サイト内検索


2011年07月31日

7月30日ご結婚のお二人 2011

0730wedding01
7月30日にご結婚のお二人は、ともに新潟市出身の新郎健太(Kenta)さんと、新婦和代(Kazuyo)さんです。

たいへんおめでとうございます\(^O^)/
*画像はクリックするとfrickrに飛びますが、大きな写真でご覧になれます。
frickrに飛んだらその画像をもう一度クリックすると、最大サイズになります。

0730wedding02 0730wedding03
前日の29日は新潟各所が大雨に見舞われ、阿賀野市もこの日の午前中までは止みそうにないような雨が降っていました。
挙式の時間が近づくにつれ、雨は上がり青空まで出てくるという絶好の結婚式日和になってくれました(*^^)v
0730wedding04 0730wedding05
お二人は五十嵐邸本殿にて人前挙式をされました。

指輪交換のシーン。
午後からのまぶしい日射しが差し込むほどになり、光を浴びたベールがキレイなシルエットとなります。
この写真はKayo-Pの撮影。
私はこの時窓の外からのアングルで撮っていました(^^)

フラワーシャワーはたくさん写真を撮ったんですが、花びらの豪快な飛び具合からこの写真を選びました(^^;
0730wedding06 0730wedding07
お二人はザ・レストランスワンレイクで披露宴をされました。

披露宴の入場では、ちびっ子カメラマンが待ち受けます。
健太さんの甥の航輝クンと、姪の瑠衣チャンです!

乾杯は全景を撮影できる中二階から。
スタッフオンリーのスペースです。
0730wedding08
お二人は同じ会社の同期入社として知り合いました。
しかし最初は、所属の部署が違うため仕事上で顔を合わせる程度だったそうです。
0730wedding09 0730wedding10
そんなお二人の仲を取り持ったのが、同僚のA氏。
A氏の開催した飲み会とその後のBBQで一緒になったお二人、その席上で誰に対しても優しい健太さんの一面を見た和代さんは、次第に心を惹かれていくようになりました(*^_^*)

そして、和代さんがケーキを作って持って行ったことがきっかけで二人で飲みに行くようになりお付き合いがスタート。
昨年10月に健太さんからプロポーズがあり、今日の佳き日を迎えました(*^^)v
0730wedding11 0730wedding12
お色直しの入場の場面ですが、エスコートは健太さんのお父様(^^)
オトコばかりの兄弟でバージンロードを歩く機会がないため、サプライズの演出でした。
「なんでオレなんだよ〜」とか言いながら、むっちゃ嬉しそうなお父様でした!!

入場後にはそのままスワンレイクガーデンでケーキ入刀。
お庭でのケーキ入刀は私としてはとても好きな場面です(*^_^*)
0730wedding13 0730wedding14
健太さんの友人による余興は「AKB4」。
ノリノリで振り付きのヘビーローテーションはサイコーにウケてました!
メンズの余興は裸になるより女装する方が、はるかに盛り上がるように思います(*^^)v

このあと、ガーデンでのデザートタイム、花束贈呈などがあり、お開きを迎えました。
お見送りはスワンレイクのエントランスで。
0730wedding15
お二人は「力を合わせて幸せになりたい。どんなに泣いたり怒ったりしても、最後は笑顔になれる夫婦でありたい」とおっしゃってました。
どうぞいつまでも仲良くお幸せに〜(^O^)/
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたらどちらかをポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年07月30日

ハムチーズオムレツのサンドウィッチ

0730omlettesand01
大量ゲットの枝豆とへんじんもっこロースハムの端っこを使って、オムレツのホットサンドを作りました!
食べにくいほどのインパクトのある厚さが魅力のサンドウィッチです(^^;

*画像はクリックするとfrickrに飛びますが、大きな写真でご覧になれます。
frickrに飛んだらその画像をもう一度クリックすると、最大サイズになります。

0730omlettesand02
材料【1人前】
 食パン(8つ切り)2枚 ロースハム50g 枝豆10g タマネギ1/4個 タマゴS4個 バター5g
 ケチャップ大さじ1 とろけるスライスチーズ1枚 塩・コショウ少々
 オリーブオイル少々
0730omlettesand03
作り方
 1. ロースハムの切れ端は1センチ角のキューブ状にカットする。
   枝豆はサヤから取りだしてお好みで薄皮も剥く。
   タマネギはみじん切りにする。
   それらすべてとタマゴを合わせ、塩・コショウで味付けして溶きほぐす。
0730omlettesand04
 2. 卵焼き器に薄くオリーブオイルを引き、1を流し込む。
   最初は中火で混ぜながら、ある程度固まってきたら弱火にしてフタをする。

 3. まわりがしっかり固まってきたらひっくり返して中まで完全に火を通す。
0730omlettesand05
 4. パンを焼いてバター、ケチャップを塗り、焼き上がったオムレツを半分に切って、
   パン→オムレツ→チーズ→オムレツ→チーズの順に重ねる。
0730omlettesand06
 こんな感じ(*^_^*)
 コレをカットして皿に盛って出来上がり。
 チーズが適度にとろけてきます!
0730omlettesand07
フツーに横にしては食べられないので、縦でいっちゃってください!
1人前と書きましたが、コレで2人でお腹いっぱいです(^^;
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年07月29日

へんじんもっこのロースハムで「アレ」やっちゃいました!

0729roast_ham01
へんじんもっこロースハムを送っていただいたので、CMでやっていた「アレ」をやりたくて誰かワサビを送ってくれないかな〜と思っていたんですが、そんなに都合のいいことが起こるはずもなく、買ってきました(^^;

*画像はクリックするとfrickrに飛びますが、大きな写真でご覧になれます。
frickrに飛んだらその画像をもう一度クリックすると、最大サイズになります。

0729roast_ham02
ゼータクな厚さに切ったロースハムを、弱火でじっくり、中まで温まるように、そして外側はおいしそうな焦げ目がつくまで焼きます!

テフロンのフライパンなら油は入りません。
ハムからじゅうぶん出てきます!!
0729roast_ham03
ロースハムを焼いてる間にワサビをおろして。。。
0729roast_ham04
ロースハムが焼けたらカットして、泡の出る物を添えて完成(^^)
0729roast_ham05
2日連続おつまみメニューとなってますが、仕事もちゃんとしています(^^;
0729roast_ham06
コレコレ、天海祐希さんがやってたでしょ(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年07月28日

黒鳥茶豆

0728kurotorichamame01
Facebookで新潟の友達が、『新潟人よアノ「枝豆」を思い出せ。』というタイトルで、

 『緊急企画、伝説の茶豆「黒鳥茶豆」を大好きな皆さんに腹​一杯食べてほしくて
  企画しました。
  黒崎茶豆は知っていると思いますが、「黒鳥茶豆」って知​ってますか?コシヒカリは
  何処でもあるが、魚沼産コシヒ​カリはなかなか食べれません みたいな感じかな!
  値段は調べればわかります。かなり高いですよね。

  今回は、特別に御奉仕価格で1キロなんと 1.000円​で農家さんのOKを頂きました。
  茶豆は25日以降の御注文で、早生は今から受け付けます​。
  我が家は毎日枝豆ですがこの早生も、もう止まりません。
  本当に、「辞められない止まらない、...」です。』

というイベントをやっていたので申し込んで2キロ分けてもらいました(*^^)v
0728kurotorichamame02
ケンミンショーなどでご存じの方もいるとは思いますが、新潟県人は異常とも言えるくらい枝豆を食べるんです(^^;
・・・って、それがフツーだと思ってたんですが、ケンミンショーで、そんな食い方をしてるのは新潟県人だけだと知りました・・・(^_^;

この量は分けてもらった1/4くらい。
一袋1キロといっても実際に計ると1.2キロくらいあって、そのへんのアバウトさも新潟県ならではという感じです(^^)
0728kurotorichamame03
夏の夜はまずは枝豆にビール!
ざるに山盛りで2人前といったところです(*^^)v
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年07月27日

イタリアン親子丼 ラタトゥーユソースがけ

0727itarianoyakodon01
何度か作っているイタリアン親子丼。
和風の甘辛ダシ醤油でなく、コンソメで作るんですがかなりオススメの丼です!

今回は、先日作ったチキンのトマト煮のソース=ラタトゥーユソースが残っていたのでそれをかけてアップグレードバージョンにしました(*^^)v

*ブログの容量がいっぱいになりかけてるので画像をfrickrに置くようにしました。
クリックするとそちらに飛びますが、大きな写真でご覧になれます。
0727itarianoyakodon02
材料【2人前】
 鶏モモ肉120g ベーコン30g ラタトゥーユソース適量 タマネギ中1/4個
 ズッキーニ5センチ タマゴS3個 イタリアンパセリ2〜3本 チェダーチーズ15g 
 塩・コショウ少々 水150cc コンソメ2g オリーブオイル小さじ1
0727itarianoyakodon03
作り方
 1. 鶏モモ肉は一口大にカット。ベーコンは5ミリ角に細長く切る。
   タマネギは1センチ幅の櫛形に切る。
   ズッキーニは7ミリ幅に切っていちょう型にする。
   チェダーチーズは7ミリ角のさいころ切りにする。
   イタリアンパセリは1本をみじん切りにする。
0727itarianoyakodon04
 2. ベーコンとオリーブオイルをフライパンに入れて弱火にかけ、カリカリになるまで炒め
   いったん取り出す。
   *ベーコンはへんじんもっこのブロックを使いました。

 3. そのままの脂で強火にし、鶏肉を塩・コショウしながら焼き壁がつくまで炒め、タマネギ
   とズッキーニを入れてサッと炒める。 
0727itarianoyakodon05
 4. 水を入れてコンソメを溶かし、沸いてきたら弱火にしてフタをし5分ほど煮詰める。

 5. 塩で味加減を調整し、溶き卵を入れて半熟の状態で火を止める。
   ご飯を丼に盛ったら具を盛り付け、温かくしたラタトゥーユソース、チェダーチーズ
   みじん切りのイタリアンパセリを振り、飾りにイタリアンパセリをつて出来上がり。
0727itarianoyakodon06
大根とキュウリ&生ハムのサラダ付き。
味噌汁が違和感をかもし出してますが、合いますから(^^;
0727itarianoyakodon07
俯瞰のカット。
ラタトゥーユソースはなくても成り立つ料理なのですが、あると一味違いますね〜
やっぱりあのソースは多目に作っておいて使い回すのが正解のようです!
0727itarianoyakodon08
では、いただきま〜す(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年07月26日

TWINS TOKYO ホームページ&ブログオープン

TWINS TOKYOのホームページとブログが出来ました(*^_^*)
みなさん、よかったら見てやって下さい!

今回もアゴスさんにいろいろとやってもらい、オープンに至りました。
アゴスさん、ありがとうございます。
twinstokyo
TWINS TOKYO ホームページ
http://twinstokyo.com/
本店よりカッコいいHPに仕上がってます(^^;

TWINS TOKYOは、当TWINSの双子の兄Naokichiが運営していて、おおむねこちらと同じような仕事内容になっています。
こちらのクライアントが東京方面で撮影のご依頼がある場合などにも対応しています。

TWINS TOKYO紹介文
【URL】http://twinstokyo.com
【サイト名】TWINS TOKYO|ブライダルの撮影からアルバム制作まで、特別な1日のメモリーを綴ります。
【紹介文】プロのカメラマン・編集・デザイナーが特別な1日をストーリーで綴るツインズのブライダルフォトアルバム。

twinstokyoblog
TWINS TOKYO ブログ
http://twinstokyo.com/blog/
皆様には出来ましたら相互リンクをお願いいたします。
HPの方はTWINSおよびTWINS WEB PHOTOのHPにリンクされてる方は、今後、自動的にリンクさせていただきます。
ブログの方はTWINS BLOGにリンクされてる方はすでにリンク済みです。

なお、Naokichiの顔が見たい方はこちら
http://www.facebook.com/profile.php?id=100002597170264&ref=nf_fr
Facebookをされてる方は友達になってあげて下さい(^^;
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
今日の内容とはカンケーないけどできましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年07月24日

タンメン

0724tanmen01.jpg
本日は夕方から写真師会の総会に出席で、ボチボチ出かける時間が迫っています(汗)
それを目指して仕事を進めてきましたが、何とか予定してたところまで進めることができました(*^^)v

しかし、昼の時点ではゆっくり作ってるのもできない状況だったのと、あまり暑くない日ということもあってごくカンタンにタンメンにしました(*^_^*)
0724tanmen02.jpg
材料【2人前】
 市販の生ラーメン2人前 豚バラ肉60g モヤシ1袋 タマネギ1/2個 ニンジン1/4本
 長ネギ1/2本 ピーマン1個 キャベツ1/8個(適量) ニンニク2カケ 塩・コショウ少々
0724tanmen03.jpg
作り方
 長ネギは白髪ネギにする。
 野菜は↑↑のように切って肉野菜炒めを作り、ゆで上がった麺にトッピングする。
 ・・・と、まぁ、作り方を書くほどでもないッスね(^^;
0724tanmen04.jpg
ガッツリの野菜炒め入り。
ちょっとネギラーメンぽい盛りつけになりました!
麺が見えない。。。(^^;
0724tanmen05.jpg
ラーメンであることの証拠写真!
細麺の固麺がけっこう好きです(*^_^*)

今日写真師会に行く会場は、部屋にネット環境がないそうなので、申し訳ありませんが皆さまのところへ訪問やコメントに行くのが火曜日になるかもしれません。
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年07月23日

チキンのトマト煮

0721chekin01.jpg
今度の日曜〜火曜まで、新潟県写真師会(下っ端の方ですが役員をやってる)の総会があり、その間編集作業ができないため前倒しで仕事をやってます。
それなのに一昨日はゴルフに行ってしまい、そしたらFBもブログもぜんぜんできないような状況になっちまってブログを2日間もお休みしました(>_<)

家のトマトもコンスタントに収穫できるようになってきたため、コレを作りました!
昨日の昼に食べたチキンのトマト煮をようやくアップです。。。(^^;
0721chekin02.jpg
材料【2人前】
 鶏胸肉250g トマト(小)12個 タマネギ1/4個 ニンジン1/4本 ズッキーニ1/4本
 アスパラ2本 ピーマン1個 バジル5〜6枚 ニンニク1カケ 赤唐辛子1/2本
 塩・コショウ少々 コンソメ2g オリーブオイル大さじ1 オレガノ1つまみ
0721chekin03.jpg
作り方
 1. 鶏胸肉は食べやすい大きさにブツ切りにする。
   タマネギは櫛形に切りズッキーニは7ミリ厚のいちょう型に、ニンジンは乱切りにする。
   ピーマンは8等分にし、アスパラは1分ゆでて2センチに切る。
0721chekin04.jpg
 2. トマトのヘタを取って2等分にし、ミキサーにかける。

 3. フライパンにミキシングしたトマトを入れて中火にし、沸いてきたら火を弱め、
   時々かき混ぜながらに詰める。
0721chekin05.jpg
 4. 別のフライパンにオリーブオイルと潰したニンニク、種を取って2つに切った赤唐辛子を
   入れて弱火にかけ、香りが出てきたら鶏肉を入れて強火にし塩・コショウして炒める。

 5. 鶏肉に焼き壁がついたらニンジンとタマネギを入れて炒める。
0721chekin06.jpg
 6. トマトソースの水分が飛んで煮詰まってきたら5に入れて、ズッキーニも加えてフタをし
   弱火にして5分蒸し煮にする。

   フタを開けてコンソメと塩で味付けし、ピーマンとアスパラを入れて温まれば出来上
   がり。
   皿に盛ってちぎったバジルを散らす。
0721chekin07.jpg
サラダのオクラはオーソドックスなカットにしました(^^)
ヒヨコ豆のコンソメスープ付き。
0721chekin08.jpg
お好みでパルメザンやペコリーノをかけて食べるとよりいっそうウマイっす!
バジルとトマトがいつでも使える感じになってきました(*^^)v
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年07月20日

へんじんもっこのベーコンでカルボナーラ

0720carbonara01.jpg
へんじんもっこの社長さんから送っていただいたベーコンと、東京に住んでる同級生のS原クンが帰省した際におみやげで持ってきてくれてペコリーノ・ロマノでカルボナーラです。

何度も登場してるので、以前からブログに来られる方は、私がいかにカルボナーラLOVEかおわかりかと思います(*^_^*)
0720carbonara02.jpg
へんじんもっこのベーコン。
カット面が美しく、袋を開けたとたん、スモークの香りが漂います(^^)
0720carbonara03.jpg
材料【2人前】
 パスタ160g へんじんもっこのベーコン80g ペコリーノ・ロマノ40g タマゴS3個
 塩・コショウ少々 パスタのゆで汁適宜
0720carbonara04.jpg
作り方
 1. ボウルに卵を割って泡立て器でよく混ぜる。

 2. ペコリーノ・ロマノを削って1に入れ、塩少々を加えダマが消えるまでよく混ぜる。
   *粉になったチーズ40gはビックリするような量ですが、思い切って入れちゃう(^^)
0720carbonara05.jpg
 3. パスタを標準ゆで時間の2分前にセットしてゆで始める。
   フライパンに細長く角切りにしたベーコンを入れて弱火にかける。
   脂が出てくるのでそのまま泳がせるように焼いて、きつね色にする。

 4. 3の火を止めて、あら熱が取れたら2を入れ、弱火にかけて固まらないように混ぜながら
   温める。温まったら火を止める。
   この行程は湯煎でもOK。タマゴが固まらないように、でも、温めるのが肝心。

   ゆで上がったパスタを入れて混ぜれば出来上がり。
   タマゴが固まりすぎたらパスタのゆで汁を適宜加えて伸ばしてやる。
0720carbonara06.jpg
皿に盛ってブラックペッパーを挽いて完成。
もうチーズはかけなくていいでしょう(*^_^*)
サラダとひよこ豆のスープ付き。
0720carbonara07.jpg
本日のサラダ。
オクラ、アスパラ、ミョウガ、コーンなど。
パセリはウチの庭で採れたモノなので安心して食べられます(*^^)v
0720carbonara08.jpg
ペコリーノ・ロマノはクセはないけどコクがあり、カルボナーラにするにはパルミジャーノより食べやすい気がしますね〜、おいしい!!
ベーコンはサスガへんじんもっこ!
噛むほどに香りと肉の旨味が広がります。
今まで食べたカルボナーラの中で一番おいしかった(*^^)v
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年07月19日

エスニックカレー

0719curry01.jpg
夏の野菜が収穫できるようになったりもらえるようになったりすると、色々と作りたくなるメニューがありますが、その中の一つは間違いなくカレーでしょう(^^)

まだまだ夏野菜が出始めですが、ウチでできたトマト、もらい物のナスとシシトウでエスニックカレーです。
0719curry02.jpg
材料【2人前】
 豚挽肉150g ミニトマト3個 シシトウ5本 丸ナス1個 タマネギ1/4個 赤唐辛子1本
 ひよこ豆50g イタリアンパセリ適宜 クミンシード大さじ1 *A[カレーパウダー大さじ2
 ガラムマサラ・ターメリック・パプリカ 各小さじ1 コリアンダー小さじ1/3]
 ニンニク1カケ 塩・コショウ少々 水400cc コンソメ2g オリーブオイル大さじ1
 ココナッツミルク(パウダー)大さじ1
0719curry03.jpg
作り方
 1. 素材の写真に入れ忘れたひよこ豆。洗って水を切る。

 2. タマネギはみじん切りにする。
   クミンシードは水を含ませて飛ばないようにしてみじん切りにする。

   トマトは4等分し、ナスは乱切りにして塩を振り、キッチンぺーぺーの上に置いてアク
   を抜く。
   シシトウは破裂しないように包丁で2箇所穴を開ける。

   ニンニクはスライスにして中の芽を取り除く。
   赤唐辛子は3等分にして種を取り除く。
0719curry04.jpg
 3. フライパンにオリーブオイルを入れて中火にかけ、クミンシードを香りが出るまで
   炒める。

 4. ニンニクと赤唐辛子を加えて、やはり香り出てきたら挽肉とタマネギを塩・コショウ
   しながら炒める。
0719curry05.jpg
 5. 4に火が通ったら*Aのスパイスを全部入れ炒め合わせる。

 6. 水を入れて沸いてきたらコンソメを溶かし、ひよこ豆を入れる。
0719curry06.jpg
 7. 続けて(煮込む必要はないので)トマト、ナス、シシトウを入れ、サッと火が通ったら・・・

 8. ・・・ココナッツミルクパウダーを入れて混ぜれば出来上がり。
0719curry07.jpg
パクチーがないのでイタリアンパセリを。。。(^^;
オクラも入れようかと思ったんですが、色と形がシシトウとかぶるのでサラダにしました。
0719curry08.jpg
カボチャやズッキーニなんかをもらったら、また作りたくなります(*^_^*)
一年中食べてるカレーですが、こういったサラサラ系のカレーは『夏』って気がしますね!
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年07月18日

桃と生ハムのカッペリーニ

0717peach01.jpg
昨年は8月に作った桃と生ハムのカッペリーニですが、近所のスーパーなどにもものが並ぶようになってきたので、今年は早くも登場です(^^)

昨年のとはじゃっかんレシピを変更しています。
オリーブオイルもいいのを使ったせいか、今年の方が美味しかったかな(^^;
0717peach02.jpg
材料【2人前】
 桃1個 生ハム4枚 カッペリーニ80g レモン1/2個 バジル14〜15枚 タマネギ1/4個
 オリーブオイル大さじ3 白ワイン(煮飛ばした物)大さじ2  塩・コショウ少々
 ペコリーノ・ロマノ(またはパルミジャーノ)適宜
0717peach03.jpg
作り方
 1. 桃は皮をむいて1/4を飾り用に3等分にカットし、色が変わらないように薄い食塩水に
   入れておく。氷も入れて同時に冷やす。
   残りの桃は賽の目状にカットしておく。
   タマネギはみじん切りにして水にさらし、辛味を抜く。
   生ハムは適当な大きさにちぎっておく。
   バジルは飾りように少し残し、手でちぎっておく。

 2. ボウルに桃とタマネギ、バジル、オリーブオイル、白ワイン入れ、レモンを搾る。
   塩・コショウで味を調えながら桃を潰すようにしてよく混ぜる。
   ボウルごと冷凍庫か冷蔵庫で冷やしておく。
0717peach04.jpg
 3. パスタを時間通り(2分)ゆでたら流水で冷やし、熱が取れたら氷を入れて
   キンキンに冷やす。

 4. 水分をよく切り、さらにキッチンペーパーなどにくるんで水気を取ってやる。
   冷たくして水分をよく切ることがおいしさのポイント!
0717peach05.jpg
 5. 冷やしたソースとパスタを混ぜ、器に盛って生ハムをちらし、桃とバジルを飾り付けて
   出来上がり。
   お好みでペコリーノ・ロマノを振って食べる。
0717peach06.jpg
前回はバジルでなくイタリアンパセリにしたんですが、バジルの方が合いそうです。
イタリアンパセリはサラダにしました(^^)

このパスタはマジで超オススメです!
何しろ、去年の昼飯ランキングNo.1ですから(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年07月17日

7月16日ご結婚のお二人 2011


7月16日ナイトウェディングでご結婚のお二人は、新潟市秋葉区出身の新郎義太(Yoshihiro)さんと、新潟市西区出身の新婦薫(Kaoru)さんです。

たいへんおめでとうございます\(^O^)/
(画像はすべてクリックで拡大します)

お二人は五十嵐邸本殿にて神前挙式をされました。

祝詞奏上と三三九度の場面。
祝詞奏上ではご列席の皆さま、頭を垂れて神主さんの祝詞ををいただきます。
三三九度の真剣なまなざしはいつ見てもいいですね!

お二人は前日に前撮りをされました。
色ドレスでの夜景のカット以外のお二人の写真は、すべて前撮りで撮影しています。
当日の進行に従い、それぞれの衣装のカットをはさんで構成しています(^^)

挙式終了後、色打ち掛けに着替えられて披露宴がスタートしました。
前撮りも当日も雨の心配が全くない快晴のお天気!
16時挙式、17時披露宴開始の時間帯は日中の暑さも和らいでいて、日の長いこの時期のナイトウェディングはオススメだな〜と思いながら撮影していました(*^^)v

鏡開きの決定的瞬間はKayo-P撮影です。
私は連射した2コマ目がタイミングバッチリだったんですが、ストロボのチャージが連射についてこなかったようで使えませんでした(T_T)
連射対応のストロボですが、時々そういうこともあるんです。

鏡開きのあとは振る舞い酒。
ご列席のほとんどの方がお二人の元へ足を運び、樽酒をいただいていました。

義太さんは現在、証券会社にてファイナンシャルアドバイザーとしてご活躍、薫さんは新潟市内の保育園で保育士としてのお仕事をされています。

お二人の出会いは、それぞれの大学の友達と食事にいった時に偶然で会いました。
義太さんの友人が薫さんの友人の一人で、たまたまお店で一緒になったとのこと。

この出会いのチャンスを逃さなかったお二人はそれ以来連絡を取るようになり、3年前の秋から正式にお付き合いをスタートさせ、去年義太さんがプロポーズをし今日の佳き日を迎える運びとなりました(*^_^*)

白ドレスでのお色直し入場はお父様と。
ちょっと緊張気味の薫さんのお父様がカワイかったです(*^_^*)

入場のあとはケーキカットで、幸せな笑顔をご列席の皆さまに披露されていました!

色ドレス入場前の夜景カット。この撮影が19:25。
ようやく日が暮れてくる絶好のタイミングでの入場となりました!
ちなみにこちらのデータは16-35ミリの18ミリ ISO2500 F3.5 1/30秒 ストロボ発光-1+1/3 JPEG WBオート 手持ち です。

色ドレスでのお色直し入場は、義太さんはビアサーバーを担いで。
皆さまのテーブルを回ってスワンレイク地ビールと、薫さんはおつまみのプレゼントです。

右はブーケプルズ。
花嫁のブーケを引き当てた方が決定した瞬間です!おめでとうございます(^^)

お二人は、お互いに『好き』と、ずっと言い合える夫婦でありたいとおっしゃっていました。
この笑顔を見る限り、それは大丈夫でしょう(*^^)v

どうぞいつまでもお幸せに〜〜〜
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたらどちらかをポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年07月16日

五十嵐邸の花②


昨日に引き続き五十嵐邸の日本庭園の様子。
今日の写真もクリックで拡大します。
こちらは五十嵐庭園トランスの脇にある中庭。

地面を覆うのは芝ではなくすべて苔なんですね〜(◎-◎;)
散水していますが写真だとわかりにくい!もっとスローシャッターが必要です!
16-35ミリ 16ミリ ISO125 F5.6 1/400秒 WBオート

左:50ミリマクロ ISO50 F2.8 1/200秒 WBオート
切り株からシダが生えてきています。
木漏れ日が当たっていて、光のコントラストを作っていたので撮ってみました(^^)

右:16-35ミリ 16ミリ ISO250 F3.5 1/250秒 WBオート
五十嵐邸の建物のすぐそばに咲いているアジサイ。
ちょっとハート形なのがおもしろそうなので撮影。
昔ながらのアジサイというと、この色、この花の形状という気がします(*^_^*)

左:50ミリマクロ ISO250 F6.3 1/320秒 WBオート
花びらの被写界深度を深く取りたくて、わりと絞り込んでみました。
玄関先に1輪だけ咲いていたサツキ。

右:16-35ミリ 16ミリ ISO250 F3.5 1/200秒 WBオート
こちらは逆に背景をボカしたくて絞りは浅め。
この花もあちこちに咲いていましたが、名前はわかりません(^^;
五十嵐邸の中を流れる清流で、上の橋は撮影スポットです。
清流にはウグイが泳いでいましたが、ヴィレッジさんのところのように釣りはできません(^^;

左:50ミリマクロ ISO250 F5.0 1/500秒 WBオート
右:16-35ミリ 23ミリ ISO250 F5.0 1/1600秒 WBオート
ガクアジサイの一種でしょうか?2種類の花が咲いてるように見えますよね。
先ほどのアジサイと同じ種類とは思えないんですが、全体的に見ると「アジサイだな」って思っちゃうんですよね〜

2回に渡ってお送りした五十嵐邸日本庭園シリーズ、また季節が移り変わって違う花が咲いたらご紹介する・・・かもしれません(*^_^*)
お粗末様でした!
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年07月15日

五十嵐邸の花①


今日はお昼を挟んで明日の前撮りだったため、お昼ご飯は作りませんでした。
そこで、前撮りの合間に撮った五十嵐邸の花・・・と言っても今はほとんどツツジのみですが・・・をご紹介したいと思います(^^)

私が花を撮ってアップするのも珍しいことなので、もしかしたら大きな写真で見てみたい物好きな方もいるかと思い、クリックしたら大きな写真で見られるようにしました(^^;

また、撮影データも付けておきます。
ピクチャースタイルはすべてスタンダードでRAW現像時に彩度を少し上げています。
すべて手持ち撮影。

まずは意外なところから、スペアミント。
ちょうど花が咲いていたので撮ってみました。

左右とも50ミリマクロ ISO50 F4.5 1/200秒 WBオート

この花はなんでしょう?
どなたかのブログで見たような気がしますが、思い出せません(^^;

手前の花がやや日陰にあって、奥の花と葉に光が当たってるため、ダイナミックな明暗差が生まれます!

左:50ミリマクロ ISO50 F2.8 1/200秒 WBオート
右:16-35ミリ 16ミリ ISO50 F2.8 1/200秒 WBオート

これは被写界深度をわかりやすく見ていただくための例。
ほぼ同じアングルから撮っているので違いがハッキリしてますね!
ちなみにどちらもシンクロ(ストロボ発光)させています。

左:16-35ミリ 32ミリ ISO50 F4.5 1/125秒 WBオート
右:16-35ミリ 32ミリ ISO250 F14 1/60秒 WBオート

珍しく引っ張って明日に続きます(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年07月14日

豚バラ肉のシソ肉バター丼

0714butadon01.jpg
本来は牛肉で作るのが正統なレシピなんですが、豚肉でもダメと言うことはないでしょう!
先日買ってきたかなり大降りの大葉が20枚ほどあるので、全部使って豚バラで作ることにしました(^^)

ちなみに牛肉のレシピ→シソ肉バター丼 4回目

マッシュルームはとても立派なのが切迫品でなんと30円(◎-◎;)
見た感じは切迫品には見えず、サラダでもいただきました!
。。。というマッシュルームがあったので入れただけで、もちろんなくてもかまいません!!
0714butadon02.jpg
材料【2人前】
 豚バラ肉160g 大葉 大20枚 バター20g マッシュルーム3個 酒大さじ2 醤油大さじ1
 白ゴマ適宜 塩・コショウ少々 オリーブオイル(またはサラダ油)大さじ1
0714butadon03.jpg
作り方
 1. 豚バラ肉は薄くスライスし(もちろん最初からスライスを使ってもOK)、マッシュルーム
   も2ミリ厚くらいにスライスする
   大葉は適当な大きさに手でちぎっておく。

 2. フライパンにオリーブオイルをひいて熱し、塩・コショウしながら肉を炒める。
   肉に火が通ったらマッシュルームを入れてさらに炒める。
0714butadon04.jpg
 3,4. 大葉とバターを入れて混ぜ合わせ、大葉がしんなりしてきたら酒、醤油の順に入れて
    味を調える。

    丼に炊きたてのご飯を盛って具をのせ、バター醤油のタレもたっぷりとかけ、
    白ゴマを振って出来上がり!
0714butadon05.jpg
サラダと味噌汁付き。
昨日の『あさイチ』で、食事の最初に生野菜を摂ると血糖値が上がりにくい、というのをやっていたのでサラダを多目にしてさっそく実践(^^)
0714butadon06.jpg
昨日余ったオクラとカイワレが今日はサラダで。
他に、レタス、キュウリ、大根、マッシュルームが入ってます(^^)
0714butadon07.jpg
久々に真上からの構図。
味噌汁のお揚げが多すぎる気がしますが、好きなので。。。(*^_^*)

丼物は手軽に食べられるので案外夏にはいいのかな〜なんて思いました。
シソが入ってるところがさっぱりな感じもして、食べやすかったです!
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年07月13日

薬味たっぷりおろしそば

0713soba01.jpg
冷たい食べ物のユーワクに負けて、おろしそば、行っちゃいました(^^)
乾麺でサックリ作って冷たく冷やして薬味たっぷり!
スルッといけちゃうおろしそば、いかがでしょう(*^_^*)
0713soba02.jpg
材料【2人前】
 乾麺2人前 大根1/5本 ミョウガ2本 キュウリ1/2本 大葉2枚 カイワレ1/2個
 オクラ5本 ワサビ適量
0713soba03.jpg
作り方
 1. キュウリ、ミョウガ、大葉は千切りにする。
   キュウリは少しの残してすりおろしておく。
   カイワレは根を切り落とし、オクラはそばと一緒にゆでて冷まし、1センチの輪切りに
   する。

 2. 大根を鬼おろしておろしておろしたキュウリと混ぜる。
0713soba04.jpg
 3. そばをゆでて氷でキンキンに締める。
   そばつゆは付け汁よりも薄味にしてやはり氷で冷たくしておく。

   そばを皿に盛って薬味をのせてつゆをかけたら出来上がり!
   あっとゆー間です(*^_^*)
0713soba05.jpg
大根、カイワレ、ミョウガ、ワサビと、4つの辛さが相まってとっても爽やかッス(*^^)v
野菜も多目なので「食べた〜」って満足感もありますよ!
やっぱり冷たいの、いいですね(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年07月12日

モッツァレラとバジルを巻いた鶏胸肉のロースト

0712chekin01.jpg
暑いと食欲が落ちるのは、何を作ろうか考えたくなくなってテキトーなメニューで済ませてしまい、だんだん作りたくなくったって行く結果、食欲が落ちるのでは?
などと考えてしまうほどメニューが決まらない今日この頃です(^^;

冷蔵庫には生で食べるには時期が過ぎてしまった柔らかめのトマト、数日前に摘んでボチボチ食べた方がいいバジル、切迫品の3割引で買ったモッツァレラチーズ・・・そしてたいてい冷凍庫にある鶏胸肉。。。コレだ!って、ピンと来ましたね(^^)
0712chekin02.jpg
材料【2人前】
 鶏胸肉1枚(250g) バジル15〜16枚 塩・コショウ少々 モッツァレラチーズ50g
 オリーブオイル大さじ1

 トマトソース
 トマト1個 タマネギ1/4個 ニンニク1/2カケ コンソメ2g 塩・コショウ少々
 オレガノひとつまみ オリーブオイル小さじ1
0712chekin03.jpg
作り方
 トマトソース
 1. 鍋にオリーブオイル小さじ1とクラッシュしたニンニクを入れて弱火にかけ、
   香りが出るまで炒める。
   トマトを賽の目に切って鍋に入れて中火にし、トマトを潰しながら煮込む。

 2. ある程度トマトがつぶれてきたらみじん切りにしたタマネギを入れて混ぜ、
   沸騰してきたら弱火にして半分くらいの量になるまで煮込む。

 3. 水分が無くなりすぎたら少し水を足し、コンソメ、塩・コショウで味付けし、
   オレガノを入れてトマトソースの完成。
0712chekin04.jpg
 4. 胸肉は包丁で開いて均等の厚さになるようにたたき、塩・コショウを振ってバジルと
   5ミリ厚くらいに切ったモッツァレラチーズを真ん中に並べる。

 5. 端から巻いてたこ糸で縛る。

 6. フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、5をローストする。
   全体に焼き目が付いたら弱火にしてフタをし、蒸し焼きに。
   時々返しながら10分ほど焼いて出来上がり。
   皿にトマトソースを敷いてカットした肉を盛り付ける。
0712chekin05.jpg
トマト、バジル、モッツァレラの組み合わせはテッパンですね〜
今日もなんとか夏らしく、しかも美味しく食べられるメニューが出来上がりました(*^^)v
でも、時間がある時は、グリルしたい(^^;
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年07月11日

へんじんもっこのチョリソーでメキシカンピラフ

0711mexicanpilaf01.jpg
連日の暑さのせいか、スパイシーでホットな料理が続きます(^^)
金曜日にFacebookで『メキシカンピラフを作りたい』と入れたら、『それならば』とへんじんもっこの社長さんがチョリソーをご提供くださいました!

チョリソーとともにロースハム、ブロックベーコンもいただいたのでお昼メニューに使ったらまた紹介していきたいと思います。
へんじんもっこの渡辺社長さん、朝美専務さん、ありがとうございます\(^O^)/

こちらの2枚の画像はクリックすると拡大します
数々のメディアで取り上げられてきたへんじんもっこの特選素材です。
おいしさが詰まった断面は、見てるだけでツマミになりそう!

丸ごとゆでてビールのつまみ、は夜にとっておいて、暑い日のお昼でも楽しめるメキシカンピラフのレシピです
0711mexicanpilaf04.jpg
材料【2人前】
 へんじんもっこのチョリソー3本 冷やご飯1合分 市販のカレールウ1ブロック
 タマネギ1/4個 トマト小3個 ニンニク1カケ パプリカ1/2個 インゲン4〜5本
 タマゴ2個 塩・コショウ少々 イタリアンパセリ(ドライ)少々 オリーブオイル大さじ1
 サラダ油大さじ1×2
0711mexicanpilaf05.jpg
作り方
 1. カレールウはすりおろすか包丁で細かくしておくと混ざりやすい。
   ご飯は温めて使う。

   チョリソーは2ミリ厚くらいの斜めにカットする。
   タマネギは粗めのみじん切りにし、パプリカも同じくらいの大きさに切る。
   トマトは4等分にし、インゲンは筋を取って1センチ幅に切る。

 2. フライパンにオリーブオイルとクラッシュしたニンニクを入れて弱火にかけ
   香りが立つまで焦がさないように炒める。
0711mexicanpilaf06.jpg
 3. チョリソー、タマネギ、インゲンを入れて強火にし、タマネギが透き通るまで炒める。

 4. トマトとパプリカを入れてサッと炒めたら、カレールウを入れてよく混ぜる。
   軽く塩コショウをする。
   *激辛好きの方はコショウをガッツリ入れましょう(^^)
0711mexicanpilaf07.jpg
 5. ご飯を入れて炒めながら混ぜ合わせる。

 6. 全体の色が均等になったら出来上がり。

   このあと、とても写真に撮るのはできなかったんですがタマゴの焼き方を。。。

   中華鍋にサラダ油大さじ1を入れて熱し、湯気が立つくらい熱くなったらタマゴを割り
   入れて火を消す、と同時にサッと混ぜる→ほんの5秒程度混ぜたら固まらないうちに
   ピラフの上にのせる。
   半熟スクランブルエッグにイタリアンパセリを振って出来上がり。
0711mexicanpilaf08.jpg
サラダはキュウリとミョウガの千切り入り。
そうめんの薬味と同じでさっぱり感を感じます!
今日は味噌汁やスープはやめておきました(^^;

へんじんもっこのチョリソーは歯応えがとてもよく(柔らかいのに噛み応えがある)、メキシカンピラフをするには最適なんだけどゼータクな感じもしますね(*^^)v
0711mexicanpilaf09.jpg
チョリソーとタマゴが口の中で合わさった味がサイコーです。
最後までこの組み合わせを楽しむため、計画的なペース配分で食べるのがいいでしょう(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年07月10日

パンチェッタとインゲンのペペロンチーノ

0710pasta01.jpg
いや〜、暑っちぇえ日でしたね〜(◎-◎;)
今日は日本中が溶けそうなほど暑かったとか。。。

それでも事務所は扇風機一つで乗り切りましたが、もう1、2℃気温が上がったら、死ぬ前にエアコン入れますから〜(^^;

そんな日は、見た目だけでもサッパリ爽やかな感じのものが食べたく、いただき物のインゲンとパンチェッタ、余ってるシメジでペペロンチーノにしました!
パンチェッタはベーコンにしてもおいしくできます!!
0710pasta02.jpg
材料【2人前】
 パスタ160g パンチェッタ70g インゲン8本 シメジ1/4株 ニンニク2カケ 赤唐辛子1本
 ペコリノロマノ適量 塩・コショウ少々 オリーブオイル大さじ1+大さじ1
 パスタのゆで汁お玉3
0710pasta03.jpg
作り方
 1. パンチェッタは5ミリ×5ミリ×2.5センチの細切りにする。
   インゲンは筋を取り、シメジは石突きを切り取ってばらし、パスタをゆでる鍋で
   サッと火を通す。その後インゲンは斜めに4等分にする。

   ニンニクは中の芽を取って1ミリ厚にスライスし、赤唐辛子は4等分して種を取り除く。
   ペコリノロマノは削っておく。
0710pasta04.jpg
 2. フライパンにオリーブオイル大さじ1とパンチェッタを入れ、カリカリになるまで弱火で
   炒めいったん取り出す。

 3. パスタを標準ゆで時間の2分前にセットしてゆで始める。
   インゲンとシメジにサッと火を通す。
   パンチェッタを炒めたフライパンにニンニクと赤唐辛子を入れて、香りが出るまで
   炒める。
0710pasta05.jpg
 4. パスタのゆで汁を加えて中火にし、塩少々で味付けする。
   パスタのゆで汁も塩が入っているし、パンチェッタも塩分があるのでほんのひとつまみ
   程度でOK!

 5. ゆで上がったパスタを加えて旨味を吸わせたら、シメジ、インゲン、2のパンチェッタを
   加え、混ぜて出来上がり。
0710pasta06.jpg
ブラックペッパーを挽き、ペコリノロマノをかけていただきます!
スープも付けたけど、冷製スープだったら申し分ナシですね〜
冷たいお茶が必須になってきました(^^;
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年07月09日

7月9日ご結婚のお二人 2011


本日ご結婚のお二人は、長岡市出身の新郎和敏(Kazutoshi)さんと、五泉市出身の新婦奈保子(Naoko)さんです。

たいへんおめでとうございます\(^O^)/
(画像はすべてクリックで拡大します)

お二人はこのあと出てくる色打ち掛けを、前日の金曜日に前撮りされました。
白無垢は今日の当日撮りですがどちらも好天に恵まれました(*^^)v

お二人は五十嵐邸本殿にて神前挙式をされました。
祝詞奏上と三三九度の場面。
祝詞奏上はスーパーハイアングルから撮っていますが、コレは手を伸ばして広角16ミリでの撮影!
ライブビューモニターの強味は、このようなカットをキッチリした画角でおさめられる点にあるような気がしますね〜(*^^)v

披露宴は五十嵐邸2Fの大正ルームで行われました。
ご家族、ご親戚の方をお招きしてのアットホームな披露宴がスタートです。
乾杯は梅酒(^^)
奈保子さん、披露宴からはヘアチェンジをして臨まれました!!

お二人はともに看護師をされていて、同じ職場で出会いました!
2年ほどの交際の中、お互いの価値観を理解し合いながら気持ちは結婚へと向かい、本日みなさまへのお披露目の運びとなりました(*^^)v

こちら以下、色打ち掛けのお二人のポーズ写真はべて前撮りです!!

鏡開きの決定的瞬間!
もちろん、ある程度予測はしていましたが、この酒しぶきの最前線にいながら、カメラにも浴びていないってけっこうキセキ的な気もします(^^)
ラッキーさに気をよくしてこの後もジャンジャン撮り続けます!

緑の中に紫陽花を入れての一コマ!
色とりどりの紫陽花に囲まれるお二人です!!

どうぞいつまでもお幸せに〜〜〜
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたらどちらかをポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年07月08日

へんじんもっこのたまとろサラミでサンドウィッチ

0708henjinmokko01.jpg
今日は新潟も今年初の30℃越えの予報、火を使った料理を作る気になれず、Kayo-Pも昨日パンを買ってきていたため最初からこれに決まっていました!
学生の頃、東京で初めてバイトをしたのがサンドウィッチ屋で、作り方はバッチリな料理です(*^^)v

へんじんもっこ」のたまとろサラミを使って野菜たっぷり&タマゴサンドです!
0708henjinmokko02.jpg
材料【2〜3人前】
 食パン8枚(耳ありでもOK) へんじんもっこのたまとろサラミ1/2本 レタス4〜5枚
 キュウリ1本 トマト1個 ゆでタマゴ2個 バター15g マヨネーズ・マスタード各適量
 塩・コショウ少々
0708henjinmokko03.jpg
作り方
 1. レタスは洗って水をよく切っておく。
   キュウリは薄めの斜めスライスに、トマトは5ミリ厚に切る。
   たまとろサラミも5ミリ厚くらいの斜めにカットし、ケーシングを外しておく。
   バターは塗りやすいように溶かしておく。
0708henjinmokko04.jpg
 2. ゆで卵はみじん切りにして、マヨネーズ大さじ2と塩コショウを入れて混ぜておく。

 3. パンの片側すべてにバターを塗り、その上にマスタードをお好みの量塗る。
0708henjinmokko05.jpg
 4. バターとマスタードを塗った面を上にして置き、4枚にレタス→マヨ→キュウリ→マヨ→
   トマト→マヨ→たまとろサラミ、と重ねる。
   間のマヨネーズは具の滑り止めの役目をします。少量でOK!

   もう4枚には2のマヨタマを塗る。

 5. マヨタマを塗った方を上にかぶせ対角線にカットする。
   人差し指と中指、親指でそっとパンを押さえ、包丁を滑らすようにカットすると
   キレイに切れます。
   包丁は一回ごとに汚れを拭き取って使う。

   *耳付きのパンを使う時はまず最初に耳をカットする。
0708henjinmokko06.jpg
これが2皿分できました。
かなりお腹いっぱい(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年07月07日

棒々鶏冷やし中華 ゴマだれ

0707banbandihiyashi01.jpg
昨日のFacebookにあげられていた友達のS爪クンの棒々鶏がうまそうで、Kayo-Pから冷やし中華のリクエストもあり、鰻で使った大葉やミョウガも残っていたのでコレに決定!
0707banbandihiyashi02.jpg
材料【2人前】
 市販のゴマだれ冷やし中華2玉とタレ2個 鶏胸肉130g 大葉2枚 キュウリ1本
 ミョウガ1個 トマト1/2個 食べるラー油のゴマバージョン適量 練り辛子適宜
0707banbandihiyashi03.jpg
作り方
 1. 大葉、キュウリ、ミョウガはすべて千切りにする。

 2. 素材の写真に入れなかったけど急遽トマトも参戦決定!5ミリのスライスに。
   鶏胸肉はゆでてから氷水に入れて冷まし、手で細長く裂く。

   皿に冷やし中華のタレを張って、ゆで上がった麺を氷で締めて氷も一緒に皿に盛る。
   トマト、キュウリ、鶏肉、大葉とミョウガの順にトッピングし、食べるラー油の
   ゴマバージョンをかけて出来上がり!
0707banbandihiyashi04.jpg
鶏をゆでたスープは、コンソメとマジックソルトで味付けして、シメジとワカメのスープに
なりました(^^)
0707banbandihiyashi05.jpg
冷やし中華のゴマだれとゴマラーが合わさって、イイ感じの棒々鶏味になってます(*^^)v
この夏はあと何回冷やし中華食べるかな?
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年07月06日

ひつまぶし うな茶

0706unagi00.jpg
昨年植えた木の芽がボチボチ葉を付けてきたので使ってやろうかな〜と思い、冷凍庫に鰻のストックもあるし、と言うことでひつまぶしっぽい鰻丼にしました。
鰻は冷凍だけど大隅産のけっこうおいしいヤツです(*^^)v
0706unagi01.jpg
材料【2人前】
 鰻1尾 木の芽4枚 ミョウガ1個 大葉2枚 ワサビ適量 昆布茶適量 粉山椒少々
0706unagi02.jpg
作り方
 1. 鰻を4等分にし大さじ1の水を掛け、弱火で蒸し焼きにする。

 2. ミョウガと大葉は千切りにし、ワサビは皮を剥いて上白糖を時々付けながらすりおろす。
   こうすると辛味が増します。

   ご飯が炊けたらタレをかけ、鰻をさらに4等分に細かく切ってごはんにのせる。
   粉山椒を振って木の芽を飾って出来上がり。混ぜて食べる(^^)
0706unagi03.jpg
鰻にサラダってどうよ?的な感じもありますが、野菜がぜんぜんないので付けました。
味噌汁はワカメと小松菜。
0706unagi04.jpg
持ち上げカットは鰻の表面がいかにテカるかがポイント!
逆光で当てたライトとカメラの位置で決定されます(^^)
0706unagi05.jpg
うな茶は煎茶でなく昆布茶で。。。コレがけっこう好きなんです(^^;
フツーに飲むのの倍ぐらいのお湯で溶かすといいでしょう!
今年の土用の丑の日は7月21日と8月2日だそうですよ〜
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年07月05日

スコッチエッグ

0705scotchegg01.jpg
ウズラの水煮は常温で売ってるのでそーとー日持ちがするモノなのでしょう。
しかし、それは開封前まで。。。
いったん開けてしまったら冷蔵でも3,4日がいいところでしょう!

先日酢豚で使ったウズラを使い切るためスコッチエッグにしました。
名前の由来を調べてみたらイギリス料理なんだけどスコットランド料理ではないとのこと。
天津甘栗みたいなモノか〜?(^^;
0705scotchegg02.jpg
材料【2人前】
 ウズラの水煮4個 合挽肉250g タマネギ中1/2個 ニンニク1/2カケ パン粉大さじ2
 牛乳パン粉が浸るくらい タマゴ1/2個 塩・コショウ、ナツメグ各少々 サラダ油小さじ1

 *この他に衣用の小麦粉大さじ1 溶き卵1/2個 パン粉大さじ2 が必要。
0705scotchegg03.jpg
作り方
 1. タマネギはみじん切りしする。
   フライパンにサラダ油を引いて弱火にし、タマネギを焦がさないようにしんなりする
   まで炒めたのち、冷ます。

   ボウルに合挽肉、炒めたタマネギ、すりおろしたニンニク、牛乳に浸したパン粉、
   タマゴ、塩・コショウ、ナツメグを入れてよく混ぜ合わせる。

 2. 混ぜたらボウルの中で4等分にする。
0705scotchegg04.jpg
 3. ウズラが中心に来るように肉種で包み込む。
   形はボール型にするが、最終的にはパン粉を付けてから形成する。

 4. 小麦粉、溶き卵、パン粉の順に付け、低温(160℃くらい)でじっくりと10分ほど揚げ
   油の泡が小さくなってきたら出来上がり。
0705scotchegg05.jpg
相変わらずイタリアンパセリ付きのサラダで。。。(^_^;
ソースはとんかつソースとケチャップのハーフ&ハーフ。
練り辛子は必須です!
0705scotchegg06.jpg
スコッチエッグは断面がキレイですね〜
タマゴがなかったらメンチカツなんだけど、タマゴによって格段においしさがアップ(*^^)v
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年07月04日

小松菜とパンチェッタのピラフ

0704pilaf01.jpg
小松菜が1束50円という安さに釣られてとりあえず買ってきました。
最初は小松菜のチャーハンにしようと思っていたんですが、ちょうど仕込んだパンチェッタが目に付いたのでそれと一緒にピラフにすることにしました(^^)

パンチェッタは最初に仕込んで以来、ずっと切らさず作り続けていて重宝しています!
作り方はこちら→自家製パンチェッタの作り方

米は炒めずに、炊きあがってからバターを絡めるというレシピです。
付け合わせのイタリアンパセリは、庭で食べきれないほど大きくなってます(^^;
0704pilaf02.jpg
材料【2人前】
 小松菜1/2束 パンチェッタ70g タマネギ1/4個 ニンジン1/8本 シメジ1/4株
 コンソメ2g オリーブオイル小さじ1 塩・コショウ少々 米1合 水180cc
 *野菜からの水分を考慮して水の量を調整します。
0704pilaf03.jpg
作り方
 1. パンチェッタはローリエを取り除き、薄切りにして小さく切る。
   タマネギとニンジンはごく粗めのみじん切りにする。
   シメジは石突きを取ってバラバラにしておく。

 2. 炊飯釜に研いだ米、水、コンソメ、塩少々、オリーブオイルと1の具材を入れ、よく混
   ぜ合わせたら白米と同じように炊く。
0704pilaf04.jpg
 3. 小松菜を1分ゆでて冷水に晒し、熱が取れたら1センチ幅くらいに刻む。
   イタリアンパセリも茎を取り除いておく。

 4. 2が炊きあがったら小松菜とバターを入れてよく混ぜて出来上がり!
0704pilaf05.jpg
大皿にどんと盛ってイタリアンパセリを散らし、ブラックペッパーを挽く。
味噌スープとミニサラダ付き。

イタリアンパセリはここんところサラダには必ず入ってます!
家では私しか食べないのでぜんぜん食べきれません(^^;
0704pilaf06.jpg
パンチェッタの塩分を考えてコンソメを2gにしました。
バターは無塩です。
少し薄味の方が素材のおいしさがわかってイイですね!
0704pilaf07.jpg
パンチェッタに付いていたローズマリーがいい風味を出してくれました。
おいしい洋風炊き込みご飯といった感じでした(*^^)v
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年07月03日

7月2日ご結婚のお二人 2011


7月2日にご結婚のお二人は、新発田市出身の新郎直輝(Naoki)さんと、阿賀野市出身の新婦沙織理(Saori)さんです。

たいへんおめでとうございます\(^O^)/
(画像はすべてクリックで拡大します)

お二人は前日の金曜日に前撮りされました。
梅雨が明けていない新潟はここんところ雨の日が多かったのですが、前撮りも挙式当日も雨の心配がなく、お二人の幸先の良さを感じさせました(*^^)v

お二人は五十嵐邸本殿にて神前挙式をされました。
三三九度と指輪交換の場面。
どちらもプロとしては外せないカットですね〜

神前式のお二人の儀式は、旦飯野神社の場合、三三九度→誓詞奏上→指輪交換→玉串奉奠の順に行われます。

挙式の退場は折り鶴&折り亀シャワーで。
どこかに亀も舞っていますが、わかりますか〜(*^_^*)

披露宴からは洋髪にチェンジして入場された沙織理さん。
まずはご両親と6人で鏡開きを行いました。
ポールポジションに構えていた私とKayo-Pは、勢いよく飛んできた酒しぶきをじゃっかん浴びることとなりましたが、カメラは無事でした!

お鏡の前でご友人達と乾杯の直輝さん。
おかわり自由みたいでいいッスね〜(^^)

お二人は共通の友人の紹介で平成19年の春に知り合いました。
メールをやりとりするようになり、その年の5月からお付き合いがスタートし自然と結婚へと気持ちが向かっていったそうです。

直輝さんは現在、家業である鈴木建築で大工の技術に磨きを掛けています。
沙織理さんは新潟市内の病院で介護士として活躍されています。

夕方からの挙式のお二人、お色直しは少し日が暮れてきてライトアップされた日本庭園から。
万代飛龍會の演奏の中、ドラマチックな入場をされました(*^^)v

入場されたお二人はダルマの目入れを行いました。
おめでたい白のダルマのまわりにも折り鶴が。。。
もう一つの目を入れるのはどんなことがあった時なんでしょうね!

お二人は今年の2月に行われたブライダルフェアにご来館されていましたので、その時写真を撮っています。
前撮りで同じポーズをリクエストしました。

2月には雪に覆われていた日本庭園も今はすっかり緑に変わっているのがわかりますね!
どうぞいつまでもお幸せに〜〜〜
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたらどちらかをポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年07月02日

黒酢酢豚でパワーアップ!

0702subuta01.jpg
今日はナイトウェディングで夕方から仕事のため、お昼はちょっとスタミナを付けつつおいしく食べられるものと思い、黒酢酢豚にしました(^^)
ガッツリ系ですが酢の酸味によってパクパクいけちゃいました!
0702subuta02.jpg
材料【2人前】
 豚肩ロース200g タマネギ1/2個 ニンジン1/2本 ピーマン1個 パプリカ1/2個 ウズラ6個

 漬けダレ・・・A
  紹興酒大さじ1 ごま油小さじ1 溶き卵1/3個分 塩・コショウ少々
  小麦粉・片栗粉各小さじ1

 黒酢あん・・・B
  黒酢・水各大さじ5 砂糖大さじ2 醤油大さじ1 片栗粉小さじ1/2
0702subuta04.jpg
作り方
 1. 肩ロースは格子状に切り込みを入れてから一口大に切っていく。
   こうすると味もしみ込みやすく、柔らかく仕上がる。

 2. ボウルにAの材料の小麦粉と片栗粉以外を入れて混ぜ、切った肩ロースを入れる。
   肉にタレをよく揉み込んで5分ほど置き、揚げる直前に小麦粉と片栗粉をまぶす。
0702subuta03.jpg
 3. ニンジン、ピーマン、パプリカは乱切りにする。
   タマネギは1.5センチ幅くらいの櫛形にカットする。
091228_3.jpg
 4. 鍋にサラダ油を入れて、肉を全部入れてから火をかける。
   こうするとカラッと揚がります!

   *写真は過去に撮った使い回し。
    なかなか毎回このカットは撮れません(^^;

   野菜はニンジンが約1分半、タマネギ、ピーマン、パプリカは30秒素揚げする!
   野菜のシャキシャキ感は重要なので生で食べてもイイくらいの覚悟でサッと揚げる(^^)
0702subuta05.jpg
 5. Bのあんをボウルなどでよく混ぜ、フライパンに入れる。
   強火にして沸いてきたら中弱火にする。

 6. 2/3くらいの量になるまで煮詰めたら揚げた肉、野菜、ウズラを入れて、フライパンを
   揺すりながらタレを絡めれば出来上がり。
0702subuta06.jpg
夏バテ知らず、ガッツリいけちゃいますよ!
使った溶き卵の残りは味噌汁の具に、ミニサラダ付き。
0702subuta07.jpg
久々に真上からのアングル。
これでナイトウェディングの仕事、乗り切りました〜(*^^)v
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年07月01日

誕生日プレゼント工場さんのクッション2


今日の写真はすべてクリックで拡大します
6月10日のエントリーでご紹介した誕生日プレゼント工場さんのオリジナルそっくりクッションですが、前回の商品の撮影の他に、モデルとなったウチのココアと福を入れて撮って欲しいという依頼も受けていました。

そこで、我が家のちっちゃいリビングをこざっぱりして、天気のいい日を狙って撮影したわけです(^^;
*写真の膝掛けは倍の大きさがあり、反対側にも同じ絵柄が施されています。

ウチのわん子たちはちゃんとモデルをやってくれるか微妙な感じでしたが、レンズの前におやつ作戦でまったく問題なくいけちゃいました!
よしよし、ちゃんと自分のクッションの近くに座ってるぞ〜(*^^)v

『お座り』と『伏せ』だけは仕込んでおいてよかった!
これだけ見るととっても賢そうに見えてるかもしれませんが、実態は違いますからね(^^;

色々と向きを変えて、とか、クッションとなるべくかぶらないように、などと考えながらの撮影になりました。

膝掛けはやはり人間が掛けてないと様にならないだろうと言うことで、ウチの奥さんに顔から下だけ登場してもらいました(^^)
こちらは冬になったら大いに活躍するものと思われます!!

誕生日プレゼント工場さん、このたびはどうもありがとうございました(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
料理にはカンケーないけどポチッとヨロシクお願いしますm(__)m
******************************

大切な方に喜ばれるオリジナルクッションが欲しい方はこちら
誕生日プレゼント工場さんのホームページ
誕生日プレゼントのvan der Wan
http://www.amimono.co.jp/

ココアと福のクッションご紹介ページ
http://www.amimono.co.jp/gallery/index.php/archives/1841

ココアと福の膝掛けとクッションご紹介ページ
http://www.amimono.co.jp/item-hizakake-m.htm

誕生日プレゼント工場さんのブログ
http://www.amimono-art.com/mt/

******************************

「売れる」ホームページの商品写真撮影と作成|TWINS WEB PHOTO
http://t-webphoto.com/

******************************

最近のエントリー

  1. 7月30日ご結婚のお二人 2011
  2. ハムチーズオムレツのサンドウィッチ
  3. へんじんもっこのロースハムで「アレ」やっちゃいました!
  4. 黒鳥茶豆
  5. イタリアン親子丼 ラタトゥーユソースがけ
  6. TWINS TOKYO ホームページ&ブログオープン
  7. タンメン
  8. チキンのトマト煮
  9. へんじんもっこのベーコンでカルボナーラ
  10. エスニックカレー
  • Powered by
    movabletype_banner.gif
  • Template by drblog.gif
  • Server by moover_banner.gif