サイト内検索


2014年07月04日

ラタトゥイユ

0703ratatouillepasta01
夏野菜が出回ると必ず作る定番がラタトゥイユ(仏)。
イタリア語ではカポナータと言います(^^;

入れる材料はそれぞれですが、トマト、パプリカ、タマネギ、ナス、ズッキーニあたりはハズしたくないところですね〜
たくさん作って何回かの料理に使います。
*画像はクリックするとfrickrに飛びますが、大きな写真でご覧になれます。
0703ratatouillepasta02
材料【2人前×3回分くらい】
 トマト缶・・・・・・・1個(カットトマトが簡単)
 プチトマト・・・・・・6個
 パプリカ(赤)・・・・1/2個
 パプリカ(黄)・・・・1/2個
 ピーマン・・・・・・・1個
 ナス・・・・・・・・・1個
 タマネギ・・・・・・・1/2個
 アスパラ・・・・・・・4本
 ニンニク・・・・・・・2カケ
 ベイリーブズ・・・・・2枚
 塩・・・・・・・・・・2ツマミ
 コショウ・・・・・・・適量
 オレガノ(ドライ)・・2ツマミ
 オリーブオイル・・・・大さじ3
0703ratatouillepasta03
作り方
 1.材料の野菜は1.5センチ角くらいの乱切りか角切りにする。
   ニンニクは中の芽を取って包丁で潰す。
   ナスはキッチンペーパーにくるんで塩を振り、アクを抜く。

 2.フライパンにトマト缶をあけて火にかけ、潰しながら半量になるまで煮詰める。
   オレガノを入れて混ぜる。
0703ratatouillepasta04
 3.フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れて火にかけ、香りが出て来たら1の野菜を
   入れて油が回るまで炒める。
   2のトマトソースを入れ、塩コショウで味付けして混ぜたら、フタをして弱火にし15分〜
   20分煮込んで出来上がり。
0703ratatouillepasta05
昨日はパスタをゆでて絡め、バジルを添えてラタトゥイユパスタにしました。
1回冷ますと、冷める過程で味がしみこんでなおおいしくなります。
冷たいままでもおいしい!(^^)
0703ratatouillechiken01
今日はミラノ風チキンカツ。
鶏胸肉をたたき、パン粉にパルミジャーノを混ぜて衣にしたものです。
トマト味のソースにバッチリなんですよ〜(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2014年06月27日

トマト・バジル・モッツァレラのパスタ

0626capresepasta01
ウチの庭でバジルが採れはじめ、おいしいトマトが手に入ると毎年作ってるパスタです。
トマトは火を通しすぎずフレッシュな味わいを残したまま!
入ってる材料からしてカプレーゼ好きな方にはたまらないパスタでしょう(^^)
*画像はクリックするとfrickrに飛びますが、大きな写真でご覧になれます。
0626capresepasta02
材料【2人前】
 フルーツトマト・・・・・5個(300g)
 バジル・・・・・・・・・20枚くらい
 モッツァレラチーズ・・・100g
 塩・・・・・・・・・・・小さじ1/4
 黒コショウ・・・・・・・適量
 オリーブオイル・・・・・大さじ1
 パスタ・・・・・・・・・160g
0626capresepasta03
作り方
 1.モッツァレラは2センチのキューブ状に切り、分量の塩・コショウを振っておく。

 2.トマトは湯むきする。
   パスタは表示時間の2分前にセットしてゆで始める。
0626capresepasta04
 3.トマトの中のゼリー状の部分を取り除き、包丁でたたいてペースト状にする。
   出て来たジュースも使うので捨てないように。

 4.フライパンにオリーブオイルと3を入れて火にかける。
   温める程度で煮立たせない。
0626capresepasta05
 5.パスタがゆで上がったら4に入れ、1のモッツァレラと飾りの分を除いたバジルを入れて
   混ぜる。
   モッツァレラは余熱で柔らかくなるので、角がなくなるくらい、時間にして40秒くらい
   混ぜるだけ。
   皿に盛ってバジルを飾る。
0626capresepasta06
甘さと酸味の残ったトマトの感じが、いつものトマトソースパスタとは別物のおいしさです。
トマトは300g使いましたが、もっと多くてもいい感じです(^^;

コスト的にはフルーツトマトとモッツァレラがそれぞれ300円弱なので、かなりゼータクなパスタかもしれません!
が、作る価値はアリですよ〜(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2013年12月28日

木仙人さんの檜プレート

13dec28sushi01
ブログやFacebookでいつもお世話になっている木仙人さんから依頼が来ました。
スタッキングできて食洗機にも対応できる檜のプレートがある企業の目に留まり、海外マーケット向けに輸出をして行こうというプロジェクトです。
そこで、プレゼン用に実際に料理を盛りつけた画像が必要と言うことになったんだそうです(^^)
*画像はクリックするとfrickrに飛びますが、大きな写真でご覧になれます。
13dec28sushi02
和食が世界文化遺産登録の原動力となったと言ってもいい寿司。
コレは外せないだろうと言うことで、あとはそのネタと盛りつけです。

にぎり寿司はサスガにプロのクオリティが必要なため近くの寿司屋に握ってもらい、外国人が好むと言われてるカリフォルニアロール風の裏巻き、それとだし巻きタマゴだけ作って盛りつけました(*^_^*)
13dec28japanesepasta01
次は大き目の和皿にパスタかサラダで、というミッション。
海外でのプレゼンを考えた時に、あまり目にしたことが無い食材の方が目を引くかもしれないと思い、シラスとシシトウ和風パスタにしました。

『この食材はいったい何だ?』という質問が出れば、プレゼンも盛り上がってスムースに進むんじゃないかという狙いです(*^^)v
13dec28japanesepasta02
それぞれの料理に、檜プレートがわかりやすい俯瞰画像も撮影しました。
ホントに綺麗で高級感のあるハイクオリティーなプレートです。
13dec28foiegras01
3品目は『酒と小鉢(一品料理)』という指定。
徳利とお猪口かグラスと言われたのですが、日本酒も海外でブームとなってる昨今、やはりあまり見たことがないであろう升酒に盛り塩(藻塩)でトドメを刺そうというスンポーです(^^;
13dec28foiegras02
料理はフォアグラ大根の和テイスト。
大根は、白ダシにみりんと塩で薄味に柔らかく炊き込みます。
ソースは八丁味噌と白味噌を酒、みりんで伸ばし砂糖で甘く味付けした田楽の味噌だれのようなソース。
木の芽をあしらうことで、和の味付けであることを連想させます。

いろいろと創作意欲の湧くこのプレートは、きっと料理人にも受け入れられ、海外の人たちからも人気の食器になる予感がします。

木仙人さん、ありがとうございました。
絶対成功すると思います!!(*^^)v
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m
******************************

木仙人さんのホームページ
http://boku1000nin.com
岐阜県中津川市川上366-4
0573-74-2605
boku-1000-nin@kawaue.jp

ブログ ハイブリッドな木工職人 木仙人がゆく
http://boku1000nin.com/blog/

******************************
顧客ターゲットに合わせた画像の考案・作成・撮影
「売れる」ホームページの商品写真撮影と作成|TWINS WEB PHOTO
http://t-webphoto.com/

******************************

2013年08月31日

黄桃と生ハムのカッペリーニ

13aug31peachpasta01
毎年作ってる桃と生ハムの冷製パスタですが、今年はようやく8月最後に作ることになりました。
手に入ったのがたまたま黄桃だったので、これでいっちゃいます(^^)
生ハムはプロシュートを使いました。

ちなみに過去には
2010年8月10日 白桃と生ハムのカッペリーニ
2012年7月18日 桃とトマトのカペッリーニ
などのエントリーがあります。
*画像はクリックするとfrickrに飛びますが、大きな写真でご覧になれます。
13aug31peachpasta02
材料【2人前】
 黄桃・・・・・・・1個
 プロシュート・・・40g
 カッペリーニ・・・80g
 タマネギ・・・・・1/4個
 レモン・・・・・・1/2個
 イタリアンパセリ・2本
 ピンクペッパー・・適量
 白ワイン・・・・・50cc
 コンソメ・・・・・2g
 塩・コショウ・・・少々
 オリーブオイル・・大さじ3
 パルミジャーノ・・適宜
13aug31peachpasta03
作り方
 1.白ワインはアルコールを煮飛ばしてコンソメを溶かし、冷ましておく。
   プロシュートは適当な大きさにスライスしてちぎる。
   タマネギはみじん切りにして水に晒し、苦みが抜けたら水をよく絞る。
   黄桃は半分を飾り用にスライスし、色が変わらないよう食塩水に晒しておく。

 2.残りは2センチ角のキューブ状にしてボウルに入れ、1の白ワインとタマネギ、
   オリーブオイルを入れ、そこにレモンを搾って入れて塩・コショウを振る。
   桃を潰すように混ぜ合わせたら、冷凍庫か冷蔵庫で冷やしておく。 
13aug31peachpasta04
 3.カッペリーニは表示時間より30秒長く(2分30秒)ゆで、氷水でよく冷やす。

 4.水をよく切ったらさらにキッチンペーパーなどで水分を取り、2と混ぜ合わせる。
   皿に盛ってプロシュート、スライスした黄桃、イタリアンパセリを飾り、ピンク
   ペッパーを振りかけて出来上がり。
   パルミジャーノはお好みで。
13aug31peachpasta05
マンゴーのようにも見えますが黄桃です(^^)
夏に食べ逃したら悔いが残る味なんですよ!
13aug31peachpasta06
サラダとビシソワーズスープ付き。
13aug31peachpasta07
暑いとオクラは巨大化するんでしょうか?
形のいいオクラをよくいただきます。
真ん中にシシトウの小口切りが6本分入ってるサラダです(^^)
13aug31peachpasta08
ジャガイモと豆乳のビシソワーズ
材料【約4杯分】と作り方
 1.フライパンに小さじ1のオリーブオイルを入れて中火にかけ、タマネギ1/4をスライス
   して炒める。タマネギは焦がさないように。

 2.ジャガイモ小3個の皮をむいて1に入れ、水150ccとコンソメ2g、塩少々を入れてフタを
   し、ジャガイモが柔らかくなるまで弱火で煮る。
   火を止めて粗熱を取る。

 3.2と豆乳500ccをミキサーに入れて混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やす。
   食べる時にはホワイトペッパーとオクラやネギの小口切りなどを添えて。
13aug31peachpasta09
生クリームよりはカロリーも低く、それでいて美味しい冷製スープになりました。
ジツはちょっと前のシシトウとたらこのパスタの時に、カボチャで同じの作ってます。
気がついた人、いたかな〜(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2013年08月24日

シシトウとたらこのパスタ

13aug23japanesepasta01
今の時期、ミョウガと並んで食い切れないほど採れるのがシシトウなんですよ。
毎年2本だけ植えるんですが、ビックリするくらい生るんです!
推定ですが夏の期間に、1本の木から200個近く採れるんじゃないでしょうか(^^)
今日はそのシシトウを使って和風パスタにしました。
*画像はクリックするとfrickrに飛びますが、大きな写真でご覧になれます。
13aug23japanesepasta02
材料【2人前】
 シシトウ・・・・・14本
 たらこ・・・・・・1腹
 パスタ・・・・・・160g
 白だし・・・・・・小さじ1
 塩・コショウ・・・少々
 パスタのゆで汁・・お玉2
 オリーブオイル・・大さじ1
13aug23japanesepasta03
作り方
 1.シシトウ10個は小口切りにして薄い食塩水に晒す。
   たらこは皮を取り除く。
   パスタを表示の2分前にセットしてゆで始める。

 2.パスタがゆで上がる2分くらい前にフライパンにオリーブオイルを引き火を付ける。
   温まったらパスタのゆで汁、白だし、塩・コショウを入れて乳化させておく。
13aug23japanesepasta04
 3.パスタがゆで上がったら2に入れてスープを吸わせ、半量のたらことシシトウを入れて
   火を止め、よく混ぜて出来上がり。

 4.皿に盛って残りのたらこを載せ、シシトウ4本は竹串に刺してコンロで炙り、
   それも添える。
13aug23japanesepasta05
夏は和風パスタにハマリ気味です。
サッパリしていて食べる気になるんですよ〜

我が家のシシトウは10本に3本くらいの割合で当たりが出ます(^^;
しかし、小口切りにすると時々ピリ辛を感じるくらいですごく食べやすくなりますね!
ほとんど生の食感でOKなので、サラダにも行けそうだと思いました。
13aug23japanesepasta06
本日のサラダ。
久しぶりにミョウガなしで(^^;
トマトも切らしちゃってましたが、アスパラが3本ありました。
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2013年07月22日

ジェノベーゼ

13jul22genoveze01
去年作って冷凍したヤツがまだ残っているんですが、バジルがけっこうな収量になってきたので2013バージョン行ってみました(^^)

バジルペーストは松の実を使うんですが、今回は、イタリア料理のレシピを毎日掲載しているryujiさんのを参考にアーモンドで作りました。
パスタは2人前ですが、ペーストはバジル80g分約6人前位できてます。
*画像はクリックするとfrickrに飛びますが、大きな写真でご覧になれます。
13jul22genoveze02
材料【バジルペースト約6人前】
 バジル・・・・・・80g
 アーモンド・・・・30粒
 ニンニク・・・・・3カケ
 パルミジャーノ・・40g
 オリーブオイル・・60cc
 岩塩・・・・・・・小さじ1/3
 コショウ・・・・・適量

 パスタジェノベーゼ【2人前】
 バジルペースト・・80g
 パスタ・・・・・・160g
13jul22genoveze03
作り方
 1.バジルの葉は洗ってザルなどにあけ、水気を切っておく。
   (洗わないで使うという人もいるくらいなので、徹底的に水分は切ります。
    私の場合、前日に洗って新聞紙に広げ、完全に乾いた状態で使いました。)
   ニンニクは半分に切って中の芽を取り除く。
   フードプロセッサーにニンニク、アーモンド、オリーブオイルを入れてミシキング
   する。

 2.よく混ざったらバジル、パルミジャーノ、塩・コショウを入れてミキシングする。
   機会熱をかけ過ぎると色が悪くなるので出来るだけ手早く。
   バジルは一度に入りきらなければ何度かに分けて入れる。
13jul22genoveze04
 3.バジルペースト完成の図(^^)

 4.ボウルにバジルペースト80gを取り、パスタを表示時間の2分前にセットしてゆで、
   湯を切って入れて絡ませる。
   皿に盛って形のいいバジルの葉を飾る。
13jul22genoveze05
アーモンドでもまったく違和感なく、ちょっとアーモンドの香りもしていい感じです!
ヘーゼルナッツの殻付きも持ってるので、今度はそれでやってみようかな(^^)

チンゲンサイのコンソメスープとサラダ付き。
今日は肉ナシだ〜(^^)
13jul22genoveze06
サラダはちょっと盛りつけが悪かったですが、レタス、サラダ白菜、ワサビ菜、水菜がベースになっていて、トマト2種類、キュウリ、ズッキーニ、オニオンスライスが入ってます。
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2013年06月29日

フルティカのカッペリーニ(カペッリーニ)

13jun29capellini01
曽我農園さんのトマトが野菜コンクールのトマト部門で日本一に輝いて以来、だんだんと入手困難になってきてます(T_T)

そのフルティカが手に入ったのと、庭のバジルも育ってきたのでこの時期毎年作ってるカッペリーニにしました。
*画像はクリックするとfrickrに飛びますが、大きな写真でご覧になれます。
13jun29capellini02
材料【2人前】
 カッペリーニ・・・・80g
 フルティカ・・・・・6個
 バジル・・・・・・・20枚くらい
 タマネギ・・・・・・1/4個
 ニンニク・・・・・・1/2カケ
 レモン・・・・・・・1/2個
 オリーブオイル・・・大さじ4
 塩・・・・・・・・・2ツマミ
 コショウ・・・・・・少々
 パルミジャーノ・・・適宜
 ピンクペッパー・・・適宜
13jun29capellini03
作り方
 1.フルティカは湯むきしてヘタを取り、4等分に切る。
   タマネギはみじん切りにして流水に晒し、苦みを抜いて、キッチンペーパーなどで
   水気を切る。
   バジルは飾りの葉8枚を残して細切りにする。

 2.トマトとタマネギ、クラッシュしたニンニク、オリーブオイルをボウルに入れ、
   塩・コショウしてトマトを軽く潰しながらよく混ぜる。
13jun29capellini04
 3.バジルとレモン汁を加えて混ぜたら冷蔵庫か冷凍庫に入れてよく冷やす。

 4.カッペリーニは表示時間より30秒長くゆでる。(2分30秒)
   ゆでたら流水で粗熱を取り、さらに氷水で締める。
13jun29capellini05
 5.4の水気をよく切ったら、キッチンペーパーなどで徹底的に水分を取り除く。
  
 6.3と5を混ぜ合わせて出来上がり。
   皿に盛ってピンクペッパー、パルミジャーノを振り、バジルの葉を飾って完成!
13jun29capellini06
バジルはじゃっかんの虫食い(^^;
家庭菜園モノなのでしょうがないッスね!
13jun29capellini07
サラダにもトマトたっぷり。
他はレタス、ニンジン、キュウリ、アスパラ、ピーマンです。
13jun29capellini08
今年もいろんな冷製パスタを味わってみたいと思ってます(*^^)v
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2013年06月23日

ジャガイモと絹さや、パンチェッタのパスタ

13jun13pasta01
パンチェッタはなくなりそうになると作っていて、常時ストックがあります。
パスタに使う場合、安いベーコンよりは全然うまいですよ(^^)
作ったら小分けにして冷凍にしておくと、いつでも解凍して使えます。

今日はサツマイモのような甘さのある『インカのめざめ』と旬の絹さやのパスタです。
香り付けにはローズマリーを使いましたが、パンチェッタもローズマリーで香り付けしてるので見た目の要素が大きいかな?(^^;
*画像はクリックするとfrickrに飛びますが、大きな写真でご覧になれます。
13jun13pasta02
材料【2人前】
 パスタ・・・・・・160g
 パンチェッタ・・・100g
 絹さや・・・・・・16本
 インカのめざめ・・2個
 ローズマリー・・・2本
 塩・コショウ・・・少々
 オリーブオイル・・大さじ1
 パスタのゆで汁・・お玉1〜2
 パルミジャーノ・・適量
13jun13pasta03
作り方
 1.パスタは表示より3分短くセットしてゆで始める。
   パンチェッタは1.5センチ角に切る。
   絹さやは筋を取って後ほどパスタと一緒に軽くゆでる。
   インカのめざめは1.5センチ角に切って、800Wのレンジに2分かける。

 2.フライパンにオリーブオイルとパンチェッタ、ローズマリーを入れて中火〜弱火に
   かけ、香りが出てパンチェッタの表面がカリカリになるまで炒める。
13jun13pasta04
 3.パンチェッタとローズマリーを取り出して、レンジで火を通したジャガイモを入れ、
   軽く塩・コショウして炒める。
   パスタのゆで汁を加えて乳化させる。
   パスタ鍋に絹さやを入れて1分ゆでる。

 4.パスタがゆで上がったら、3にパスタ、パンチェッタ、ローズマリー絹さやを入れて
   パスタに旨味を吸わせながら混ぜ合わせる。
13jun13pasta05
 5.皿に盛ってブラックペッパーを挽き、パルミジャーノを削って出来上がり!!
13jun13pasta06
冷凍庫がパンチェたの分だけ軽くなりましたが、また次のを作って冷凍しなきゃ(^^;
野菜のコンソメスープとサラダも作りました。
13jun13pasta07
今日のサラダはレタス、水菜、キュウリ、トマト、アスパラです。
オリーブオイルと酢、塩・コショウでサッパリといただきました(^^)
13jun13pasta08
インカのめざめは実の色も甘さも『サツマイモ?』と勘違いするほど!
もしかしたら味噌汁なんかには向かないかもしれませんが、パスタにはいいですよ〜(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2013年06月14日

空豆のクリームパスタと冷製ポタージュ

13jun14soramame01
空豆尽くしです。
昨日、いつもの近所のスーパーで198円/800gと、いつもより100円安だったので見逃しませんでした(*^^)v

空豆の冷製ポタージュとクリームパスタを作りました。
レシピは空豆のクリームパスタを掲載します。
冷製ポタージュはこちらに載ってます→空豆の冷製ポタージュ(2010)
*画像はクリックするとfrickrに飛びますが、大きな写真でご覧になれます。
13jun14soramame02
材料【2人前】
 パスタ・・・・・・・160g
 空豆・・・・・・・・20粒くらい
 パンチェッタ・・・・100g
 生クリーム・・・・・100cc
 牛乳・・・・・・・・80cc
 パルミジャーノ・・・30g
 塩・コショウ・・・・少々
 イタリアンパセリ・・適量
 オリーブオイル・・・大さじ1
13jun14soramame03
作り方
 1.空豆はさやから出して黒い筋の反対側に切れ目を入れ(あとで取り出しやすい)、塩を
   入れた熱湯で2分半ゆでる。
   ゆでたらザルにあけ、粗熱が取れたら皮から取り出す。

 2.フライパンにオリーブオイルと細切りにしたパンチェッタを入れてカリカリになる
   まで炒める。
   空豆も入れて少し焦げ目が付いたらいったん取り出す。
13jun14soramame04
 3.2の空いたフライパンに生クリームを入れて、半分くらいになるまで煮積める。
   牛乳を加えて沸いてきたら削ったパルミジャーノを少し残して入れ、よくませる。
   塩で薄味に仕上げておく。(パンチェッタが塩辛いので)

 4.ゆで上がったパスタと2のパンチェッタと空豆を入れてゆく混ぜれば出来上がり。
   皿に盛って残ったパルミジャーノを振り、ブラックペッパーを挽く。
   イタリアンパセリを飾って完成!
13jun14soramame05
結局800gの空豆、全部使いました!
スープは4カップ分くらい出来たので、また夜に飲もうと思います(*^_^*)
13jun14soramame06
冷製ポタージュは最初に作って冷やしておきます。
優しい味わいですよ。
13jun14soramame07
サラダは、レタス、トマト、キュウリ、ピーマン、パプリカ、ミョウガとイタリアンパセリ。
ウチの庭のミョウガはまだですが、値段は安くなってきましたね(^^)
13jun14soramame08
実は空豆は5,6年前まで(食わず)嫌いでした(^^;
臭いがダメで。。。

しかし、ちょっと食べるようになって、自分でも作って見ようと思ってから好きになりましたね〜
自分で調理すると素材が好きになるという現象は他でも感じたりします。
ナスやオクラなんかも全然食べなかったんですよ(*^^)v
好き嫌いがある人は自分で料理するのがいいのかも!
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2013年05月10日

フレッシュトマトとモッツァレラ、バジルのパスタ

13may10tomatopasta01
Kayo-Pが曽我農園さんの直売所から、日本一おいしいトマト他をたくさんゲットしてきたので今日のメニューは決まりです!
奥の金筋トマトを使ってフレッシュトマトとモッツァレラ、バジルのパスタにしました。
*画像はクリックするとfrickrに飛びますが、大きな写真でご覧になれます。
13may10tomatopasta02
このパスタは何度か作ってますが、トマトソースを温める程度で火を入れすぎないのがポイント。
トマトパスタの中では一番おいしいと思うんですが、お店のメニューに載ってるのは見たことがないので、食べたい方は作ってね!(*^_^*)
13may10tomatopasta03
材料【2人前】
 パスタ・・・・・・・・・160g(1.4ミリ)
 金筋トマト・・・・・・・3個
 モッツァレラチーズ・・・100g
 フレッシュバジル・・・・20枚
 ドライバジル・・・・・・大さじ1
 オリーブオイル・・・・・大さじ1
 塩・・・・・・・・・・・小さじ1/3
 コショウ・・・・・・・・少々
 パルミジャーノ・・・・・適宜
13may10tomatopasta04
作り方
 1.モッツァレラは1.5㎝角に切って、塩・コショウを強めに振っておく。
   特にあとで味付けはしないので塩は小さじ1/3くらいを目安に。

 2.フレッシュバジルは飾りに4枚を残して適当な大きさにちぎる。
   ドライバジルは手で揉んで粉状にする。
13may10tomatopasta05
 3.トマトはお尻に十時の切れ目を入れて湯むきする。

 4.皮とヘタを取り除いたらみじん切りにし、さらに包丁でたたいてペースト状にする。
   ジュースも使うのでこぼさないように。
13may10tomatopasta06
 5.パスタはゆで時間を5分にセットしてゆで始める。
   フライパンに4をジュースごと全部入れて弱火にかける。
   温まってきたらドライバジルを入れて混ぜる。

 6.パスタがゆで上がったらよく湯を切り、モッツァレラ、バジルとともに5に入れ、
   混ぜながらモッツァレラの角が丸くなったら火を止める。
   *モッツァレラは余熱でじゅうぶん溶けるので、溶かしすぎないように。

   皿に盛ってバジルを飾り、パルミジャーノをかけてブラックペッパーを挽いて
   出来上がり!
13may10tomatopasta07
食べる頃にはいい具合に溶けてますね〜(*^_^*)
ワカメ入りコンソメスープとサラダ付きで。
13may10tomatopasta08
レタスとベビーリーフ、キュウリ、トマト、アスパラのサラダ。
品目は少ないですが、トマトとアスパラが文句なくウマイ!!
13may10tomatopasta09
このトマトパスタ、ホントにオススメです!
また家のバジルが収穫を迎えたら作っちゃうんだろうな〜
トマトも今よりおいしくなるし(^-^)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

次のページ

1 2 3 4 5 6 7 8

最近のエントリー

  1. ラタトゥイユ
  2. トマト・バジル・モッツァレラのパスタ
  3. 木仙人さんの檜プレート
  4. 黄桃と生ハムのカッペリーニ
  5. シシトウとたらこのパスタ
  6. ジェノベーゼ
  7. フルティカのカッペリーニ(カペッリーニ)
  8. ジャガイモと絹さや、パンチェッタのパスタ
  9. 空豆のクリームパスタと冷製ポタージュ
  10. フレッシュトマトとモッツァレラ、バジルのパスタ
  • Powered by
    movabletype_banner.gif
  • Template by drblog.gif
  • Server by moover_banner.gif