くすぐに意気投合。
よく桜を見に行ったことが、付き合ってる中で印象に深いデートだったそうです。
0602wedding07.jpg 0602wedding08.jpg
披露宴は五十嵐邸2Fの大正ルーム。
ご家族のみの披露宴で最初から和やかかつ楽しい雰囲気で進行していきました!
0602wedding09.jpg 0602wedding10.jpg
披露宴の途中でヘアチェンジの祥子さん。
アクセサリー、ティアラ、ブーケも変わっています!

お二人の第一印象はそれぞれ、
亮介さん→祥子さん『サザエさんみたい』・・・当時きつめのパーマをかけていたそうです(^^;
祥子さん→亮介さん『声がデカイ人だな〜』・・・入ったレストランでひときわ響いてたとか・・・
だそうです!!
0602wedding11.jpg 0602wedding12.jpg
ケーキカットとファーストバイト。
誰がお二人をこんなに笑わせているのでしょう(*^_^*)
どんなに楽しい披露宴だったかを物語る1枚ですね!
0602wedding14.jpg 0602wedding13.jpg
感謝の手紙とご両親への花束贈呈の場面。
祥子さんはご家族全員に感謝の言葉をしたためてきました。
感動がクライマックスになる場面ですね!
0602wedding15.jpg
披露宴終了後に、再びアクセサリーをチェンジして撮影。
ブーケは、披露宴の中で亮介さんのお母様が育てた花束をプレゼントされたので、それを持ってもらいました。

これからは『ケンカしながらも仲良く楽しい家庭を築いていきたい』とのお二人、
どうぞいつまでも末永くお幸せに〜
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたらどちらかをポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年06月02日

余り物食材のトマトパスタ

0602tomatopasta01.jpg
今日は平日でしたがブライダルの撮影が入っていました。
そのエントリーは明日にして、今日は半月くらい前に食べて未公開になっていたパスタメニューをアップします(*^_^*)

食材はなるべく小さい単位で買うようにしているんですが、最小単位が数個入ってるもの、1個だとムチャクチャ割高になるものなどがあり、どうしても野菜などがだぶついてくる時があります。

今回は袋入りで買ったトマトが、悪くはなっていないけど生で食べるにはちょっと柔らかくなりすぎちゃったため作ったメニューです(^^;
0602tomatopasta02.jpg
材料【2人前】
 トマト3個 米ナス1/4個 パンチェッタ60g マッシュルーム5個 塩・コショウ少々
 コンソメ2g オレガノ1つまみ オリーブオイル大さじ1 イタリアンパセリ2本
 パスタのゆで汁お玉1〜2 パルミジャーノお好みで
0602tomatopasta03.jpg
作り方
 トマトソース
 1. トマトは適当な大きさにざく切りしてジューサーかフードプロセッサーで粉砕する。

 2. ジュース状になればOK。
0602tomatopasta04.jpg
 3. フライパンに2をあけて中火にかけ、沸いてきたら弱火で煮込む。
   鍋肌にこびりつかないように、時々混ぜてやる。
   右の写真くらい水分が無くなるまで煮詰める。

 4. オレガノをひとつまみ入れて混ぜ、トマトソースの出来上がり。
0602tomatopasta05.jpg
 5. パンチェッタは薄切りにし、マッシュルームは2ミリ厚にカット、米ナスは適当な
   大きさに乱切りにしてキッチンペーパーにのせ、塩を振って5分ほどアク抜きする。
   ナスを使う時に軽く絞って余計な水分とアクを出す。

   パスタを標準宇ゆで時間の2分前にセットしてゆで始める。

 6. フライパンにオリーブオイルとパンチェッタを入れて中火にかけて炒める。
0602tomatopasta06.jpg
 7. パンチェッタに火が通って焦げ目が付いてきたら、マッシュルームと米ナスを入れて
   さらに炒める。

 8. ナスに油が回ったくらいになったら4のトマトソースとパスタのゆで汁を入れ、
   コンソメと塩で味付けする。

   ゆで上がったパスタを入れてよく混ぜ、旨味をしみこませる。
   皿に盛ってブラックペッパーを挽き、パルミジャーノをかけてイタリアンパセリを
   飾り付けする。
0602tomatopasta07.jpg
この写真、パルミジャーノを振る前に撮影しちゃいました(^^;
ワカメスープとミニサラダ付き!
0602tomatopasta08.jpg
トマトソースは間違いのない味、失敗が少ないソースだと思います!
ナスとトマトって合いますよね〜

私、けっこういい年までナスが嫌いで近年でもあまり好んで食べなかったんですが、自分で作るようになってからよく使うようになって好きになりました!
好き嫌いってこの歳でも直せるんですね(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑久々にランキング3位まで上がってきました!
ありがとうございます!!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年06月01日

スタッフドパプリカ

0601stuffdepapurica01.jpg
パプリカが安かったのでコレにしました。
前回は2009年6月30日に作っているのでほぼ2年ぶりの登場!
初めて見る方も多いのではないかと思われます(^^)

下の材料写真を撮ってる時はパプリカだけにしようと思ったんですが、肉ダネがあまりそうなので急遽ピーマンも追加しました(^^;
0601stuffdepapurica02.jpg
材料【2人前】
 パプリカ赤・黄各1個 ピーマン1個 豚挽肉200g タマネギ1/2個 キャベツ1/8個くらい
 スナックエンドウ3本 タマゴS1個 塩・コショウ少々 小麦粉小さじ1/2 サラダ油大さじ1
0601stuffdepapurica03.jpg
作り方
 1. パプリカは頭とおしりをカットして横2等分にして種を抜く。
   頭とおしりの部分はみじん切りにして肉ダネに入れる。

   ピーマンは縦半分にカットして同じく種を抜く。ヘタは取らない。
   スナックエンドウはゆでて中身を取り出し、皮はみじん切りにして肉ダネへ。
    (中身の種(?)は飾りに使うだけ)

 2. 大きめのボウルに挽肉、タマゴ、タマネギのみじん切り、キャベツをみじん切りにして
   水分を絞ったもの、パプリカとスナックエンドウのみじん切りを入れ、
   塩・コショウを効かせてよくこねる。
0601stuffdepapurica04.jpg
 3. パプリカとピーマンの内側に刷毛で小麦粉を付ける。
   こうすると肉がはがれにくくなるので。

 4. 2で作った肉ダネをパプリカとピーマンに詰める。
0601stuffdepapurica05.jpg
 5. フライパンにサラダ油を引いて熱し、パプリカを焼く。

 6. 強火で両面を焦がしたら火を弱くし、フタをして8分蒸し焼きにする。
   途中で一度ひっくり返して出来上がり。
0601stuffdepapurica06.jpg
皿に盛ってスナックエンドウの種をのせる。
ソースはとんかつソースとトマトケチャップを割ったもの。
練り辛子は必須ですね(*^_^*)
0601stuffdepapurica07.jpg
ブロッコリーもあったので焼いたのを添えました。
モヤシとワカメの味噌汁、ミニサラダ付き。
0601stuffdepapurica08.jpg
肉は一人100gなのですが、かなり食った感があります!
それに、ウマイです(*^^)v
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

最近のエントリー

  1. 全粒粉パスタでサーモンクリームパスタ
  2. BIG MAC
  3. 6月26日ご結婚のお二人 2011
  4. 牛スネ肉のインド風カレー
  5. 6月25日ご結婚のお二人 2011
  6. モツ焼きうどん (味噌味)
  7. ひしお豚
  8. フルーツトマトとバジルのカペッリーニ
  9. わんわんパークでわんこ達の社会化トレーニング
  10. マンゴーのジェラート
  • Powered by
    movabletype_banner.gif
  • Template by drblog.gif
  • Server by moover_banner.gif