サイト内検索


2014年01月18日

パリパリチキンと大根のステーキ アンチョビーソース

14jan18chiken_anchovysauce01
お正月に恒例の昼メシランキングをエントリーしてからずっと食べたくなってて、作りました(^^)
あまり手間もかからないのにバツグンにうまい鶏料理がコレ。
ご飯で食ってますが、アヒージョのようなソースなのでワインとかにもよく合いますよ!
*画像はクリックするとfrickrに飛びますが、大きな写真でご覧になれます。
14jan18chiken_anchovysauce02
材料【2人前】
 鶏モモ肉・・・・・・・・350g
 大根・・・・・・・・・・12センチくらい
 春菊・・・・・・・・・・2/3束
 塩・コショウ・・・・・・少々

 アンチョビーソース
 アンチョビーフィレ・・・3枚
 ニンニク・・・・・・・・1カケ
 オリーブオイル・・・・・大さじ3
 ブラックペッパー・・・・20粒くらい

作り方
 1.鶏モモ肉は余分な皮を取って穴を開け、身の方は筋と垂直に1センチくらいの幅で
   切れ目を入れる、塩・コショウを振る。
   大根は2センチの輪切りにして皮を剥く。

   ニンニクはクラッシャーで潰し、ブラックペッパーは包丁などで粗く潰しておく。
   アンチョビーはみじん切りにする。
   水菜は洗って半分に切り、水気を切っておく。
14jan18chiken_anchovysauce03
 2.鶏肉は皮目からフライパンに入れて弱火にかけ、ジックリと焼き始める。
   大根を圧力鍋に入れて浸るくらい水を張り、強火で2分加圧する。
   減圧したらフタを開けてザルに取り出し,水気を切る。

 3.小鍋にオリーブオイルとクラッシュしたニンニクを入れて弱火にかけ、
   ニンニクがきつね色になってきたらみじん切りにしたアンチョビーフィレを入れる。
   2分ほど火を通したら止め、ブラックペッパーを混ぜればソースの出来上がり。  
14jan18chiken_anchovysauce04
 4.鶏肉を横から見て半分くらいまで火が通っていたら裏返し、空いてるスペースで
   大根に鶏の脂を吸わせながらソテーする。
   かなりの量の脂が出るので,多すぎる場合はキッチンペーパーなどで吸い取る。

   大根の両面に焦げ目が付いたら出来上がり。
   取り出して空いたプライパンに春菊を入れて炒める。
   鶏肉をカットして皿に盛り、ソースをかけて完成!

   *鶏の焼き時間は片面おおむね20分ほどです。
14jan18chiken_anchovysauce05
大根を早く柔らかくするため、今回は十字に切れ目を入れました。
箸でカットして食べやすくなるって利点もあります(^^)
去年思いつきで入れた春菊なんですが、コレがまたうまいんですよ〜
14jan18chiken_anchovysauce06
上からの図
この料理、時々作りたくなります。。。ってか、また食いたい(^^;

人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2013年12月28日

木仙人さんの檜プレート

13dec28sushi01
ブログやFacebookでいつもお世話になっている木仙人さんから依頼が来ました。
スタッキングできて食洗機にも対応できる檜のプレートがある企業の目に留まり、海外マーケット向けに輸出をして行こうというプロジェクトです。
そこで、プレゼン用に実際に料理を盛りつけた画像が必要と言うことになったんだそうです(^^)
*画像はクリックするとfrickrに飛びますが、大きな写真でご覧になれます。
13dec28sushi02
和食が世界文化遺産登録の原動力となったと言ってもいい寿司。
コレは外せないだろうと言うことで、あとはそのネタと盛りつけです。

にぎり寿司はサスガにプロのクオリティが必要なため近くの寿司屋に握ってもらい、外国人が好むと言われてるカリフォルニアロール風の裏巻き、それとだし巻きタマゴだけ作って盛りつけました(*^_^*)
13dec28japanesepasta01
次は大き目の和皿にパスタかサラダで、というミッション。
海外でのプレゼンを考えた時に、あまり目にしたことが無い食材の方が目を引くかもしれないと思い、シラスとシシトウ和風パスタにしました。

『この食材はいったい何だ?』という質問が出れば、プレゼンも盛り上がってスムースに進むんじゃないかという狙いです(*^^)v
13dec28japanesepasta02
それぞれの料理に、檜プレートがわかりやすい俯瞰画像も撮影しました。
ホントに綺麗で高級感のあるハイクオリティーなプレートです。
13dec28foiegras01
3品目は『酒と小鉢(一品料理)』という指定。
徳利とお猪口かグラスと言われたのですが、日本酒も海外でブームとなってる昨今、やはりあまり見たことがないであろう升酒に盛り塩(藻塩)でトドメを刺そうというスンポーです(^^;
13dec28foiegras02
料理はフォアグラ大根の和テイスト。
大根は、白ダシにみりんと塩で薄味に柔らかく炊き込みます。
ソースは八丁味噌と白味噌を酒、みりんで伸ばし砂糖で甘く味付けした田楽の味噌だれのようなソース。
木の芽をあしらうことで、和の味付けであることを連想させます。

いろいろと創作意欲の湧くこのプレートは、きっと料理人にも受け入れられ、海外の人たちからも人気の食器になる予感がします。

木仙人さん、ありがとうございました。
絶対成功すると思います!!(*^^)v
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m
******************************

木仙人さんのホームページ
http://boku1000nin.com
岐阜県中津川市川上366-4
0573-74-2605
boku-1000-nin@kawaue.jp

ブログ ハイブリッドな木工職人 木仙人がゆく
http://boku1000nin.com/blog/

******************************
顧客ターゲットに合わせた画像の考案・作成・撮影
「売れる」ホームページの商品写真撮影と作成|TWINS WEB PHOTO
http://t-webphoto.com/

******************************

2013年10月04日

和風ステーキ丼

13oct04riceballsteak01
昨日は夜まで撮影、今日は午後から前撮り、週末はブライダルと体力勝負が続くため、スタミナ補給に秘蔵の肉を解凍しました。
秘蔵と言っても、いつもの特売の黒毛和牛すき焼き用グラム300円也を300gカタマリで買ってあったヤツ!
すき焼きにはせずカタマリのまま焼いて和風ステーキ丼にしました(^^)
*画像はクリックするとfrickrに飛びますが、大きな写真でご覧になれます。
13oct04riceballsteak02
材料【2人前】
 黒毛和牛(たぶんモモ肉)・・300g
 大根・・・・・・・・・・・・4センチ
 大葉・・・・・・・・・・・・12枚
 タマネギ・・・・・・・・・・1/4個
 ショウガ・・・・・・・・・・1カケ
 塩・コショウ・・・・・・・・少々
 ポン酢・・・・・・・・・・・大さじ4
 酒・・・・・・・・・・・・・小さじ1
 みりん・・・・・・・・・・・少々
13oct04riceballsteak03
作り方
 1.肉はよくたたいてからフライパンで焼く。油は使いませんでした。
   強火で4面すべてに焦げ目を付け、弱火にして1面3分ずつフタをして焼く。
   (肉の厚さによって焼き時間を加減します)

 2.大根は鬼おろしですりおろし、ショウガもすりおろす。
   タマネギはみじん切りにして、大葉は4枚を千切りに、残りは半分に切る。
13oct04riceballsteak04
 3.鍋にポン酢、酒、みりんを入れて火にかけ、沸いたらタマネギを入れる。
   弱火で1分半火を通す。

 4.2をボウルに入れて、3が冷めたら一緒に合わせて混ぜ、ソースを作る。
   肉が焼けたら厚めに切り、ご飯の上に大葉と一緒に盛りつけおろしソースをかける。
13oct04riceballsteak05
火加減が難しいところですが、思った感じに焼けました!
大根おろしはたっぷりがイイッスよ(^^)
13oct04riceballsteak06
味噌汁とサラダ付き。
13oct04riceballsteak07
実は焼いた肉の端の方の一部を薄切りにしてサラダにも入れました。
ミョウガはホントに残りあと数個(T_T)
13oct04riceballsteak08
肉一切れに対して大根おろしはコレくらい。
ちょっと多く作りすぎたかなってくらいがいいでしょう。
大根おろしの汁は搾って使います。
さて、コレで週末もがんばって乗り切ろ〜〜〜(*^^)v
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2013年02月09日

鶏と大根のステーキ アンチョビーソース

13feb9chiken_anchovysauce01
冬は大根を食べることが多いですね!
私も昨日みぞれ鍋だったのに、まだもらったのがあるのでまたしても大根です。

おでんやふろふき大根が定番かと思われますが、ステーキも捨てがたいおいしさが
ありますよ〜(^^)
鶏をじっくりと焼いて、出てきた脂を大根に吸わせます!
鶏は鶏で皮をパリパリに焼いておいしさバツグン!!
ガーリックとアンチョビーのソースがとてもよく合います(*^^)v
春菊は昨日使って余ったものをソテーしました。
*画像はクリックするとfrickrに飛びますが、大きな写真でご覧になれます。
13feb9chiken_anchovysauce02
材料【2人前】
 鶏モモ肉・・・・・・・・300g
 大根・・・・・・・・・・小1本
 春菊・・・・・・・・・・2/3束
 塩・コショウ・・・・・・少々

 アンチョビーソース
 アンチョビーフィレ・・・3枚
 ニンニク・・・・・・・・1カケ
 オリーブオイル・・・・・大さじ3
 ブラックペッパー・・・・少々
13feb9chiken_anchovysauce03
作り方
 1.鶏モモ肉は余分な皮を取って穴を開け、身の方は筋と垂直に1センチくらいの幅で
   切れ目を入れる。
   大根は1.5センチの輪切りにして皮を剥く。

 2.大根を5分ほど湯通しする。
   火を消して湯に入れたまま粗熱を取り、焼く前にザルにあけて表面の水分を取る。
13feb9chiken_anchovysauce04
 3.鶏に塩・コショウしてフライパンに入れ、弱火で皮目から焼く。
   脂が出てきたら大根を入れる。

 4.こんな感じで脂を吸わせながらね!
   鶏は半分くらいまで色が変わってきたらひっくり返す。
13feb9chiken_anchovysauce05
 5.小鍋にオリーブオイルとクラッシュしたニンニクを入れて弱火にかけ、
   ニンニクがきつね色になってきたらみじん切りにしたアンチョビーフィレを入れる。
   2分ほど火を通したら止め、コショウを振って混ぜればソースの出来上がり。

 6.鶏に火が通って大根もいい感じに焦げ目が付いたら、鶏は食べやすい大きさに切って
   盛りつける。
   空のフライパンに春菊を入れて強火にし、サッとソテーして残りの脂を吸わせる。
   全部盛りつけたらソースをかけて完成!
13feb9chiken_anchovysauce06
このアンチョビソースは、ほぼアヒージョと一緒なのでうまいッスよ〜
ちっちゃい鍋でソースにエビや貝、キノコを入れればたちまち前菜にもなります(^^)
13feb9chiken_anchovysauce07
ご飯でもパンでもOKですが、私はご飯派なので炊きたてを。。。
先日電子ジャーもポイントで新しく買ったので、ご飯がおいしいわ〜(*^_^*)
13feb9chiken_anchovysauce08
久々に葉っぱ系のサラダ。
サニーレタスやサンチュ、名前の知らない黒っぽい葉物系が5種類くらい入ったサラダに、ニンジン、紫大根、カイワレ、水菜、そして曽我農園さんの塩フルティカを久々に!
こちらのトマト、色からして違うしやっぱりウマ〜イ(*^^)v
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年12月08日

鶏肉と大根のステーキ

1008chikensteak01
コレもESSE1月号の付録、『ケンタロウのおかずBOOK』に載っていたものです。
簡単そうでおいしそうだったので、じゃっかん作り方をアレンジしつつやってみました!
*画像はクリックするとfrickrに飛びますが、大きな写真でご覧になれます。
frickrに飛んだらその画像をもう一度クリックすると、最大サイズになります。

1008chikensteak02
材料【2人前】
 鶏モモ肉280g 大根6センチ 塩・コショウ少々 サラダ油大さじ1

 ソース
 酒大さじ2 みりん・醤油各小さじ2 ニンニク1カケ バター大さじ1/2
1008chikensteak03
作り方
 1. 鶏肉は余分な皮を切って、フォークなどでところどころに穴を開ける。
   肉の面は1センチ間隔で切り込みを入れておく。
   フライパンを中弱火で熱し、皮面を下にして塩・コショウを振り、鶏肉を焼く。

 2. 皮がパリパリになるまで焼いたらひっくり返し、やはりじっくりと火が通るまで
   焼き上げる。
1008chikensteak04
 3. 別なフライパンにサラダ油を入れて中弱火にし、大根を焼く。
   両面焦げ目が付いて、中の水分がある程度抜け、2/3ほどの厚さになるまで焼く。

 4. 鶏肉は適当な大きさにカットして盛り付け、鶏を焼いていたフライパンに、クラッシャー
   で潰すかすりおろしたニンニク、酒、みりん、醤油を入れて軽く煮詰める。
   盛り付けた鶏と大根にかけて出来上がり!
1008chikensteak05
昨日のフルサワさんの鯛の干物は、ガラを潮汁にしました。
鯛は食べ終わった後も楽しめますね(^^)

じっくり焼いた大根は、煮込んだおでんに匹敵するウマさです(*^^)v
ガーリックバター醤油が完璧なマッチングですよ!!
1008chikensteak06
鯛の潮汁。
コレで骨に付いてる身も、カンペキにいただけちゃいます。
汁だけでもそーとーウマイっすけどね!
1008chikensteak07
ケンタロウのレシピでは、こんな感じで撮影していました。
配置や盛りつけをコピーすることはすごくためになりますよ(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年07月13日

薬味たっぷりおろしそば

0713soba01.jpg
冷たい食べ物のユーワクに負けて、おろしそば、行っちゃいました(^^)
乾麺でサックリ作って冷たく冷やして薬味たっぷり!
スルッといけちゃうおろしそば、いかがでしょう(*^_^*)
0713soba02.jpg
材料【2人前】
 乾麺2人前 大根1/5本 ミョウガ2本 キュウリ1/2本 大葉2枚 カイワレ1/2個
 オクラ5本 ワサビ適量
0713soba03.jpg
作り方
 1. キュウリ、ミョウガ、大葉は千切りにする。
   キュウリは少しの残してすりおろしておく。
   カイワレは根を切り落とし、オクラはそばと一緒にゆでて冷まし、1センチの輪切りに
   する。

 2. 大根を鬼おろしておろしておろしたキュウリと混ぜる。
0713soba04.jpg
 3. そばをゆでて氷でキンキンに締める。
   そばつゆは付け汁よりも薄味にしてやはり氷で冷たくしておく。

   そばを皿に盛って薬味をのせてつゆをかけたら出来上がり!
   あっとゆー間です(*^_^*)
0713soba05.jpg
大根、カイワレ、ミョウガ、ワサビと、4つの辛さが相まってとっても爽やかッス(*^^)v
野菜も多目なので「食べた〜」って満足感もありますよ!
やっぱり冷たいの、いいですね(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年05月27日

洋風筍ご飯と鳥天、野菜天

0527takenoko01.jpg
掘ってきた筍もとうとうこれでラストとなりました(T_T)
もう一度オーソドックスなタケノコご飯にしようとも思ったんですが、どうしても洋な感じも食べてみたくてコレにしました。

それと明日、明後日は昼、夜ブライダルのため、足の付きそうな食材は冷凍するか食べてしまわないといけません!
そこで、ハンパな鶏肉と野菜を天ぷらにしようというスンポーです(^^)
0527takenoko02.jpg
材料【2人前】
 洋風筍ご飯
  米1合 筍50g マッシュルーム5個 ローズマリー1本 コンソメ3g 塩ひとつまみ
  イタリアンパセリみじん切り3本分と飾り2本分 バター20g 水180cc

 天ぷら
  鶏胸肉100g ささ身2本 サツマイモ薄切りで4枚 ピーマン1個 アスパラ1本
  コツのいらない天ぷら粉適量 水適量 氷少々 大根おろしとおろし生姜 天つゆ
0527takenoko03.jpg
作り方
 洋風筍ご飯
  1. 米を研いで水を張り、コンソメと塩を入れてよく混ぜる。
    食べやすい大きさに切った筍と、半分に切ったマッシュルームを入れ
    ローズマリーをのせてフツーに炊く。

  2. 炊きあがったらローズマリーは取り出し、イタリアンパセリのみじん切りと
    バターを入れて混ぜれば出来上がり。

天ぷら
  ご飯を炊いてる間に天ぷらの準備。
  炊きあがり8分前の表示が出たら天ぷらを揚げ始め、同時にアツアツをいただく。

  鳥天は大根おろしとおろし生姜を添えて天つゆをかける。
  もちろん、塩で食べてもOK
0527takenoko04.jpg
洋風筍ご飯
ピラフのようでかなりうまいッス!
来年から筍の季節は定番間違いなし(*^^)v
0527takenoko05.jpg
鳥天
鬼おろしでおろした大根。
天つゆは、めんつゆ+醤油+砂糖を水で薄めて沸かしたもの。分量はテキトー(^^)

鳥天は胸肉かささ身がウマイです!
天つゆではなく岩塩で食べるのもオススメ!!
0527takenoko06.jpg
いただいたアスパラはコレがラストの1本(>_<)
Kayo-Pは根本の方が好きだと言うことで、取り合いにならずOK!
サツマイモの天ぷらは、薄く切ったのが好きです。早く揚がるし(*^_^*)
0527takenoko07.jpg
若竹汁、毎日でもぜんぜん飽きませんでした。明日も食べたいくらい!

サラダはKayo-P担当。
今日はワサビ菜と水菜、トマト、マッシュルームでした!

残り物をあれこれ出して作った時って、案外豪勢になったりします(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年04月18日

テリヤキ豚ロースwithたっぷりおろし

0418pork01.jpg
甘辛のタレで照り焼きにした豚ロース。
これだけでもテッパンにウマイのは間違いないわけですが、たっぷりの大根おろし、ショウガ、青ジソを添えることで格段にうまさがアップします!

大根はやはり鬼おろしでおろしたいところですが、フツーのおろしを使っても水分を切ってやればおいしくいただけるでしょう(*^^)v
0418pork02.jpg
材料【2人前】
 豚ロース肉250g 大葉5枚 ショウガ1カケ 大根5センチ 酒大さじ1 塩・コショウ少々
 サラダ油大さじ1
 
 タレ
 砂糖大さじ1/2 みりん大さじ1 醤油大さじ1弱
0418pork03.jpg
作り方
 1. 豚ロースは1.5センチ厚に切ったものを4等分にそぎ切りにする。
   大根は鬼おろしでおろして水気を切る。
   大葉は軸を取って細く千切りにする。
   ショウガはすりおろす。

 2. フライパンにサラダ油を入れて熱し、塩・コショウした豚ロースを焼く。
0418pork04.jpg
 3. 中火で両面に焦げ目が付くまで焼いたら、弱火にして酒を入れフタをして2分ほど
   蒸し焼きにする。

 4. タレの材料を順に入れ、煮詰まってとろみが付いたら出来上がり。
   皿に盛って大根おろし、ショウガ、青ジソを添える。
0418pork05.jpg
食べる時は薬味をよく混ぜてたっぷりと肉にのせて。。。
甘くて濃厚なタレの味がサッパリとした薬味によって、とても食べやすくおいしくなってます(*^^)v
0418pork06.jpg
味噌汁、ナスの温サラダ付き。
冷凍庫に以前に作ったラタトゥーユのトマトソースがあったので、あたためて油で炒めたナスにかけたもの。
コレを食べたらチキンのトマト煮が食べたくなったので近々作ろうと思いました(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年04月06日

冷やしおろし蕎麦

0406soba01.jpg
『冷やしおろし蕎麦』にしようか『おろし冷やし蕎麦』にしようか迷ったんですが、どっちでもいいッスね(^^;

2月中も暖かい日があって『春になっていくのかな〜』なんて思ったこともありましたが、今日の天気の良さは『春ってこうだったんだ!』と思い出させてくれるほどの快晴!
しかも先週から上着マイナス2枚でOKなほど気温が上がってくれたので、冷たい蕎麦という決定が躊躇なく下されました(*^^)v

蕎麦は安い乾麺ですが、たっぷりの大根おろし、生ワサビ、小ネギ、大葉などの薬味を効かせてさっぱりとおいしくメイキングです(^^)
0406soba02.jpg
材料【2人前】
 蕎麦(乾麺)2束 大根5センチ キュウリ1センチ 小ネギ3〜5本 ワサビ適量 大葉4枚
 めんつゆ適量 醤油少々 水 ゆで湯
0406soba03.jpg
作り方
 1. 大根は鬼おろしでおろす。キュウリはフツーのおろしでおろして、
   大根おろしに色付けとして混ぜる。

   大葉は細い千切りにして、小ネギは小口切りにする。
0406soba04.jpg
 2. ワサビは皮を剥いて、鮫皮でおろすと香りがよく辛さも出る。

   *このワサビ、いつもらったのかも忘れたくらい数ヶ月前、いづみやさんから
    いただいたもの。ジップロック冷蔵保存で今なお鮮度と辛さを保っていました!
    これには私もですが、いづみやさんもビックリでしょう(^^;
0406soba05.jpg
めんつゆはお好みの濃さに水で割って使う。私は醤油をちょっと入れるのが好みです!
蕎麦をゆでたら水で締め、よく水を切ってから皿に盛る。
つゆをかけて薬味をトッピングしたら出来上がり。
0406soba06.jpg
蕎麦は1人前1束だとちょっと物足りないですね!
追加でもう1束ゆでたので、2人前3束くらいでいいかと思われます(^^;
0406soba07.jpg
生ワサビはつゆに溶かさず、蕎麦につけながら食べた方が辛さを感じられます。
明日も明後日も、今日みたいにポカポカだといいですね(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

2011年03月05日

鶏団子の雪見鍋

昨日のお昼ご飯です。
あまりにも寒かったため、今シーズンはもう終わりかな?と思っていた鍋にしました(^^)
モヤシ以外の野菜類が冷蔵庫に残っていたと言うこともあり、そこに寒さが加わったためすんなりメニューが決まったようなわけです!
0305_nabe02.jpg
材料【2〜3人前】
 鶏団子
 鶏胸挽肉130g 鶏軟骨80g 長ネギ白い部分15センチ 片栗粉小さじ1/2 白ゴマ少々
 生姜1/2カケ 塩・少々 水小さじ2

 鍋の材料
 水600cc ダシダ小さじ1 豆腐1/2丁 もやし80g ゴボウ1/2本 小松菜1/3把 春菊1/2把
 白菜4〜5枚 大根1/3本 
 
 生麺2玉 ラーメンスープ2人前

 醤油 カボス
0305_nabe03.jpg
作り方
 鶏団子
 1. 鶏軟骨は細かくみじん切りに、長ネギもみじん切りにし、生姜をすりおろして他の材料も
   全部混ぜ、よく混ぜ合わせて練る。

 2. つみれ用竹筒。
   実はこんなモノ買ってました(^^)
   ちょっと前に100均で見つけて2個買ってあったんですが、今シーズンは使わないで
   終わりかな、と思っていたところ、使う機会がありました!
0305_nabe04.jpg
 3. ゴボウはささがきにして水にさらし、豆腐、白菜、小松菜、春菊はそれぞれ食べやすい
   大きさに切る。

   鍋に水を入れて沸いてきたらダシダを溶かし(カボス醤油で食べるため薄味)
   準備完了!
0305_nabe05.jpg
 4. 豆腐やゴボウ、鶏団子など火の通りにくいモノを先に入れる。
0305_nabe06.jpg
 5,6. 野菜を並べていって、最後に鬼おろしでおろした大根をたっぷりかけて完成!
   火の通ったものから食べましょう(*^_^*)
0305_nabe01.jpg
とんすいにカボスを絞って鍋のスープで割り、食します(*^^)v
唐辛子や柚胡椒を薬味に使うとよりいっそうホカホカしてきます。
0305_nabe07.jpg
〆というか、お昼なのでメインの食事はラーメン。
あらかた野菜を食べ終わったあとにラーメンスープを入れ、ゆでた生麺を投入!
がんばって1人1玉食べたら、お腹いっぱい(*^_^*)
人気ブログランキングへ
↑↑↑いつもありがとうございます!
できましたら今日もポチッとヨロシクお願いしますm(__)m

次のページ

1 2

最近のエントリー

  1. パリパリチキンと大根のステーキ アンチョビーソース
  2. 木仙人さんの檜プレート
  3. 和風ステーキ丼
  4. 鶏と大根のステーキ アンチョビーソース
  5. 鶏肉と大根のステーキ
  6. 薬味たっぷりおろしそば
  7. 洋風筍ご飯と鳥天、野菜天
  8. テリヤキ豚ロースwithたっぷりおろし
  9. 冷やしおろし蕎麦
  10. 鶏団子の雪見鍋
  • Powered by
    movabletype_banner.gif
  • Template by drblog.gif
  • Server by moover_banner.gif