サイト内検索


2009年02月06日

鳥唐揚げ&油淋鶏

連続の昼飯エントリーでスミマセン_(._.)_
2月はほとんどブライダルがないので、
こんなエントリーが続くと思いますが、
嫌いでない方はおつきあい下さいませ(^_^;
0206_1.jpg
醤油3:酒1に、おろし生姜・ニンニク、唐辛子
を入れたタレに鶏肉を入れてもみ込み、10分くらい置く。
片栗粉を薄くまぶして揚げる。
上げる温度はちょっと低め(150℃以下)が
焦げすぎなくていいようです(^^)
0206_2.jpg
甘酢だれは醤油5:酢3くらいにおろし生姜、ネギみじん切り
ごま油1を入れ、好みの甘さになるまで砂糖を入れる。

半分を唐揚げ、半分を油淋鶏で食べようと思ったのですが、
唐揚げを一切れ食べた後は、
結局みんなタレをかけてしまいました(*^_^*)

これもごはんがかなり進むメニューです(*^^)v

2009年02月04日

麻婆豆腐

今日は中華料理の中で一番簡単な(だと思っている)
麻婆豆腐にしました(^^)

材料は2人前で、挽肉80㌘ 豆腐1丁 長ネギ1/2本
豆板醤小さじ3 甜麺醤小さじ1 豆鼓みじん切り小さじ1
一味小さじ1/2 おろしニンニク1片 中華スープ100㏄ 
酒・醤油・塩・コショー少々
水溶き片栗粉少々などです。(分量はアバウトです)
0204_1.jpg
1.フライパンに油を多めにしき(写真は少なすぎました(>_<))
 挽肉を炒め、一味(激辛好きは増量で)、豆板醤 甜麺醤、
 豆鼓(売ってなかったので豆鼓醤)、おろしニンニクを入れ
 油が赤くなるまで炒める。
2.中華スープを入れてわいてきたら豆腐、酒を入れ
 2〜3分煮込む。
 その後、醤油、塩コショーで味を調え
 みじん切りにしたネギを入れます。
3.水溶き片栗粉を少しずつ入れながら豆腐を崩さないように
 混ぜていき、好みの固さになったら出来上がり。
0204_2.jpg
花椒をかけていただきます。
ごはんが進みますね〜\(^O^)/
けっこう辛いのでお子様向けではありません(>_<)
甘口がいい方は一味を減らして甜麺醤を
多くするといいアルよ。

2009年02月03日

昼にごはんを炊いてみる

仕事場での昼ご飯は、簡単な調理施設しかないため
圧倒的に麺類が多く、ごはんが食べたいときは
外食か家からごはんを持ってきていました。

しかし、この度とうとう電子ジャーを
買っちゃいました\(^O^)/
0203_1.jpg
3合炊きで『パンも焼ける』というのが決め手。
ヤ○ダ電機で値切って8500円(*^_^*)
さっそく炊いてみました。
0203_2.jpg
コメは農家の友人が作っているコシヒカリ。
分量より少なめに水を入れたのですが
ちょっと柔らかめでした(_ _ )/ハンセイ
しかし炊きたてはおいしい(^^)
0203_3.jpg
これはオニオンスープ。
実はちょっと前にグラタンを作るのに
きつね色にしちゃったため、
使わずにとっておいたものを流用。
塩とコンソメ少々で味付けし鶏肉を入れました。
0203_4.jpg
メインは肉野菜炒め“美味しんぼ風”。
かなり前の巻ですが“美味しんぼ”で
豚肉を生姜ダレに漬けて片栗粉を付け
あとは白菜のみと一緒に炒める、と言うのが
載っていてまねてみました(^^;

タレは私の定番醤油2:みりん・酒各1
すり下ろした生姜を入れ七味でちょっとアレンジ。
冷蔵庫に余っていたタマネギとピーマンも投入。

おいしくいただいた訳ですが、
火力の強いコンロがほしいと思った
今日この頃です(^_^;

2009年01月30日

新潟の『タレカツ丼』

昨日のケンミンショーで新潟の『タレカツ丼』が紹介されていました。
新潟では一般的であるにもかかわらず、他県にはないの?
とちょっとびっくりでした(@_@;)
0129.jpg
写真はちょっと前の夕食なのですが、ストロボも使わず
写りもイマイチだったので“ボツ”になってたものです(^^;

番組ではあたかも新潟のカツ丼と言えば全部コレみたいな感じでしたが、
実際はとんかつ専門店がやってる場合が多く、
定食屋などでは卵とじの方が多いんじゃないかと思います。

ウチで作ったのは粗めのパン粉ですが、
専門店では細かい生パン粉を使って薄い衣の
サクッとしたカツになっています。

有名なのは『とんかつ太郎』『とんかつ政ちゃん』で、
中でも政ちゃんの『びっくりカツ丼』はどんぶりに、
ごはん半分→カツ→ごはん→カツという2段構えで
『びっくり』すること請け合いです(*^^)v

大食いに自信のある方は新潟に来た際には
お試し下さい(*^_^*)

2009年01月21日

鶏の和風照り焼き丼

ここんところ料理のエントリーばっかりでスミマセン_(._.)_
昨日の昼に『鶏の和風照り焼き丼』を作りました。
レシピはあまりにも簡単なので完成写真だけです(^_^;
0121_1.jpg
作り方は、鶏肉をかたまりのままよく焼き壁を付け、
鶏が1/3ほど浸るくらい水を入れてフタをし、
10分くらい蒸し焼きにします。
竹串を中まで刺して串の先端が熱ければ火が通ってます。

水が残っていたら捨てて、焼きうどんの時に作ったタレ
(酒1:みりん1:醤油2)に、粉末だし、砂糖、片栗粉ほんの少し
を溶いたものを入れ、時々鶏をかえしながら煮詰めていきます。

タレが煮詰まってとろみが出てきたら鶏を切り分けて、
ごはん、キャベツの千切り、鶏をのせ
タレをかけて出来上がりです。

今回は胸肉を使いましたが、もも肉でも良いと思います。
最近は脂のあまりない胸肉の方が好みになってきました^_^;

2009年01月19日

松阪牛のすき焼き(^^)

食通の友人から『松阪牛食べきれないほどもらったから来なよ〜(^^)』
と連絡ををもらい、おじゃましてきました\(^O^)/
0119_1.jpg
立派な霜降りの松阪くんとのご対面をすませ、
さっそく松阪くんのみを焼いていただきます(*^^)v
『んまいっ』!(^^)!
0119_2.jpg
メインは『すき焼き』
『美味しんぼ』で海原雄山が、『牛肉のもっともまずい食べ方』
と酷評してましたが、ノープロブレム!
牛と言えばすき焼きは庶民の永遠の定番です(^^)
0119_3.jpg
溶きたまごをつけて食べるのはいったい誰が開発したんでしょう?
賞賛の拍手を送ります\(^O^)/
0119_4.jpg
当然酒は進み、4人で飲んだ空瓶(汗)
このあと焼酎になり、宴会は続きます(^_^;

2009年01月17日

醍醐食堂

0117_1.jpg
近所にある醍醐さんですが、絶品料理の数々で
お昼時などにちょくちょく利用させてもらっています。
0117_2.jpg
何を頼んでも激ウマなのですが、特にチャーハンは
美食で知られる私の友人が新潟市内から通ってくるほどアツイです(*^_^*)

写真はチャーハンセット(750円)
半チャーハンとラーメンですが+100円でチャーハン大盛りにすると
一人前の盛りで出てくるので大食いの人にはお勧めです^_^;
ラーメンもさっぱり系でイケますよ。

毎週木曜日はサービスデーで、このセットがなんと
550円でいただけちゃいます(@_@;)
0117_3.jpg
これは焼きそば(680円)ですが、塩焼きそばで、さらに何とも言えない
中華の味付けがなされています。実に美味しい(^^)
からしはお願いしないと付いてきませんが、
私はいつも付けてもらっています。

他にもたくさんスグレモノがあるのですが、
またの機会にご紹介したいと思います。

このお店のいいところは通し営業で、早い時間から宴会をやりたい
時などはとても助かっています。
居酒屋としてのポテンシャルも相当なものですよ(*^^)v

ちなみに定休日は水曜日です。

2009年01月14日

見た目重視のメガサンド

学生の時、はじめて飲食店のバイトをしたのがサンドウィッチ店でウェーターとして入ったのですが、最後は調理場に立っていました(^^;
久しぶりなので上手くできるか心配です(*_*)
0114_1.jpg
①材料2人前
 8〜10枚切りのパン4枚 よく水を切ったレタス4〜6枚
 ゆで卵2個 トマト1/2 キュウリスライス10枚
 ロースハム6〜10枚 オニオンスライス1/4
 塩・コショー 溶かしバター
 よく切れる包丁
0114_2.jpg
②ハードボイルドに茹でた卵(水から入れて沸騰後10分)を細かく切って
 塩・コショー、マヨネーズとあえます。
③パンにバターを塗り(マーガリンはトランス脂肪酸なので使いません)
 片方に②の卵、もう片方にレタス、キュウリ、トマトと重ねます。
 材料の合間にマヨネーズを少し入れていくと崩れにくくなります。
④さらにロースハムを写真のようにたたんで重ね
 オニオンスライスをのせます。
0114_3.jpg
⑤④の上に卵をつけた方をかぶせ、まず耳を落とします。
 パンをつぶさないよう軽くおさえるのがコツです。
⑥耳を落としたらパンを包むようにおさえて、包丁に圧力をかけないよう
 歯をめいっぱい使って優しく対角線に切り分けます。
 4分割してから分けて皿に盛ります。
 よく切れる牛刀があるとやりやすいでしょう。
0114_4.jpg
⑦完成
 出来も写真もイマイチでした(゜◇゜)ガーン

しかし、野菜もたくさん取れて一食としては満足な量です。
通常のように横にしては食べれませんので気をつけましょう(^_^;
一口で食べようと思ったら『んがんぐ!』となること請け合いです(*^^)v

2009年01月06日

焼きうどん

なんの変哲もないフツーの焼きうどんなのですが、
昨年一部リクエストがあったので作ってみました^^;
0107_1.jpg
材料は豚肉とお好きな野菜。
私の場合豚バラブロックをやや厚めに切ってさらに細長く切り、
タマネギ、人参、ピーマンも細切りにして、
キャベツだけザク切りにします。
あとはモヤシとうどんは冷凍の讃岐うどんです。

タレは酒1:みりん1:醤油2で、
酒とみりんは煮きったものがあればベストですが、
そのままでも大丈夫です。

鍋に湯を沸かし冷凍うどんを入れると同時にフライパンで
肉、人参、タマネギを炒め塩コショー。
モヤシ、キャベツを入れてその上に茹で上がったうどんを投入。
タレを鍋肌にまわしがけし、フタをして1分蒸らす。
その後よく炒めてタレが絡まれば出来上がり。ずっと強火です。
0107_2.jpg
皿に盛り花かつおをかけて踊らせましょう(^^)
0107_3.jpg
この時期は事務所のキッチンが寒いので湯気がよく立ちます。
いただきます(*^^)v

2008年12月19日

イチオシ!鶏ガラスープを使った白菜のパスタ

連続でパスタのエントリーで恐縮ですが、けっこうイチオシの味なので大目に見て下さい^^;
白菜と挽肉を使った中華鶏ガラスープ味のパスタです。

この時期白菜をもらうことが多いのでパスタに合うかな?と思って作ってみたらアタリでした(*^^)v
材料は2人前で白菜小1/4・挽肉100㌘・輪切りの唐辛子少々・塩コショー少々
中華スープの素(だいたいですが、ねりタイプ小さじ2、顆粒小さじ4を50㏄のお湯でとく)
1219_2.jpg
中華スープの素は顆粒・ねりタイプなどありますが、一つあると炒め物や煮物などにも使えてとても便利なシロモノです(^^)
今回はねりタイプの方をとかして使いました。
1219_1.jpg
作り方
白菜はザクザク切って芯の部分と葉の部分に分けておく。
中華スープをパスタの茹で汁でとかしておく。
パスタが茹で上がる2分前くらいになったら挽肉と白菜の芯、唐辛子を炒め、塩コショーを軽くふり火が通ったら白菜の葉を入れてさらに炒める。
そこに茹で上がったパスタとスープを入れてよくからめば出来上がり。

中華スープは味見をするとかなり濃い目です。
失敗しないためには味見をしながら加えるといいでしょう。
顆粒タイプは直接入れてもとけてくれます。
中華スープに片栗粉を少々加えると一層からんでくれてGOODです(*^_^*)

次のページ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84

最近のエントリー

  1. 鶏たけのこご飯
  2. シンガポールチキンライスをアレンジしてみた(^^)
  3. 冷やし坦々稲庭うどん
  4. お花見サンド
  5. ステーキピラフ
  6. お好み焼き ベーコンチーズトマトとモダン焼き
  7. 2015年『宮崎完熟きんかん』レシピコンテスト応募作
  8. 本枯節で猫まんま
  9. 下仁田ネギのグラタン
  10. 宮崎牛A5ランク モモ切り落としの焼きしゃぶ
  • Powered by
    movabletype_banner.gif
  • Template by drblog.gif
  • Server by moover_banner.gif